土地家屋調査士法

社会

土地家屋調査士法

とちかおくちょうさしほう

日本の法律

(昭和二十五年七月三十一日法律第二百二十八号)

(目的)

第一条
この法律は、土地家屋調査士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、不動産の表示に関する登記手続の円滑な実施に資し、もつて不動産に係る国民の権利の明確化に寄与することを目的とする。

(職責)

第二条
土地家屋調査士(以下「調査士」という。)は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。


以下、略