スマートフォン用の表示で見る

蔡瑁

一般

蔡瑁

さいぼう

字は徳桂。三国志の英雄(?〜208)

荊州の豪族であり、劉表の後妻である蔡夫人の弟であったため、劉表政権下で最も力を持っていた。

姉の子である劉を後継者にしようとするが、劉備が長男である劉を推挙するため、劉備暗殺を2度画策するも失敗に終わる。

劉表死後は劉を後継者に仕立て、曹操が南征するとすぐさま降伏し、荊州を曹操に献上。

赤壁の戦いでは曹操軍の水軍を指揮していたが、周瑜の計略により罪を着せられて処刑される。