MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2006-01-30

VIPER氏のサイト移転&「うたわれるもの」4月OAトップ絵。 VIPER氏のサイト移転&「うたわれるもの」4月OAトップ絵。を含むブックマーク

第10話の作画監督に続いて、第17話で初の演出も担当されるそうで。

Fate/stay night」第4話 「Fate/stay night」第4話を含むブックマーク

士郎のモノローグを減らしたことで、『セイバーセイバー!』と叫んでるだけに感じてしまう所は目を瞑るとして、総じてそんなに悪くなかったと思う。セイバーの血まみれで立ち上がるシーンは、原作のCGを忠実に再現していて思わずニヤリとしてしまった。どう見ても即死っぽい重傷を負った士郎の超人的な回復力は、一応セイバーの能力が影響してるんじゃないかと凜が説明してたけど、現時点では都合の良い主人公補正ぐらいに感じるよな、やっぱり。本当の理由が判明するのは最後の方だからなあ。第1話から度々士郎の脳裏に過ぎる剣のシルエットと結びついたら凄い。あと、キャスターが監視しているシーンと、凜と桜の深い関係を匂わすやり取りを入れたのは、今後の展開を予感させる意味で良い演出。士郎と凜が同盟を結ばず決別して、次回学校で士郎vs凜になるのはUBWルートですな。今回、桜も何かに気付いたような素振りを見せてたし、Fate、UBW、HF全てのルートの要素を盛り込む可能性が高くなった気がする。

Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第16話 「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第16話を含むブックマーク

久々の可奈当番回。原作にない単発息抜きエピソードだったけど、面白かった。いやー、やっぱり可奈が引っ掻き回すと楽しいね。毎回死なす朋子のオチで爆笑した。おいし過ぎだろ(笑)。24ネタのオチが可奈とのキス未遂とエリスのツッコミで、最初の可奈当番回のオチと被らせたのはワザと?浩樹も妙に乗り気だったのが(笑)。それから、今回の作画監督が阿藍隅史(アラン・スミシー)。その割に作画自体は良かったんだけど、こう頻繁にこの名前を見かけるようになると、膨大な数の春新番がますます不安になってくるな。

ゾイドジェネシス」第42話 「ゾイドジェネシス」第42話を含むブックマーク

ソウタは、ロンとフェルミの密会を盗み聞きして、記憶を取り戻して再びディガルドに寝返るか、今度こそ本当に死んでしまうのかと思ったら、どちらでもなく、記憶も戻らないまま完全に討伐軍の仲間入りしてしまった。どんなゾイドでも簡単に乗りこなすという能力も今回で正式に判明したし、このままギルドラゴンの操縦者になるのか?ミィ様が、ルージとソウタ両方への接し方に揺れる事以外、ルージとソウタの話に関連性がほとんど無かったのがちょっと勿体ないな。ミィ様のお花畑妄想と、ディガルドとかどうでも良さげになってるダ・ジンには笑ったが(笑)。

陰からマモル!」第4話 「陰からマモル!」第4話を含むブックマーク

『バナーナバナナ』キタコレ!! 良くこれに曲を付けたなあ。しかも、何かまともだ(笑)。ロ○ト製薬の歌に聞こえなくもないけど。審査員全員がゆうなを毒牙に掛けようとするのを、マモルが片っ端から倒していく展開が、審査委員長一人だけに削られて、代わりに椿と山芽がオーディションに参加。ヒロインの出番を増やして、ギャグパートのサービス増量にも繋がってるので、これはこれで良かったな。山芽を先に登場させたので、次回以降も少し原作とは違うオリジナル路線?

よみがえる空 -Rescue Wings-」第4話 「よみがえる空 -Rescue Wings-」第4話を含むブックマーク

何だこの青春ドラマは(笑)。恋人同士になるまでの馴れ初め回想とか、八つ当たり気味なデートで無理矢理唇奪ったり、先週とは違うアニメを見ているようだ。愛する人がいて支えてくれるから立ち直れるというベタベタだけどちょっと良い話。主人公とめぐみの心が揺れ動く様をデートコースの変化を利用して丁寧に描いてたと思う。しかし、抱けばそれで良いかという問いには回避しておきながら、結局ヤることヤって鬱回復する主人公羨まし(ry 彼女バレして、“おえん”で救難隊の一員として溶け込んだ感じに締めたのは上手かった。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

Fate、あの時点で凛と士郎が協力関係にならないってことは、
>もしかしてアニメ版はUBW編なのか?とかんぐってしまいます。
>いやけど、UBW編の方がアニメとしてやって欲しいって気はありますね。
>士郎、アーチャーの固有結界の呪文とか。
>やはりあれをアニメでやらないことにはFateアニメ化の意味がないと思いますし(ソレハマテ

TYPE-MOON公式のメインビジュアル、体は剣で出来ている…な、士郎の固有結界の心象世界は「Fate」の象徴の一つですからねえ。何らかの形で見せて欲しいのは確か。

Fate、桜が凛にタメ口だったのが結構ビックリしたんですけど。
>各ルートを混ぜた話になりそうなので、どういう風に纏めるかが楽しみ。

いや、むしろこのタイミングで、桜が「姉さん」と口を滑らせてたらもっとビックリでしたけど(笑)。でも、原作未プレイ者にしてみたら、早めにネタバレしておいた方が見方が変わって良かったのかもしれませんが。

>Fate4話、結論から言うと非常に良かったです。
>過去3話で感じてた細かい 不満点も感じられず、見所が多くて単純に見てて面白かったです。
セイバー×バーサーカー戦はセイバーが電線を走り抜けるシーン等 全体的に良く動いてたし、
セイバーが腹部を斬られて血まみれになるシーンで 原作の絵を再現してたり、
>その時士郎の令呪が光ったのは士郎の中のアレが発動したのでしょうね。
>その後セイバーをかばって死ぬほどの深手を負ったにもかかわらず
>傷が自動修復したのはその伏線なのでしょう。
>そしてこの戦いを監視してるキャスター
アニメオリジナルシーンだと思いますがこんなに早くキャス子が見られるとはwなかなか良い演出ですね。
>衛宮邸での凛と士郎の会話も冗長すぎず、必要最低限の内容で頭に入りやすかったです。
>去り際の凛のセリフはその後の学校での出来事の伏線ですよね。
>帰り道、凛と桜が鉢合わせたのは驚きました。
>桜が凛のことを何て呼ぶのか注目しましたが、やっぱり現時点でのネタバレはしませんでしたね。
>でも二人のやりとりを見て、原作知らない人もこの二人が単なる知り合いではない
>もっと親密な関係にある事は十分伝わったことでしょう。
>そして桜のつぶやいた「血の…匂い」という一言は桜が単なる脇役では無く
>今後桜がマスターとして参戦してくる予兆だと思いました(違うかな?)。
>今回は褒めてばかりですが、あえて少し不満点を挙げるとしたら士郎とセイバーが会話してるシーンで、
>士郎の腹が鳴ったとき一緒にセイバーの腹も鳴ったら面白かったのになぁ、と思った事くらいでしょうか。
>次回予告では早くも凛が士郎に襲い掛かってるようなシーンがありましたが
>凛がドジっ娘属性発揮してるシーンもあり、どうなることやらw
>次回が本当に待ち遠しい。とりあえずもう一回4話見ます。

