馬謖

一般

馬謖

ばしょく

字は幼常。三国志の英雄(190〜228)

馬良の末弟で兄とともに劉備に仕える。

諸葛亮馬謖を重用していたが、劉備は「大言壮語の癖があるから重用するな」と遺言に残している。

馬謖は南征で孟獲を帰順させることが上策と進言した。

第一次北伐にも王平とともに街亭へ出陣したが、王平の諌めも聞かずに山頂に布陣してしまう。

そして魏軍に水源を絶たれて敗北し、戦略上で重要な地点である街亭を奪われる。

魏延の活躍でなんとか撤退はしたものの、馬謖は敗戦の責任を問われた。

諸葛亮は軍の規律に私情は挟まないと言う事を全軍に知らしめるため、泣いて愛弟子の馬謖を処刑した。

ここから「泣いて馬謖を斬る」という故事が生まれた。