スマートフォン用の表示で見る

明和電機

音楽

明和電機

めいわでんき

中小電気メーカーを模したアートユニット。Maywa Denki。

概要

1993年5月、土佐信道副社長)とその兄である土佐正道(社長)の2人組でソニーミュージックエンタテインメント専属芸術家として活動後、経営の多角化を目指す吉本興業に移籍。2001年に土佐正道は「定年退職」、土佐信道が新「社長」となる。

1970年代高度経済成長期の町工場を基本ラインに据え、様々な「製品」と呼ばれるアナログ・電子楽器を発表する。代表作は魚をモチーフにした「魚器(なき)」シリーズや電動アナログ楽器「ツクバ」シリーズなど。現在は「エーデルワイス」シリーズを展開している。また、「ツクバ」シリーズを使用した演奏活動も行っており、彼等のライヴは「製品発表会」と銘打って行われる。またオタマジャクシ型電子楽器「オタマトーン」を発売するなど、商品化も行っている。

ツクバ系

彼等の提唱する音楽ジャンルである。

定義として、

  • AC100V駆動
  • 発音方式はアナログ
  • 莫迦馬鹿しいこと

が挙げられている。

ディスコグラフィ