モノローグと説明セリフが少なく、冗長さが薄れたので前3話よりアニメとして良く見られるようになっていたんじゃないかと。士郎の腹の音は、一瞬素でセイバーの腹の虫かと思った(笑)。

バーサーカーは普通のサーヴァントと違って霊体になれないのではありませんでしたっけ?
>あとやっぱり戦闘にもう少し派手さがあってもいいと思います。
>いまいちバーサーカーのとんでもなさみたいな物が伝わってこない感じがしたかな。
>凛のガントもあれは……バーサーカーの声も咆哮って感じはしませんでしたし。
>今回からせっかくイリヤが出てきたのでやはりタイガー道場希望ですw

セイバー以外は霊体化出来る方が、セイバーの不完全さが際だつので別に良いんじゃないでしょうか?咆哮は、バーサーカーにも声優が宛がわれていた時点で察するしか。

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜関係

>>かしまし やす菜さんがはずむをふった男性認知障害だったんですか・・・
>ふられてもやす菜とまた友達から始めたいというはずむがはずむかわいいよはずむって感じです
>しかしおとボクといいかしましといい少女少年といい女装物
>(正確にははずむは違いますが)の主人公には120%くらいかわいさ補正がかかってる気がします
>正直宇宙人や先生いらないから普通に学園ラブコメすればいいじゃんと思うのは僕だけでしょうか?

宇宙人や先生いらないのは、9割近くの人が同じ事を考えてるような気が…。しかし、ストーリーは違っても、設定はコミック版とアニメ版は変わらないと思うので、運命共同体の道を選ばせる展開上、一応宇宙人は重要キャラなので。はずむは普通に可愛い女の子と化してるけど、「おとボク」の瑞穂は、純粋にエロゲー主人公としての能力も最強クラスですからねえ。どこぞのヘタレ主人公達に爪の垢を煎じて飲ませたい(笑)。

>かしましのEDを見てると「やす菜と一緒にバレンタインチョコ?を作るはずむ」の絵や
>「振袖を着てとまりと羽根突きをするはずむ」の絵は漫画版の最新話を見ているだけに
>「誰かをえらんで生き延びなければ見られない光景だなぁ」としんみりしてしまいます。
>(漫画版の最新話の季節が秋だけに冬の行事だからバレンタインも正月も)
>あと「やす菜と一緒にバレンタインチョコ?を作るはずむ」の絵のはずむが
>どうしてもアニメ版のカレカノの雪野に見えるのは自分だけ?

アニメ版も、コミック版と同様のクライマックスを迎えると同時に、アニメ版のエンディングは、まさにタイトル通り『姦し』、3人一緒の運命共同体エンドを示唆してる予感。

半分の月がのぼる空関係

>>半分の月がのぼる空 裕一が告白を覚えていないのですか・・・
>普通は告白ても女の子が聞いてなかったとかいうのがパターンなような・・・
>そのせいで二人がやきもきする姿が見てて楽しかったです
>それにしても夏目さんはあからさまに嫌なキャラですね〜(笑)
>ところで前回告白台詞がわざと抜かれていたのはわかるのですが
>今回の口喧嘩シーンの台詞が抜けていたのは原作基準か何かなんですか?

告白を覚えてないのは、アニメ版でやるかどうかわからないけど、再告白への伏線で、何て言ったのかわからないのは、里香と裕一2人だけの秘密だから読者(視聴者)にも教えないという演出です。口喧嘩シーンの台詞が無かったのは、単純に尺の都合+演出かと。

>夏目さん>彼女のやり方がベストだと思います
>真正面から言っても当人達は自分の世界入ってるので聞こえません
>まず熱を醒ますのが優先です

ベストかどうかはともかく、真正面から向き合うのが『正攻法』と自分は書いたので。病人を閉め出す医者にあるまじき嫌がらせのようなやり方は、どう考えても、『正攻法』でも『ベスト』でも無いと思う。しかも、あのやり方でも、やっぱり熱を冷ますとは思えないし。実際、逆にムキになってるワケで。

ひぐらしのなく頃に関係

ひぐらしアニメ化が色々と不安なんですが。
>大体罪滅ぼし編までで終わらせて何かいいことがあるんでしょうかね。
>謎も全然解決しないしかなり中途半端な気が。OVAで補完とか?
>まあ皆殺し編はかなりアレな展開なので、アニメ化しないほうがいいのかもしれませんがねw
I/O未だに届かず。アマゾンの配達の遅さは折り紙付きw一応首都圏なのに…

皆殺し編』はまだ手を付けてないので何とも言えませんが、『祭囃し編』をリリースした後、TVアニメは秋以降開始にするのが一番だったとは思いますけどね。

>あれ?ひぐらしの主人公の圭一の髪型ってこんなんでしたっけ?ちょんまげみたいなやつはどこにw

アニメ版は、あくまで坂井久太バージョンですから(笑)。

>どうでもいいことだけどひぐらしを一般ゲーム原作の枠に入れると知らない人が勘違いしそうですよ。

アルケミストからPS2移植が決まってるとは言え、ひぐらしは同人、ラブゲッCHUは携帯コンテンツなので、一般ゲームではなく、全年齢向けゲームという括りにした方が良かったかな。

▽以下その他

>ストパニの製作がマーベラス…地雷の予感が……

>ストパニアニメ、そこまでガチ百合やったらテレビ東京規制に引っかかるんじゃないかと…。

現時点で空いてそうな枠と、スタチャ×マーベラスの「双恋」がテレ東だった事を考えると可能性は高そうなんですけど。あと、「かしまし」とか見てると、最近のテレ東なら大丈夫そうな気もする。

>しにがみのバラッドは3話で豊永利行さんがメイン、
三橋加奈子さんがゲストをしたと両氏のブログにありました。
>えー、銀河屋制作で歩と美紀、希紗と潮音、…絶対少年第3部?
>それと、はるのあしおとFDの詳細が出ましたが、アニメはやはり亜細亜堂制作になるのでしょうか?
>本編は樹ちゃんに教頭代理が堕とせるのかという問題が(w;。

しにがみのバラッド。」は、スタッフ的にもキャスト的にも、「絶対少年」ですね(笑)。第3話で三橋加奈子さんがゲスト出演と言うことは、『ひかりのかなた。』=原作の『ヒカリのキセキ。I feel the light』では無いのかも。

獣化した樹ちゃんなら大丈夫です。きっと。>教頭代理
それよりも、サブキャラの5色戦隊って彼氏持ちいなかったっけ?樹ちゃんが寝取るのか?

>枕よ...「サクラノ詩」どうしたの?もうこれではっきりしました。
ケロQの「陰と影」も含め、これらのスタッフというか集団は、
>銀行から融資を得るために新タイトルを立ち挙げてるようなもんですよ。

>>枕 サクラノ詩ってどうなったんでしょう?

