水色石の雑記帳

2016年06月23日

[]どうする、どうなるWindows10

さて、Windows10アップグレード期限まで残り一ヶ月となりました。僕のPCもご多分に漏れWindows7なのでアップグレード権があるわけですが、さてどうするか。その強引さで不評なマイクロソフト姿勢はさておき、Windows10自体はそこそこ良いOSであるとの評価も聞きます。ただ、実はアップグレードしようにも、もうシステムSSDの残り容量がなかったり。なにせ64GBしかないもので。


「今のPCも6年経ってるし、どうせならこの機に新PC組みたいなあ」

→「でも待て、Windows7DSP版なので、新PCだと使えないぞ」

→「てことはアップグレードできないので、Windows10を買わないといけない」

→「どうせ買わなきゃいけないんなら別に今じゃなくても良いな」


結論「もう少しWindows7で粘ろう」


……まあ、現状で大きな不満なく安定してますしね。調べた限り、Windows10だとプリンタサウンドカードドライバ問題がでそうということもあり、あえて変える魅力に乏しいという結論になりました。無償じゃなくなっても、2万円も出せば買えるわけですし、そこまで焦る必要もないでしょう。


ただ、上記の結論あくまで理性優先のものであり、感情的にはもう「新PC組みたくてしかたない」んですけど。パーツの勉強とかしてるとどうしても欲しくなっちゃいますよね。ああ弱った弱った。

[]【西武】雄星、右脇腹痛で登録抹消…14日・広島戦から違和感(スポーツ報知)

あああ……。週末の楽しみが消えて嘆かざること無しです。トホホ


本当にローテ一回ですむのならまだ良いのですが、広島から違和感があったということはもう10日ほどは経っているわけで、予断を許しません。こういうのは大概、「思ったより悪かった」とかなって長引きますからねえ(もっとも、以前の雄星であれば隠して「大丈夫です」とか言っちゃって、いよいよ悪くなってから判明→シーズン絶望の流れだったので、進歩はしているとも言えます)。


さてしかしこれでローテはどうするんでしょ? また佐野かなあ……。

2016年06月19日

[]Re:ゼロから始める異世界生活 第11話「レム」

第2章まで終了! いやあ、レムの笑顔が素晴らしかったですねえ。放映前は出来栄えに期待と不安を持っておりましたが、今のところ期待通り、いや、期待以上に面白いです。姉妹過去描写も良く、原作ファンとしても感無量というものスタッフの方々が作品に愛と情熱を込めて作っているというのが伝わってきます。やりますね、WHITE FOXさん。これはBD買わないといけないかな。特典も豪華ですし。3章は前半鬱々しいことになりますが、白鯨戦が楽しみです。ついでに、今から2期まで期待しちゃいます


ところで、今回はなんとフレデリカさんがちらりと登場。原作で「怖い顔」と評されていたのに普通に美人なのは驚きました。もっとも、あれは回想中の数年前だから現在はまた違うのかもしれませんが……。女性キャラを皆美人にしちゃうはいかがなものかと思わないでもない反面、美人のほうが見ていて嬉しいのも事実だよなあというジレンマがが……。ま、アニメで本格的に登場するには2期を待たねばならないでしょうけどね。ガーフィールのキャラデザはどうなることやら。


以下余談ですが、原作小説だと、キャライメージって各人の頭の中で作られますよね。ラノベだと挿絵がついていますが、リゼロは元来ウェブ小説挿絵がなかったので、僕もある程度想像してました。想像というか、借り物ですが、エミリアには「夜明け前より瑠璃色な」のフィーナを当てはめてたり。いやだって銀髪長髪のお姫様属性ですし、今こうしてみても、実際のキャラデザとそんな外れてなくないですか? あえて言えば眼の色が違うくらいで(エミリアは紫)。ついでに、フィーナメイドつながりでレムはミアです。こっちも雰囲気的にはかなり近い部分はあるんじゃないかと。実は今になっても頭のなかでレムを思い浮かべようとするとミアが被ってしまったりします。こういうのは脳内の近い部分にインプットされちゃってるんでしょうねえ。ラムイメージかぶるキャラがいなかったためか、素直にキャラデザが受け入れられたんですが。

2016年06月11日

[]マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」

メッサー中尉ぃぃ!


