スマートフォン用の表示で見る

板垣征四郎

一般

板垣征四郎

いたがきせいしろう

第2次世界大戦中の軍人。元陸相

1885年1月21日岩手県盛岡市生まれ。

1916(大5)年 陸軍大学校(28期)卒

1929(昭和4)年5月 関東軍の高級参謀になり、石原莞爾らと満州事変を実行。

1936(昭和11)年3月 関東軍参謀長

1937(昭和12)年3月 第5師団

1938年(昭13)年6月 杉山元の後任の陸相に就任。

1939(昭14)年9月4日 支那派遣軍総参謀長

1941(昭16)年 朝鮮軍司令官。

極東国際軍事裁判ではA級戦犯として死刑判決を受ける。

1948年12月23日に絞首刑に処せられた。

長男は自民党参議院議員板垣正氏。