「枕」の新作は、以前「水鏡」で発表されてた新作をそのまま商業に移した感じです。「サクラノ詩」は、コンプエースでコミック版の連載は続いてますが…。

>>甘いソフトのようなタイトルって、『パルフェ』で確定だと思うんだけど
>「ショコラ」では?とツッコミいれていいですか?w

ショコラ」は、既に同じアルケミストで移植発売済みですし。「パルフェ」の正式名称は、「パルフェchocolat second brew〜」だから、甘いソフトのような、チョコレートのような、両方に当てはまりますし、とマジレス

>ひょっとして、素奈緒って名前だから素直クールクーデレ)の属性持ちなのかなーって思ったんですけど、
>オーソドックスなタイプのツンデレでしたかw
素直クールだったら面白いと思うんですけど、
>ゲームの方向性からは多少ずれてしまいますんでやっぱ無理でしょうかね・・・。

強気っ娘と言われるとどうかと思いますが、原作からして、祈センセやよっぴーもちょっと違う気がするので、素直クールなヒロイン追加でも良かったかな。ただ、やっぱり万人受けの難しいタイプだと思うので、コンシューマー移植の追加要素としての牽引力には欠けるかなあ。

>>「ToHeart2」絡みで1本 ぜひとも「まーりゃん先輩ルート」が欲しい!!
>でなきゃ先輩の「デビュー作」とか

まーりゃん先輩ルートは欲しいですねえ。「ToHeart2」絡みというか、時期的に考えてもそろそろLeafアミューズメントディスクの新作が来そう。

I/O、悪いとは思いませんでした。
>文章・設定レベルもインフィニティシリーズ比較での標準は保ってたと思います。
>過去作品以上のものを求めると辛いとは思いますが、既存のそれで満足できるなら損はないかと。

なるほど。ネット巡回して感想読んでも、少なくとも地雷って事は無さそうなので、自分も買ってしまいました。まだ手は付けてませんけど…。

>『陰からマモル!』面白いですね〜。昨期の関係上、「テレ東土曜深夜2:50〜」の
>枠のイメージがあまりよろしくなかったのですが、今期は安心して楽しめる感じがします。
>今週は極悪火堂左衛門が登場していなかったのが残念ですが・・・(笑

陰からマモル!」が終わったら、この枠は消滅しそう。極悪火堂左衛門は、今後ほとんど出番はなかったような…。どちらかと言うと、甲賀や伊賀の忍者中心に。

>グリーンコロナタスなんて何年振りに思い出しただろうかw

あのメカっぽいタツノオトシゴもどきを見た瞬間に「ダライアス」を思い浮かべてしまいました。すいません(笑)。

サーカス・・・やはりアニメ化する奴と言えばくじらでしょうかね?

「くじら」「AR」「D.C.II」の3択でしょうけど。「D.C.II」はやるつもりなんだろうな…。

ufotable日記の内容&画像を見る限り次回作は漫画誌で連載中のオリジナル作品のアニメ化のようです

あれだけでは「コヨーテ」コミック版の素材なのか、アニメの素材なのか微妙ですけど。ただ、ufotableの新作は、オリジナル作品1本と、原作付き1本の2本同時進行中らしいですよ。

>『西の善き魔女アニメ化、10年来この作者様のファンをしてきた身としては感慨深いものがあります。
>1クールというのが不安の種ですが…なんとか上手く纏めてもらいたいなーって思ってます(-人-)

自分は原作未読、コミック版も流し読み程度なので深くはコメント出来ませんが、『アニメ魂』枠の呪いが発動しない事を望みます。

>レミコトはゾイドヒロインの中じゃ別格の扱いですね。フィーネのときにも、このくらい盛り上がってればなぁ

今回のレミコトは間違いなくネットの影響がメーカー側の戦略にも大きく反映された形でしょうね。無印は、まだネットの効果が軽視されてた時期だろうし。

>先日「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」をプレイしてみたい、
>とほざいてた者ですが おかげさまでセガサターン版を入手できました。
>cyan様はじめ情報を寄せてくださった皆様ありがとうございました。
>説明書を読んだ感じでは、コンプするには結構時間かかりそうなので ちまちまやっていこうと思います。
>それにしてもセガサターン本体価格、480円とは…ありがたいけど何か複雑な思いです。

お役に立てたようで何よりです。プレイ時間は長いですよ。攻略見ずにやったら、多分「Fate」や「CLANNAD」より長いかも。

>昨日公開の実写版の最終兵器彼女を早速見てきました。
>映像表現は頑張ってたのですが、ちせのイメージが崩れてしまいました・・・orz
>原作やアニメ版に強く拘る人は、ある程度覚悟して観た方がいいですね。

この評価を読んでも、とりあえずVFX関係だけは評価できるようですな。やはり、役者の問題か…。

2006-01-28

メガミマガジンコミックブレイド、電撃G'sマガジン電撃姫ドラゴンマガジンコミックバーズドラゴンエイジピュア早売り情報まとめ。メディアファクトリーの、“妹、萌え、癒し”がキーワードな、アニメ史上最萌えの『妹』作品って何だろう?

TVA「砂沙美 -魔法少女クラブ-」2006年4月よりWOWOWにて放送予定。 TVA「砂沙美 -魔法少女クラブ-」2006年4月よりWOWOWにて放送予定。を含むブックマーク

ストロベリー・パニック!」今春アニメ化決定。 「ストロベリー・パニック!」今春アニメ化決定。を含むブックマーク

アニメ版の正式タイトルは「ストロベリー・パニック」で、エクスクラメーションマークは付かない。製作:マーベラスエンターテイメント。ストパニラジオ内にて、アニメ版のキャストを発表予定。告知スケジュールは、2月14日『聖ル・リム女学校』、2月21日『聖スピカ女学院』、2月28日『聖ミアトル女学園』の順。アニメは、エトワール選に臨む静馬と渚砂の話を中心に展開。キスや抱擁シーンも描かれるが、男性が満足できて、かつ女性が好感を持てるギリギリHな演出をしたい。それと、ドワンゴ製作で、ケータイゲーム化も企画中。

春新番に確定したので下のリストにも追加。予想通りテレビ東京系か?

TVA「Soul Link」キャスト。 TVA「Soul Link」キャスト。を含むブックマーク

> 相澤涼太:荻原秀樹
> 相澤秀平:伊藤健太郎
> 森崎七央:佐久間紅美
> 永瀬沙佳:増田ゆき
> 新田亜希:大野まりな
> 新田和彦:子安武人
> ユウ=ヤマナミ:嶋方淳子
> 稲月ななみ:柳瀬なつみ
> セラリア=マーカライト:手塚ちはる
> 森本茂道:若本規夫
> ゲイル=ランティス長嶝高士

東京国際アニメフェア2006」スカパー!ブース内AT-Xステージイベントにて「Soul Linkプロモーションイベントを開催決定。

TVA「うたわれるもの」キャストは全員PS2版と同じ。 TVA「うたわれるもの」キャストは全員PS2版と同じ。を含むブックマーク

TVA「機神砲吼デモンベイン」エセルドレーダ:神田理江 TVA「機神砲吼デモンベイン」エセルドレーダ:神田理江を含むブックマーク

TVA「ザ・サード」シリーズ構成:大西信介 TVA「ザ・サード」シリーズ構成:大西信介を含むブックマーク

TVA「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」2006年4月よりちばテレビほかU局にて放送予定。 TVA「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」2006年4月よりちばテレビほかU局にて放送予定。を含むブックマーク

TVA「ウィッチブレイド」2006年4月放送開始予定。 TVA「ウィッチブレイド」2006年4月放送開始予定。を含むブックマーク

キャラデザうのまこと氏のコメント:見どころは雅音のお尻丸出しエロティックアクションです。もちろん敵キャラも色々な部分を丸出しで頑張ります。全ての登場人物がひとクセありそうな感じ、中でも雅音が暮らす『奈月ビル』の住人たちはふたクセ以上はありそうなヘンなメンツばかりなので要チェック。マトモなのは、娘の梨穂子ぐらい。

