Hatena::ブログ(Diary)

たまごまごごはん このページをアンテナに追加 RSSフィード


「ROCKei-ON!!」
とらのあなさん「ROCKei-ON」 COMIC ZINさん「ROCKei ON」 
とらのあなさん「ROCKei ON!!」 COMIC ZINさん「ROCKei ON!!」
とらのあなさん「ROCKei ON3」 COMIC ZINさん「ROCKei ON3」
とらのあなさん特設サイト「あなたと、わたしと。」 COMIC ZINさん「あなたと、わたしと。」 メロンブックスさん特設サイト「あなたと、わたしと。」
メロンブックスさん特設サイト「K-ON OVERDRIVE!!」 とらのあなさん「K-ON OVERDRIVE!!」 COMIC ZINさん「K-ON OVERDRIVE!!」
メロンブックスさん特設サイト「ピチマギカ」 とらのあなさん「ピチマギカ」 COMIC ZINさん「ピチマギカ」
メロンブックスさん特設サイト「CG BR@S」(専売です)
メロンブックスさん特設サイト「高校制服ノート 今日のアイドルさん」(専売です)
メロンブックスさん「生ビールっすか!?サンデー」 COMIC ZINさん「生ビールっすか!?サンデー」
メロンブックスさん「駄菓子ラヂオ」 COMIC ZINさん「駄菓子ラヂオ」 とらのあなさん「駄菓子ラヂオ」

履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ! ライトノベルでわかる微分積分 (3時間でだいたいマスター) ライトノベルでわかる確率 仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ! (社会人1年生のお仕事サポート・ブック)
・乃梨子×瞳子応援サイト。
・書いていることの真偽は自分で確かめてください。

web拍手ボタン

2015-01-30 私立桜が丘高校軽音楽部日記

[]アニメ絵の前歯がとても好きです

好きなんです、アニメキャラの前歯。

こういうの!

こういうの!!

 

どこ発端ってことはわからない、昔からある表現ではあります。

まー、引き金の一つは「けいおん!」でしょうね。

最近だとやっぱり雪風白眉でしょうか。

1/700 艦隊これくしょんプラモデルNo.03 艦娘 駆逐艦 雪風

 

----------------------------------------------------------------------

 

前歯のなにがいいって、やっぱり幼さの象徴になっていること。

これなんかは顕著ですね。

 

なんで前歯があると幼く見えるんだろう?

 

一つの理由は子供っぽく大きな口を開けているという表現だからかなと。

口を大きく開けるか否かで前歯が見えるかどうかは変わってきます。

当たり前か。

とはいえ、大人が大きく口を開ける(例・歌を歌っている時や叫んでいるときなど)のと、子供が無邪気に大口を開けているのって、ちょっと違う。

 

子供が口を開けるのは、基本あまり意識をしていない。

気づいたら開けている。

ここ。これ。

ぽけーっとして開けていることもあります。

楽しいと大体開いちゃう。声出ちゃう子もいる。

 

これは推測。

ひょっとして、大人になる間に、周囲を見回して「口は閉じるもの」っていう自己学習ができているんじゃないかなあ?

親が教えるパターンもあります。でもそーんなに親に「口は閉じなさい」って言われた記憶ない。

周囲の友だちだったり、年上の子だったり、大人を見て自然に口はあまり開かないようになった気がします。

 

このバイアスがかかっていない状態が、「前歯が見えている」口。

 

----------------------------------------------------------------------

 

あとはそこからの連想で「天真爛漫さ」「元気さ」「純粋さ」「無防備さ」と派生。

これとかそうですね。

ちゃんみおが幼いかというと、それほどでもない。

しまむらさんは割りと幼いよりかな?みりあとかりかちゃんは完全に「幼い」寄りですね。

ちゃんみおに関しては「意図的に明るく笑っている」という表現に見えます、前歯。

「けいおん!」だと、平沢唯は「幼い」、田井中律は「明るく笑っている」前歯でしょうね。

 

----------------------------------------------------------------------

 

実際に笑ってみるとわかります。

前歯って出ません。

めっちゃ大口あけたら出るけど、そーんな開けないでしょ。

極めてマンガ・アニメ的記号なのが分かる。

 

----------------------------------------------------------------------

 

これ、好み分かれるんですよね。

まあしゃーないよなーと。

そもそも「大人であってほしい」という人にしてみたら、子供っぽさ出されるとちょっと残念になるのはわかる。

語弊があるかな、必ずしも「子供らしさ」という表現を求めている人ばかりじゃないということ。

特に10代のキャラだと、「前歯ないほうが・・・」と言われるのはわかります。

「げっ歯類」って表現もわかる。

 