いや、察してはおりましたよ。キャラ立ち位置、そして前回からの流れからして、この辺で彼が退場してしまいそうな気配は濃厚でした。ただそれでも、この別れには涙せずにはいられません。


命の恩人であり、憧れの存在であるカナメの歌にのり、白騎士と激闘を繰り広げたメッサー。マクロス歴代で積み重ねてきた伝統の力か、空戦と歌のコンビネーションぶりは見事なものがありました。言葉抜きに両者の凄まじさが伝わる作画説得力もさすが。また、ここで美雲とフレイヤがダウンしていることにより、「エースとしてのカナメ」を復活させているという構図が上手いです。美雲とフレイヤのダウンにしても、彼女たちの特殊性というか力、の強さを示している流れで意味を持たせてありますし。まあ、レイナマキナは歌っても良いじゃないかというところではありますが、そこはそれ。


ただ、一歩力及ばず撃墜されるメッサー……。嗚呼ハヤテミラージュもさることながら、カナメの悲痛はいかばかりなことでしょうか。聡明な彼女のことですから、メッサーの気持ちに全く気づいていなかったということはないでしょう。辛いでしょうねえ。


僕としても、メッサーにはなんとか生き延びて欲しかった。ハヤテが「教官で満足できる男じゃねぇもんな」なんてフラグを立ててましたが、そんなのへし折って。いいじゃないですか、教官でもなんでも生きれれば。きっとカナメはそう言いたかったと思いますよ。せめてもの救いはクラゲの下でお礼を言えたということくらいでしょうか。せつなすぎます

2016年06月08日

[]巨人戦初勝利

西武・雄星、待望の初巨倒!7回2安打9Kで交流戦5連勝(サンケイスポーツ)


なんだか週刊菊池雄星的な更新になっちゃってますブログですが、昨日の巨人戦でもきっちり勝利。これで4連勝、昨日時点でハーラートップタイとなる6勝目となりました(と言っても、今日和田が7勝目をあげましたが)。


前回の記事で「一本立ち」と書きましたが、残る課題としては、「有名な相手や格上のチームに力んで打たれる」ということ。プロ入り以来ソフトバンクに勝てないのもこの弱点が原因でしょう。今年の巨人はそれほど打線に迫力がないとはいえ、上位チームで有名選手も多いです。果たしてその点が大丈夫かと心配でした。


しかし、蓋を開けてみればそんな懸念問題にもならないように最高の立ち上がり。ストレートが糸をひくようにキャッチャーミットに吸い込まれ、変化球が切れ味鋭く空振りを誘う。好調雄星は健在でした。


ただ、4回は制球が乱れましたね。いつもは「魔の6回」なのですが、昨日は中5日の影響なのか、前倒しでした。分かる人によると「腕が横振りになると悪い」んだそうですが、素人目にはさっぱりなところではありますストレートスライダー回転で入っていくと悪いというのは何となく分かるんですが。


もっとも、その後は打線の援護もあって立ち直りました。BSでの中継もありましたが、今の菊池雄星ここにあり、というところを見せられたのではないでしょうか。次回は多分マツダでの広島戦。実はプロ入り以来広島戦は初です。他10球団とは対戦してますので、広島相手に投げれば11球団制覇ということになりますね。勝てば10球団目の勝利です。残り1球団言わずと知れたソフトバンク……。まあ、今のピッチング内容ならばソフトバンク相手でも抑えられるとは思いますが。


なお、昨日のストレート平均球速は147.8キロストレート空振り率は11.3%でした。

2016年06月01日

[]とうとう一本立ちかな? 菊池雄星

西武・雄星、自身5度目となる毎回の2桁11三振で5勝目(サンケイスポーツ)


今日雄星ピッチングには特に注目していました。5月12日の楽天から、明らかに投球内容が向上した雄星ですが、良くなったと思うとまたすぐに不安定になってしまったのが今までの雄星交流戦でも調子を持続できるかが気がかりだったのですが、結果は満点回答でした。


球速のみならず、キレが抜群のストレート有効に使えたカーブスライダー。そして珍しいほどに安定したコントロール。最近どころか、過去雄星ピッチングすべてを振り返ってもベスト級の内容でした。特にストレート威力はすさまじく、西武ドームスピードガンがなかなか計測してくれなかったのが残念ながら、僕調べでは平均148.1キロ、最速156キロを記録。コボスタではなく、西武ドームでの156キロには価値があります。驚くべきは空振り率で、16.9%にものぼりました。おいおい藤川か。


唯一危なかったのが5回で、ランナーを出してから球速・制球ともに怪しくなりましたが、ここはロマックの暴走と炭谷の方に助けられてセーフ。ただ、攻撃の上手いチームだったらここで崩されていたかもしれません。そこだけがまだちょっといかな。


それでも、速球でグイグイ押して、バッタバッタ打者三振に切り捨てていくその姿は、まさに西武ファン野球ファンが待っていた菊池雄星像そのものであったと言っても、過言ではないでしょう。入団以来早7年。毎年のように「今年こそは」と期待され、ここ数年は「ついに覚醒だ」と言われたりもしてきましたが、今回こそは本当に一本立ちを果たしたかなという気配がしてます。これがどこまで本物なのかどうか、次回、巨人戦も注目&期待しますよ。