スマートフォン用の表示で見る

槇原敬之

音楽

槇原敬之

まきはらのりゆき

 シンガーソングライター

 1969年5月18日生まれ。大阪府高槻市出身。通称「マッキー」。実家は電器店。従兄弟にミュージシャンのROLLYがいる。

 1990年にシングル「NG」、アルバム『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でワーナー・パイオニア(当時)からデビュー。翌年「どんなときも。」でブレイク、その後も「もう恋なんてしない」「潤・」「SPY」などのヒット曲を出す。1997年ソニー・ミュージックエンタテインメントに移籍。「Hungry Spider」などを発表し、活動の幅を広げる。が、1999年8月、覚醒剤取締法違反で逮捕。2000年11月にレコード会社を古巣のワーナーミュージック・ジャパンに戻りアルバム『太陽』で復帰。

 復帰後は、他のミュージシャンへの曲提供が増えSMAPに楽曲提供した「世界に一つだけの花」が200万枚を超えるセールスを記録した。2004年東芝EMIに移籍。13thアルバム『EXPLORER』が約10年ぶりとのなるオリジナルアルバムでのオリコン1位を飾っている。2007年8月にエイベックスに移籍。

 微妙で切ない、そして情けない男性心理をストーリー調でえがく歌詞で知られるが、最近ではそういった歌詞はややなりを潜めている。「世界に一つだけの花」に代表される「普遍的な愛」(本人の表現を使うと「ライフソング」)を追及するような歌詞が増えている。

 2011年より自社レーベル設立。同年に、堂本兄弟レギュラー出演に選ばれコーラスを担当。音組の顔としては名高い歌手となった。