立法院

社会

立法院

りっぽういん

立法院とは、中華民国台湾)における立法府の名称。

中華民国の建国者である孫文五権分立理論に基づいて、行政院司法院考試院監察院とともに成立した一院制立法機関立法院に所属する議員立法委員という。

中華民国には元来、正副総統の任免権、憲法改正権を有する最高機関「国民大会」が存在したが、2005年に廃止されたため、立法院名実ともに唯一の最高立法機関となった。

また、1991年以前は中国大陸で選出された議員が大半を占めていたが、1992年以降は、小選挙区比例代表並立制により、台湾有権者によって選出された議員だけで構成、改選されており、実質的に台湾の最高立法機関となっている。

2月から5月まで、9月から12月までの二会期制を採用している。現在、議員定数113、任期4年。