スマートフォン用の表示で見る

劉禅

社会

劉禅

りゅうぜん

三国時代の蜀の二代目皇帝で、劉備の実子。字は公嗣(207-271)。幼名は阿斗と言った。

乳幼児時代に長坂の戦いで、単騎駆けでやってきた趙雲に助けられ生き延びる。このときの様子は、映画でも見られるシーンのひとつ。

父には似ず、人徳にも欠け、宰相としての統率力にも欠けていた劉禅は今にも魏に降伏しようとしていた。

その心境を知ってか、丞相の諸葛亮は「出師の表」を上奏しようやく北伐にこぎつけることになった。孔明の後釜の姜維が戦死し、劉禅は魏に降伏を決意した。

リスト::三国志関連