ただ、あえて前歯入れるのは、やっぱりその人のなんらかの意図があるはずなんです。

手癖で入れるタイプのものじゃないよ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

今回のは全部仮説。

証拠もないし、ソースも見つけようがない。

ただ「けいおん!」あたりから広まった「前歯絵」は、それが何を意味しているのか考えると非常に面白い。

 

特に、大人キャラが前歯見えるほど大きな口を開けていた時。

それは、彼女が、彼が、心を開く瞬間です。

純粋になる、瞬間です。

その心理を抑えたい。

 

好きです、前歯。

 

 

おわり。

2015-01-27 私立桜が丘高校軽音楽部日記

[]人が夢を見るといふこと

D

PE'Zの活動が今年いっぱいで終了、解散というニュースを聞いた時は、ちょっとショックを受けました。

でもまー、うーんそりゃそうだよね、という感じ。それぞれが能力ありすぎて、いろんな場所で発揮できる状態だし、そのほうが。もったいないけどね。

 

PE'Zはほんと好きなバンドで、この「人が夢を見るといふ事〜Black Skyline〜」もコピーしました。

最近めっきりやってないけど一応サックスも吹くのよぼく。

 

----------------------------------------------------------------------

 

PE'Zは名曲が多いので埋もれがちですが、この曲はライブ演奏もあまりされない割に、ファン人気が高い。

ガドガード」最終話のエンディング曲としても使われていました。

ってか「ガドガード」に使ってるの知らなくて「まじかよ!」ってなった記憶。

通常のOPとEDもPE'Zなんですよねえ。

D

「ガドガード」見てないんだよなあ……

この「Boomerang Boogie〜南風堂の叔父さん〜」はシングル「DRY!DRY!DRY!」のサブ曲にしか入ってないので貴重なんスよ。

(そういや「大地讃頌」とか、なんか色々レア・トラック多いな)

 

----------------------------------------------------------------------

 

で、話を戻します

「人が夢を見る」って、まあ前向きに考えたら「未来を夢見る」って意味だとは思います。

けどすげー単純に「夢を見る」、寝て夢見る、って捉え方するのもおもろいんですよね。

「起きて寝る」ってアルバムもあるしね。

 

だってさ、夢を見る、っていうシステム今だに、理解はできても妙だもん。

なんで寝ている時にまったく意識しない想像が働くのか。

なんで?

おっと、そこで脳の仕組みがとか心理的にとかは聞きたくないぜ。

「人が夢を見るということ」の意味が知りたいんだ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

一つ重要なのが、見た夢について人が話す、という現象。

 

大抵の場合って、「昨日こんな夢を見てさ」といっても、聞かないと思うのね。

「いや夢の話はいいよ別に聞きたかないよ」と。

 

でもそれってすげーもったいない。

そもそも「なんでその人が夢の話をふってきたのか」を考える。

なんかないと、わざわざ夢の話なんてしなくない?

 

----------------------------------------------------------------------

 

夢の話をするのって3通りあると思う。

 

ひとつは単純に思い出したから。

すっげー面白い夢を見て……って人はそうそういない。

(てかそこまでする内容なら聞いたらまず面白い)

ってことは、そういう話をふることができるほどの相手だ、ということ。

知らない人に、どうでもいい話はしないもんね。

 

ふたつめは夢の話題から別の話題につなげたいから。

会話の糸口ですね。友達同士だとよく使う。

まあ、枕につかうだけなのでこれはほとんど意味ないです。

 

みっつめは自分に興味を持ってほしいから。

多分これが一番大きい。

夢なんて自分だけのものなわけで、話したところでなーんの意味もないでしょ。

けどそれを話すのは、相手に自分のなにかを伝えたいという意図があるから。

「かまってほしい」かもしれないし「不安でしかたない」かもしれないし「今楽しい」かもしれない。

大抵の場合、夢の話を切り出すのは、何らかのサイン。

 

----------------------------------------------------------------------

 

なので、それについて答えるときも、ある程度適当な接し方が必要なんだよなーと思う。

 

まず「夢の話なんて別に聞きたくない」は一番あかんだろうなーと。

いやまあ、聞きたくないこと多いけどね。そういう場合はきっぱり先に行ったほうがベストだと思う。

相手が大切な人なら、スルーすると、ちょっとぎこちなくなりかねない。

 

夢分析するのも、割りとヤバい。

そういうのが好きな相手がふってくるのならいいんだけど。むしろ盛り上がる。

別に診断してほしいわけじゃないし、むしろ夢の話ふってくる時点で「かまってほしい」とかだとしたら、もうじゃれてきた猫に水ぶっかけるような行為な気がする。

でもなー! 夢分析めっちゃ面白いんだよなー!

