雑種路線でいこう

2008年08月01日

若者のIT離れを防ぐべく何をすべきか

日経IT Proが興味深いアンケートを行っている。若者のIT業界離れについてグラフを読むと「あまり感じていない」「全く感じていない」が計54%を占めている。悪循環を断ち切るなら、こういったポジティブな面にも着目すべきだ。また、ひとことにIT離れといっても、若者がITを勉強しなくなっているとすれば問題だが、ITが社会に浸透したことでユーザー企業がIT技術者を必要としているのだとすれば必ずしも悪い話ではない。業界じゃ人手不足だし他業種や海外にも潰しが利くんだから、若者はとりあえずIT勉強しておいて損はないと思うんだよね。

若者のIT業界離れに対する認識を尋ねたところ、「強く感じる」と回答した企業は9%、「やや感じる」は33%だった。「3K」や「7K」との自嘲がいっそうの業界離れを招く悪循環を、ベンダーユーザーが一体となって断ち切る必要がある。

IT組織:9割の企業で要員が不足:ITpro

全産業平均でみて明らかにIT業界が恵まれているにも関わらず「3K」「7K」といった印象が流布される理由として、他業種と比べて待遇の低い層もネットリテラシーが相対的に高くネガティブメッセージが流布しやすいこと、一部のデスマーチプロジェクトや悪質な企業での悪待遇が強調されがちなこと等があるのだろうか。

ITプロジェクトで確率的にデスマーチプロジェクトが発生することは避けがたい。いちどデスマーチに陥ってしまうと予算が枯渇している上、追加人員投入の効果も『人月神話』を考えると限定的なので、もとからプロジェクトにアサインされた人員の待遇が悪化することは避け難い。従ってデスマーチの発生を抑えることが極めて重要で、デスマーチ予防へ向けた投資を促すとともに、デスマーチを避ける経済的誘因を増やすことが考えられる。

デスマーチを防ぐには余裕を持ったプロジェクト運営、継続的な人材育成投資などが有効だが、それを行う余裕のない事業者や、会社全体で人材育成を熱心に行っていても忙しくない従業員に限られ、売れ筋技術者は常に現場たらい回しという場合もあるだろう。教育費もさることながら、機会費用馬鹿にならないからである。けれども優秀な技術者ほど、本来ならOJTだけでなく新たな技術や手法を学ぶ余裕が与えられるべきなのに。

IT業界で悪質な事業者が淘汰されるとは限らないのは、人月ベースの取引もあると考えられる。同じ重層的な下請け構造でも、製造業であれば製品価格ベースの取引で生産性向上は受注者の超過利潤となるため、生産性向上のための工程改善投資する誘因があり、生産性の低い事業者は市場を通じて淘汰される。しかし人月ベース契約した場合、生産性改善発注者の超過利潤となり、生産性を上げなくても人月ベースで売り上げが立つ。

生産性に応じて単価を上げられればよいのだが、人材の練度が可視化されておらず、下請けの交渉力が低ければ難しい。恒常的な人手不足環境にあっては悪質な事業者であっても仕事を受注でき、市場での淘汰圧が働かない。こういった環境では人材教育にかかる投資機会費用について、回収計画を立てることが難しい。同様の問題は、規制緩和派遣労働者の利活用が進む製造業等にも遠からず波及することが懸念される。

ひとことにIT業界といっても若者離れには程度の差があって、先がみえないロールモデルのいない領域ほど人材獲得に苦労しているのではないか。それはそれで市場が機能しているということだし、花形領域の花形エンジニアを担いだところで、業界全体に対して勘違いしてしまうほど若者馬鹿ではない。技術者を大切にする環境をつくり、努力すれば手の届きそうなロールモデルを提示できなければ、若者離れが生じても仕方ない。

「IT業界」とひとくくりに若者離れを論じることこそ、問題の本質から目を背けさせていないだろうか。若者が忌避しているのは未来のない技術、悪質な労働条件、理不尽仕事だろう。それはIT業界の一部に過ぎない。そのことは先のアンケート若者のIT離れを強く感じると回答した企業が、僅か9%に留まっていることからも示唆される。ではこの問題が限られた領域の問題に過ぎないかというと難しく、仮に花形企業や日本を支えるインフラ等が魅力のない仕事押し付けられる層に依存し、人材獲得や技術継承に苦労しているならば、そのツケはいずれ業界や社会が払わされることになる可能性がある。

いずれにしても泥を忌避する若者を責めるのは筋違いで、忌避されてしまっている仕事や企業、そこに矛盾を皺寄せしている業界や社会こそ変えるべきことは明らかだ。これは技術や意識の問題ではなく、産業構造や取引慣行の問題である可能性が高い。であれば必要なのは人材育成やイメージ改善のためのマーケティングではなく、待遇改善キャリアパスを提示できる環境づくりなのだろう。安直な若者に対するイメージ改善は問題に蓋をすることにしかならない。まずはIT業界の中で不人気な領域を特定し、何故そこで適切な処遇が行われていないのか、背景にある構造問題を分析するところから手をつけるべきではないか。

通行人通行人 2008/08/02 07:20 クレームは最大の発見、とどっかで読んだのですが、ちょっと意見を書かせて下さい。

文章がちょっと硬くないでしょうか?難しい漢字を選択したり、横文字を使ったりするより 「誰でもサラサラ読める」 の方がいいのでは無いでしょうか?

