スマートフォン用の表示で見る

麒麟獅子

一般

麒麟獅子

きりんじし

鳥取県東部および兵庫北部で舞われる獅子舞獅子頭が、1本角の生えた空想上の動物である麒麟の頭であることから、麒麟獅子と呼ばれる。1体の獅子の中に前足と後ろ足の2人が入る。胴体は一般的な緑の唐草模様ではなく、赤い布となっている。太鼓、笛、鐘の伴奏に合わせ、比較的ゆっくりとした大きな動きで舞う。

また麒麟獅子には真っ赤な仮面と衣装をつけた猩猩が付き従い、共に舞う。