山田J太「あさっての方向。」2月15日発売、コミックブレイドマサムネ初春号にて、大スクープ!センターカラー! 山田J太「あさっての方向。」2月15日発売、コミックブレイドマサムネ初春号にて、大スクープ!センターカラー!を含むブックマーク

見逃せない特大情報を独占公開。単行本第2巻も3月10日発売決定。



他の新番は、スタッフ・キャスト・放送局等新情報なし。「パピヨンローゼ New Season」は、メガミマガジンには、まだ2月中旬より地上波としか書かれてないし…。「ARIA The ANIMATION 第2期」の最新情報と「西の善き魔女 Astrea Testament」のキャストは、コミックブレイド来月号で発表。「涼宮ハルヒの憂鬱」は、タイトルから(仮)が取れてます。

マーベラスインタラクティブびんちょうタンPS2ゲーム化決定。 マーベラスインタラクティブ「びんちょうタン」PS2ゲーム化決定。を含むブックマーク

2006年発売予定。ジャンル:箱庭ゲーム。詳細不明。アルケミストじゃないのか。

枕「H2O FOOTPRINTS IN THE SAND」春発売予定。 枕「H2O FOOTPRINTS IN THE SAND」春発売予定。を含むブックマーク

原画:基4%・月音・硯、シナリオ:藤倉絢一。謎の奇病で視力を失った少年と、彼を取り巻く心優しき少女たちの交流を描くハートフルストーリー。

テリオス「りこりす-Lycoris Radiata-」春発売予定。 テリオス「りこりす-Lycoris Radiata-」春発売予定。を含むブックマーク

原画:横田守・土代昭治。主人公にご奉仕するメイド3姉妹をひたすら愛でるエロ萌えAVG

light「ルナ☆そら」発売日未定。 light「ルナ☆そら」発売日未定。を含むブックマーク

原画:AKINOKO。清楚な美女と無邪気な美少女が繰り広げるのは、なんとご奉仕バトル!?『妻』となるために開発されたアンドロイドたちと、エッチ三昧の日々を楽しむホームコメディAVG

Jellyfish「GREEN 〜秋空のスクリーン〜 DVD EDITION(仮)」発売日未定。 Jellyfish「GREEN 〜秋空のスクリーン〜 DVD EDITION(仮)」発売日未定。を含むブックマーク

原画:十重五重、シナリオ:MAB。基本的には旧作のリニューアル。変更点は、フルカラー化&SVGA化。キャラの立ちポーズを一新。一部のエピソードやエッチシーンを追加。全体的な流れが大きく変わることはない。余力があればミニゲームやDVDの映像特典のようなプラスアルファも。

Jellyfish「black and white(仮)」発売日未定。 Jellyfish「black and white(仮)」発売日未定。を含むブックマーク

スタッフ公表せず。4人の女性たちのスリリングかつダイナミックな活躍を描いていく作品。この作品は概要を語るだけでネタバレしてしまうところもあり、ゲームの題材としては、今までにないタイプ。アニメも使うが全体的にはもっとゲームっぽい作り。デモムービーには、神楽坂とか東葉勝田台とか、東京千葉近郊の地下鉄も描かれていて、リアルな都会の描写も。

Jellyfish「sisters(仮)」発売日未定。 Jellyfish「sisters(仮)」発売日未定。を含むブックマーク

スタッフ公表せず。郊外の一軒家に住む幼い姉妹と自転車旅行をする“ボク”との、思春期ならではの甘酸っぱい恋と性を描いていく作品。高密度アニメーションによって、揺れ動く心の様すらも再現。今時の美少女ゲームの空気感をJellyfishなりにどれだけ描けるかの挑戦で、まったりだらだら雰囲気ゲーにしたい。ゲームとしてのボリュームは少ないが、その分密度を濃く。それと、この作品に関しては共同制作という形になっていて、作画の苦労をほかのスタッフさんと分かち合うことになっている。

レジスタ「I/O」サウンドトラック&ドラマCD、2月24日同時発売決定。 レジスタ「I/O」サウンドトラック&ドラマCD、2月24日同時発売決定。を含むブックマーク

発売:Five Records、販売:ジェネオンエンタテインメント。

アルケ祭」2006年春、開催決定。 「アルケ祭」2006年春、開催決定。を含むブックマーク



以下、電撃G'sマガジンの、『2006年、美少女ゲームアニメはこうなる!』より。

Leaf
うたわれるものPS2版はアニメ放送中の今夏発売予定。また、「うたわれるもの」「フルアニ」「痕PSP」「RoutesPSP」以外に、今年中に「ToHeart2」絡みで1本何かやる予定。 ▼Leaf「うたわれるもの」PS2版はアニメ放送中の今夏発売予定。また、「うたわれるもの」「フルアニ」「痕PSP」「RoutesPSP」以外に、今年中に「ToHeart2」絡みで1本何かやる予定。を含むブックマーク

アルケミスト
まずは、“甘〜いソフト”甘いチョコレートのようなタイトルを発売予定。その後は“癒しな感じ”、それから“怖い”のがあって、冬にもう1本発売予定。それから、オリジナルタイトル1本今年中に企画して来年の発売を目指したい。アニメ化については、まず「バルドフォースOVA化、その後が「ひぐらしのなく頃に」、あと“甘いソフト”や冬のタイトルも、当然そう言う流れになる予定。甘いソフトのようなタイトルって、『パルフェ』で確定だと思うんだけど(笑)。 ▼アルケミストまずは、“甘〜いソフト”甘いチョコレートのようなタイトルを発売予定。その後は“癒しな感じ”、それから“怖い”のがあって、冬にもう1本発売予定。それから、オリジナルタイトル1本今年中に企画して来年の発売を目指したい。アニメ化については、まず「バルドフォース」OVA化、その後が「ひぐらしのなく頃に」、あと“甘いソフト”や冬のタイトルも、当然そう言う流れになる予定。甘いソフトのようなタイトルって、『パルフェ』で確定だと思うんだけど(笑)。を含むブックマーク

角川書店
発表済みの「EVE 〜new generation〜」を筆頭に、パソコン美少女ゲームが原作のもの、角川書店の作品が原作のもの、オリジナル作品、女性向けゲームを発売予定。また、今後しばらくは、どの時期も途切れることなく角川アニメを放送予定。まずは「機神砲吼デモンベイン」から。 ▼角川書店発表済みの「EVE 〜new generation〜」を筆頭に、パソコン美少女ゲームが原作のもの、角川書店の作品が原作のもの、オリジナル作品、女性向けゲームを発売予定。また、今後しばらくは、どの時期も途切れることなく角川アニメを放送予定。まずは「機神砲吼デモンベイン」から。を含むブックマーク

KID
移植とオリジナルを半々程度で10本程度リリース予定。アニメ化に関しては、ある作品で夏頃に発表できるかも。「メモオフ」はなかなか扱いが難しく、どこを切り出してどうすれば面白くなるのか判断が難しいのでメディアミックスの話はあるけど今の所は未定。あと、みんながコンシューマーに持ってきていないブランド作品の移植を考えている。 ▼KID移植とオリジナルを半々程度で10本程度リリース予定。アニメ化に関しては、ある作品で夏頃に発表できるかも。「メモオフ」はなかなか扱いが難しく、どこを切り出してどうすれば面白くなるのか判断が難しいのでメディアミックスの話はあるけど今の所は未定。あと、みんながコンシューマーに持ってきていないブランド作品の移植を考えている。を含むブックマーク

