とかいろいろ

2017-06-02

シタデルカラーを試してみた

モデラー界隈で最近話題のシタデルカラー。

  • 隠蔽性が高い
  • 乾燥が速い
  • 水性
  • 無臭
  • 全部艶消し
  • 舐めても平気なくらい安全

といったところが売りなのだけど、一方で

てのが困ったところ。

まあ後者は笑い話になるんだけどね。「Stegadon Scale Green」ってどんな色だよ!と思ったらウォーハンマーに出てくる恐竜のウロコの色だ、って知るかそんなもん!って話でw

もっとも、良く考えればこれはガンダムマーカーの「ガンダムブルー」みたいなモノなわけで、要は文化の違いなので諦めるしかないw

それはともかく何かと盛り上がってるシタデルカラーの話題、せっかくだから乗るしかない、このビッグウェーブに私もちょっと使ってみたいが、一本550円となると戦車の塗装なんかに使うにはちと高すぎる。

そこで今回はその隠蔽性の高さに注目して、ガンプラなどの部分塗装に使えないかどうかを試してみた。

まずは白「Ceramite White」。これはスーパーミニプラのザブングルの顔に使ってみた。

今、Amazonだとアホみたいな値段になってるのでヨドバシの方がオススメ

スーパーミニプラ ザブングルはなかなか色分けを頑張っていて、更に足りない色についてはシールで解決しているのだけど、それでもカバーしきれない部分が存在している。それが顔の頬の装甲断面とヒサシ下面の白。まあこの小ささでは仕方ないのだけど、ご覧の通りその白が絶妙な挿し色になっていて、無いと実に「表情が薄い」。

f:id:lynmock:20170601234526j:image

これまでは何度も重ね塗りしないといけないことを考えて諦めてたのだけど、今の私にはシタデルカラーがある、というわけで試してみた。

f:id:lynmock:20170601235437j:image

いかがですか、一発発色ですよ奥様。ちなみに幅が狭すぎるのでこれは「タミヤ モデリングブラシHF スタンダードセット」の面相筆(極細)を横から突っ込んで引っ掛けるようにして塗ってます。ハミ出たところはデザインナイフでカリカリと削ればOK。想像してたより簡単でした。

それにしてもここに白って色決めたヒト凄いよなあ…

タミヤ メイクアップ材 モデリングブラシHFスタンダードセット 87067

タミヤ メイクアップ材 モデリングブラシHFスタンダードセット 87067

ちなみに普通のタミヤ筆よりもこの筆の方が使った後に洗い易いのでオススメです

お次は赤。

「Wild Rider Red」…これも何の色だよって感じの名前ですがちょっと明るい赤。ガンプラのバーニア内部によくありがちな色に似ています。これをガンダムMKIIのバーニアを塗るのに使ってみました。

こんな感じ。

f:id:lynmock:20170603002459j:image

最近近くが見えなくなってきて細かい部分が辛くなってきた…ハズキルーペが必要だ…

発色自体は一発だけど、筆のエッジが接触して色が乗らないことがあったりするので、一回塗って、乾燥してからもう一度塗るの推奨。

ちなみにガンプラの赤パーツとの差はこんな感じです

f:id:lynmock:20170603002543j:image

ちょっと傷ついた赤朱色が過ぎた気がするけど、部分塗装仕上げで作る分には申し分ない感じ。

うん、いいですねシタデルカラーで部分塗装。ストレスなく塗れるのでパチ組み部分塗装のストレスが減るのでオススメです。

バーザムの脛のところの赤とか塗るのにどうでしょう

そろそろ本気で買うこと考えるか…

2016-05-11

「オービタル・クラウド」文庫版には待望のアレが…

2年前にハードカバーで出版された藤井太洋氏の「オービタル・クラウド」がお求めやすい文庫版になりました。読んでないヒトはこの機会に是非、ハードカバー版を買ったヒトも改稿してるらしいのでせっかくだから買いましょうw

あ、作品の紹介はこちらをどうぞ。

f:id:lynmock:20160511232007j:image

早速アキヨドの有隣堂で買ってきました

f:id:lynmock:20160511231835j:image

今、都内の書店に走ればサイン本が手に入ります!

今回、なんといっても嬉しいのは上巻末尾に待望の「用語解説」が追加されたこと。

「GeneMapper」や「コラボレーション」のプロトを読ませて貰った時から幾度となく彼に「専門用語をもっと平易な表現にするか解説を入れた方がいいのではないか?*1」という提案をしては「こういうのはわかる人間しか読んでくれないからこれでいいんだよ」と返され「そうなのかなー?でもヒットしてるからそれでいいんだろーなー?」と無理矢理納得していたですが、それもこれですっきり解消w

作中に登場する難解なIT/ミリタリー/宇宙/ゲーム用語が、作品を理解するのに必要な分だけ解説されています。いやーこれでITや宇宙に詳しくないヒトにも安心してお勧めできるよ藤井さん!w

しかし…「鉄拳」?そんなん出てたっけ? すっかり忘れてるなあ…ま、改稿部分も気になるのでいちから読みなおしてみましょうかね。

Kindle版も出てますよ

*1:専門用語がさも「知ってて当たり前」のように使われている為にせっかくの物語が同人作品の様に受け取られ一般の人々には受け入れて貰えないのではないか?という危惧から