六波羅幕府

一般

六波羅幕府

ろくはらばくふ

高橋昌明・神戸大名誉教授(日本中世史)が、論文集『平家六波羅幕府』、新書『平清盛 福原の夢』などで主張した概念。

平家一門は六波羅を拠点とし、平治の乱(1159年)で源氏を打倒、内裏を守護し国家の軍事警察権を掌握し。

京都から離れた場所に済んで王権からの独立性を守り、軍事警察権を行使する手法は、源頼朝鎌倉幕府と同じで、それが引き継がれたと考える。

頼朝政権幕府と呼ぶなら、清盛の政権もそう呼ぶべきだ

という主張に基づき造語された。

詳細は

http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-020150-6.html

平家六波羅幕府 

高橋 昌明

ISBN978-4-13-020150-6, 発売日:2013年02月中旬, 判型:A5, 360頁

内容紹介

平清盛による権力が最初の武家政権とし,幕府とは何かということに分け入り論じる平家政権論.貴族化されたとされる平家像を越え,その後の日本社会の権力のあり方を考察するためのあらたな歴史像を描く.歴史学の通説的概念を根本的に問い直す.


主要目次

序、ならびに用語について

第一部 六波羅幕府平氏系新王朝

第一章 後白河院平清盛──王権をめぐる葛藤

第二章 福原遷都をめぐる政治──治承二年(一一七八)から同四年八月末まで

第三章 六波羅幕府と福原

第四章 六波羅幕府再論

第二部 平家権力の諸相

第五章 平家の館について──六波羅・西八条・九条の末

第六章 平家家人制と源平合戦

第七章 清盛家家政の一断面――備後国大田荘関係文書を手がかりとして

第八章 嘉応・安元の延暦寺強訴について──後白河院権力・平家および延暦寺大衆

第三部 日宋の交流と海

第九章 大輪田泊について

補論 治承三年六月中旬の瀬戸内航海記

第一〇章 宋銭の流通と平家の対応

第四部 物語への展望

第一一章 『平家物語』の虚実──北米日本史・日本文学研究者に向けて

第一二章 平重盛四天王寺万灯会について

第一三章 「朝敵」という語の成立

あとがき