水色石の雑記帳

2016年09月22日

[][]「君の名は。感想

少々出遅れた感がありましたが、「君の名は。」観てきました。新海誠監督の最新作。事前情報はできるだけシャットアウトしていきましたが、なんでもかなり人気になっているようで、映画館の一番大きいスクリーンで、そこそこお客が入っていることに驚き。新海監督作品なんて渋谷しか上映してないようなイメージだったんですけどねえ(遠い目)。一応ネタバレ注意。


でも、「君の名は。」はその人気がうなづけるだけの傑作でした。いまさら多くを語るのも野暮というものしょうが現実ファンタジー、都会と田舎日常危機といった要素がバランスよく組み込まれ、一組の男女の物語を、新海節な美しい絵で彩ってくれる。実にハイレベルな一品


要素的には、いつもの新海さんらしい「なかなか会えない男女もの」であって、「ほしのこえ」を思い起こしつつ、処女作には作家のすべてが現れる的なフレーズ連想するところでありますが、今回のヒットの要因は一般性付与ということになりましょうか。これまではあくまアニメファン、それも男性に限っていたような対象が、明らかに広がった作風になった感じがします。どこか細田監督の「時をかける少女」や「サマーウォーズ」も連想したような。あとはタイトル勝利という部分もあるのでしょうけど。


切ない出会いと別れ。これで最後まですれちがいだと秒速5センチメートルになっちゃいますが、一歩踏み出す行動力と強い思いを持ち続けていたのが滝と三葉なんですねえ。劇中の出来事を忘れてしまったままになるのか、それとも再開したことで思い出すのかは分かりませんが、どうかお幸せに、と心から思える2人でしたよ。


まあ、いきなり他人になってそう簡単生活できるはずないだろとか、カレンダーとかテレビとかで年がわかるだろとか突っ込みどころはあるんでしょうが、そのへんは些細なこと。新海監督集大成にして最高傑作を楽しませていただきましたよ。欲を言うならば、もうちょっと三葉の日常シーンを眺めていたかたかなあ。時間が短めなのでやむなしか。作り的には海外でもいけそうだなあというか、受けという意味では「シン・ゴジラ」よりも上ではないかという気もするんで、展開が楽しみです。


『君の名は。』V4で100億円突破にリーチ!『聲の形』も大ヒットスタート!【映画週末興行成績】(シネマトゥデイ)


それにしても、日本はやはりアニメ特撮の国なのかと思いますねえ……。「聲の形」も観ないと。かえすがえすも、新海作品がこんなにヒットしようとは、びっくりです。めでたいますが、昔から見てきたファン(と言うほど熱心でもなかったですが)としては、ちょっと寂しくなってしまうくらいですよ。windのOPでも見直そうかな。

2016年09月17日

[]エヴァンゲリオン再放送

http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=eva


もう何回も何回も見たエヴァですが、自動録画されていたのでついつい再生したところ、画質と音質のハイクオリティに驚き! そりゃ新劇場版とかに比べれば劣りますが、TV版放送当時とは雲泥の差ですね。なんでもハイビジョンリマスターに5.1chサラウンド化しているとか。アニメ野球ばかり普段見ているとあんまり恩恵ないんですが、こういうときはサラウンドシステム組んでおいて良かったと思いますよ。


中身は相変わらずに面白いし引き込まれる。今の目で見るとちょっと古い感もなくはないですが、それでも見はじめると最後まで止まらないもんなあ。すごいもんです。ただ、シンジエヴァに乗せるまでの流れは多少強引ではありますよね。これは当時から感じてましたが、リツコはともかく、ミサトがいきなり「乗りなさい」と命令形で言うのはいささか釈然としないところ。それまでの雰囲気からしたら「乗ってちょうだい」みたいな依頼形になってしかるべきかと。


それにしてもミサトさんの声が若い。まだうさぎっぽい感じがあります。エヴァQで急に時間が飛んだことに対して、声優さんの年齢も考慮した的なコメントがありましたが、こうして聞くとあながち否定できませんね(そうは言ってもエヴァQの出来には納得しがたいですが……)。


今回の再放送で初めてエヴァを、あるいはTV版を見る人も結構いるんでしょうかねえ。楽しんでもらいたいものです(なぜか偉そうに)。

[]雄星10連勝! だが……

西武・菊池が10連勝 金子侑は50盗塁到達、糸井との盗塁王争いはし烈(デイリースポーツ)


今日は初回から155キロを記録するなど球が走っている様子だったのですが、5回から様子がおかしくなり、6回に豆を潰したと降板。う〜ん、またですか。体質なのかもしれませんが、そこをもうちょっとなんとかケアしてもらいませんと、真のエースにはなれません。


幸い、大石ピンチをしのいでもらって自責点0で乗り切りましたので、防御率タイトル可能性はまだ残った感じですが、予定外に5回しか稼げなかったイニングを残りどうするか。次回中5日で登板できるのか。まあもう、なるようになるとしか言えせんねえ。


なお、雄星から大石というのはドラフト指名的には大変豪華なリレー別に初めてではないですが)。6球団競合選手同士の継投なんてもしかしたら空前絶後になるかもしれないのであって、ちょっとしかったり。

2016年09月09日

[]雄星完投で9連勝! 気になる規定投球回防御率は?

