Hatena::ブログ(Diary)

悠々優待

2017-06-22

ロスカットは大切です。 投資も、そして人生も。

昨日の記事で書いたHYIP(高収益投資・・・っていうかただの詐欺)の話。

WBSで新たなニュースが出てましたね。



某A弁護士事務所を中心に、被害者たちの集団訴訟のための弁護団が結成されたそうです。



・・・え〜っと。

なんて言うんでしょうか。
頭痛くなってきました。。。




正義とか弱者の救済とか言うタテマエのもと、自分も分け前にあずかろうとカモに群がる偽善ぶりに呆れるべきか。
絶望的なレベルのバカともいうべきカモに改めて呆れるべきか。




ブラジル国内で活動する得体のしれない詐欺グループ相手に日本国内で集団訴訟して、何をどうやったら被害金額を回収できんのよ、って、それこそ常識で考えて分からないもんでしょうか。

被害金額の1/10でも回収できる可能性ありますか?
ていうか、さっさと忘れてバイトでもして「被害金額の2倍稼ぎだすぜ!!」って方が手間も時間もよっぽど少なく済みそうですが。


なんかこの人たち、「被害を取り返せる霊験あらたかな壺」とか売りつけたら買うんじゃないか、とか(汗)




ロスカットは大切です。
投資はもちろん、人生においても。


私たちの国も歴史上、めちゃくちゃ分かりやすいダメ事例を残してくれてますよね。


かつてミッドウェイ会戦で敗れた時点で、大日本帝国の敗北は明白なものとなりました。
(まぁ正確に言えば、アメリカ相手に戦争はじめた時点で、ですが)

あの時点で「ロスカット」に走っていれば、日本国民の犠牲はけた違いに少なく済んだはずです。
東京や全国各地の街並みも、名古屋城広島城のような文化関連もそうです。

せめてフィリピン太平洋諸島で連戦連敗し始めたあたりで「ロスカット」していれば。
せめて硫黄島陥落で「ロスカット」していれば。
あるいは遅きに失したといえども沖縄米軍の手に落ちた時点で「ロスカット」できていれば少なくとも広島長崎は無事でした。
あるいはせめてせめて、広島原爆の破壊力を目の当たりにして、2日以内に「ロスカット」できていれば。

勝ち目のない負け戦にこだわり続けてロスカットできないことの弊害がどれほど悲惨な結果をもたらすか、分かりやすい事例は他にもいくらでもあるでしょう。


HYIPなんていう、バカでも引っかからないような詐欺に引っかかってしまったのは救いようがないですが、もう引っかかってしまったものは仕方ありません。
これを教訓に、この経験から学んで自分を向上させるしかありません。

むしろ50万とかのレベルの被害で大きな教訓が得られた、と考えれば、長い人生の中である意味、いい経験と言えなくもないのかもしれませんし。


そこをさらに負け戦にこだわって「だまし取られたお金を取り返す!!」とか。
ブラジルの悪徳業者の養分となるだけでは飽き足らず、今度は弁護士さんの養分として生きる道を選ぶ、って。


なんかもう、こっちが絶望的な気分になってしまいます。。。。




ロスカットできない人に明るい未来はありません。

投資も、そして人生も。




にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017-06-21

HYIPってご存知です?  昨夜のWBSより

昨夜のWBSで見るまで、私、HYIPって聞いたこともありませんでした。

High Yield Investment Program の略で、日本語に訳すと「高収益投資プログラム」となるんだそうな。
最近、ねずみ講もどきのものや海外業者の怪しげなものを含め、被害者が続出してるそうです。


その利回りたるや、年利ではなく日利(!)で2〜9%だとか。



・・・えっと。



個人的にはこれを「高収益投資」と呼ぶことにめちゃくちゃ違和感あるんですが(汗)。

正直、被害者に同情する気がこれっぽっちも起きないというか、むしろ悪徳業者よりも被害者が責められてもいい案件にすら思えます。

常識で考えて、そんな「投資」(?)があるわけねーだろと。




そういえば昔、不動産投資で某著名FPのY山R香さんが「株で月利10%で運用して不動産投資の資金をつくる!!」的なことを著書で書いておられて失笑したことがありますが。