プリンセスソフト
全部で8〜9本を予定。オリジナル作品の割合が高くなる。準備中の1つは、“保健室モノ+魔法少女モノ”で近日発表予定。メディアミックスは、アニメ化だけでなく、コミカライズやPC逆移植など色々やっていきたい。「つよきす」“デレ”の部分のHイベントは、代わりにキスシーンがかなりたくさんになるらしい。 ▼プリンセスソフト全部で8〜9本を予定。オリジナル作品の割合が高くなる。準備中の1つは、“保健室モノ+魔法少女モノ”で近日発表予定。メディアミックスは、アニメ化だけでなく、コミカライズやPC逆移植など色々やっていきたい。「つよきす」“デレ”の部分のHイベントは、代わりにキスシーンがかなりたくさんになるらしい。を含むブックマーク

サーカス
「ノーザンファンタジー(仮)」の他、トータルで4本ぐらい。コンシューマーに関しても、順調にいけば夏頃に発表が?アニメ化については、とってもビッグな発表が1つと、他にもあるタイトルでのアニメ化が進行中。 ▼サーカス「ノーザンファンタジー(仮)」の他、トータルで4本ぐらい。コンシューマーに関しても、順調にいけば夏頃に発表が?アニメ化については、とってもビッグな発表が1つと、他にもあるタイトルでのアニメ化が進行中。を含むブックマーク

GNソフトウェア
4月頃にオリジナルタイトルを発表予定。「I/O」よりは美少女寄り。Winからの移植は、タクティカルシミュレーションもの1本を含めて3〜4本、オリジナルが1〜2本で、合計5〜6本のリリースを予定。 ▼GNソフトウェア4月頃にオリジナルタイトルを発表予定。「I/O」よりは美少女寄り。Winからの移植は、タクティカルシミュレーションもの1本を含めて3〜4本、オリジナルが1〜2本で、合計5〜6本のリリースを予定。を含むブックマーク

▼F&C
F&C×サーカス「紅蓮に染まる銀のロザリオ(仮)」という吸血鬼モノのノベル作品を今春リリース予定。それから、「PiaキャロG.O.」の留美をメインにしたものを何かの形で展開したい。 ▼F&CF&C×サーカス「紅蓮に染まる銀のロザリオ(仮)」という吸血鬼モノのノベル作品を今春リリース予定。それから、「PiaキャロG.O.」の留美をメインにしたものを何かの形で展開したい。を含むブックマーク

オーガスト
2006年の予定は、近日中に今までとは少し違った形でお披露目できる予定。他にも色々と水面下で進行中。 ▼オーガスト2006年の予定は、近日中に今までとは少し違った形でお披露目できる予定。他にも色々と水面下で進行中。を含むブックマーク

メディアファクトリー
まずは「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」を放送、その次に「ゼロの使い魔」をアニメ化、さらには、アニメ史上最萌えの『妹』作品が登場。まだタイトルは明かせないけど、“妹、萌え、癒し”というキーワードを想像しながら待っていて欲しい。その後も美少女萌え作品が続々登場予定。『TVシリーズ化は無理か?』と言われていた幻の作品など準備中。 ▼メディアファクトリーまずは「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」を放送、その次に「ゼロの使い魔」をアニメ化、さらには、アニメ史上最萌えの『妹』作品が登場。まだタイトルは明かせないけど、“妹、萌え、癒し”というキーワードを想像しながら待っていて欲しい。その後も美少女萌え作品が続々登場予定。『TVシリーズ化は無理か?』と言われていた幻の作品など準備中。を含むブックマーク



TVA「しにがみのバラッド。」サブタイトルリスト。 TVA「しにがみのバラッド。」サブタイトルリスト。を含むブックマーク

> 第1話『きみのこえ。』
> 第2話『さかなのころ。』
> 第3話『ひかりのかなた。』
> 第4話『あきのまほう。』
> 第5話『ほたるのひかり。』

WOWOW番組表より。第1話の『きみのこえ。』は、原作1巻収録『きみのこえ。echo』で、第5話『ほたるのひかり。』が、原作4巻収録『ホタルノヒカリ。Candy Apple Girl's Red』で、どちらも瀬戸コータが主役の続きものなのでわかるけど、他は原作にないタイトルだな。アニメオリジナルは、全6話中2話らしいんだけど。『ひかりのかなた。』=原作の『ヒカリのキセキ。I feel the light』、『あきのまほう。』=原作の『あのときそのとき、でっきぶらし。deckbrush』、第2話『さかなのころ。』と第6話がアニメオリジナルか?それはともかく、『スノウリバース。Snow Rebirth』が無いなんてorz

2006-01-27

昨日書いた春新番タイトルをジャンル分けして書き直し。まあ、放送局・日時や、スタッフなど詳しい情報はアニメ予定表の方を見てもらった方が早いですけど。

▼漫画原作
・「BLACK LAGOON」・「NANA」・「RAY THE ANIMATION」・「TOKKO 特公」・「XXXHOLiC」・「ウィッチブレイド」・「エア・ギア」・「桜蘭高校ホスト部」・「きらりん☆レボリューション」・「銀魂」・「しばわんこの和のこころ」・「獣王星」・「女子高生 GIRLS-HIGH」・「夢使い

・「ARIA The ANIMATION 第2期」・「ああっ女神さまっ 第2期シリーズ」・「スクールランブル 二学期」・「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」

ライトノベル原作
・「いぬかみっ!」・「神様家族」・「ザ・サード」・「彩雲国物語」・「しにがみのバラッド。」・「涼宮ハルヒの憂鬱」・「西の善き魔女 Astrea Testament」・「吉永さん家のガーゴイル

▼一般ゲーム原作
・「ひぐらしのなく頃に」・「ふぁいなりすと」・「魔界戦記ディスガイア」・「ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜」

エロゲー原作
・「Soul Link」・「うたわれるもの」・「機神砲吼デモンベイン

メディアミックスアニメオリジナル/スピンオフ企画/その他
・「牙-KIBA-」・「砂沙美 -魔法少女クラブ-」・「シムーン」・「少女チャングムの夢」・「ストロベリー・パニック!」・「デジモンセイバーズ」・「妖逆門」・「ひまわりっ!」・「姫様ご用心」・「フラカッパー」・「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」

・「おねがいマイメロディ 2年目」・「ケロロ軍曹 3年目」・「ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」

個人的な期待作は、現時点では「涼宮ハルヒの憂鬱」「ひぐらしのなく頃に」「うたわれるもの」がTOP3かな。サバゲ以降、原作自体面白い話とそうでない話の浮き沈みが激しく、監督も代わった「スクールランブル 二学期」や、どう考えても話数が足りない「機神砲吼デモンベイン」などは、期待度としては1ランク下に。オリジナルタイトルは、まだ判断素材が少ないので保留。

半分の月がのぼる空」第2話 「半分の月がのぼる空」第2話を含むブックマーク

第1話が1巻丸々やったのに対し、今回は原作2巻の半分までだったので、まだストーリーの進め方に余裕があった。それでも、超圧縮なのは変わらないので、シーンが飛び飛びに感じる部分もチラホラと。女の子にエロ本コレクションが見つかってアイタタ〜な話で1話以上引っ張る所は凄いのかマヌケなのか(笑)。夏目が裕一の邪魔をしている理由を知っていても、やっぱり夏目はムカつくな。真剣に2人の事を考えているなら、自分の身の上話を聞かせて、おまえ達が進もうとしている道は険しくて、行き着く先はもしかしたら絶望しかないと知って、それでも尚その道を選ぶのか?と、真っ正面から諭すのが正攻法だと思うし。夏目の回想でチラッと小夜子が登場したけど、過去話はやるんだろうか?原作通りならアニメ版最終回『僕たちの両手は』に含まれるエピソードですが。

