スマートフォン用の表示で見る

売血

サイエンス

売血

ばいけつ

自らの血液を有償で採血させること。日本では1950年代から1960年代半ばまで売血制度が存在した。民間血液銀行売血によって血液を集め、それを輸血用として病院などに供給されていた。