北島健二

音楽

北島健二

きたじまけんじ

生年月日:1958/7/20

出身地:東京都

血液型:O型

本名:北島 健二

12歳の時、高校でバンド活動をしていた兄の影響でギターをはじめる。

高校時代にロックバンドを結成、主にレッド・ツェッペリンの曲をレパートリーとする。そのメンバーには織田哲郎も在籍、又、同じ高校にKODOMO BANDうじきつよしがおり、彼も一時在籍していた。

彼の卓越したギターテクニックはアマチュアながら大いに注目を集め、この頃からプロミュージシャンとの交流が始まり、数々のセッション活動に入る。

彼のプロとしてのスタートは19歳の時、「舘ひろし&セクシーダイナマイツ」に参加、その後数多くのスタジオセッションを経て1979年、伝説のロックバンドと後に評価を得たスーパーグループ「WHY」の一員として衝撃のデビュー、スピーディーでスリリングな彼のギタープレイは一躍脚光を浴び、アッという間に若手ギターリストの筆頭に挙げられた。

1981年ソロデビュー。2枚のアルバムを発表し、ギターリストとしての地位を揺るぎないものとした。その後は主にレコーディング・セッションを活躍の場に移し、その多忙ぶりは余りにも有名である。

1985年西村麻聡Vocal,Bass)山田亘(Drums)と共に、FENCE OF DEFENSEを結成し、1987年6月21日EPIC/ソニーよりアルバム「FENCE OF DEFENSE」でデビュー、その活動は11年目の1997年までに11枚のアルバム、21枚のシングルを世に送出し、圧倒的な存在感とハイクォリティーな音楽性で高い評価を得ると同時に、1996年、田村直美(Vocal)、カーマイン・アピス(Drums)、トニー・フランクリン(Bass)と共に PEARLを結成。

1997年1月15日アルバム・デビューしオリコン・アルバムチャート初登場9位を獲得、日本最高峰のギターリストとして、かつ世界に通ずるギターリストとして絶大なる支持を得る。

1998年10月25日に発表したFENCE OF DEFENSEのアルバム「punk tang edges」では、デジタルシーケンスを多用しながらも、骨太なロックサウンドを確立。

デジロックの元祖として圧倒的な存在感を誇示し、1999年1月25日には、16年振りとなるソロアルバム「WILD FLOWeR」をリリース、絶賛を浴びる。

80年代は亜蘭知子後藤次利尾崎豊TM NETWORK松本孝弘と、近年は生沢佑一や歌手としての水樹奈々と仕事をすることが多い。