スマートフォン用の表示で見る

福地桜痴

読書

福地桜痴

ふくちおうち

本名・福地源一郎.明治期のジャーナリスト(1841.03.23-1906.01.04).

肥前国長崎生まれで桜痴は号.漢学・蘭学・英学を修め,1859(安政6)年から幕府に出仕.翌年遣米使節となり,その後二度の遣欧使節に随行.

1968(明治元)年に「江湖新聞」を発行し新政府を批判したため逮捕されるが,木戸孝允の尽力で放免.その後70年に大蔵省出仕,翌年に岩倉遣欧使節に随行.

74年に「東京日新聞」に入社,82年には立憲帝政党組織.88年までは新聞主宰.

以後は寄稿するほか,政治小説歌舞伎脚本なども執筆し,歌舞伎座建設に携わり,九世市川団十郎とともに演劇改良に尽力.

代表作『幕府衰亡論』.