Hatena::ブログ(Diary)

苫小牧福音教会 水草牧師のメモ帳

2018-09-11

2018-09-09

地震でますます実感。やっぱり原発はダメ

今回の北海道地震発電所事故で実感したのは、火力発電であれば、事故があっても逃げ出す必要もなく、農地ふるさとが被ばくして、それを喪失する必要もなく、ただ少々忍耐しつつ待てばよいのでいいなあ、ということです。

もし、今回泊原発破綻してしまっていたら、札幌もだめだったんですよ。

2018-09-07

手回し充電ラジオ

 今回の地震停電で便利だったのは、手回し充電器付きラジオでした。小さいけれど、短波放送も聞けますラジオが聞けるだけでなく携帯にも充電できます。ただ、うちのは古かったのでアダプターが古くてだめでした。通信機器日進月歩ですから、アダプターなど確認しないとだめですね。

 携帯はCメールは使えますが、通話はできませんでした。

追記>アダプターを使わないで携帯に充電できることがわかりました。

充電器のUSB携帯AC充電器のUSB携帯電話

とつなげばいいのです。

https://www.amazon.co.jp/オーム電機-AM-FM-SW手回し発電ラジオライト-RAD-V963N/dp/B004512YTU/ref=sr_1_fkmr0_2?ie=UTF8&qid=1536287631&sr=8-2-fkmr0&keywords=%E6%89%8B%E5%9B%9E%E3%81%97+%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA+%E6%87%90%E4%B8%AD%E9%9B%BB%E7%81%AF+%EF%BD%93%EF%BD%97

f:id:koumichristchurch:20180907113510j:image

北海道で地震  苫小牧

 みなさん、お祈りありがとうございます台風21号が過ぎて電話がおかしくなり、ネットがつながらないなあと思っていた矢先、真夜中にグラグラグラッと来ました。揺れの特徴は短周期で激しいもので、持続時間はさほど長くなかったように思います本棚の上に置いてあったA4のコピー用紙の束が落ちてきたくらいでした。非常に激しい揺れであったにも拘わらず、落下物や転倒物がほとんどないのが不思議というのが今回の特徴でした。

 真夜中ですが、地震の揺れからすると、あの311とちがって直下型ですから津波心配はほぼなさそうですが、緊急地震速報には津波のことは触れられていませんでしたから、どうしたものかなと思いました。なにしろ停電しているので、情報がありません。アパートから出ると近所の家族駐車場ワンボックスカーの中でテレビを見ていました。「津波心配はなし」と報道されていて、一安心。つい先日、近所に越してきた教会一人暮らしのおばあちゃんがいるので、心細くしているだろうと、徒歩1分のところを訪問しました。「びっくりしたー」と話していました。

 家に帰ってまだ3時半ころ。教会役員さんたちに携帯電話をかけて、それぞれ担当している兄弟姉妹の安否を手分けして聞いてもらいました。固定電話はまったく機能しません。けがなどした人は、今はいっているかぎりないのですが、心配なのは腎臓透析をしている人がいることです。停電が続くと状況は厳しいですね。それから、寝ましたが、余震がたびたびあり、また、電話も何度もありながら、寝たような寝ないような状態で、朝を迎えました。

 

 明るくなりました。ありがたいことは、苫小牧私たちが住むところでは、ガスも水道OKだったことです。ですが、停電が続けば、アパート屋上タンクに水をくみ上げるポンプが動かないので、いずれ断水するだろうと想像して、一応、風呂に水をためました。非常袋から手回し充電器つきのラジオを引っ張り出して初めて使いました。これはとっても便利です。みなさんにも一つ買っておくことをお勧めします。

 電気がないので、ガスコンロで鍋でご飯を炊きました。 お祈りをして家族朝ごはんを食べて、娘はアルバイトに、私は会堂に出かけました。壊れている家があるかなあと思って出かけましたが、倒壊した建物はありません。会堂も外観はきれいなものです。しかし、中にはいると、階段にステンドガラスが割れて散らばっていました。これは建物にくっついた窓ではなく、窓のそばに設置してあったものです。書斎は机の上は荒れていましたが、棚の本はほとんど落ちていませんでした。本棚の上に載せた本箱がずれていました。二階に行くとひどかったのは台所でした。食器棚観音開きが、中の食器が暴れてあいしまって、飛び出した食器割れて散乱していました。地震の時観音開きの食器棚はアウトです。妻が片づけたら、リンゴ箱一杯くらいの数です。でも、食器棚が倒れはしませんでした。やはり、あれほど揺れたのに倒れなかったのは、揺れ方のせいなのでしょうね。余震を予想して、観音開きが開かないように留めておきました。 教会の近所のツルハドラッグスーパーものすごい人で、大阪万博以来の待ち時間で買い物というありさまでした。

 そんなこんなでもう午後2時ころになり、腹ペコで帰宅してお昼を感謝して食べました。娘はあ4時ころだったか、帰ってきました。やはり片づけがたいへんだったみたいで、少し食べて部屋に戻って寝ていました。

