ますぼっくりヒロイヨミ日記

2016-05-19

f:id:masubon:20160519151614j:image

寝起きってこんなだよね


f:id:masubon:20160519151609j:image

こんなときもあるよね

f:id:masubon:20160519151603j:image

真顔のときもあるよね

f:id:masubon:20160519151558j:image

……



f:id:masubon:20160519151553j:image

かしわねこ

f:id:masubon:20160519151547j:image

泣いてました

2016-05-17

火曜日、雨。洗濯。

連休中に断乳する予定だったのにハラ発熱で延期。お見事。

ここぞというときに調子を崩すのね。すごい。

そんなこんなで最近は授乳は朝一回だけ。一日一回になりました。

この授乳なんか意味あんのかな〜という感じになっています。

断乳の時期の目安として、「一日三回の離乳食を食べている」「ストローやコップから水分が摂れる」「一人歩きできる」というのがあるらしいのですが、一歳すぎたくらいがやはりいい時期なのかなぁとなんとなく思いました。昨年の秋ごろ、毎日毎日大声で泣いていた(半裸で)時期に助産師さんにきいたときは、「早くて10か月」と言われていて、ほんとうに10か月まで授乳を続けられるか、授乳しているうちに自分かこどもがどうにかなるんじゃないかと思ってましたが、どうにかなりました。助産師Sさんほんとうにありがとう。この場を借りてお礼申し上げます。

断乳のことを調べていると、ほんとうにピンとこないことばかり。そもそも、世界は「赤ちゃんは母ちゃんが好き!っていうか母ちゃんのおっぱいが好き!」というのが大前提。暗黒授乳の結末なんてどこにも書いてない(爆)

授乳が一日二回になったころからまじめに飲みだしたりしてちょっと笑い泣きしました。授乳ってこんなに楽チンなものだったのか…。

そんな時期に、ほんとうに断乳していいものか、と暗黒授乳のわたしでも考えたのですが(こどものごはんをこちらの都合で奪っていいのか?という自己問答)、そもそもこどもよりわたしのほうがすでに十分かわいそうだし(激ヤセとか周りからの無理解による言葉の暴力)、もういいんじゃないかしら、と。

子育て教室みたいのに月二回通っていて、月齢の近い親子とご一緒しているのです。ハラはよく歩きよく動き、わたしから離れてどんどんおもしろいものを探しに行く。おっぱい大好き赤ちゃんはお母さんからなかなか離れようとしないのに。そういう姿を見て、もうハラは精神的にとっくに離乳しているんだなぁと思いました。

そんなこんなで、もうすぐおっぱいライフが終わります。はやく暴飲暴食したい。おいしいもの送ってください。



人は見た目が9割らしいのですが、それはたぶん本当です。先日帰省したときに、激ヤセのわたしは「ちゃんと食べないと!」って言われたのですが、「食べると母乳にすべて栄養摂られて、なのにハラちゃんがちゃんと飲まないのでおっぱい詰まって大変なんです。詰まると自分で解消するのが難しくて痛くなったり熱が出たりして大変なんです。だからそんなに食べられないんです」ってちゃんと説明しても、「たくさん食べないと〜」って何回も何回も言われるので、蹴とばそうかと思いました。痛いって言っているのに。わたしの痛いは所詮他人には関係ない。こちらは一日中おなかがすいていて一日中食べ物のことを考えているのに、一回吐いてもう一回食べようかと思うほど飢えているのに、そんなん言われてもねぇ。

結局、「目の前に激ヤセした人がいる」という見た目で適当に会話しているだけなんですね。

という話をすると、「おっぱい問題はあげたことある人でないとわかんないよ〜」「男性には理解できないよ〜」とか言われるのでしょうが、説明しないならそれはそれで「ちゃんと食べないと〜」を連呼されるので、それはそれで面倒くさい。

わー、面倒くさい!!!!!!


