スマートフォン用の表示で見る

FLASH・動画

ウェブ

FLASH・動画

ふらっしゅどうが

2ちゃんねる掲示板の一つ、「FLASH・動画2ch掲示板」のこと。


2000年から2001年にかけて起きた、「ヒッキークリスマス」や「100万回生きたギコ」等の2ちゃんねる系(アスキーアート(AA)系とも)Flashの勃興や、海外からやってきたバカFlashの名作「hatten」、有名アニメドラえもん」のキャラクターを用いて破壊的なギャグ作品を作り上げた「ドラサイト」(後に著作権問題からオラサイト→ラサイトと名を変える*1)の諸作品、ゴルゴ13を「ポエヤマ」運営のFlashアニメーターポエ山氏がパロった「ゴノレゴ」シリーズ、同年8月に起きた2ちゃんねる閉鎖騒動を描いて2ちゃんねる内外で大ヒットを記録した「ある騒動の記録」などのFlash作品に対する需要の高まりから、有名ニュースサイトかーずSP」主催のかーず氏の要望により2002年1月17日に開設された掲示板。


初期こそ面白FlashURLをひたすら求める厨房が集まって殺伐とした雰囲気だったが、「しぃのうた」「ルパンIII世風タイトルメーカー」「1000キタ━━━ (゜∀゜≡(゜∀゜≡゜∀゜)≡゜∀゜) ━━━━!!!!!!!!!!」等の2ちゃんねる外部へすら大きな波を生んだヒット作が2002年中に数点板内から誕生し、さらには年末に開催されたオンラインイベント「第1回紅白FLASH合戦」により、「Flash職人」と呼ばれるFlash制作を行うアマチュア作家とそのファンの交流や作品発表の為のサロンとしての位置付けが行われていく。


2003年にはオフラインイベント「flash★bomb」によるウェブ外への進出、「第2回紅白FLASH合戦」でMacromedia社やAtomShockwave社の協賛を受けるなど、2ちゃんねる内に留まらない幅広い活動を行い、現在も「FLASH-JP」と並ぶ日本のFlashファンの為のフォーラムとして独自の路線を突き進んでいる。


2003年から2004年にかけてはプロのアニメーターである青池良輔森野あるじ両氏の板内のファンスレッドから発祥したファンイベント(それぞれ「CAT★MANIA」「RZ-温泉郷」)なども開催され話題となった。



参考文献:「教科書には載らない2ちゃんねる系Flashの歴史ヽ(´ー`)人(´ー`)ノ」(ゴッゴル.com)、「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」(ばるぼら著)

*1:詳しくは「ドラサイトの歴史」を参照