言わないで心のなかで密かに分析してニヤニヤしたいところ。

 

おそらくベストなのは、「聞くこと」だろうなーと思います。

結論なんて別に出るわけじゃないし。

そこから会話が広がったらそれはそれでいいけど。

 

----------------------------------------------------------------------

 

ぼくが興味あるのは「夢を見る仕組み」じゃない。そんなの知っとる。

「夢を見て話したくなる気持ち」と「夢を記録しておきたいと考える自己」の2つです。

まあ、どっちも同じですね。伝えたいか残したいかの違いだけで。

夢という得体の知れないものに日々接している事自体が、みんな不思議なんじゃないかなー。

違うかなー。

頭で、どういう仕組で夢見るかわかっていても、あまりに珍妙な夢みたら、不可思議な気持ちになるんじゃないかなあ。

夢に全く怯えない人間って、あんまりいないと思う。

 

----------------------------------------------------------------------

 

ぼくがしょっちゅう見るのは、街を歩いていたらズボンを失って、恥ずかしがりながら慌てて走る夢です。

あと虫つぶす夢はよく見ます。サナギさんみたいですね。でも見るんだわ。

 

心理学的にはさっくり心理状態出るんだとは思います。

ただ、こういう話はやっぱり「実にならないしなー」と思って基本言わない。

もしぼくが夢の話をしだしたら、なんかあったんだなと察してください。

 

2015-01-25 私立桜が丘高校軽音楽部日記

[]ぼくは本田未央の恋人にはなってはいけない

大作さんたちと、「デレマス3話すごかったよねー」からの「本田未央と恋愛関係になれる気がしない」というラジオをやっていました。

「できねえの当たり前だろ!」

はい、そうです。

そこを真剣に想像するのが大人の楽しみです。

 

以下、気持ち悪い話しかしません。

 

----------------------------------------------------------------------

 

とにかく本田未央というキャラクターに面した時、ぼくは「プロデューサー」というか、一人のゲームプレイヤーにすらなれない。

物語の外側にいることもできないし、物語の主要人物として彼女の横にいるドリームもできない。

「シンデレラガールズ」というおもちゃ箱を見て、思ってきたこと - たまごまごごはん

 

まずそもそも、「本田未央」は、「対象」じゃない。

本田未央があまりにも自分の「鏡」すぎて、見ていたいけど見ると悲しくてでも見たい、心かき乱しまくるのです。

 

----------------------------------------------------------------------

 

ゲームとアニメごっちゃにして話します。

本田未央って、こちらに対しての距離の詰め方がものすごく強い。

それはしまむらさんやしぶりんに対してもそう。

悪く言えば、土足で踏み込むタイプ。よく言えば、こちらの心の扉を開いてくれるタイプ。

彼女は「笑顔」を作る達人なので、天才ですよ。よく連れてきた武内P。

今までのゲーム内のセリフを見ると、距離をおかず、かといって美希のようにラブラブでもなく、友人としてガッと踏み込んでくる。

 

----------------------------------------------------------------------

 

だから、踏み込まれた瞬間どうすればいいかわかんなくなっちゃうのよ。

親しく話かけられた時にどう対処するかが、問われているような気がしてしかたないのです。。

(これはどのキャラとのからみにおいても言えますが、今回は「自分と」という前提で話します)

 

彼女は高校生。

話し方は、友人口調。基本「○○プロデューサー」っていうのに、たまに「○○くん」っていう。

 

ぼくは、彼女に踏み込まれた瞬間を想像すると、高校生のクラスメイトになる以外のイメージがわかない。

しかも対等じゃない、ぼくがへりくだってしまう。

 

----------------------------------------------------------------------

 

筋肉少女帯の「蜘蛛の糸」と同じイメージばかりが頭に浮かぶ。

D

友だちはいないから ノートに猫の絵をかく

友だちはいないから やせた子猫の絵をかく

 

背中ごしに笑うあの娘 あなただけはとても好きだよ

くだらない人達のの中で 君はどうして明るく笑うの

(「蜘蛛の糸」より)

2章ではこじらせすぎて、「あの娘」を殺してしまうのですが。

ささやかな恋心がねじくれる感覚は、ぼくの高校時代とシンクロしてキツい曲。

これと同じ感覚を本田未央は与えてきます。「あの娘」です。

 

----------------------------------------------------------------------

 

何度も書いています。また書くよ。

 

クラスメイトの本田未央。

ぼくは友だちがおらず、一人で机につっぷして寝たふりをしているか、本を読んだふりをしながら落書きをしています。

みんな死ねばいいのに。くだらないドラマの話ばっかいして。ぼくは文学を読んでいるぞ。

でも何もできない。本当は自分がいちばんくだらないヤツなのもわかっている。

世界が終わらないなら殺してくれ、でも死ぬのは怖い。

はやく時間がすぎてくれ。このクラスじゃないところに連れて行ってくれ。

 

