スマートフォン用の表示で見る

長編ドキュメンタリー賞

映画

長編ドキュメンタリー賞

ちょうへんどきゅめんたりーしょう

アカデミー賞

アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞

この部門はアカデミー賞の中でも、最も論争を呼ぶ部門である。世間に大きな影響を及ぼした作品や評価の高かった作品が受賞しないばかりか、しばしばノミネートすらされないためである。特に1994年の「フープ・ドリームス」が巻き起こした論争によって、アカデミー協会はドキュメンタリー映画に対する投票システムを変更せざるを得なくなった。