スマートフォン用の表示で見る

頼政

アート

頼政

よりまさ

能の演目の一つ。世阿弥作の修羅物。

 旅の僧が宇治の里を通りかかり美しい風景に見とれていると、老人が現れて様々な名所を教え、さらに平等院に案内する。僧が平等院の庭に扇形に刈り込まれた芝を見つけ、その由来を老人に尋ねる。老人はその扇形の芝は平家との合戦に敗れた源頼政が自害した場所であり、今日がその合戦のあった日だと語り、自分が頼政の霊であると名乗って消えてしまう。

 夜になると法師姿で甲冑を身に纏った頼政の霊が現れ、僧に平家との合戦の有様を語って聞かせる。そして「埋もれ木の花咲くこともなかりしに身のなる果てはあはれなりけり」という辞世の句を詠んで自害したことを語ると、自分の供養を僧に頼み再び姿を消す。


:能楽

源頼政