そんなぼくに、さっきまでクラスのみんなと、魔貫光殺砲撮影したりダンソンを踊っていた本田未央が近づいてきてくれる。

なんて話しかけられたかわからない。

「ノートかして」だったか「明日の時間割見せて」か「消しゴム落としたよ」か。

わかんないんだけど、話しかけられたことにびっくりしてキョドって「うん」と小さい声で反応しちゃう。

で、彼女はぼくに笑顔で「さんきゅ!」とかいう。

 

たった一言で、彼女に恋に落ちてしまう。

いや恋なのか?とかめんどくさいこと考える。でも目は、クラスで人気者の本田未央の姿をいつも追っている。

たまに偶然目があってしまうと慌ててそらす。向こうは手を振っている。

たまに他愛のないことで話しかけてくる。他のクラスメイトに対してと同じように。

ぼくは、「うん」しか言えない。

 

ノートに、自分の苗字と「未央」をくっつけてみる。

すごいどきどきする。

慌ててそれを消す。小学生か。ばかかおれは。

筆圧が強すぎて、けしてもノートに跡は残ったまま。

 

ある日、本田未央に彼氏ができたという話でクラスが盛り上がる。

意外にもそれが、ショックではないぼくがいる。

「彼女にはお似合いの、いい男だな」

「ぼくには嫉妬する資格もない」

 

ぼくがもし本田未央をつきあったらどうなるんだろう。

考えた瞬間に、ムリだと悟る。

全くそのイメージが想像できない、妄想できない。

ぼくなんかとつきあってはいけない。

 

そうか、彼氏できたんだ、幸せそうだな。

彼女の笑顔を、チラチラを横目で見る。

突然、吐き気がしてくる。

 

その晩、何を思ったのか頭が真っ白になって、「彼女で抜こう」と試みる。

本田未央のくるぶし……。

本田未央のうなじ……。

本田未央のふともも……。

本田未央の手……。

本田未央の、笑顔。

知らないうちにぼくは、ボロボロと、ボロボロと涙を流していた。

抜けなかった。

 

卒業式の日。

本田未央はクラスのみんなとカラオケにいくそうだ。

ぼくは行かない。そんなくだらない会に行く意味が無い。

うそだ。

くだらないのは、ぼくだ。行きたいんだ。本田未央を見る最後のチャンスなんだ。

でも、誘われないし、混ざってもいいなんて口が裂けても言えない。

 

ぼくは卒業証書入れをなんとなくぶらぶらさせながら、机の中に入っていたノートを片付ける。

そこには、以前書いた自分の苗字に「未央」の文字をあわせた跡が残ったままだった。

高校3年間、本田未央に出会えたから、生きていられたんだな。

好きだったんだ。

もう二度と会わないかもしれない、本田未央さん。

 

----------------------------------------------------------------------

 

どうあがいても、こういう方向にしかならないのです。

「ぼくの本田未央像」じゃないのよ。「本田未央に対しての『ぼく』像」なんです。

 

----------------------------------------------------------------------

 

アニメの本田未央も、かなりゲームに忠実な、元気で、かつ誰に対しても友人感覚になる、踏み込み型のキャラでした。

ぶっちゃけ、ゲームやってない人だったら、二話だけみたら「うざいキャラだなー」って思うかも。仕方ない。

1話に出てこないのも、渋谷凛島村卯月の心の機微を描くためには、本田未央の存在があまりにも強すぎるから。

本田未央が出ると、周りの子が逆に「本田未央に対してどういう立ち位置なのか」が確定してしまう。

どう考えてもしまむらさんとか、振り回されるし(振り回されてたし)。

 

ところが、アニメ第3話で本田未央ががっつりと落ち込みます。

先ほどのラジオで話していたのは「こういう経験がなくて頭が真っ白になってしまったのではないか」ということと、「彼女は人前でも落ち込んだ顔ができるんだ」ということ。

特に後者。

彼女がへこむことがあるのはゲームでも暗示されていました。

けれど、虚勢をはるんじゃないか?と不安だったのです。

ここで虚勢はったら、危ないんだよ。

 

先輩後輩、年齢差がガッツリ出ている、珍しいアイドルアニメです。

ライバルとかイルことは多くても、先輩の存在が同期以上に大きいのって、ちょっと稀。

3話は、現場に行ったらもう全員先輩。特にアイドルよりもスタッフのみんなが先輩。

先輩アイドルの美嘉にすら踏み込んだ本田未央が、踏み込めなくなってる。 

 

----------------------------------------------------------------------

 

本田未央のすごさは「ものすごい身近な存在」感があるのに、「通じ合えないような遠い距離」感もあること。

近くて遠い。なんてもんじゃない。そばにいる光を見られますかって話。

 

