第一管区海上保安本部

社会

第一管区海上保安本部

だいいちかんくかいじょうほあんほんぶ

[英文表示] 1st Regional Coast Guard Headquarters

第一管区海上保安本部は、北海道小樽市港町にあり、海上保安庁地方支分部局である管区海上保安本部のひとつ。

1948年5月1日、海上保安庁発足に伴い「小樽海上保安本部」として開設。1950年6月、現行の「第一管区海上保安本部」に改称。

北方領土を含む北海道沿岸を管轄海域とし、津軽海峡宗谷海峡根室海峡に面している。

概要

北海道は隣国ロシアと国境を接する広大な国境海域を有しており、北方四島周辺海域及び宗谷海峡付近において、ロシア警備艇による日本漁船の被拿捕・被銃撃などのトラブル防止の為、巡視船艇により常時監視活動を行っている。また、サハリン開発に伴う流出油事故対策や麻薬・拳銃等の密輸水際阻止の為、ロシアとの連携・協力体制の強化に努めている。

このほか、北海道周辺海域は世界的な好漁場であるため、日本をはじめ中国韓国など外国の漁船による漁労が活発に行われている。このような事情を踏まえ、漁船海難防止と操業秩序維持への啓発活動や排他的経済水域における外国漁船の不法操業を防止するため、監視・取締りを実施している。

第一管区海上保安本部
目次