Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2008-10-08

Ian Cooper 氏のシナリオ論(1)

f:id:mallion:20070504055701j:image:right:w250

Ian Cooper 氏は、シナリオ集 Gathering Thunder で "Orane's Spindle" などのシナリオをかいたり、Red Cow 氏族のセッティング集を作ったりしている人です。



その Ian 氏が、MLに氏のシナリオ作成術を披露しておりました。

なかなか参考になると思います。

今回は(時間がないので (^^; )、概論部分のみ。あとで各論の部分をアップします。



GOOD STORIES are ones that HAVE CONFLICT.

CONFLICT REVEALS CHARACTER because it forces people to MAKE CHOICES.

Stories are about people MAKING CHOICES.


CONFLICT BETWEEN PEOPLE IS MORE INTERESTING than conflict with abstract forces.

CONFLICT WITHIN A COMMUNITY IS MORE INTERESTING than conflict with external forces.

BEFORE THE GAME STARTS conflicts within a community should be in STASIS OR STATUS QUO.

As the game starts A CRISIS DRIVES THE CONFLICT within the community out of equilibrium and into a new phase.

The CRISIS may be the result of abstract forces or external forces.

That is the role of such forces within the story, to drive the conflict within the community, which is what interests us.


The HEROES HAVE RELATIONSHIPS with people within their community.

Those relationships may be on BOTH SIDES. As the crisis develops the heroes must MAKE CHOICES about who they support, and how they OVERCOME INTERNAL DIVISION to deal with EXTERNAL THREATS.

At the end of the game CHOICES WILL HAVE BEEN MADE, the status quo overturned, AND NOTHING WILL BE THE SAME.


  • 良い物語とは、争い/葛藤のあるものである。
  • 争い/葛藤はキャラクターを明らかにする。選択を強いるからである。物語とは、選択をする人についてのものである。
  • 人と人との間の争い/葛藤の方が、あいまいな力との争い/葛藤よりおもしろい。
  • 共同体のなかの争い/葛藤の方が、外部との争い/葛藤よりもおもしろい。
  • ゲーム開始前は、共同体のなかの争いは均斉状態にあるべきだ。
  • ゲームが始まったあと、ある危機が争いを表出させ、新しい段階に入る。
  • この「危機」は、外部の力であったり、あいまいな力の結果であるかもしれない。
    • 物語では、そのようなものは共同体の中の争い/葛藤を起こす役割をもつ
  • プレイヤーヒーロー(PC)たちは共同体の人々と縁故を持つ。
  • その縁故は、両方の側に対してのものかもしれない。危機が進むにつれ、PCたちはどちらの側を助けるのか、外部の脅威に対抗するためにいかに内部の分裂をおさめるかを選択しなければならない。
  • ゲームの最後において、選択がなされ、均斉が覆される。そして、結果は決して同じにはならない。いまあるものは覆され、何もかもが以前とは同じではなくなる。

簡明な例としては、サム、ゴクリ、フロドモルドールへの旅があげられるだろう。外部の力、たとえばシェロブやオークは、彼らの関係の強さ、あるいは弱さを見せるためだけに働いている。


まず、「共同体=PC関係者のあいだの葛藤をつくり、それに対しての外部の脅威をつくる」という手順になるのかと思います。


各論では、共同体の作り方、「じゃあ俺、船で航海するキャンペーンやっているんだけどどうしたらいい?」という質問に答えたものと、氏のつくった共同体の例として、東方諸島のチャンパヤというところの設定になります。


つづく。

まと.@名古屋まと.@名古屋 2008/10/09 03:09 おおう。氏族運営キャンペーンなんてそのものズバリだよね。

mallionmallion 2008/10/09 06:46 でも、これをやるとパーティがへたすると両陣営に分かれて分裂しそうな気もするんですが(笑)。まあ、RQだからいいのかw

BrittyBritty 2008/10/09 16:10 『オイディプス王』は何故名作かという話でもありますね。ところで”the status quo overturned, AND NOTHING WILL BE THE SAME”は「いまあるものは覆され、何もかもが以前とは同じではなくなる」ではないのだろうか。

mallionmallion 2008/10/10 06:27 ありがとうございます。訂正しました(web 英語辞書ひいても STATUS QUO が載ってなかったので適当に訳してしまいました・・)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証