とかいろいろ

2014-08-17

夏も終わりですね

コミケも終わったし。行ってませんが。(冬には行きたいなあ)

何より涼しいし、秋虫も鳴き始めた。私は意外にこの時期が一番好きです。

思い出すのは…学生の頃にこの時期に遊んでいたゲーム、ヴァリスII、それから片思いだったコに振られたこと、その後好きになったコ*1を必死に口説いてたこと。

色々切なさ炸裂です。だから好きなのかも。しかし、40も過ぎて16〜19の頃のことを思い出すなんて、本当に青春時代というのは重要なのですな。

f:id:lynmock:20140818002433j:image

今日はヨメ実家に遊びに行ってた家族を回収して私の実家の方の墓参りをしたわけですが、震災の影響で相変わらずややズレたままの墓石にアタマを抱えてました。

私の知るオトナ達ならばさっくりカネを出してこれを直していたのでしょうが、そのオトナ達も既に無く(私の尊敬する伯父達のことですが既に皆鬼籍に入っています)、それを果たすべき父にそんな経済力はなく、また最も今それを期待されているハズの自分にもそんなものはない。

情けない話です。墓場を見渡せば勿論倒れたままの墓石もあるわけなのですが(子供が居ない家ならば直すヒトも居ませんしね)、一方で立派なモノに建て替えてる家もあるわけです。墓から娘たちを先に帰らせた後で、ミンミンゼミの声に耳を打たれながらしばらく墓の中の祖母に自分の不甲斐なさを詫びていました。

*1:今のヨメ

2014-06-29

フリマで骨董品?を手に入れた

午前中はIntelliJ&Gradleでリリースapkが作れない現象の解決方法の模索*1をしていたものの、昼ちょっと前から晴れ間が見えてきたので軽く?ドライブをすることに。

f:id:lynmock:20140629115155j:image

小貝川

いやー14時くらいまでは本当にいい天気でした。

f:id:lynmock:20140629134506j:image

利根川

途中、国道4号線にある道の駅で開かれていたフリマで面白いモノを発見。

f:id:lynmock:20140629220339j:image

f:id:lynmock:20140629220312j:image

帝国時代*2陸軍の兵隊さんの教科書だそうです。昭和17年刊。

中身はこんな感じ

f:id:lynmock:20140629220530j:image

f:id:lynmock:20140629220439j:image

流石に古いモノだけあって、一部ページが外れたりするんですがなかなか状態は良く、本来の主が大切に扱っていたことが偲ばれます。

そして、パラパラと見ていて目についたのがこれ。

f:id:lynmock:20140629220613j:image

やっぱり書いてあったんですねえ…これ書いたヤツ、戦闘に負ける=必ず国民が減る、ということだという認識はあったんだろうかと。まあ当時は捕虜にとられても無事で済んだ保証はなかったでしょうが…。

まあお陰で当分酒の肴には困らないで済みそうです。…が、一つだけ気になることが。

f:id:lynmock:20140629221028j:image

最後のページにしっかりとした筆跡で記されたこの本の本来の主たる「彼」の名前。これを見た瞬間、私の脳は私の生まれる前に生きた男の一生を想像しようと加速します。

生きて無事に戦後を迎え、寿命を全うしたのか、またはまだ生きているのか。あるいはやはり戦死されてしまったのか。だとしたらそれはどんな最後だったのか。彼は、どんな家庭で生まれ育ち、生きていったのか…なるほどこうしたことに思いを馳せるのが骨董の楽しみなんでしょうかね。

*1:わからなかったので結局会社の同僚に解決して貰いました…

*2:この表現格好いいから使いたいw