 私と家内ロダといっしょに散歩に出かけました。電気が来ないので、パソコンも開けず暇なのです。あたりは静かで一見何事もなかったかのようです。信号国道のものけが機能していて、あとは消えていますが、さしたる混乱はありませんでした。コンビニでおせんべいを買おうと言いながら、ぐるーっと長めの散歩しましたが、目当てのコンビニはもう品物がなくなったせいか、閉じていました。そのうち陽が落ちてきたら、なんとぽつりぽつりと灯りがともり始めました。電源回復に1週間はかかると聞いていましたから、びっくり。ところが、私たちの住む町内までくると、まだ真っ暗でした。

 家に帰って懐中電灯をともしながら、ご飯を鍋でたき、家内がこんな時なのに、おいしい肉じゃがを作ってくれました。娘が感謝祈りをして食べました。懐中電灯あかりのなか、ほぼ真っ暗けでの夕食でしたが、すばらしく美味しかった。食べ終わると、時間があります。いつもだと私も娘も部屋にもどって勉強やもう一仕事なのですが、することがありません。「うーん、ぜいたくな時間。何しよう」とか言ってたら、娘がUNOトランプを持ってきたので、暗闇の中、懐中電灯をたよりにやりました。気づいたら、もう十時ころで、真っ暗ですることもないので、非常持ち出しを確認して、枕元に懐中電灯を置いて、パジャマで飛び出すと恰好悪いのでジャージを着て寝ました。

 で、午前5時。朝が来ました。やや薄暗いところ、パチリとスイッチを入れたら電気が来ていました。夜を徹して電力会社の方たちが働いてくださっているのですね。


 電源が回復して、情報が一気に得られるようになりました。地元にいると地元のことが見えないのです。

 震源地山間部で山崩れが起きて被災した方たちのために、今も懸命に救助活動が続いています祈ります。電源回復がまだの地域特に病気の方たち、人工透析の方たちのために祈ります。電源回復のために、夜を徹して働いている方たちのために祈ります

 みなさん、お祈りありがとうございます

 長いレポートを読んでくださり、感謝します。

 厚真町

2018-08-29

孫正義さんのことば

「髪の毛が後退しているのではない。わたし前進しているのである。」

 さすが、孫正義さんですねえ。その生き方に裏打ちされたことばですから、かっこいいですね。前向きな生き方ユーモアがあふれています。

 頭頂部から攻め込まれている場合はどういうのか。これは単なる二番煎じですが。

「髪の毛が下降しているのではない。わたしが向上しているのである。」

f:id:koumichristchurch:20180829173629j:image

2018-08-27

物書く道具の移り変わり

 82年の大学卒論、85年の神学校卒論、88年の正教師論文までは、万年筆手書きでした。で、89年の修論ワープロ(キャノワード)で提出しました。考えると、89年が大きな変化です。それから数年間はキャノワードでした。それが、94年信州開拓伝道に出て数年してパソコンになりました。

 パソコンは私にとっては書く道具である以上に通信の道具になってきました。メールにせよ、ブログにせよ、SNSにせよ。

 それにしても、書く道具は目まぐるしく変わってきましたねえ。手書き卒論を書いたころは、もういったん書くと直すのがたいへんすぎました。文体も変わったように思います。短文化したようです。また、私はもともと悪筆でしたから手書き時代なら書記など依頼されることはありえませんでしたが、ワープロ出現で、人生変わりました。

 で、万年筆が懐かしくなって使い始めたのが、去年2017年1月です。そして、間もなく、教会のメンバーで入院している兄弟のために墨で聖書のことばを書いてあげたいと思って、渡邉賢治先生に遠くから教わりながら筆を使い始めたのが去年の2月です。

USBメモリが壊れるとき

 バックアップ用に使っていたTranscendの32GBのUSBメモリが壊れました。バックアップ複数パソコンクラウドでしているからデータが失われたわけではありません。

 15年以上使ったんだと思います。それ以前は外付けHDバックアップを取っていたのですが、ウィルスに入られてそれが動かなくなって、二十代から説教集などデータの多くを失いました。それで常時接続の外付けHDはだめだと思って、USBメモリバックアップに切り替えたんです。でも、USBメモリは、ある日突然壊れるものであるということを聞いてはいました。

 前兆がなかったわけではありません。パソコン差し込むたび、「おかしくなっているから修復しなさい」というサインが出てくるようになって、それが数回出た後、完全にパーになりました。

 SSDも同じ仕組みであるとのことですね。どなたかの参考になるかと思い、ここにメモを置いておきます


 コピー機のトナーの文字は落ちてしまうし、今の紙に印刷した文字も、インク問題酸性紙の問題で消えてしまますリソグラフみたいなべっとりしたインクを使う孔版印刷物は残りそうですね。信仰希望と愛、以外で一番のこるのは、パピルスに墨で書かれた文字、そして粘土板のクサビ形文字、なんでしょうね。