meinekoの日記    - 趣味の天文と日々の戯れ言- このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-21

[]73P/Schwassmann-Wachmann 3彗星

分裂していることで有名な彗星です。

2/10に、B核が更に分裂したとのことで、撮ってみたかったのですが、天候その他で撮れないうちに、北半球からは見えにくくなってしまいました。

南半球SSOのiTelescopeで撮れる高さに、昇っていくるのを待っていて、やっと、撮れました。

http://meineko.sakura.ne.jp/ccd/73P-170220.jpg

今朝は、皆さん、こぞって、73Pを撮影していましたが、その中で、淡々と81Pを撮っていたS藤さんは、さすがでした。

2017-02-20

[]全天候型スカイモニター

昨晩は、夕方曇っていたのですが、夜半前には一時期快晴になりました。

うちのSkyMonitorは、望遠鏡姿勢監視兼用なので、小屋の中に設置しているので、屋根を閉めていると、使えません。

やっぱり、外に、空を監視するカメラがほしいよなと言うわけで、思案中です。


Moonglow Technologies All Sky Cam

ugemさんのところでも実績があるのでと思ったら、製造中止だそうですorz


MALLINCAM All sky Camera

Orionで売ってるやつと同じ?


InteractiveAstronomy.com SkyEye Camera

USB接続で良さそうなのですが、やや、高い?


Alcor System ALPHEA

Alcor System EUDA

iTelescope.netでも使ってます。画質いいけれど、高いです。


SBIG AllSky 340 Cameras

高い上に、シリアル接続。でも、レンズは良さそう。


作れ?


(追記)

忘れてたこれがあった。

Oculus all-sky camera

ugemugem 2017/02/20 18:55 ははーん、それであの頃安売りしてた訳ですね。

meinekomeineko 2017/02/21 09:07 なるほど、在庫一掃だったと。買っておけばよかったです。

いっかくじゅういっかくじゅう 2017/02/21 13:04 日本製もあるようです。値段はわかりません。原村の星祭りで出店されていたと記憶します。
http://skypot.dai1.jp/index.php

meinekomeineko 2017/02/21 15:15 Takahashiのアクセサリーとかを制作されているところですね。
CANPあたりに来られていたら聞いてみる手も?
カタログを見ると、Video出力のようです。オートアイリスを使おうと思うと、どうしてもビデオカメラになるのでしょうか?画質の面でUSB接続のほうが好きです。ケーブル長の問題があるのですが。

2017-02-12

[]V2293 Oph

1993年X線新星です。Gaiaで検出(Gaia17agz、vsnet-alert 20639)されて、Hambschさんの観測でも明るい(vsnet-alert 20648)というので、撮ってみました。

明るいです。連続測光をしたいのですが、明け方、低いのが残念です。

http://meineko.sakura.ne.jp/ccd/V2293Oph-170210.jpg

2017-02-11

[]PNV J16521887-3754189

西村さんが発見した新星候補です。

やっと、撮れました。

http://meineko.sakura.ne.jp/ccd/PNV_16521887-3754189.jpg

Oteroさんが、2MASS J16521864-3754166との同定を提案されています

わたしは、単純に報告された位置に一番近いところにあった明るめの星を測ったのですが、その同定が正しいとすると、やはり、2MASS J16521864-3754166と位置が近いです。

DSS等の画像と比べて、明るいように思います

となると増光幅はそれほど大きくないです。共生星?

分光が待たれます

#自宅からは南過ぎて撮れません。


(追記)

新星と確認されました(ATel #10071)。

南に低すぎて、自宅からは撮れないのと、SSOの天候が暑すぎで良くないので、追えてませんが、新星なら撮らないと。

西村さん、改めて、発見おめでとうございます

2017-02-07

[]天体発見賞・天文功労賞受賞者を囲む会

天体発見賞・天文功労賞受賞者を囲む会のご案内》


福岡市で開催される日本天文学会2017年春季年会での天体発見賞・天体発見功労賞・天文功労賞の授賞式に合わせて、3月17日(金)の晩に、以下のような催しを企画しました。今回は来年3月に同じく福岡市で開催される天文コミュニケーションに関する国際会議 Communicating Astronomy With The Public (CAP) 2018(日本語名:世界天文コミュニケーション会議2018 in 福岡)のキックオフイベントとして、より一層天文話題を楽しめる場にしたいと考えています


ご参加希望の方は、お早めにお申し込みください。なお、このメール転載自由ですので、関心のありそうな方々がいらっしゃいましたら、ご転送いただければ幸いです。


天体発見賞・天文功労賞受賞者を囲む会」

  ゲスト2016年日本天文学会

           天体発見

           天体発見功労賞  各賞受賞者の方々

           天文功労賞

       受賞者リスト天文学会ホームページの2016年度日本天文学会各賞についてをご覧ください。

  お相手野上大作(日本天文学会天体発見選考委員長京都大学

      阿部新助(日本天文学会天体発見選考委員日本大学

      縣 秀彦(CAP2018事務局長国立天文台

      山岡 均(CAP2018実行委員国際天文学連合天文電報委員長国立天文台

      Lina Canas(CAP2018実行委員国立天文台国際天文学連合国際普及室)

       他、天体発見選考委員、CAP2018実行委員

  日 時:2017年3月17日(金) 19:00〜21:00

  場 所:トラットリア ヴェントーノホテルレオパレス博多1F、博多駅から徒歩3分

      福岡市博多区博多駅東2-5-33 ホテルレオパレス博多1F TEL: 092-482-1257

      JR博多駅筑紫口から徒歩3分

  定 員:50名程度

  参加費:4,000円(軽食飲み放題

  お申込:事前申込が必要です。

      次のアドレスにお名前メールアドレスを、「囲む会参加申込」という件名のメールでお知らせください。

      <申し込みアドレス

      kakomukai_at_nayoro-star.jp

      締め切り:2017年3月10日(金)

      定員に達しましたら、申し込みを締め切らせていただくこともございます。なお、

      会場設営の都合上、当日の一般参加者の追加はお受け致しかねます。お申込みいた

      だいた方には、申し込み受け付けメールを必ずお送りいたしますので、2、3日中

      返信が無い場合は、再度お申込みください。

皆様のご参加を歓迎致します。

よろしくお願い致します。

天体発見選考委員会一同

いっかくじゅういっかくじゅう 2017/02/09 00:27 天文功労賞の藤森さんは、隣町の在住で時折お訪ねしたりしています。60年の観測はすばらしい。ご自宅の廊下の壁には、蝶型図が貼り出されていますが、「蝶」が5匹も実録されているって、すごいでしょ!

meinekomeineko 2017/02/09 11:21 藤森さんは、月刊天文(天文と気象時代?)で、太陽黒点観測で観測を拝見していました。
長野県は、太陽黒点観測先進地ですね。

meinekomeineko 2017/02/09 11:25 太陽黒点だと、第9回に、板橋伸太郎さんも受賞されていますね。

いっかくじゅういっかくじゅう 2017/02/09 12:51 過去の観測記録類は、国立天文台に寄贈されたそうです。これで散逸が防げそうですね。
板橋伸太郎さんとも交流があったとのことで、板橋さんが亡くなられる少し前に藤森さんに託された手紙も見せていただきました。

いっかくじゅういっかくじゅう 2017/02/11 14:48 ご高齢なので、どうされるかと思っていたのですが、こんな機会は一度しかないと決心されたようです。