スマートフォン用の表示で見る

藤井康雄

スポーツ

藤井康雄

ふじいやすお

プロ野球選手・指導者。

通称「ミスターブルーウェーブ」「満塁男」。

右投左打、ポジションは外野手一塁手背番号は10→8番。


1962年7月7日生まれ。広島県出身。

泉州高校からプリンスホテルに進み、都市対抗野球大会で活躍。

1987年ドラフト4位で阪急ブレーブスに入団。

1988年のジュニアオールスターゲームで決勝本塁打を打ち、MVPに輝く。試合を機に一軍に定着。

1989年、ブルーサンダー打線の6番打者として活躍。オールスターにファン投票で出場。

主に6番打者としてブレーブスの打撃陣を支えた。

1995年、外野手一塁手を兼任、主砲としてオリックス・ブルーウェーブリーグ優勝に大きく貢献。

1996年はリーグ連覇と日本一に貢献した。

1990年代のパ・リーグを代表するスラッガーとして、弾道の美しい本塁打を量産した。

また、満塁に強く、「満塁男」の異名を取った。*1


2002年、現役引退。

引退試合では4番DHで出場。4打数2安打と活躍。

2003年、二軍打撃コーチに就任。

球団合併後の2005年以降、オリックス・バファローズでも打撃コーチを務める。

2007年、スカウトに転身。

*1:通算満塁本塁打14本は歴代2位。1位は王貞治の15本。