水色石の雑記帳

2016年05月26日

[]アキュセラ(4589)、ダメでした……

ドライ型加齢黄斑変性治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の臨床第 2b/3 相試験におけるトップラインデータについて


衝撃的にして悲劇的な発表。期待されたエミクススタトがまさかまさかの「有意性なし」で終了してしまうとは。当然株価暴落で、しばらくは寄らないでしょう。やられてしまいました。単一銘柄での損失としては、率でも額でも過去最大になりそうです。致命傷とは言いませんが、かなりの痛手。昨日は一時7,700円までいったのに、今日終値で4,790円。天国から地獄とはこのことですよ。


窪田社長のブログでは、今回の結果を受けての率直な思いが綴られています。10年の歳月をかけて取り組んできた新薬が失敗という結果になり、その無念さはいかばかりでしょうか。世のため人のためと真摯情熱を注いでも、成功するとは限らない。バイオの、そして世の中の残酷さを痛感させられる一幕です。それに比べれば、たかだか数日株主になっただけの自分が嘆くのもおこがましいというものでもありましょう。


ただですね、


当初は6月に発表を予定しておりましたが、昨日明らかになった臨床試験の結果が、望ましくないものであったため、一刻も早く投資家の方々に知らせる必要があると判断し、本日開示いたしました。


ここのところは予定通りにしていただきたかった。「発表は6月だからそれまでは大丈夫だろう」と油断していた株主多数(自分)の逃げ道が無くなっちゃいましたよ。……もっとも、昨日の下げを見る限り、仮に6月にしてももう逃げられなかったのかもしれませんが。昨日の下げはどうにも怪しすぎるよなあ……。


さて、こうなればあとは、アキュセラがどこで売れるかですが、個人的ラインとしては「1,000円」を見込んでます。これより高く、1,500円とか2,000円で売れたらラッキーで。勢いによっては3桁いってしまうかもしれませんが、この際500円でも1,000円でもあまり変わらないかという気がしないでもない(投げやり)。


今年は好調のため、ちょっと調子に乗りすぎてました。反省です。やっぱりバイオは怖い。それでもそーせいが別格の本物であることを夢見てしまうのですが。

2016年05月24日

[]新外国人に新監督(?)

まずは佐藤勇君、初勝利おめでとう! 二軍で制球難に苦しんでいた時は、もう復活できないんだろうかと危惧しましたが、良く這い上がってきました。投球内容自体はまだまだ不安定で、正直楽天打線に助けられた面もありましたが、これを自信としてローテ定着してもらいたいものです。


さて、低迷する西武に緊急補強のニュースが。


西武 メジャー13勝159キロ腕獲得へ!投手陣駒不足解消へ緊急補強スポニチ


成績はこちら。

http://m.mlb.com/player/462956/felipe-paulino


てっきり、中継ぎ補強かと思ったら先発候補らしいです。まあ、補強の姿勢を見せてくれただけでもOKとしなければならないのかもしれませんが、他球団も含めて「シーズン途中の投手補強は当たらない」というのはお約束であり、実績的にもあまり期待しないほうが良さそうです。良くてバスケスくらいかなあ。


そもそも、補強ポイント投手よりもサードではないかと思うところ。中村DHなのでサードが弱い。木村昇吾スタメンでは苦しいです。なお、もし木村を取っていなければ外崎や永江スタメンサードという惨状になっていた模様。FAバンザイ



一方、こんな記事も。

西武大苦戦でささやかれる秋山幸二氏の現場復帰Xデー “清原ダメージ”払拭にも適役夕刊フジ


はいはい夕刊フジ夕刊フジ、と言いたくなるところではありますが、あながち笑って片付けられない話ではあります。はっきりって、田辺さんに監督としての素質がないことははっきりしました。でもって、次期監督が噂される潮崎ヘッドコーチも、ここまでの牧田の乱用のような投手起用を見ているといまいち心もとない。ヘッドコーチとしての連帯責任もあるでしょう。秋山さんなら西武OBでもあり、ソフトバンクで優勝経験もあるので面白いです。もっとも、秋山監督は、あの強力打線でわざわざ2番に今宮入れてバントするという非効率なことしてたイメージもあるんで評価に迷いますが。


それにしてもこの記事中のコメント、だれがしゃべっているのか一切不明ですね。もはや「関係者」でも「事情通」でも「デスク」でさえもない。さすがは江尻良文さんというところですか。