「かりん」第11話 「かりん」第11話を含むブックマーク

1話冒頭で示唆していた、果林の初噛みの相手がウィナーで、落ちこぼれだったウィナーが、果林に噛まれて前向きになって吸血鬼ハンターになれたと言う話。ウィナーが果林に入れ込んでる理由は明確になったし、これで退場してくれても全然問題ない――むしろ退場してくれって感じなんだけど、果林が吸血鬼一族と知ったらどうなるか、と言うのをアニメ版のクライマックスにするつもりなんだろうなあ…。それよりも、果林と麻希の水着姿が堪能できたのと、嫌な女を演じようと必死な果林が新鮮で良かった。次回はようやく原作エピソードに復帰?

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


つよきす関係

ファミ通情報だとつよきすPS2版、新キャラはレオのトラウマの原因になったキャラっぽいですね。
>祈シナリオは元々、在っても無くても(ry なんで良いんですが、よっぴーシナリオへの不安は同意です。
>祈先生の服ですら規制の対象(?)なのに、性欲過多なんて設定が通るはずもなく・・・どうするんでしょうね
>しかし、子安・堀川両氏が源氏名のままだったのは気になるところです。
アニメ化を考えてるなら普通に役名出しても良いような気もするんですが・・・

新キャラはツインテールかあ。オーソドックスなタイプのツンデレキャラのようなので、攻略してみたい気はする。シナリオカットについては、祈センセ以外は言及してないようなので、よっぴーの攻略は可能だろうけど、大幅変更必至でしょうな。声優の源氏名表記については謎。PC版スタッフルームでのスバルのコメントがネタじゃなくてマジだったら、大人の事情

つよきすが仮にアニメ化したら キャラクターができあがってるだけに、
>デレに移行しなくても充分楽しめそうかも。
>いっそのこと半分ぐらいオリジナルで突っ走っても(ぉ

確かに、キャラが全員立ちまくりなので、恋愛要素薄くして、生徒会に集まる個性的なキャラ達が繰り広げる学園ドタバタコメディ、だけでも十分面白いかも。そうすると一番の問題は、コメディ分の大半を占めるパロネタがどこまで出来るかどうか。

つよきすの新キャラは近衛素奈緒とのことですが、これはひょっとして

ひょっとして…なんでしょう?その後が書かれてなかったので、気になりますよ(笑)。

うたわれるもの関係

>TVA「うたわれるものMBS製作であんな豪華なキャストなので
>もしや放送枠は土曜の六時なのかと思いました!いや、ありえないと分かってますけど・・・。

土6はあり得ないでしょうな。「BLOOD+」は秋まで続きますし。『アニメ魂』枠よりも、広い地域で見られるよう枠を調整中との事ですが。それと、『関西の皆様、お待たせしました』になるように調整中ともあるので、関西最速の可能性は高いのかも。

>25日の「うたわれるもの」のキャスト記事はPS2版のものでしたか。TV版と勘違いしましたスイマセン。

今回発表されたのはPS2版ですが、Leafファンクラブ会誌やG'sマガジンなどで、PS2版とTVアニメ版のキャストは基本的に同じと発表されてますので、ほぼ変わらないと見て良いと思いますよ。

▽春新番関係

>40越え…放送地域次第で変わる数ではありますけど、全部あたった人はどうするんでしょう?
>まあ私の目当てはその内の幾つかではありますが、それでも今まで以上に多いです。
>タイミング図ることも出来たと思うんだけどなあ…

単純にチェックするのが大変なだけではなく、今期以上に放送時間が被りそうなのが怖い所。特に木曜深夜は地獄絵図…。

>>遂に春新番の本数が40本越えというトンデモ領域に…。
>量が多くてアニメフリーク(?)としては嬉しく、そして苦しいというのもあるんですが
>一つの季節にこれだけの量のアニメを製作できる体力あったのね、日本のアニメ界って。
>これだけの量作れるなら質の向上を頼みますよ・・・
>いくら量が多くてもクオリティによっちゃ凄く勿体無いじゃないか!
>そう例えば銀盤とか、銀盤とか、ぎn・・・

今春新番の本数は、同時期に始まるアニメとしては、ここ10年ぐらいの間で最大だと思うので、ヤシガニや「ガドガード」事件再来の可能性はなきにしもあらず。

>新番組すごいですね。18日雑記にあったムシキング武龍はどうなったのでしょうか。

武龍」は、単純に制作話数が増えてそのまま延長になるだけなので新番扱いじゃないです。「ムシキング」の新シリーズは、まだ明確なソースもなく眉唾っぽいので除外しました。

Fate/stay night関係

>既出かもしれませんが、一応書きます。
少年エース3月号にFate第6話「魔術師二人・後編」のあらすじが載ってました。
>それによると「放課後、人気のなくなった学園で唐突に始まった士郎と凛の一騎打ち。
>必死に逃げ回る士郎を追いつめていく凛だったが、
>その時近くで女生徒の悲鳴が。この学園に敵サーヴァントがいる……!!」
>このエピソードって確か凛ルートだけのものですよね?(違ってたら全面的にすいません)
>今の所セイバールートをメインに話が進むんじゃないか、と言われてるように思いますが
>この様子だと3っつのルートのおいしいとこ取りでいくんじゃないかと思われますね。

自分も確認しました。確かに、士郎が凛と決別した後のUBWルートのエピソードですね。これだけではまだ、HFルートが盛り込めるかどうかは判断できないけど、少なくともUBWの要素が含まれるのは確定かな?

FATEアニメはやはりセイバールートが基本みたいですけど、セイバーの魔力不足はどうするんでしょうね

無難に『キス』で良いのでは?アニメ版『君望』みたいな表現にすれば本番も可能だろうけど。

Fate第3話 凛の宝石は小石みたいなもんでいいんじゃないでしょうか?
>問題はゲイボルクの方でしょう。今のところたんたんと話が進むメリハリの無い展開でした。

次回がバーサーカー戦で、その次はセイバーを加えた日常生活と続きますな。シナリオをどうしても詰め込まなければならないので、物語に緩急を付け難くなって淡々としてしまうのかもしれません。

ひぐらしのなく頃に関係

ひぐらし知恵先生ですが、CDドラマから変わらないキャストとはいえ、
>例のあのキャラと中の人が同じというのは
>許可をもらってるTYPE-MOONさんはともかくアニメ会社絡みの権利は大丈夫なのかな…。
>ってよく考えたらアニメであのキャラはカレー食べてなかったから 特に問題ないですかね?

真月譚のあの方はパスタですから(笑)。というか、真月譚もジェネオン×フロンティワークス絡みだったので、製作会社的にも、特に問題にはならないのでは?

