とかいろいろ

2019-01-14

Androidアプリ・ジフスタ〜GifStampをリリースしました

Androidユーザの皆さん、Twitterにネタとしてアニメーションgifをもっと使ってみたいと思ったことないだろうか。いや、別にTwitterに限った話ではないのだけど。

あるいは、ゲームをプレイしていて、「ここを投稿したい」と思ったことは?

もちろん、数多のAndroidアプリの中には、その用途に使えるモノが多数ある。だが、大抵は録画後にクロップしたりトリミングしたりと面倒な操作が伴うものだ。

違う、そうじゃない。僕たちはもっと手軽にアニメgifを作成して投稿して遊びたいのだ。(※個人の感想です)

と、言うわけで今回作成してリリースしたのがこのジフスタ GifStampだ。

f:id:lynmock:20190115004217p:image:medium

DLはこちらから

※1/9にDLされたヒトは、一旦削除して、こちらからDLしてください

使い方は簡単。例えばYoutubeの動画から作成する場合の手順は以下の通り

STEP.1 ジフスタを起動する

f:id:lynmock:20190115011156p:image:medium

STEP.2 Youtubeアプリでネタ元動画を再生する

f:id:lynmock:20190115011229j:image:w360

STEP.3 gifに含めたいポイントがきたら録画ボタンを押す(録画コントローラが消えます)

STEP.4 録画したいポイントが終わったら指を画面を離す(離さなくても6秒を過ぎると自動的に録画終了する)

STEP.5 TwitterSNSなどに投稿する(できあがったgifに納得がいかなかったらCANCELボタンを押してやり直す

f:id:lynmock:20190115011301j:image:w360

勿論、上に上げた手順ではゲームプレイ中には録画できない。その場合は、アプリを起動した時に表示される画面にある「オート録画機能」にチェックを入れればいい。そうすると、録画ボタンを押してから6秒間の録画を行うようになる。

f:id:lynmock:20190115011354p:image:w360

ここね

また、当然ながら録画コントローラは移動可能だ。☓ボタンを長押しすると、コントローラ移動モードになるので、指で自由に移動させられる。これで投稿したいアプリUI干渉しないようにすることができる。

f:id:lynmock:20190115011440p:image:medium

移動モード


どうかな。これだけgifアニメを作る敷居を下げれば、気軽にL○NEスタンプのようにサクサクと作成して投稿することができるんじゃないかな。

というわけでAndroidユーザの皆さんがガンガンダウンロードするといいと思いますね。今のところは広告もない無料アプリなので、是非!

こういうのをガンガン作って遊ぼうぜ!

皆さんはもう予約しました? 私は絶賛Forza Horizon4とHorizonZero Dawnプレイ中なので一旦様子見です…

2018-12-12

【オボエガキ】bitriseでUnityをBuildしたら通らなかった

bitriseでUnityプロジェクトをビルドしたい。

こちらを参考にしてbitrise.ymlを作成(要所にあるバージョンはアップデート、$UNITY_SERIAL、$UNITY_EMAIL、$UNITY_PWは下記画像を参考にして設定)してbuildしたが、"Activate Unity"で下記のエラーが出て通らない。

f:id:lynmock:20181212131203p:image

DisplayProgressbar: Unity Package Manager

[Package Manager] Done resolving packages in 0.27s seconds

[Package Manager] Failed to resolve packages: [Packages] directory does not exist. No packages loaded.

A re-import of the project may be required to fix the issue or a manual modification of Packages/manifest.json file.

[Package Manager] Server::Kill – Server was shutdown

PackageManagerなんて使ってないのに何故…

とりあえず今回はPackageManagerを使う予定はないので、「-noUpm」オプションを付けて回避することにした。

/Applications/Unity/Unity.app/Contents/MacOS/Unity -quit batchmode -serial $UNITY_SERIAL -username $UNITY_EMAIL -password $UNITY_PW -logfile

/Applications/Unity/Unity.app/Contents/MacOS/Unity -quit -noUpm -batchmode -serial $UNITY_SERIAL -username $UNITY_EMAIL -password $UNITY_PW -logfile