竹下佳江

スポーツ

竹下佳江

たけしたよしえ

竹下佳江は日本の元女子バレーボール選手。ポジションはセッター

1978年3月18日生まれ。福岡県北九州市出身。身長159cm、体重52kg。

不知火女子高等学校(現・誠修高等学校)→NECレッドロケッツ(1996年-2002年)→JTマーヴェラス(2002年-2012年)

ニックネームはテン。テレビに付けられたキャッチフレーズは「世界最小・最強セッター」。

夫はプロ野球選手の江草仁貴

1997年、全日本女子代表に初選出。2005年、代表キャプテンに指名される。

2004年、アテネオリンピックに出場。

2008年、北京オリンピックに出場。

2012年7月、ロンドンオリンピックに出場し、28年振りとなる全日本女子のメダル銅メダル)獲得に貢献した。

2012年9月30日付けでJTマーヴェラスを退団、休養に入る。

2013年6月、日本バレーボール協会理事に就任。

2013年7月25日、東京都内で記者会見を開き、現役引退を表明した。


代表歴

主な受賞歴

国際大会