ひぐらしアニメいくらなんでも早すぎ!
>もうちょっと時間をかけてからの方がクオリティが高くなるのだが……。

発表が去年の夏前だった事を考えると、準備期間としては妥当だと思うのですが、如何せんディーンが作品抱えまくってるからなあ…。あと、シリーズ構成が途中で変更になったのも不安要素。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO関係

SS版のYU-NO、なによりCVが豪華。
檜山修之 井上喜久子 冬馬由美 久川綾 今井由香 佐久間レイ 根谷美智子 立木文彦 大塚明夫
三木眞一郎 岩永哲哉 青野武 西村ちなみ 勝生真沙子 高橋美紀 三田ゆう子 玄田哲章
高田由美 川上とも子・・まさに隙無し。
>亜由美(井上喜久子)を自殺に追い込む豊富(三木眞一郎)のイメージが強烈過ぎて
>いまだに三木氏は好きになれませんよ。こやまきみこのデビュー作でもありますね。

メチャメチャ豪華だ。SS版はわからないので、PC版での話ですけど、亜由美が豊富に犯されてる寝取られ鬱展開には当時かなり衝撃を受けた記憶が。寝取られゲーとしてもシチュエーションが神懸かってました。

ハーラン・エリスンよりもエヴァYU-NOのほうが影響力大きい気がする

エヴァYU-NOハーラン・エリスンの影響を受けて、それ以降の作品はエヴァYU-NOの影響を受ける、という流れかな?

灼眼のシャナ関係

シャナの過去編が終わり、次は教授編ですね。あの長セリフとクレイジーなテンションは原作のままがいい!

アニメ版の予告だと[仮装舞踏会]が本格的に動き出すみたいな事を言ってましたけど、まさか教授の出番無しで、シュドナイが前面に出張ってくるなんて事は無いよね?新OPのお披露目が楽しみ。

アニメオリジナル展開であるフリアグネマージョリー
>元々シリーズ構成の方が早くマージョリーを出したくて出したって感じですね。
灼眼のシャナノ全テのインタビューに載ってますが。
フリアグネVSマージョリーと言う原作では実現できない夢の対決とか。
アニメでしか出来ないこともあるから、「ここが原作と違う」とか
>「こんなのおかしい」といちいち指摘したりするのは大人気ないと思うわけです。
>あとフリアグネは1巻の敵にしてはべらぼうに強いとありますが、シャナとは相性悪いみたいですな。
>喩え原作と違った展開でもゆったり見れてこそ真のファンだと言えるのではないかと。
>どうしても許せない展開は文句出ても仕方ないかも知れませんが。
>ここの雑記ってアニメの批評日記(?)みたいなのなら仕方ありませんが。

フリアグネVSマージョリーは、本気でやり合ったらマー姐に勝ち目はないですからね。シャナは、己の器の大きさ故の反則技が使えるのでフリアグネにとって天敵たらしめたのですが、アニメ版では、シナリオの都合上、それを発動せずに勝ってしまいましたけど…。

あと、自分の感想は、もともと文才なんてないし、原作付きの場合は『原作との違いを示すこと』を最優先に書くようにしてるんです。根っからの情報屋気質と言いますか、面白い文章が書けないなら、ネタバレOKの雑記らしく、原作との違いを知りたい人に『情報』提供するような感想を書こうというスタンスです。

▽以下その他

>こんばんは、いつも拝見しております。某所よりリーク許可が出たのでお知らせしておきます。
>既出でしたら無視してください。
ネトゲMaster of Epicアニメ化計画進行中。
>制作はゴンジーノ(MoE自体がGDHアライアンスに組み込まれたため)。2006/9スタート予定。
>枠などは未定のようです。話の流れでは地上波キー局っぽい雰囲気でしたが……。

情報ありがとうございます。これですか。来秋から?GDH絡みでMMORPGアニメ化と言えば「RAGNAROK THE ANIMATION」を思い出しますが…。アニメ版「.hack//G.U.」と放送時期が被る可能性もあり?

>リーフ新作のフルアニメ、勿論「スクイズ」の影響もあるんでしょうけど、
>確か、損益分岐的には結構ヤバいって噂だったんでは・・・あくまで正確な金額を知り得ない以上、
>噂の範疇を出ないわけですけど・・・それよりTV版うたわれの方にお金掛けて欲し(ry

ヤバいのは確かだったようですね。ただ、実際はかなり売れたので、「サマーデイズ」制作にゴーサインが出たんでしょうけど。「うたわれるもの」は、Leaf原作アニメとしては一番お金掛けてるように感じます。アニメ制作がOLM TEAM IWASAでグロス出し無し、原作1本道のシナリオで2クール使える余裕、声優も一部を除いて鉄板だし、エロゲー原作アニメとしては破格の待遇っぽい。

2006-01-26

TVアニメ版「ひぐらしのなく頃に」は『鬼隠し編』〜『罪滅し編』までを描いて、『皆殺し編』を含めない事を考えると、制作スケジュール的に春新番だろうと以前予想してたんだけど、マジで4月からか。遂に春新番の本数が40本越えというトンデモ領域に…。

▼3月
しにがみのバラッド。

▼4月
NANA」「きらりん☆レボリューション」「少女チャングムの夢」「桜蘭高校ホスト部」「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」「ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜」 「銀魂」「Soul Link」「姫様ご用心」「ザ・サード」「TOKKO 特公」「彩雲国物語」「ARIA The ANIMATION 第2期」「牙-KIBA-」「ふぁいなりすと」「XXXHOLiC」「獣王星」「ああっ女神さまっ 第2期シリーズ」「RAY THE ANIMATION」「うたわれるもの」「魔界戦記ディスガイア」「西の善き魔女 Astrea Testament」「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」「ひぐらしのなく頃に」「夢使い」「機神砲吼デモンベイン」「涼宮ハルヒの憂鬱」「女子高生 GIRLS-HIGH」「ひまわりっ!」「いぬかみっ!」「シムーン」「砂沙美 -魔法少女クラブ-」「吉永さん家のガーゴイル」「スクールランブル 二学期」「ウィッチブレイド」「BLACK LAGOON」「デジモンセイバーズ」「エア・ギア」「妖逆門」「フラカッパー」

▼5月
神様家族

▼新番扱い(?)継続
ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」「ケロロ軍曹 3年目」「おねがいマイメロディ 2年目」

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第3話 「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第3話を含むブックマーク

今度は、フッた相手が女の子になってしまって揺れ動くやす菜にスポット。ほぼアニメオリジナルでしたが、はずむが女の子になった途端に逆告白して積極的にアプローチしまくる原作のやす菜とは違い、ギクシャクした関係から、まずは友達に戻るまでを丁寧に描いていて好印象。周りの邪魔が入る度に黒い視線を向ける原作のやす菜も好きなんだけど、唐突感はあるので、話の流れとしてはアニメ版の方が自然か。はずむ自身はまだ気付いてないけど、自分の実父すらまともに認識できない、男性認知障害という、やす菜が生まれつき抱えてる悩みの片鱗が示された事で、はずむをフッた理由が何となくわかるように。はずむがその事を知って、1話冒頭のキスシーンが来るのは次々回かな? 前回カットされてたノーブライベントを、今回しっかり補完したのが素晴らしい(笑)。

灼眼のシャナ」第16話 「灼眼のシャナ」第16話を含むブックマーク

過去編完結。作画も戦闘シーンもシリーズ中最高レベルだったので良かった。フレイムヘイズになる前、まだ成長していた頃の幼女シャナが見られたのも儲けモノ。ただ、やっぱり、シャナの戦い方が最終的には正面から特攻してるようにしか見えないのが泣けるな。どういう策で天目一個とメリヒムを打ち倒したのか判り難いし。メリヒムの最期のシーン(セリフ)がカットされたのも残念。先代『炎髪灼眼の討ち手』マティルダさんの名セリフ、『あなたたちに、天下無敵の幸運を』が聞けたので感無量。つか、大戦の回想シーンで、ヴィルヘルミナが片腕無かったり、メリヒムとの誓いのシーンとか、原作の再現度は高かったけど、10巻の内容はアニメ化されないのかなあ?