例え株式投資の経験がなくても、年利10%たたき出すのがどれほど大変なもんか、ってくらいは社会常識の初歩の初歩として知っておかないといけないレベルの話だと思います。

それ知ってるだけでも、リボ払いの年利14%なんて手を出す気も起こらなくなりますよね。
(「クレジットカードってのは一部のどうしようもないレベルのバカを社会全体で喰いものにするシステム」って、誰の言葉か忘れましたが名言だと思いますw)



一歩引いて、冷静な頭で、常識で考えてみる。


たったそれだけのことができない人が多いんだね・・・・って、改めて実感させられました。




にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017-06-17

ひとりごと。

前回記事でちょっと自虐的に予言してみたRIZAP、ものの見事に大暴落ですw
ついでにNICオートも・・・



さて。

アベノミクスへの批判で、「株を持ってる富裕層だけに恩恵〜」的なの、ありますよね。

個人的にめっちゃくちゃ違和感あるんですが。


今時、株なんて誰でも買えるわけですよ、ほんのお小遣い程度の資金があれば。
富裕層とか関係なく、アベノミクスの恩恵を享受できたかどうか、は株を持ってたかどうか、の違い。

株を買う、というリスクをとったかとらなかったか、あくまでも本人の選択の差でしかありません。



リーマンショックの時、あんな安かったんだから買えば良かったやん、って話です。
PER一桁、PBRも1倍を大きく割り込んで、健全財務で業績も伸びてて配当&優待で6〜7%なんて銘柄がいくらでもあったんですから、貧乏人でも、いや、貧乏人だからこそ、手段を選ばず資金をひねりだして買い漁るべきだったでしょ、と。


結局のところ、基本的なことは何も変わりません。

自分の人生を変えることができるのは自分自身。
政府が〜」
大企業が〜」
と自分の不遇を誰かのせいにしている時点で終わってます。


日本政府が突然、汚職も既得権益も一切ない清廉潔白でしかも打つ手打つ手が全て大当たりなきわめて優秀な組織になったりすることがあると思います?
大企業が幹部の年収や株主への配当・内部留保を大幅に削って、末端社員や取引先・社会への還元に全力・・・なんてことがあると思います?
(むしろそれ、めっちゃくちゃ不健全ですけど)

彼らの行動が変わることはない、ってことは即ち、自分の不遇を政府大企業のせいにしている人たちの未来はない、ってことです。


今回、アベノミクスの恩恵を受けられなかった人たち。

マスコミや野党はとにかく政府与党にいいがかりをつけたいだけですからどーでもいいとして、そんな連中に共感を抱いてるような人にはたぶん未来はないと思います。

そうじゃなくて、リーマンショックからアベノミクスの流れを見て、
「よし、今度リーマンショックみたいなのが来た時には今度こそ自分も・・・」
と思っている人(少数派でしょうけど)、そんな人には明るい未来が開ける可能性はあるのかもしれません。


株式市場のドン底で全力買い、が何を生み出すか。

これだけ分かりやすい成功事例が目の前にあるにも関わらず、そこから何も学ぼうとしない人たち。


今の日本は誰でも成功できる、恵まれすぎたくらいの環境です。
身近にいくらでも転がっているチャンスを、全く気付かずにスルーし続けたまま、それに気づかずにすべてを誰か他人のせいにしていてはいつまでたっても何も変わらないまま。
常に誰かをねたみ、ひがみ、不平不満を言うばかりの人生、そんな人生、楽しいんでしょうか?
なんか、みじめじゃありません?



