スマートフォン用の表示で見る

中里介山

読書

中里介山

なかざとかいざん

小説家(1885-1944)。大正2年(1913年)から昭和16年(1941年)まで、都新聞等の新聞に『大菩薩峠』を連載するも、未完のまま病没する。


このキーワード編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。