Hatena::ブログ(Diary)

3Pは「さんぴー」ってよみます このページをアンテナに追加

2016-09-21-Wed ルシファー吐き気がするほど愛してくれ

今年の夏は面白くて面白くて複数回劇場に足を運んでしまう邦画が2本もあったので良い夏でした。

[]『シン・ゴジラ18:25 『シン・ゴジラ』を含むブックマーク

公開から1か月くらいの間諸事情でみにいけなくて歯噛みしたり転がったり地団太踏んだりしていました。そして散々ネタバレを読み、感想を読み、考察まで読んでから行って観てもなお面白かった。

デン、デン、デンデン ドンドン

しすぎでしたけども。

初見の時はとにかくゴジラのでかさが怖くて怖くて、みんな地下に逃げてましたけどそれ蒸し焼きになるルートじゃないですか!!!ってハラハラしながら観てたんだけど、なんか蒸し焼かれなかったのでほっとしました。現実もしゴジラが来たらどうなるんですかね?地下、避難先になるんですかね?ならなかったとしても、ゴジラの進行ルート上にいたらもう他に逃げる先ないからしょうがないですね。

今も思い出しちゃう一番怖かったシーンは、男の人が一人で必死で逃げてるとこ。ああ、助からない、って思った。

2回目観たときにはもう怖さには免疫ができちゃっていたので、蒲田くんを愛でたり青いビームを出す口をかっけーなーって思いながら眺めたりできました。

ついったに書きましたけども、自衛官が「志願者を募りますか」「いや、ローテでいく」みたいな会話を交わすところがあって、そこがとてもとても好きです。

[]『HiGH & LOW18:25 『HiGH & LOW』を含むブックマーク

映画好きの友人複数から「お前なんでいかねーの?」的に煽られたので、ゥオリャ!って公開が終わる1週間前くらいに観に行ったらくっそ面白くて、もう今はあの初見の時の面白さとか戸惑いとか爆笑とかを事細かに記すことはできないんですけど、とにかく最高でした。

冒頭、貧民街みたいなところが丸ごと燃やされてヤカラを大量にのっけたトラックが街につっこんできて可愛い子ちゃんが「はやくみんな逃げて!」って年寄を助けたりするところからもう最高で。世界観がね、一発でわかるじゃないですか。ほいで、燃え盛る貧民街の瓦礫の間から「ゆらり」って立ち上がるんですよ貧民街の神のね、ルードボーイズってチームのリーダーなんですけどね、これが、暗い目をさせたらいま日本で一番美しい男こと窪田正孝なんですけど、細い体で喧嘩が強くて儚い煙を意味するスモーキーって名前堕天使でね、めっぽう強いけど病気を患ってて喀血するんですよーーーーー(ごろごろごろごろ)

ほいで、ナレーションベースダイジェストで話が進んで(でも喧嘩シーンは丁寧でかっこよくて長くて)ドラマを観ていればこのへん2クールかけて丁寧に描かれていたのかな……BGMがかっこいいな……。鬼邪高校と書いて「おやこうこう」……。やべ、このバンダナとメガネの関係性はどういうもんなんだ……とか思ってるうちに最高に面白くてクールでかっこいい2時間があっという間に終わってしまいまして。

いやもう本当に面白かったです。うっかり通常の公開が終わってもまだ続けている映画館で実施された応援上映にも行ってしまった。最寄りの応援上映にいったらガラガラ地獄のような時間を過ごすことになったけど映画自体は面白かったからもうなんでもいい。

そして(まだ書く)初見から応援上映までの間にドラマを全話観たりもしたんですけど、映画みながら思っていた「この先代っぽい琥珀さんと九十九さんたちの物語が1クール目で、後輩っぽいコブラたちの話が2クール目かなー」みたいな予想をぼんやりしていたら、ドラマの1話冒頭も映画とまったく同じ「かつてMUGENという伝説的なチームがあった」「この地区を今は各チームの頭文字を取ってSWORD地区と呼ばれているッ」みたいな説明から始まったので伝説のチームは最初からナレベースの「ありき」なんかい!ってびっくりしてひっくりかえって爆笑して期待通りだーーー!!って一気に観ました。

で、ドラマ見たら、もっとハイロー好きになっちゃったので、10月に公開される映画も楽しみです。

(力尽きた)

(140文字以上はちょっと……)