2016年05月20日

[]株な日々 アキュセラ(4589)がストップ高

月曜日に4000円で買ったアキュセラがもう5000円になっちゃいました。一週間(実質5日間)で25%アップ。超低金利銀行預金ではとても考えられない高利回りで、株式投資醍醐味ですね。ちなみに同期間そーせいは25%ダウンで、こちらは株式投資の苦味になってしまってますが。


f:id:mizuiro_isi:20160520233741p:image


今日特に材料もなかったかと思いますが、僕と同様、6月の治験結果発表に期待する買いが入ったのでしょう。一足先に買っていたあたり、僕も成長できてますかねえ。もっとも、1月から持ってる人からすれば遅すぎるよ、というところでありましょうが


ただ、僕が言うのも何ですが、あんまり期待先回り買いが強いと、いざ良好な結果がでたとしても、出尽くし売りなんて難しいことになってしまうかもしれず、少々ヒヤヒヤするところではあります。結果が出るまでは、もう少しおとなしい感じで行ってくれれば良いのですが。

2016年05月16日

[]株な日々 アキュセラ(4589)に参戦してみた

本題の前に、今日新興市場崩落デーでしたね。金曜日決算が色々失望売りを招いてバブル崩壊してしまった模様。まあこう言ってはなんですが、はたから見てて、JIG−SAWとかブランジスタとか、いくら何でも上がりすぎだろって感じでしたから。


そんな中、そーせいは十分な好決算でしたが、こちらも一気に下げ。解説的には材料出尽くしとかなんとかいうことになるんでしょうが、−15%とはやってくれます。ただ、そーせいの将来性自体全然ブレてないんで、そーせい信者としてはこのくらいの下げで狼狽してはいられません。上昇気流の中、一瞬エアポケットに入っただけと思って、ゆったりホールドです。


さて、話はようやくアキュセラですが、こんな地合の中で買っちゃいました。簡単ながら調べた結果、ここは目の病気治療する薬を開発中なのですね。で、その治験重要な結果が6月に発表されると。ここで期待通りの結果が出れば、株価はぐんぐんと上昇が期待できます。長期的には10倍もありえると見ますよ。もっとも、ダメだった場合は10分の1になりそう。ちょっとしたギャンブルですね。ただ、色々話を読む限り、割のいい賭けではあると考えてますフィスコのレポート勉強


文系素人がそーせいに続いてバイオ株を主力にしちゃって良いんだろうかと思わないでもありませんが、ま、そーせいとアキュセラでは当然ながら薬の種類も違うし、大して連動はしないだろうと適当強気で。固唾を呑んで6月の結果発表を待つことにします

2016年05月14日

[]ルーキー・多和田真三郎撃沈

埼玉西武ライオンズ 3-7 北海道日本ハムファイターズ


いよいよ投手が駒不足な西武は、期待のドラ一・多和田真三郎を前倒しで先発投入。ちなみに読みは「たわたしさぶろう」です。「たわだ」でも「しんざぶろう」でもありません。たわたはともかく、普通しんざぶろうだろうと言いたくなりますね。


さて、その多和田ですが、初回は三者凡退に抑え上々のスタート。売りである重心の低い粘っこいフォームには解説岩本さんも唸っていたのですが、2回に入ると一変。3連打のあとに3連続押し出しという、なんとも評しようのない内容でKOとなってしまいました。うむむむ


とりあえず、初回の感触からして、さすがにドラ一の素材だなということは感じました。数年間からマークしていたというだけはあります。が、2回は評価対象外としても、エースとなるにはややスケール不足かなという印象もあり。岸のようにローテの2番手としては最高といったクラスに見えました。もっとも、本来はまだ故障から回復調整段階であるはずであり、秘めた実力はさらに上のものがあるのかもしれませんが。そうであってほしいなあ。


試合の方は、もはやお約束タイムリーエラー連発で惨敗。昨日4エラー今日3エラー。さすがに擁護しようがない酷さで、心が折れてきます。仮に監督休養とかがあったとしても、それでどうにかなるとは思えないレベル。今ちょっと西武HDの株を買っておかなかったことを後悔してます。100株でも持っておけば、株主総会に行ってライオンズの弱さを糾弾できたものを。嗚呼