とかいろいろ

2014-06-29

フリマで骨董品?を手に入れた

午前中はIntelliJ&Gradleでリリースapkが作れない現象の解決方法の模索*1をしていたものの、昼ちょっと前から晴れ間が見えてきたので軽く?ドライブをすることに。

f:id:lynmock:20140629115155j:image

小貝川

いやー14時くらいまでは本当にいい天気でした。

f:id:lynmock:20140629134506j:image

利根川

途中、国道4号線にある道の駅で開かれていたフリマで面白いモノを発見。

f:id:lynmock:20140629220339j:image

f:id:lynmock:20140629220312j:image

帝国時代*2陸軍の兵隊さんの教科書だそうです。昭和17年刊。

中身はこんな感じ

f:id:lynmock:20140629220530j:image

f:id:lynmock:20140629220439j:image

流石に古いモノだけあって、一部ページが外れたりするんですがなかなか状態は良く、本来の主が大切に扱っていたことが偲ばれます。

そして、パラパラと見ていて目についたのがこれ。

f:id:lynmock:20140629220613j:image

やっぱり書いてあったんですねえ…これ書いたヤツ、戦闘に負ける=必ず国民が減る、ということだという認識はあったんだろうかと。まあ当時は捕虜にとられても無事で済んだ保証はなかったでしょうが…。

まあお陰で当分酒の肴には困らないで済みそうです。…が、一つだけ気になることが。

f:id:lynmock:20140629221028j:image

最後のページにしっかりとした筆跡で記されたこの本の本来の主たる「彼」の名前。これを見た瞬間、私の脳は私の生まれる前に生きた男の一生を想像しようと加速します。

生きて無事に戦後を迎え、寿命を全うしたのか、またはまだ生きているのか。あるいはやはり戦死されてしまったのか。だとしたらそれはどんな最後だったのか。彼は、どんな家庭で生まれ育ち、生きていったのか…なるほどこうしたことに思いを馳せるのが骨董の楽しみなんでしょうかね。

*1:わからなかったので結局会社の同僚に解決して貰いました…

*2:この表現格好いいから使いたいw

2014-05-22

女性の社会進出について思うところ

女性の社会進出について

田母神っちのアレね。

うーん…「女性の社会進出と言うと誰も反対できないような空気が我が国を支配している」の部分だけ賛同しておく。

社会進出「できる」ことは女性…というより人間の権利。問題は、生来女性は男性よりも負担が多いのにも関わらずそこを無視してそれをゴリ押しする流れになっていることではなかろうか。そこには選択権があっていいハズだが、今のこの国ではそれが否定されている。(フィンランドなんかは強力なバックアップ体制を構築した上でそれを求めているそうだけど、この国ではカネを出したくないからそれをやらずに負担ばかりを求めている。虫が良すぎる話だと思う)

「できる」ではなく「しないとダメ」「できないヤツはダメ」になってるんだよね。権利じゃなくて義務になってしまってる。

勿論、子育てもして仕事もして、ってそれが両立できるならそれにこしたことはないと思うケド、個人的にはアレができてるヒトは超人だと思う。体力的にも相当若いうちじゃないと無理。私が女性だとしたらマネできない。無理ゲー。本気で尊敬してます。

ただ、それを要求する国と風潮ってどうなの?と思ってる。

性による差別は悪いことだケド、性別による違いを無視すること、それをして無茶を押し付けるのもまた性差別なのではないかなあ(フェミ詐称の皆さんがやってるヤツですね)


異論は認めるw