西武 中盤突き放し快勝、雄星3年ぶり完投勝利 山川先制2ラン(スポニチ)


誰もが驚く9回115球。ロッテ拙攻にも助けられましたが、あの、5回100球は当たり前だった雄星がこんな省エネスピーディな投球で完投してくれるとは! すばらです。欲を言えば完封してもらいたかったところですが、3回の失点は不運もありましたししょうがない。


さて、ここで気になるのが自身初の規定投球回到達なるかというところ。現在125回2/3なので、143回まで残り17回と1/3。ローテ通りに投げればおそらく登板日は17日と23日。連続完投なら完璧ですが、2、3回程度の不足ならば、最終戦に中4日で突っ込んで達成させにくるとみます。そう考えれば7回+7回+3回1/3で到達可能なので、結構可能性高くみえてきますね。


そしてもう一点、防御率も2.36となりました。いまトップ石川が2.26、2位千賀が2.39ですので、滑り込みトップも期待が出てきます(2.06の大谷もいますが、もう規定は届かないでしょう)。仮に143回ちょうどまであと3失点でまとめたとすると2.26。4失点で2.32。石川ちょっと落ちてもらわないと苦しいですが、ぜひ目指してもらいたい(本当は昨日西武打線石川を打って援護しておかないといけなかったのですがね)。


最後に、今日ストレート平均球速は145.7キロと控えめ。空振りもわずか2球でした。完投意識してセーブしたのか、単に調子いまいちだったのかは微妙なところです。このところストレートで空振りが取れていないのはちょっとした心配点。夏バテですかね? 涼しくなってきたので最後にもうひと踏ん張り快投が見たいものです。

2016年09月01日

[]西武ファン捕手森友哉の夢を見るか?

森「真っすぐ一本。三振OKの気持ち」で3年目初サヨナラ打(スポーツ報知)


8月は14勝10敗と勝ち越すなど、いまさらのように好調西武ですが、現実的にはAクラスは絶望的。もう来期の監督がどうだみたいな話ばかりが気になる秋となってしまいました。


そんな中、一服の清涼剤であり、注目材料なのが森友哉捕手としての出場です。昨年はついに一度もなかった捕手ですが、今年は後半戦に入って徐々に出番を増やしてきました(さすがに株主に言われたからなんて主体性のない理由ではないと思いたいところですが、それもありそうなのが近年のチーム雰囲気的に怖い話ではあります)。そして、昨日はマスクかぶりつのサヨナラヒット。その存在感を大いにアピールしました。


入団から、「打てる捕手に」と期待の大きな反面で、守備の弱さからDHや外野での出場が主になってしまった森。しかしもう3年目も終わろうとしているのですから、いつまでたっても中途半端な起用ではいけません。はたしてこれから球団と森はどんな道を選ぶのか。その覚悟が問われます


面白いのはファンの間でも意見が分かれていることで、打撃を活かして外野もしくはサードへの転向を勧める派と、我慢してでも捕手として育てよう派で真っ二つになっている感が。僕はどちらかと言えば捕手派です。確かに、現時点での捕手能力は炭谷に及びもつきませんし、「捕手だと疲れて打てなくなる」という意見にも一理ありますが、それはあくまで現状での予想に過ぎません。森はまだ21歳。伸びしろは十分あると見ます。少なくとも、見切りをつけるにはまだ早過ぎるかと。ダメならダメで、それからコンバートしても遅くはないでしょう。


チームのことなので他選手との兼ね合いもあります。炭谷がせめて2割5分の10本くらい打ってくれるのであれば森コンバートでもまだ納得できるのですが、実際は毎年2割1分の体たらくいくら守備が秀でていてもこれでは良い捕手はいえません。森捕手待望論の影に炭谷への失望あり。厳しいようですが、炭谷が正捕手のうちは西武の浮上は難しいでしょう。仮に森が捕手失格だとしても、次の正捕手候補を獲得する必要はあります中日さん、木下使わないのならくれないかなあ。さすがにルーキーは無理か)。


ともあれ、「打てる捕手・森」はまだ可能性の段階です。しかし、そこから漏れてくる光は十分に魅力的。残りの試合で、いかにその輝きを増すことができるか。期待を持って見守ることといたします。

2016年08月26日

[]菊池雄星、二桁勝利

雄星 プロ7年目初10勝 左足裏のマメで6回途中1失点(スポニチ)


やりました。本人も周囲も待望念願だった二桁勝利です。9勝の壁を3度目にして突破しました。もちろん、期待の大きな選手だけに、これしきで満足というわけではありませんが、やはり二桁勝利は一流投手必要条件ですからね。首位日本ハムに勝ったのもポイント高いです。あとはソフトバンクに勝てればいよいよエースになれるかな。


……とはいえ、6回ノーアウトで足のマメによる降板、結局ヒーローインタビューにも呼ばれず(本人の拒否?)とは、いつもながら肝心なところで決まりきらない雄星。そう言えば、久々の野手大谷との対決も実現しませんでしたね。大谷試合直前に体調不良で欠場とは、もはや野球神様が意地悪しているかのようです。残念。


今日の最高球速は155キロ。平均は149.1キロでした。大宮スピードガンが少し甘い気もしましたが、優秀な数字です。ただ、ストレートでの空振りが3球(5.4%)しか取れていないのが、ちょっと気になるところ。5月から6月くらいにかけては軽く10%以上の空振り率を叩き出していたので、その頃に比べると変化球とのコンビネーションや制球力も含めて、調子が落ちている感じはします。というか、雄星は毎年夏場すぎに失速しているような。逆に言えば、失速してもこれだけできるようになったのが今季の成長でもあるんでしょうけどね。あ、でもよく考えれば2ヶ月夏休み取ってたか……。


ともあれ、マメの具合がどうなるか微妙ですが、残り試合全部勝つくらいでいっていただきたい。13勝くらいすれば見栄えが良くなります。