そんな彼女が、弱みを見せた。

友人は「自分がもしクラスメイトだったら、同じ位置なら、彼女と一緒に成長できるんじゃないか?」という活路を見つけていました。

わかる。「だめな俺に話しかけてくれる未央」から、「頑張っている本田未央と共に頑張ろうと前を目指せる俺」にかわる。

「鏡」から「対象」に変わった瞬間。

 

----------------------------------------------------------------------

 

ぼくはというと、……一層こじれたんですね。

もし、クラスで彼女が一人、落ち込んでいたら。

きっとぼくは声をかけられない。自分の荷物を取って、慌てて逃げていく。

そんな自分に傷ついて落ち込む。

最低だって。

でも自信がないから、「ぼくが声をかけたらかえってよくないだろう」とすら考えると思う。

声をかけようという考えすらわかないかもしれない。

 

「本田未央に対しての『ぼく』像」が、よくない方向にねじれてしまいました。

 

----------------------------------------------------------------------

 

ここまではぼくの気持ち悪い考えなので、一笑に付してもらいたいところです。

しかし、案外本田未央のそういう「周りを動かす」ところを、武内Pは見抜いている気がします。

というのも、3人がどう落ち込もうとも、武内Pは直接彼女たちにアドバイスをしない。

自分たちだけでまず考えさせ、本当にダメなのを見ぬいた時、先輩の日野茜小日向美穂(ここがすごい人選だよね!!!)に託す。

 

----------------------------------------------------------------------

 

島村卯月は車体。

渋谷凛がハンドルとブレーキ。

本田未央はエンジン。

 

武内Pは彼女らの素質を見抜いて「あえて言わない」手段を取り続けている。

渋谷凛に対しては「自分で意義を見つけてください」という意味でしょう。

島村卯月に対しては「どんどん吸収していってください」という意味でしょう。

そして本田未央に対しては「あなたは前に進めるから、周りに頼りなさい」という意味だと思う。

実際、彼女が動けたのは、「自分で決意した」渋谷凛が肩を叩いてくれたから。

3話前半で渋谷凛がアイドルについて頭で悩んでいた背中を、「前に勝手に進めていた」本田未央が叩いたように。

本田未央を支えるのは、プロデューサーでも先輩でもなく、仲間であるほうがいい。

 

偶然かもしれません。ゲーム内の「NO MAKE」というおまけドラマでは、島村卯月と渋谷凛が話しているのに、本田未央だけ武内Pと会話をしません。

 

----------------------------------------------------------------------

 

舞台のポップアップについては言いたいことが多すぎるので今はあんまり言わないけど!

このポーズにどんだけ感情が詰まっているか。

意外にもかわいいポーズで飛び出した、最初に考えて動くタイプの渋谷凛。

幼い時アイドルの真似をしていたのが身についているかのように右腕をあげる島村卯月。

そして何もかもがスポーンと抜けて、本来の明るさを取り戻したor一歩前に飛び出した、本田未央の弾け方。

 

「お前の立ち位置どこにあるの? 俯瞰?」

いや、ちがう。物語を見る視聴者になれない。

この映像の中でサイリウムを振る観客にもなれない。

プロデューサーにもなれない。

スタッフにもなれない。

 

多分ぼくは、クラスで「ライブ出るんだー!」って言ったのを(こっそりと耳を澄ませて)聞いて、ライブビューイングで彼女が飛び出すシーンをPCの前で見る、クラスメイト。

 

----------------------------------------------------------------------

 

もうだめだ。

「衣装をかけて勝負にゃ!」と言っていたみくにゃんが、一方的に「じゃんけんぽん!」と言われて飲まれてしまったように、ぼくは本田未央にペースを飲まれっぱなし。

これって恋愛的なものかと思ったけど、恋愛対象ですらない。

こちらの立場がかき回されてしまう経験って、人間ではなくキャラクターに対してはほとんど無かったので、大変困惑し続けています。

 

----------------------------------------------------------------------

 

ラジオ内では「エヴァアスカの時と同じ」と勢いで言ってしまって、その後何しゃべったかわからなくなりました。

比較対象としてアスカを出してはいけなかった……。

真逆そうにに見えると思います。そうなんです。

でも「こっちの自我に関わる」という点では同じなのです。

 

アスカは拒絶をしてくれる。

拒絶されることで、自分がどういう存在なのか、他人と自分がいかに違うか、形が分かる。

本田未央は踏み込んでくる。

踏み込まれることで、自分の相対的な立ち位置が振り回され、今の、かつての、これからの自分の形が、突きつけられる。

 

----------------------------------------------------------------------

 

おっさんになって、キャラに心かき乱されるとか。無いと思ったのに。

WORKING!!」の山田とか、「中二病」の凸守とか、「けいおん!」のりっちゃんとか、「みつどもえ」の宮なんとかさんとか、好きなキャラはいっぱいいたのに。

なんで。

なんで「好き」じゃなくて「困る」んだぼくは。

どうして本田未央を見ると焦るんだぼくは。

 

彼女がいるだけで、辛くなる。

彼女がいるだけで、生きていこうって思う。

 

 

 

 

おわり。

2015-01-22 私立桜が丘高校軽音楽部日記

[]最近のブラウザゲーって、めんどくさい方が遊びやすいのか……?

