スマートフォン用の表示で見る

野田浩司

スポーツ

野田浩司

のだこうじ

90年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は1→18→21番。

1968年2月6日生まれ。熊本県出身。

多良木高校から九州産業交通を経て1988年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団。

1年目より先発投手の柱として活躍。1991年には開幕投手に抜擢。

1993年松永浩美との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍。

同年、17勝を挙げ最多勝ゴールデングラブ賞を獲得。

1994年には1試合17奪三振を樹立。

1995年4月15日千葉ロッテマリーンズ戦では、1試合19奪三振の日本記録を樹立。*1

1995年、1996年のパ・リーグ優勝・1996年の日本一に大きく貢献した。


しかし、1998年以降は怪我に泣き、また、仰木彬監督との対立により、登板機会が減少。

2000年、FA権利取得を目前にして現役引退。

2001年、オリックスの二軍投手コーチに就任。

2004年、退団。

退団後はMBS毎日放送野球解説者の側ら、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手としても活躍。


2006年、社会人野球・ニチダイ?投手コーチに就任。


リスト::野球選手

*1:但し延長戦で敗戦投手に。