猪木アリ状態

スポーツ

猪木アリ状態

いのきありじょうたい

格闘技の試合において、片方の選手が立っていて、もう片方の選手が寝転がって立っている選手に足を向けている状態。一方の選手が、もう一方の選手より立ち技に劣っていて寝技に優れているとよくこの体勢になる。

立った状態でのパンチを武器とするボクサーのモハメド・アリと、それを使えないよう寝転んで蹴りで足を狙う、もしくは寝技にいこうとするプロレスラーアントニオ猪木との試合でこの体勢に頻繁になったことからこう呼ばれるようになった。