刀剣乱舞にめちゃくちゃはまっております。

女性向けってだけじゃないよ。これ少年漫画だわ。男女とも楽しめる、すげえ。

「プレイヤー=審神者」が全くでてこないので、どうとでもとれるのがいい。

ぼくは遠くからぼんやりと男子高校生がドタバタやってるのを見る感覚で楽しんでいます。

だーってこいつら、ケンカばっかしそうなんだもんなー。かわいいなー。

今のお気に入りは、堀川国広と和泉守兼定のコンビ。土方歳三組ですね。堀川くんワンコすぎるかわいい。

嫁は同田貫正国です。

 

----------------------------------------------------------------------

 

で、今プレイしてる擬人化ブラウザゲーは、「艦隊これくしょん」「俺タワー」「刀剣乱舞」。

「しんけん!!」はスゴイ面白いんだけど、ベータ版でおもすぎて遊べたもんじゃないので、正式な開始待ち。

「城プロ」は諦めました。タワーディフェンスゲーム苦手だわ……。

 

艦これ」「俺タワー」「刀剣乱舞」は、ほぼ同じシステム。艦これベースですね。

で、難易度はそれぞれのゲームで異なるため、これといって比較はできません。

「俺タワー」の天竺夕3突破できねえよなんだよあれ!

 

だけどユーザーインターフェースは明確に違う。

 

簡単さとシステムの煩雑さでいうと

「俺タワー」→「刀剣乱舞」→「艦これ」。

これが「面白いかどうか」「向いているかどうか」は全くの別問題。

 

----------------------------------------------------------------------

 

そもそも全部おもろいから続けてるわけで。

ただ、遊んでるとふと、気づくのね。

 

「艦これプレイ中」→難しい……わからない……クリック回数多い……

「俺タワー」→操作は簡単だけど、なんだか物足りない……。

 

こうして、行ったり来たりしています。

「艦これ」は今ものーすごく複雑化しています、っつか最初からwikiないとわかんないよ!

ただ、複雑だから面白いんだよこのゲーム。色々計算したり、装備変えたり、編成変えたり。

惰性じゃなくて「面白いなー」って感じながらプレイしてます。

ただ、クリック回数が多いめんどくささはほんと、どうもこうもならん。

それでも最初期に比べれば(あ、横鎮です)軽くなったからいいけどさー。

疲労状態わからない、任務付け替えめんどくさい、出撃は一回戻らないといけない。

めんどくさーい!

 

一方で「俺タワー」はそのへん超快適です。

任務は自動で全部ついている。出撃も楽。今は放り込めば勝手に訓練して経験値稼げるシステムも追加。

なんといっても風呂がいい。

「艦これ」でいう「キラ付け」が自動でできます。ランダムだけど、一回風呂に入ったキャラは重複しないので、ある程度操作できる。これがめちゃくちゃ便利。

しかも全裸だしな!(湯気さんはいます)

邪念のわくゲームです。

しかし、プレイしていると、どーも物足りない。装備システムがないから。

もっとも、見た目は「艦これ」と似ているものの、システムがまるで違うゲーム。レベルを上げて物理で殴るタイプの、数値差がはっきり出るゲームなので、装備するとややこしくなる。

現在はドーピングシステムもつきましたが。

 

なんというか、厄介なもので、「簡単」な方が絶対ゲームはいいのに、時々「面倒くさい」方が満足感満たされたりするんですよね。

 

----------------------------------------------------------------------

 

これ艦これに限らないと思う。

今のコンシューマゲームって「どこまで親切にしてくれるか」じゃないですか。

セーブもボタンひとつでポンか、オート。アイテムソートとかも簡単。ショートカットボタン設定ができたりも。

以前「高級料理店のディナー」と言う話がありましたが、まさにそれ。なんか向こうからどんどん持ってきてくれる。

 

一方でファミコンとかって、自力でなにもかもやらないといけない。

セーブは手動(へたしたら文字書き)、マッピングも手動、攻略は死んで覚える。

これも以前「居酒屋で自分で品物取りに行く」と比喩されていて、納得。

 

そりゃー、ディナーのほうがいいよ。

でも居酒屋が居心地よくて、恋しくなるのは、ある。

 

----------------------------------------------------------------------

 

