スマートフォン用の表示で見る

天津風

一般

天津風

あまつかぜ

初代

磯風型駆逐艦

1917年4月14日、呉海軍工廠竣工1935年4月1日、除籍。

二代目

陽炎型駆逐艦の9番艦。駆逐艦島風」用の試作機関を搭載。

1940年10月26日、舞鶴海軍工廠竣工

潜水艦の雷撃により大破、仮艦首を装備して日本本土へ帰投中、米軍機の攻撃を受け1945年4月アモイ座礁、自沈した。

三台目

海上自衛隊ミサイル護衛艦(DDG)。あまつかぜ

日本初の艦対空ミサイル装備艦であり、船体・機関設計でも先進的なものであった。