いや、そんなのは俺の勝手であり、そもそも俺のブログだから好きに書く!
と言われたらそれまでなのですが。

mkusunokmkusunok 2008/08/02 07:38 悪い癖ですね。気をつけます。

KINDKIND 2008/08/02 08:53 サラサラ読めますよー。気にしないで続けてください。
いつも勉強になっています。

shi3zshi3z 2008/08/02 12:10 さらさら読みやすい記事なんかほかでいくらでも書いてるんだからさらさら書きやすい文体を選択するのになんら問題ない

物見遊山物見遊山 2008/08/02 12:38 どこらへんに難しい漢字が使われていたりして読みづらいのかピンと来ないのは私だけ?若者のIT離れを防ぐにはどうしたらいいか?という経営側に向けた文章なので小中学生に読みやすくする必要性はあまり感じられないのですが・・・

shakaijinshakaijin 2008/08/02 13:39 まぁ、読者層を増やしたいかどうかの問題ではなかろうかと…

blueblue 2008/08/02 15:42 >必要なのは人材育成やイメージ改善のためのマーケティングではなく、待遇改善やキャリアパスを提示できる環境づくりなのだろう。

自分も同じ思いです。
どうも企業側は「実態は良いのに悪く宣伝されているから、宣伝をして良い印象を持たせよう」というスタンスでいるように思えます。
そうではなくて、「実態が悪いから悪評が広がっているんだ。実態を改善しよう」という方向に変わっていってほしいです。

mkusunokmkusunok 2008/08/02 17:08 企業はともかく国がそれじゃ、まずいと思うんですよねー。

murakyutmurakyut 2008/08/03 17:04 小生も遅まきながらブログを立ち上げました(まだ最初のページを書き始めたばかりの状態ですが笑)。インド人や中国人なら大学院卒の上級SEが年収300〜500万円で採用できてしまうという統計があり、日本のSEの国際価格競争力の低下は明確になってきています(日本だと同レベルのSE雇用維持に700〜1000万円かかる)。
これがインドや中国へのオフショア化の流れを作ろうとしています。一方で米国では、Salesforce.comがSaaSのような新しいASPサービスを展開し、ここにGoogleなども加わり、クラウドコンピューティングという新しいITトレンドを作り出しています。
日本のSIer業界は、こうした国際化の波にも乗れず先行きの出口を失ったゼネコン業界と同じような危機に瀕しているように見えてなりません。
こうした構造問題は、日本企業全般のの情報処理生産性の低下にも繋がっているように思われ、もっと危機意識が喧伝されてもいいのではないかと思います。具体的な解決策の方向としては、700〜1000万円クラスの上級SEを如何にして高付加価値なグローバルITビジネスリーダーに祭り上げてゆく、日本のIT業界の先進性を国際的にアピールしていくことではないかと思いますが、如何でしょうか?

とおりすがりとおりすがり 2008/08/03 22:57 >>どこらへんに難しい漢字が使われていたりして読みづらいのかピンと来ないのは私だけ?
むちゃくちゃ読みづらいけど、それは難しい単語や漢字が使われてるからじゃないですよ。バズワードや日常的に使われない造語を並べ立てているわりに具体策に乏しく、読者に補間してもらわないと意味が通じない文章だからでしょう。かみ砕いて言えば、「行間を読まない限り無意味な文章」と言っても良いかもしれません。
「このビジネスはモデルがフェイルなのでコンフリクトしてるイシューをライトスタッフでアンカーにビルドしてスイープすることがマストだ」みたいなものですね。単語は簡単だけど、分としては読みにくいことこの上ありません。(http://nvc.nikkeibp.co.jp/nveye/komata/20071019_000814.html)

>日本のIT業界の先進性を国際的にアピールしていくことではないかと思いますが、
日本のIT業界のどこに先進性があるというおつもりで?

murakyutmurakyut 2008/08/04 02:01 現状だと先進性はないですよね。700〜1000万円クラス以上の超優秀な上級SEやマネジャーのみを、隷属されている硬直的な大企業から引き剥がし、大学などにGoogleのようなインキュベーションセンターを作った上で、政府が補助金を出して彼らをそこに集め、海外を凌駕するような先進的SE技術の研究開発をして産学協同の成果を国際的にアピールするくらい思い切ったことが必要なのじゃないでしょうかね?

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
雑種路線でいこう by 楠 正憲 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License. このブログは楠正憲の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。
Connection: close