不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!

ゲーム

不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!

ふしぎのだんじょんふうらいのしれんがいでんおんなけんしあすかけん

セガより2002年2月7日に発売されたドリームキャストダンジョンRPGローグライクゲーム)。

風来のシレンシリーズの外伝で、『不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!』でシレンの仲間になった女剣士アスカが主人公。

開発はネバーランドカンパニーが担当し、チュンソフトが監修している。

2002年12月20日には、Windows版がチュンソフトから発売された。

概要

風来修行を続けるアスカが、深い自然に囲まれた天輪国の小さな農村、十六夜の里を訪れ、語りイタチのコッパと再会するところから冒険が始まる。そこでは、もともとモンスター退治を生業とした「鋼賀」という忍びの集団が、近隣の村人や旅人を襲い、その荷を奪うという事件が続発していた。事情を知ったアスカは、鋼賀の拠点を目指して不思議のダンジョンに挑む。

新要素として、モンスター型のエレキロボが入っている「エレキ箱」が登場。モンスターの能力を再現したエレキロボを呼び出して戦わせることで、経験値を積んでレベルアップしていく。さらに「回路」というアイテムで強化することができる。

また、『不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城』で採用されていた風来救助システムが、ネットワークパスワードを利用して行える。


ドリームキャスト版のネットワークサービス「三途の瓦版」は2002年8月31日に、Windows版のオンラインサービスは2005年9月30日に終了した。Windows版はオフライン対応パッチが配信されており、オンラインサービスの一部がオフラインでも利用できるようになっている。