スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

鈴木孝政

すずきたかまさ

70〜80年代のプロ野球中日ドラゴンズの選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は29番。

1954年7月3日生まれ。千葉県出身。

1972年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。

伸びのある快速球を武器にロングリリーフもこなす救援投手として活躍。

2年目の1974年には35試合に登板し、セ・リーグ優勝に貢献。

1975年最多セーブ1976年最優秀防御率とこの年に創設された最優秀救援投手を獲得。

1977年にはリリーフ投手でありながら自己最高の18勝を挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得した。

1982年からは先発に専念、9勝を挙げてセ・リーグ優勝に貢献。直球の緩急で勝負するなど技巧派投手としても高い評価を受けた。

1984年に16勝を挙げカムバック賞を獲得。1988年にもリーグ優勝を経験した。

1989年、現役引退。彼の付けていた背番号29は、同じく速球派投手与田剛へと引き継がれた。

1995年、中日ドラゴンズ投手コーチに就任。1997年、退団。

2004年、中日ドラゴンズチーフ投手コーチに就任も、二軍降格。同年、退団。


その後、東海テレビの解説者の傍ら、マスターズリーグ名古屋エイティディザーズの選手。

2012年、中日ドラゴンズ二軍監督。翌年、退団。

現役中に長嶋茂雄長嶋一茂親子の両者と対戦した、唯一の投手である。ファンからの評価は現役時代と引退後は正反対である。

スポーツ

鈴木孝政

すずきたかまさ

バレーボール選手(レフト)。

1977年7月18日生まれ。熊本県出身。

188cm、73kg。指高238cm。

鎮西高校→法政大学旭化成スパーキッズ

2006年、旭化成スパーキッズ廃部にともない現役を引退。

スポーツ

鈴木孝政

すずきたかまさ

サッカー選手(DF・MF)。

1990年4月11日生まれ。

164cm、52kg。

土居SC→愛媛FCジュニアユース


* リスト::サッカー選手