Hatena::ブログ(Diary)

「北方人」日記

2016-05-19 寄贈、深謝!

春日井ひとし『昭和八年の里見トン(上)』掌珠山房

f:id:kozokotani:20160519132256j:image

通雅彦『甲虫節』かりばね書房

f:id:kozokotani:20160519132251j:image

『しまふくろう』癸苅

f:id:kozokotani:20160519132242j:image

寄贈のお礼が遅れたことをお詫びします。深謝!

22日(日)は、慣例の鬼子母神みちくさ市」です。天気がよさそうなので、散歩がてらおいで下さい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kozokotani/20160519

2016-05-06 送呈、深謝!

富士正晴記念館所蔵 初期絵画とペン画』(富士正晴記念館)

f:id:kozokotani:20160506141502j:image

『光太郎資料45』(高村光太郎連翹忌運営委員会編)

f:id:kozokotani:20160506141454j:image

一緒に送っていただいたパンフなど

f:id:kozokotani:20160506141453j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kozokotani/20160506

2016-05-04 i第18回不忍「一箱古本市」

昨3日、晴天の中、慣例の谷中の「一箱古本市」に行く。正午、ほうろう前で書誌家のかわじ氏と待ち合わせ。次号「北方人」の表紙、カット画をいただく。一緒に、一箱古本巡りに。途中大勢の知り合いに会う。一番の収穫は、しばらく探していた田中角栄の『日本列島改造論』。いま連載中の「釧路湿原文学史」に必要なもので、あまりにも偶然の出会いに驚く。ついうれしくて、古本を爆買いしてしまう。

f:id:kozokotani:20160504103832j:image

かわじ氏と開催スポットをすべてまわる。かわじ氏の漫歩計では16000歩以上とのこと。スタンプラリーの景品は、第18回不忍ブックストリートのクリアケースであった。

f:id:kozokotani:20160504103831j:image

なお。5月22日(日)開催、鬼子母神の「みちくさ市」に出店します。場所はいつもの花結び向かいの駐車場です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kozokotani/20160504

2016-03-24 20日のみちくさ市、御礼。

20日のみちくさ市は、晴天になり、たくさんの人たちが来てくれて、盛況でした。お客様、スタッフの皆様、お世話になりました。

f:id:kozokotani:20160320155046j:image

朝から書誌家のかわじもたたか氏が来て、自作の「古書北方人」の看板を飾ってくれる。また、氏の編著書『月の輪書林古書目録を一考す。』を並べる(結果は2冊売れる)。また、お客さんで、京都の善行堂でこの本を買ったという女性があらわれ、感激したかわじ氏が、著書に使った額入りの挿絵をプレゼント。

また、Tさんが来てくれて、徳島高野山への旅のお土産をいただく。お返しに、親類の文藝春秋社にいた中戸川宗一(中戸川吉二の子息)のことが載っている、『噂』創刊号が復刻されている本をプレゼント。

なお、若い人でいつもブログ北方人」日記を見ているとのことで最新号『北方人』お買いになり、バックナンバーを全部欲しいという方が。もう手許には何もないので、必要なところをコピーすると伝える。

いつも、様々な出会いがある「みちくさ市」、次回は5月22日(日)の予定。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kozokotani/20160324

2016-03-19 明日20日は「みちくさ市}、その他

明日20日は、鬼子母神の「みちくさ市}です。天気予報は晴れ、暖かい散歩日和になりそうです。http://kmstreet.exblog.jp/開催は、都電鬼子母神駅周辺、私は、いつもの旧「花結び」向い駐車場です。おまちしております。

f:id:kozokotani:20160319121841j:image

『一寸』第65号を拝受しました。

相変わらす読み応えのある美術同人誌青木茂氏の「新・旧刊案内65」、岩切新一郎氏の「雪岱版画考」を興味深く読む。「小村雪岱」については、私もこれから出る『吉川英治事典』(勉誠出版)に少し書いたが、予定が遅れてまだでない。4月頃か!

f:id:kozokotani:20160319121822j:image

町田市立国際版画美術館で開催される「清親ー光線画の向こうに」の案内状もいただきました。3月12日〜4月17日まで。これは是非行きたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kozokotani/20160319