スマートフォン用の表示で見る

堀口大學

読書

堀口大學

ほりぐちだいがく

1892年東京生まれ。1981年没。詩人翻訳家フランス文学者。東京本郷生まれ。名前は本名で、父親が東大生でかつ東大の赤門近くで生まれたので名付けた。幼少期は新潟県長岡市で過ごした。慶應義塾文学部仏文科中退。佐藤春夫とは大学時代からの親友。19歳から33歳にかけて海外で暮らした。ブラジルにいた大正8年に創作詩集月光とピエロ」を出し、大正14年には近現代のフランス詩を翻訳した訳詩集「月下の一群」で日本の文壇新風を吹き込んだ。アポリネールの名詩「ミラボー橋」など甘美な作風は、中原中也三好達治など当時の若い文学者たちに多大な影響を与え、日本現代詩の発展に貢献した。

とくとくと戸口を

叩くものあり

来るべき女も

あらぬ夜ふけを

とくとくと戸口を

叩くものあり

われ待つ友も

なき夜更けを

―誰かゐるのか?

戸を引けば流れ入る月光

月光(つきかげ)/堀口大學