スマートフォン用の表示で見る

平井呈一

読書

平井呈一

ひらいていいち

怪奇文学の名訳で知られる翻訳家永井荷風の弟子格であったが、のち、仲違いする。

晩年には、若き紀田順一郎や、荒俣宏と交際。

主な訳書に「吸血鬼ドラキュラ」(ストーカー)「インスマンスの影」(ラヴクラフト)「オトラント城奇譚」(ウォルポール)など。創作集に「真夜中の檻」。