前向きに、全て自己責任で、自分の未来は自分で切り拓く覚悟を持って周囲を見渡してみれば、お宝はいくらでも転がっていることに気づくはず。
以前にも書いたことありましたけど、極端な話、深夜バイトで連日長時間働いて生活を切り詰めれば中卒アルバイトでも200万やそこらの貯金はできるんです。
年、200万弱、5〜6年で1000万。

そのタネ銭で、あるいはその前にもうちょっと効率よく頭を使って。
2千万やそこらの資産を築くのって、全然大したことじゃない気がするんですが。


「生活が苦しいなら金持ちになればいいんじゃない?」
「今の日本で貧乏になる、って、むしろ難しくない?」

某著名投資家さんの言葉です。
これを傲慢と受け止めるか、何かを学び取るか、それはその人次第。


ちなみに私、大卒以降のリーマン生活で、年収が400万を超えたことのない負け組です。
でも、そんな私でも覚悟と根性さえあれば、やれることはいくらでもありました。

全ては自分次第。
誰かのせいにして文句言ってるヒマがあったら、その状況の中で自分に何ができるのか考えろ、って話です。
ヒントになる情報・ノウハウもネット上でいくらでも無料で拾ってこられる時代なんですから。




にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017-06-16

RIZAP。

一時、1500円を超えたみたいで。
相変わらず、動くときは値動き荒いですねぇ。
(まぁ札証だし、当たり前と言えば当たり前ですけど)


あちこちで「30倍到達!!」なんて話が出てましたが、皆さん似たようなところで仕入れておられますね(笑)
私も最初の買付は215円とかその辺で、180円とかで一回ナンピンしたような覚えがありますので、まぁ一応、2分割2回を経て、30倍と言えば言えるのかと。
その後に追加して一回一部利確してまた追加して、とドタバタして平均購入額も大きく上げてしまってますが。


問題はですね。


たぶん、今日でポートフォリオの首位にRIZAP、という事態になってしまってること(汗)。

「端株でのんびりほのぼのバイ&ホールド」
をうたっていながら時価総額首位のエース銘柄がRIZAP。

自分で言うのもなんですが、どうなんでしょ、これ・・・・って感じです。
健全さを微塵も感じないというか。



まぁちょうど不動産物件購入のために何か売らないといけないところですし、一部利確はすると思いますが、どの水準で、どれだけの株数で、ってのが悩ましいところ。

一回1600円とか見せられてると1400くらいでも売りにくい気分にはなってしまいますよね。
この手の値動きの荒い銘柄はその辺の狙いを定めるのが困難です。

ま、どこかで割り切って考えないといけないんですが。


次でまた大き目に下げられたりするとさらに悩ましいことになりそう。
あきらめて売ったらそこでまた急騰、とか。

札証銘柄の扱いの難しさ、全力で実感中です。




にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017-06-09

嵐吹かず。

エゲレス方面は保守党過半数割れ見込みとな。

なんか前首相時代から自爆芸がこの国の芸風になってきた感もありますが、株式市場には特に荒れた様子も見当たらず。
無難な感じになってますね。


そんな中、先月の急騰で時価首位のエース銘柄となったNICオートテックがここ数日で大きく下げてきています。
一部でも利確しておくべきかどうか、ちょっと迷ったりもしたんですが、何事もなくこちらも落ち着いてくるのかも。

こうなってみると「ちょっとだけでも利確しとくべきだったかなー」という後悔の念も全くないと言えばウソになりますが、まぁ売ったら売ったで、その場合はきっと上行っちゃってただろうなと。
私が売った株はよく騰がります。

エムアップ・・・
船井総研・・・
インフォデベ・・・
レーザーテック・・・

くそー。



不動産投資の方で、2件目が買えそうな雰囲気になってきたこともあり、現金が必要になってきそうなんで、ここで主力のいくつかが急騰してくれるとありがたいんですけどね。
まぁまだ分かりませんけど。


一方、株の収穫シーズン。

配当金は連日、入ってきてますが、優待の方はまだクオカード2枚だけ。
明日は10日ですし、そろそろ本格化してきますかねぇ。

配当も1銘柄で1万円を超えるような大物はまだ一つも来てませんので、そっちもあわせて楽しみです。




にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村