スマートフォン用の表示で見る

EmEditor

コンピュータ

EmEditor

えむえでぃた

EmEditorMicrosoft Windows上で動作するテキストエディタのひとつ。

高機能エディタと呼ばれるものは、独自の操作法、UIを持ち、慣れを必要とする場合が多いが、EmEditorWindows標準のUIに準拠するよう作られているので、癖のようなものが少なく非常に取っつきやすい。また、高機能でありながら非常に高速に動作するのも特徴である。

内部の文字列処理がユニコードで行われ、対応文字コードも非常に多く、外国語の学習者にも愛用者が多い。

デフォルトで様々な拡張子のファイルを色分け可能で、プログラマウェブ開発者などにも愛用されている。

オンラインソフトとして、作者の江村豊氏により、1997年のバージョン1公開以来、非常に精力的に更新が続けられている。作者は日本人であるが、アメリカにおいて開発が行われ、英語版と日本語版が同時に公開され、英語圏でもユーザーを獲得している。

Free版

現在最新はバージョン14。Version 13 より、 Professional版と別のプログラムにはならず、同じバイナリで、両方の機能を果たす。Free版はProfessional版の機能制限版(ダウングレード版)となる。

Professional版

有料で、シェアウェアもしくはパッケージとして販売されている。現在バージョン14(14.2.0)。

バージョン3からプラグインにより拡張可能で、作者自身、もしくは有志のユーザーから様々なものが公開されている。

バージョン4よりマクロ機能を持ち、標準でJavaScriptVBScriptで、言語エンジンをインストールすることによりPerl, Python, Rubyでも記述が可能である。

バージョン5より64bitOSにも対応するようになった。

バージョン6からはプラグインによりカスタムバーをウィンドウに埋め込むことが可能になり、アウトライン、プロジェクト管理、HTML表示など様々な便利な機能が利用できるようになった。

バージョン7よりZIP版も公開され、USBメモリインストールして持ち運ぶことなど出来るようになった。

EmEditor Professional 2006