スマートフォン用の表示で見る

PARA

音楽

PARA

ぱら

2001年に山本精一がドラムス・パーカッションのCHINAと結成。当初から基本コンセプトは現在と変わらず、構築性をベースにした室内楽的グルーヴ・ユニットを目指していた。その後すぐにキーボードシンセの家口成樹とスペース・ギターのYOSHITAKE EXPE(nutron)が加入。

翌2002年にキーボードシンセの西滝太(Suspiria, PORT)、さらに2003年には千住宗臣が加入し、各パートが様々な取り決めの下に持ちフレーズを反復したり変化させたりしながら曲を形成していくことで、演奏者の自己主張を乗り越えた新しい即興の可能性を模索する。2005年11月、CHINAが不慮の事故により急逝。これにより、ドラムは千住のみになる。千住はこの年から、BoredomsV∞redomsにも参加。2006年11月、初のアルバム『X-GAME』をリリース。メンバーの企画によるイヴェント "systrum" を軸に、ライヴ活動も本格化している。



メンバー

Guitar 山本精一

Guitar YOSHITAKE EXPE

Synth 西滝太

Synth 家口成樹

Drums 千住宗臣

5名とCHINA(SOUL)から成る。


X-GAME

X-GAME



para

スペイン語の前置詞。〜のために、〜のための、〜としては、〜までに。