スマートフォン用の表示で見る

八木秀次

キーワードの候補

2件

サイエンス

八木秀次

やぎひでつぐ

1886〜1976

電気工学者・教育者。

八木アンテナ八木・宇田アンテナ)を発明した。

略歴

明治19年(1886年)1月28日
大阪府に生まれる。
大正8年(1919年)
東北帝国大学工学部教授。
大正14年(1925年)
八木・宇田アンテナの基礎理論を発表
昭和8年(1933年)
大阪帝国大学教授。
昭和17年(1942年)
東京工業大学学長。
昭和19年(1944年)
内閣技術院 総裁。この時、アメリカまで飛んでいくという触れ込みの風船爆弾を飛ばす。熱海で宿屋にぶつかって火事を起こし、女中三人が死んだものの、アメリカ側に100発到達した。
昭和21年(1946年)
大阪帝国大学 総長 に就任するもGHQ公職追放者指定を受けて辞職。
昭和26年(1951年)
藍綬褒章を受章。学士院会員
昭和27年(1952年)
八木アンテナ 株式会社の社長に就任。
昭和28年(1953年)
右派社会党 参院議員として当選。
昭和30年(1955年)
武蔵工業大学(現:東京都市大学)学長に就任
昭和31年(1956年)
参議院議員選挙に落選。文化勲章受章。
昭和51年(1976年)
1月19日死去。勲一等旭日大綬章を受章。

一般

八木秀次

やぎひでつぐ

昭和37年広島県生まれ。早稲田大学法学部卒。同大学院政治学研究科博士過程中退。

現在、高崎経済大学教授。専攻は憲法学政治思想

日本教育再生機構理事長*1*2

神武天皇以来代々Y染色体を受け継いでいるのが皇統の証」であると提唱している。

一連の言論活動を嘉(よみ)して、匿名巨大掲示板2chの心有る匿名の人々から「山羊*3」との渾名を賜る。

*1:「新しい歴史教科書をつくる会」の第3代会長であったが2005年末以来の「つくる会の内紛」により、会長を解任され、一時、副会長に復帰。2006.4.30、副会長を辞任、つくる会を退会した。

*2:一時、氏には日本共産党による「中国共産党スパイ疑獄」が持ち上がっていたが、これは冤罪だったが罪である(西尾氏のHP)。

*3仲正昌樹は「八木秀次がネット上で「黒山羊?」「バフォメット?」と呼ばれている」と嘘を吐いている