なんだか変な日記になってきたので終わります。

2016-05-08

日曜日、晴れ。洗濯×3。


1歳くらいの記録として、毎日のスケジュールをメモしておきたいと思います。


5:30 起床

    ハラおむつがえ&おまる(byもさ夫)

6:30 朝ごはん(ハラも一緒に食べる)30分間

7:00 洗濯物を干す

7:30 ハラおむつがえ&おまる&着替え(byもさ夫)

8:00 授乳

↓   ハラ朝寝

    この間に晩御飯を作ることもあります

9:30 ハラ起きる

    おむつがえ&おまる

10:00 ハラをつれて近所へ散歩がてら買い出しなど

11:30 帰宅 昼食準備

12:00 お昼ごはん(ハラも一緒に食べる)30分間

12:30 食器洗い

13:00 ハラ昼寝

↓   一時間くらい家事をしたり音楽を聴いたりコーヒーを飲んだりして一時間くらいわたしも昼寝

15:00 ハラ起きる おむつがえ&おまる

15:30 ハラおやつ 15分間

16:00 洗濯物をたたみながらハラと遊ぶ

16:45 ハラをおんぶしてばんごはん準備

17:30 ハラおむつがえ&おまる

    ばんごはん(ハラも一緒に食べる)30分間

18:00 食器洗い

18:30 ハラと遊びながらお風呂後の着替えなど準備

19:00 ハラ風呂(バスチェアに座らせてシャワーのみ)

19:30 ハラをベビーベッドに入れる

     ビちゃんにごはん

     食器を拭く

20:00 授乳

↓   (ハラ朝まで就寝)

5:00 ハラ起き始める



一歳を過ぎて、最近は授乳が朝晩の一日二回になりました。

3月の半ばまでは、8:00、13:00、20:00、22:00、2:00 の一日五回。

このころが体力的にはヘトヘトだったと思います。

授乳のたびに気持ち悪くなる、息が切れる。座りたい。横になりたい。

帰省の際、20:00の授乳でやっとやっと寝た〜ヘトヘトだ…の場面、親戚のこどもが授乳中の部屋に入ってきたときには怒鳴りそうになりました。自分側の親戚ならぶち切れていたと思います。

彼女がかあちゃんになったときには、授乳をどうやって邪魔してやろうかしら(悪魔)。

30分以上かけてやっと飲ませたのに。なんか起きちゃうし。また一からスタートで眠らせたときには泣いてました(わたしが)。

20:00と2:00の夜の強制授乳は、去年の夏から自分で決めてやっていたことですが、体力的には3月くらいでもう限界が来ました。

毎晩寝る前に2:00に目覚ましをセットするのはけっこうしんどい作業でした。毎晩毎晩夜中に起きて授乳、おむつがえという作業は、やってやれないことはなかったのですが、このエンドレス毎晩起きる地獄をほかの人にも味わってほしいというそれだけのために、一か月くらい夜中の授乳のあとのおむつがえをもさ夫を起こしてやらせるつもりだったのですが、思いのほかあっさりと夜中の授乳をやめてしまって(理由は省略)、地獄を味わわせることができませんでした。それだけが心残り、非常に残念無念、なんなら今からやってもらってもいいと思っています(鬼)。


この一年、ちょっとびっくりするようなことばかりであれでしたけど、自分のなかの気づきとして、「しんどいときには、助けてほしいというより、しんどさを少しでも相手に味わってほしい」ということでした。

妊娠中に行ったプレママ教室みたいので、一歳くらいの赤ちゃんを育てている夫婦の子育て奮闘弾みたいな動画を見た。そのとき、夜中の授乳に関して「ツマが授乳するためにボクは部屋を暖めます」って父親が言っていて、「夜中の授乳に父ちゃんが起きてもしかたないよな〜。共倒れにならないようにしないとね」などと横の人(参加していた別の夫婦)と会話した覚えが。しかしそういうことじゃなかったんだな。冷静に考えれば共倒れは避けなければならないし、人員的にはいらないんだけど、エンドレス地獄を味わうっていう意味ではすごく意味があるわけだわ。


あとは、「産後のうらみは一生続く」という言葉がありますが、これはほんとうでした(!)なんというか、しんどさが薄れていったときにその言葉が消えていかないというか、またなにかしんどくなったりイライラしたときに、非常にリアルに感情が復活してきてすごいなーと思います。

最近は「小学校の入学式で教科書とかたくさん配られるから、マジックを持っていって、空き時間にどんどん名前を書いていく」っていうネットで見た話をもさ夫にしたら、「必死で名前書いてる人こわいわー」と言われました。なんかむかついたので、今後、入学やらのイベントごとでどっさりくる教材やら(細かいおはじきとかも一個一個全部残らず)の名前書きは全部もさ夫にやってもらおうと思っています。

