スマートフォン用の表示で見る

修繕積立金

一般

修繕積立金

しゅうぜんつみたてきん

主に共同住宅を購入した場合になるが、建物の劣化、老朽化にともない、修繕、外壁の塗り替えなど、手を入れなければならなくなったときに備え、積み立てておくお金。

一戸建ての住宅であれば、修繕が必要となったとき、自己判断で修繕すればよいが、共同住宅の場合、建物が大きいために、その修繕額も大きく、また住民各々の経済事情により『いざ、修繕』というときに徴収しようとしても、不公平なく集められないというトラブルや、お金を支払うくらいなら修繕しなく良いという反対者が出る可能性が考えられる。 そのため、修繕の必要のないうちから、共同住宅に占める個人所有の割合や、共用施設の使用頻度などに応じて負担金を決め、修繕の時に使うお金を積み立てておこうというもの。

管理費とともに集める場合や、入居時に一括で徴収する場合など、徴収方法は、それぞれの共同住宅の管理のやり方によって違う。