スマートフォン用の表示で見る

封じ手

ゲーム

封じ手

ふうじて

囲碁将棋で2日間にわたる対局が行われる際、公平性を保つために1日目終了時にとられる手続き。

1日目終了時に手番の棋士が、定められた用紙に次の着手を他の人に見えないよう記し、2日目の朝に公表する。


封じ手」は2通かく。一つは立会人、もう一つは宿泊所が保管する。後日、催し等でファンに贈答されることがある。