「艦これ」に限って言うと、クリックしている回数多かったり、装備色々wikiと比較しながらあれこれいじっていると、「俺、提督してるぜ」感ある。

この感覚って大事なんじゃないかなあ。

まあ、すぐ疲れるから「俺タワー」にいくんだけど。風呂のぞきにいくんだけど。

「艦これ」のような、架空戦記ものは、めんどくささが面白さというのは大いにあるはず。

World of Tanks」とか、操作超めんどくさいからね。育てるの超めんどくさいからね。

それが「ああ、プレイしてるぜ俺」っていう満足感になってる。

 

----------------------------------------------------------------------

 

じゃあ「刀剣乱舞」は?と聞かれたら、これめちゃくちゃシステムよく出来ている。

「艦これ」と「俺タワー」のいいところ合わせて、オリジナリティ出しているバランスのうまさ。

任務は自動付加なので付け替える必要なし。補給も必要なし(補給は艦これの醍醐味よな)。

刀装として兵隊を付けるのですが(刀が兵隊って変だけど)、これもさほどややこしくない。数値がはっきりしているので。

いわば「自己強化バリア」みたいなもんです。

刀剣ごとの使い勝手の良さもわかりやすい。

短刀・脇差しは駆逐艦クリティカルと夜戦で強い。

打刀は重巡。連撃が強い。

太刀戦艦。一番使いやすい。

大太刀は空母。範囲攻撃できる。

で槍(貫通)と薙刀(全体攻撃)。

シンプルだけど、ちゃんと戦略も練られる。

 

----------------------------------------------------------------------

 

最もこのゲームの魅力って、世界観だと思う。

「歴史修正主義者」による過去への攻撃を、審神者であるぼくらが、刀剣の付喪神を刀剣男子として呼び出し、歴史を守る。

ってことは、土方さんの刀剣である堀川国広と和泉守兼定は、土方さんの死を止めてはいけないの!?

悲しすぎるよ!

 

くー、世界観監修、芝村裕吏

絶対アルファシステムとつながってるだろ!

楽しみすぎるよバーカバーカありがとうございます!

 

----------------------------------------------------------------------

 

「刀剣乱舞」絶賛します。初期キャラを(最近のゲームとしては)絞ったのも英断。

そもそも「刀剣」に詳しい人ってそんなに多くない。少なくとも軍艦や土木工事アイテムよりは。

ぼくはさーっぱりわかんないので、顔は覚えられても名前が今だに覚えられません。

なので刀剣解説本買ってます。ちょろい。

 

じゃあ「刀剣乱舞」と「艦これ」「俺タワー」をプレイするときの違いって何よ?といわれたら。

そりゃね。

キャラへの愛着でしょ。

それぞれ世界観バラバラで、好きなキャラがいる。

それだけで、プレイするわな。

「艦これ」の僕のバディは那智さん。性欲を抱くのは龍驤

「俺タワー」の嫁さんはウォーターポンププライヤー。女神はバルーン投光機。

結局は、魅力的なキャラに出会えたら、やるんです。

ぼくが名言だと思っているのは、「俺タワー」スレの「どのキャラ選べばいいんだろう」という質問に対しての答え。

チンコに聞け」

うむ。至言

 

それでもゲーム性が肌にあわなかったら、続かないんですけどね。

「城プロ」ちゃんとやりたかったなー。完全に詰んだもんなあ。

那智さんと水ポンと同田貫正国に会いたいから、日々交代交代でプレイしてます。

楽しいね。

「刀剣乱舞」はやりこんだら記事書きたいなー。

 

 

 

 

終わり。

2015-01-21 私立桜が丘高校軽音楽部日記

[]世間の風に、冷たさに、アップルシードは枯れすすき。

アップルシードα(1)

映画の『アップルシードアルファ』見てきました。

結論だけいうとすげー面白い

あそこまで「サイボーグ好き……サイボーグ愛してる……」っていう映画作られたら、バンザイです。

なんせ人間4人しか出てこないからね(しかも完全な人間はデュナンだけ)。

 

ストーリーはほとんどないです。デュナンのアクションも一作目の映画に比べれば少ない。

とにかくブリアレオス愛しい……かわいい……っていう映画。双角がそれとためはるくらいかわいい。

コアなファンなら、『アップルシード』の難解さ全カットなので物足りなく感じるかもしれないけど、『アップルシード』であることには間違いないってわかると思う。

 

あと、リアルCG化されたデュナンに声ついたら、もーかわいくてね。

ブリアレオスにデレッデレで、かなり性格は雑という、大変原作準拠なキャラでした。

声色とセリフでコロッといってしまうんだから、我ながらチョロいです。トレーラー見た時「これはないわー」って思ってたのになあ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

で、黒田硫黄版『アップルシードアルファ』は……。

全然つながってないじゃねえか!

