スマートフォン用の表示で見る

分祀

一般

分祀

ぶんし

ある場所に祀られている神を、別の場所でも祀ること。

この場合、元の場所で祀られていた神がそのまま新しい場所にも鎮座することになり、どちらが本物で、どちらが偽物などということはなく、双方に同じ神が鎮座することになる。

つまり分祀を行うと対象となる祭神の鎮座地が増えることになる。