スマートフォン用の表示で見る

滝田ゆう

マンガ

滝田ゆう

たきたゆう

リスト::漫画家

1932年生まれ。故人。

昭和49年、第20回文芸春秋漫画賞受賞。昭和62年、第16回日本漫画家協会賞大賞受賞。平成2年、勲四等瑞宝章受賞。昭和53年、きもの普及賞?受賞。

昭和7年3月1日、東京都墨田区東向島に生まれる。本名、滝田祐作。

昭和26年、「のらくろ」シリーズなどを描いた田河水泡内弟子となり、同氏の紹介で、翌27年、「漫画少年」(学童社)の『クイズ漫画』でデビュー。

昭和42年より、「月刊ガロ」に作品を発表し始める。ことに同誌の昭和43年12月号より連載された「寺島町奇譚」シリーズは、多くの文化人に絶賛された。折からの青年コミックブームにも乗り、活躍の場を青年コミック誌、文芸誌に広げ、マンガのみならず、イラスト、挿絵エッセーにチャレンジ、独特の視点で描かれるその内容で多くの読者を魅了。クリクリ坊主に着流しをトレードマークにし、TV界、CM界も注目、クイズ番組などへの出演、CM、CFなどに起用された。

代表作は、『わさの系譜』『滝田ゆう落語劇場』『滝田ゆう歌謡劇場』『ネコ右衛門太平記』『泥鰌庵閑話』など多数。

昭和57年10月、脳血栓症で倒れたが、左手の麻痺を克服し、イラスト、エッセーなどで変わらぬ活躍ぶりを見せた。

1990(平成2)年8月25日、肝不全のため逝去。享年58歳。