共通点は「二人がオリュンポスに行く前」っていうだけ。

双角はNY市長で、ブリアレオスはエネルギー切れでスクラップ寸前というところからスタート。

 

NYっていうのをド無視して、街中に日本語の看板が立ち並ぶ闇市場をでかでかと描いているのを見て、もうバンザーイバンザーイ。

二話から英語になるけど、やっぱりアジアすぎるぜこの世界。言うことなし。

 

----------------------------------------------------------------------

 

正直、自分の中で「士郎正宗作品」をちょっと神聖化しすぎていました。

 

いや、するだろ。

だって若い時に『アップルシード』や『攻殻機動隊』や『ブラックマジック』や『ドミニオン』やらを見たら、もう神様扱いですよ。

なにこれすごい天才じゃないの創造主じゃないの、って。

今でも見返すたびに思うもん。やーっぱすごいよシロマサは。

 

けれど、それって停滞。ゆりかご願望は極言すれば死ですよ。

 

シロマサのエロ方面の活動も「やっぱ神がかってるなー」と信者の目で見ていました。

そこに飛び込んできた爆弾が『紅殻のパンドラ』。

紅殻のパンドラ (5) (カドカワコミックス・エース)

確かにシロマサだ。けどシロマサじゃなくて六道紳士だ。

なぜフィルターを通したんだろう?

ひょっとしたらシロマサは「神格化された作品に埋もれたくない」んじゃないかなあ?と。

いやわからんけど。

 

----------------------------------------------------------------------

 

今回の映画版『アップルシードアルファ』も、「シンプルな話にしたい」と言い出したのはシロマサの方だそうで。

『アップルシード』を、こうぐわーっと世界級のでかい話にするんじゃなくて、デュナンとブリアレオスが出会った事件を解決しますよー程度におさめた、ざっくりした中身にしたいと。

あーなるほどなと。

 

そもそも「自分の作品の前日譚」って、一番預けたくない場所じゃないですか。

スピンオフじゃないんだし。改変次第で、自作が否定すらされてしまう。

でもそこを変えようとしたシロマサと荒牧監督と、黒田硫黄。

「このままではいけない、変え続けたい」という意欲なんだろうな。

 

----------------------------------------------------------------------

 

黒田硫黄は、相当なプレッシャーの中、ダイナミックに改変したと思う。

『アップルシード』原作から確かに離れてはいないけど、言われなきゃ同じだとはわからない。

本人も自分の絵柄のタッチをよく理解しているから、ムリにシロマサに寄せていない。

それどころか、本には「原作:士郎正宗」の文字がない。

これは「黒田硫黄の作品」です。

 

----------------------------------------------------------------------

 

明日生き延びられるかどうかもわからない、動けないブリアレオスとデュナン。

二人が彷徨いながら辿り着いた、雑多な闇の街、NY。

この世界ではサイボーグが優遇され、人間は冷遇される。

序盤はエネルギー切れが多すぎて、まるで介護しているようなデュナン。

嗚呼、明日はどこへやら。

D

貧しさに負けた

いえ 世間に負けた

この街も追われた

いっそきれいに死のうか

力の限り 生きたから

未練などないわ

花さえも咲かぬ 二人は枯れすすき

 

(中略)

 

この俺を捨てろ

なぜ こんなに好きよ

死ぬ時は一緒と

あの日決めたじゃないのよ

世間の風に 冷たさに

こみあげる涙

苦しみに耐える 二人は枯れすすき

(「昭和枯れすすき」より)

作中にも引用されている歌詞です。

黒田版アップルシードアルファでは、二人が必死になって街を守るため戦うシーンがあります。

事件はおさまるのですが、その後撮影された映像は改変されて、街のプロパガンダに勝手に使われます。

デュナンは、やり場のない怒りを抱えながら、エネルギー切れして動けないブリアレオスとこの曲を偶然聞いたのを思い出します。

もちろん日本語だから、理解は出来ない。

でも、身体に染み渡る。

 

----------------------------------------------------------------------

 

デュナンとブリアレオスの二人の苦悩の旅は、昭和枯れすすきだったんだ。

もうこの視点で、新しい「黒田硫黄の世界」「アップルシードの世界」ができてしまった。

平服するしかないじゃんそんなの。

多分この後人間とサイボーグの問題とかも出てくるとは思うけど、それより枯れすすきなんだよ。

 

----------------------------------------------------------------------

 

映画とコミックスで、「シロマサ神格化」は無理矢理にでもやめようと思いました。

ゆりかご願望は極言すれば死ですよ。二回言いますよ。

 

黒田版は黒田硫黄ファンも、アップルシードファンも、絶対楽しめるので読んだほうがいい。

多分熱狂的なシロマサファンほど、「おー、そう解釈するのね、面白い」ってなるんじゃないかな。

 

物語は、流転するほど面白い。

 

 

 

おわり。