IFTTT

ウェブ

IFTTT

いふと

複数のウェブサービスデバイスを1つのタスクで繋げるサービス。

概要

1つのウェブサービス上で「ある特定のこと(トリガー)」をすると、違うウェブサービスデバイスで「特定のことを起こす(アクション)」命令をカスタマイズすることができる。サービス名は「if this then that(もしこれだったら、あれ)」の頭文字を取っている。2010年にLinden Tibbetsによりローンチ。

  • もし「Facebookでタグ付けされたら」、「メールで知らせる」。
  • もし「Foursquareでチェックインしたら」、「Facebookにステータスを作成する」。