非常に楽しみでわくわくしています。

2016-04-12

火曜日、くもり。

先日一年ぶりに仕事へ。

とは言っても8時前に家を出て13時前には帰宅、その間ハラはファミリーサポートのお宅にお世話になっていました。

5時間くらいは平気になりました(けっこう泣いてはいるけどいいってことで)。



スーツ着用の日だったので何年かぶりにスーツ着て(激やせでウエストブカブカ。ブカブカブブカ。高跳びか?)、

お宮参りの時に神聖な玉砂利で破壊したパンプスの代替わりとして買った黒い法事とかもオッケーな黒パンプス履いて、

けっこうな感じに混んでいる電車に乗り、(わー、満員電車!)

持ち手がボロッボロになっていた仕事カバンが悲惨だったので、

これまたそんなに仕事とか行かないのに買った黒い鞄(リュックにもなるからベビーカーも抱っこひももいける)を持ち、

仕事へ。


髪の毛寝癖治らず(みんなわたしの髪の毛の寝癖を直そうとしてくれてました)。



びっくりしました。


スーツ着てニコニコ挨拶しているだけで!

お金がもらえるなんて!


パンプスで足が痛かったくらいで、なにこれー!楽すぎる!

しかもみんな「子育て大変でしょ?」とかねぎらってくれる!

荷物持っただけで「ありがとうございますー」とか言ってもらえるし。

「おつかれさまでした」とか。


いやいやこんなの軽いっすよ!いくらでも運びますよ!




こういう感覚も新鮮でした。

チーズケーキを買って帰りました。

稼ぎは半分以上預かりの金額に消えました(めでたしめでたし)。



今後は月に何回か(少な!)仕事に出るつもりです。

ハラにはがんばってもらおうと思います。

2016-04-05

火曜日、くもり。

お久しぶりでございます。

[]

f:id:masubon:20160405092222j:image

おかげさまで、ハラ、一歳になりました(ヨガ中)



f:id:masubon:20160405092218j:image

もちを背負わされたり



f:id:masubon:20160405092215j:image

選び取ったり(絵筆?)


f:id:masubon:20160405092210j:image

かぶせられたり


f:id:masubon:20160405092206j:image


おもちは近所の行きつけの和菓子屋さんにお願いしました

でか!

おも!

f:id:masubon:20160405092202j:image

お雑煮にして食べました

泣くほどおいしかったです

お正月はおもちが食べられなかったのです(おっぱい詰まるから)

食べ物と母乳はあんまり関係ない説をわたしは信じていたのですが、

高カロリーなものはやはり移行しやすい気がします

(おもちを食べた後はきもち乳量が増えたような気が)

最近はあまいもの食べてもなんとか平気になりました

神様ありがとう

3月は義実家へ二泊で帰省しました(病気の方がいて急遽お見舞いのため)

新幹線と電車で移動約5時間

なんとかなってびっくりしましたが

正直二度とやりたくありません(授乳ありだとしんどい)


暗黒授乳でも一歳まで子に乳をあげつづけることができました

周りの人への感謝

感謝

は、

心のなかにあるのですが、


毎日毎日暴れる子を抱えて

服や下着を引っ張ってかきむしるので

上半身裸で子を抱っこし

揺らしながらでも乳を飲んでくれないので

真っ暗な部屋で

スクワットしながら

やっとやっと五分だけ飲ませて

それでも乳腺の細い個所が詰まり

洗面所に二時間篭って詰まりを解消させているところ

洗面所の外では猫がかまってくれとギャンギャン泣いていて

な頃に

ハラの写真をおくれだのさんざん電話が来たり

おっぱい出てるか毎回聞かれたり

勝手にハラ見学ツアーが組まれホテルの手配まで済ませてくれていた

皆様

なかなか素直に感謝することはできませんが

ええ、器の小さい人間でして

裸スクワット授乳女ですから

子を産んだ女

というのは

親戚一同から見たら

「飼育係」くらいの位置づけで

とくにわたしの健康には皆興味がなく

ほんとうにありがとうございました

f:id:masubon:20160405092158j:image

ハラは元気です