スマートフォン用の表示で見る

堂林翔太

スポーツ

堂林翔太

どうばやししょうた

広島東洋カープに所属するプロ野球選手(内野手)。

中京大中京高等学校に進学すると1年春から投手でベンチ入り。1年秋には打力を買われて一塁手レギュラーになる。 2年春には選抜に出場。2年秋からエースで4番になり、東海大会では全4試合完投するなど安定した投球で優勝。

3年夏の選手権ではエース兼4番として投打でチームを牽引し、同校の史上最多7度目となる夏の甲子園優勝に大きく貢献した。

2009年のドラフト会議広島東洋カープ内野手として2位指名し、交渉権を獲得。ちなみに、春夏の甲子園優勝投手が同一球団に同時に指名されるのは史上初である。

球団は三塁手及び遊撃手としての育成を考えている。

背番号は入団から2012年までは13番だった。2013年からは野村謙二郎監督がかつて使用していた7番となる。

リスト::野球選手

D