観る直前にお友だちたちの「シンゴジに続いて斎藤工出ますよ」「終盤ちょこっとじゃん」って会話を読んでいたので、どこかなどこかな?あれ?エンドクレジットだぞ?まさかあの乱闘シーンにいたとかーーー?!?!うわ見逃したーっって思ってたら違ったので、ほどよいネタバレをありがとうな、と思いました。

[]『ペット』 18:25 『ペット』を含むブックマーク

ふつう。つまらなくもないし、めっちゃ面白いわけでもない。私は大好きになれる子がいなかったので。ミニオンズが好きだったらきっとはまる。私はミニオンズもいまいちピンと来ないのです。

CMで流している、ご主人さまのいない間、ペットたちは……みたいなのは、ほぼCMまんまの尺で流れるだけで、そういうイタズラ最高シーンを延々とみられる面白映画を期待すると肩をスカっと透かされます。ちゃんとした恋と友情の物語です。

あ、でも、かなり後半まで私中の人たちの正体に気づかなくて、途中彼らが二人きりで話すシーンになって初めて「あれ?この聞き覚えのある掛け合い……」ってなって、それは割と衝撃的な体験で良かったな。

[]『君の名は。18:25 『君の名は。』を含むブックマーク

きみのぜんぜんぜんせフンフフーンでお馴染みの映画ですけれども。割と公開してすぐに行ってきました。だって、新海だから……。

近所の映画館が、いまだかつてみたことないくらい若者たちで埋められていて、そのことにちょっとぐっときました。わ、新海のアニメを、こんなにも、ふつうの高校生たちが、みにきている……!という。

で、お話としては私はイマイチ。いや、お話がイマイチなわけじゃないのかな。私は、この映画の一番大きなカラクリ部分は、ものすっごく好きなんです。ものすごく衝撃を受けたし、それで、それでどうするの、どうなるの!!って思った。

でも、致命的なまでに主人公の2人に気持ちが動かされなくてね……。これはもう加齢が原因かなって思うんですけれども。三葉の可愛さ、わかる。瀧くんの良さ、わかる。でも、瀧くんが三葉を探し始めてからの様子がどうしても「なんで??」って思ってしまってダメでね……。なぜ名簿で探し出せるのに神社名前で検索しない、なぜそんな風景スケッチで探し出せる、なぜおまえはそのニュースを憶えていない、って、そのへんがいわゆる「ご都合主義」にみえてしまったんですよね。

上に書いたハイローなんてもうご都合主義ってなによ??って感じではあるんですが。でも、ハイローはちゃんと冒頭で示してくれてるんですよね、こういう世界ですよ、でたらめですよ、でもかっこいいだろ?って。君の名は。は、誠実ですって顔をしているのに、そういうとこが真面目じゃない。本当に本気で探し出そうと思ってたら、風景スケッチなんてそんな悠長なこと始めないだろー?良い感じのレストランの黒い制服のスカートにファンシーな刺繍さされたら頭どつくだろー?つか、繕いますーって言って手に持った糸が赤い時点で「まて」って言うよ私なら。顔の可愛い男子高校生相手だったから止めない気持ちもわからないではないけど。まぁ、私も奥寺さんではないのでしょうがない。何を言ってるのかよくわからなくなった。とにかく、いろーーーーーんなことが引っかかって、その引っかかりを押し流すほどの感動は、なかった。

でも。

この映画はやっぱり細部に新海が宿っていて、それは背景の美しさとか、音楽との兼ね合いの素晴らしさとか、そういうことではなくて(それももちろんあるんだけど)、思い込みだけで成立している世界である、とか、幼いころに決意した稚拙純粋で美しいなにかをずっとずっと大事に守る男の子の美しさを美しいと称える感性、とかそういうものたちで。これが、この映画がいまの高校生たちにズシンと響いて刺さって話題になるんだとしたら、それは素敵なことだと思う。

私はもうその感性を多分手放してしまったのだけれど。

でも、いいの。私はかつて細田守監督にそれをもらったから。『時をかける少女』を観た夏が、私にはあるからね!

[]なんかさ 18:33 なんかさを含むブックマーク

なんか、調子にのってアンテナとかひっっっっっっっっっっっっっっっっさびさに巡回したら、今も更新しているはてダの人がいて、ありがとおおおおお!って気持ちになったよ。私はかなりBBAになったよ。そっちはどうだい?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kotoko/20160921