スマートフォン用の表示で見る

ERP

一般

ERP

いーあーるぴー

 Enterprise Resource Planningの頭文字をとったもので、日本語訳としては「企業資源計画」となる。企業は、経営資源である自社の「ヒト、モノ、カネ」を最適に配分・管理・運用することで、利益の最大化を図ることを活動の目的としている。ERP経営資源を、部門を越えて企業全体で最適化する手法・概念をさす。ERPを実現するための情報基盤をERPシステムといい、ERPシステムを具現化するパッケージソフトウェア製品を「ERPパッケージ」と呼ぶ。近年、「ERP」というと「ERPパッケージ」をさす場合が多い。ERPパッケージの機能は統合データベースを介して、企業活動全体を有機的に結合することと言える。

 ERPパッケージメーカーとしては、SAP社のR/3、オラクル社のOracle Applications、PeopleSoftが有名。