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜関係

>『かしまし』第三話、後半は完全なオリジナル展開でしたが、良いですね〜
>『また友達から』そんな関係の再構築を描くことによって、
>原作では唐突に感じられたやす菜の変化を上手く補っています。
>探して掘り返すなんて、はずむが間違いなくやりそうだし、
>スタッフはこの作品のことをとても良く理解していますね。
>女の子たちの作画も相変わらず可愛くて安定していますし、
>てゆうか宇宙人に胸を揉まれたときのはずむの声エロすぎ(ry

はずむ自身が悩む姿より、はずむに振り回される周りの反応が楽しいんですよね。はずむは、女の子になって吹っ切れたのか、男の子の時よりも決断は早いし、嫌みも無いから見ていて気分が良い。揉まれた時のエロボイスもそうだけど、揺れっぷりも凄かった(笑)。

>初書き込み! 灼眼のシャナ、過去編の方が全然面白いと思ったのは自分だけですかね?
>かしまし、やす菜の男嫌いは先天性のもの?過去に何かあったからだと思ってたんですけど。
>父親まで駄目だとはかなり重症ですね。つか、今まで百合な関係にならなかったのが不思議w
>I/O予約しちゃった派なんだけど、期待が大きい分不安も大きい罠。
>でっかい地雷じゃないことを切に願うw

3話使って、作画や戦闘シーンの構図、ストーリーの纏め方も過去編以前に比べて上手かった。あと、現代編でスルーされた(特に裕二絡みの)伏線を気にせずに見られる、と言う点もあったかな。>シャナ

やす菜は男嫌いではなく、男が認識できないので、心が純粋で女の子っぽいために辛うじて認識できたはずむを好きになっていたんですよ。だから、精神的にガチレズとはちょっと違う感じなので、今まで女の子とそういう関係になりたいと積極的に思ってたワケではなかったんじゃないかと。>かしまし

灼眼のシャナ関係

>はじめてメール送ります シャナ可愛いよシャナのいぢ絵に合わせなかったのは大正解かと
>アクションシーンがいまいちですが、天道宮編はよかったですねえ。幼少のころのシャナが見れたので。
>あと、ハルヒよりも学校を出ようをアニメ化して欲しかった…

「学校を出よう!」は、谷川流氏の最高傑作だと思ってます。充電期間が長くてヤキモキしてますけど。ただ、人気や実績を考えるとアニメ化はさすがに難しいかなあ…。

灼眼のシャナアニメ版はストーリーぶっ飛ばしで、原作読んでない人向けで、
>コミック版はできるだけ原作に忠実だから読んでる人向けかなと思ったり。
アニメの出来の是非というか、原作読んでない人向けしてと放送期間を考えると
>原作忠実再現はやっぱり難しいのだろうなと。
アニメ見たら、原作読む必要ないってのも出版社からすると困りますからね。

まあ、原作既読者にとっては、原作のキャラが動いて喋ってる!というだけでも、それなりに価値はあると思いますけど。

涼宮ハルヒの憂鬱関係

涼宮ハルヒの憂鬱(仮)に小野さん出演ですか 京アニの御用達なんですかねw
アニメAIRで好演していたのでこれからも頑張って欲しいです

古泉が国崎最高というのは、ちょっとベタすぎて面白味に欠けるというのもあるんですが、ヒロインのキャスティングに不安材料があるので、男2人はこれぐらい鉄板な方がバランス取れて良いのかな。

>楓に続いて稟までキターw>ハルヒ
>朝比奈さんに続き、キョンも文句無しなキャスティングじゃないですか。
>メインキャストの残りは鶴屋さん、妹、シャミwってなところですかね?
>ところでこれ『消失』までやるんでしょうか?
>『消失』は好きな話なので是非ともやってはほしいですが。有希の不安はありますが(汗)

ハルヒは『憂鬱』と『消失』、それと七夕が絡むエピソードだけは全て外せないでしょう。特に『消失』は傑作ですし。最近雑記で話題にしてる「ノエイン」や「YU-NO」と同じループ物でもある。ラストでキョンが吹っ切れるのを最終回にすれば、アニメ版としては綺麗に終われるんじゃないかなあ?

>鍋よりむしろ、「好きにならないで下さい」ですかね。>朝比奈さん
>私も朝比奈さんは好きですけど、声がイメージできたことで、
>キョンの朝比奈さんへの入れ込みようが初めて理解できた気がします。

キョンが朝比奈さんに抱いてる事は、純粋な恋愛感情とは全く別な、もっと不純で(笑)、かつ照れ隠しみたいなものでしょうけどね。

▽フルアニ関係

麻雀好きとしても、リーフ新作は微妙です。
>というかADV系ソフトハウスが簡単に手を出して良いジャンルじゃないような気が・・・。
>ただでさえ、ルーティンが良し悪し以前にバグを出してるメーカーも多いわけで。
>しかも、フルアニメっていうのが更に不安を煽るというか・・・
アニメーションが一番、誤魔化しが効かないし、投入資金がモロにクォリティに影響出るでしょうに。

オーバーフローの「スクールデイズ」が業界に与えた影響は意外と大きそうですけど。PC麻雀ゲーは、最近麻雀エンジンそのものが地雷というのが目立つからなあ。某雀バラやとか、某宇宙麻雀とか…。

>雑記がこの形式になってからは初めてお便りします。
>さて、Leafの「フルアニ」についてですが、TGに載っている設定画を見直してみたところ、
>隅っこに小さく「泰」(四角の中に泰)という サインがしてありました。
>「Leaf作品のOVAに携わったスタッフ陣」というコピーから考えても、
アニメパートのキャラデザは加藤やすひさ氏ではないでしょうか。
>氏が絵に付けているサインも同様な上、絵柄も似ているといえば似ています。
>また、HPにも >最近のお仕事 2006/1/2更新 > >■ゲーム■ >キャラクターデザインをやっています。
>>詳細はまだ秘密です〜。 >わかり次第お知らせしますね〜。とあります。
>氏であるのなら、制作会社もOVA版「こみパR」のカオスプロジェクトかもしれませんね。

恐らくそうでしょうね。あとは、桂憲一郎氏が関わってるかどうかが重要ですが。制作会社は、カオスプロジェクトとRADIXのどちらになるかなあ?

▽以下その他

つよきすPS2移植ですかー。コミカライズPS2ときたら普通にアニメ化しそうですねー。
>そしてやっとこれで子安、堀川、両氏の名を堂々と(ry
>祈先生ルートがまぁアレなのでカットされるらしいけど、ではどこぞの黒い子はどうなるのだろう…。

童貞喰いの祈先生カットは、まあ、全シナリオ一新しない限りコンシューマーで実現不可能なので妥当ですけど、黒よっぴーはどうするんですかねえ?性欲過多という特殊体質自体無理があるんじゃ?学校休んで数日間にも渡って犯りまくって、その事を明かした後の姫の挙動とかが面白いのに(笑)。あと、人気とかブームを考えても順当にアニメ化しそうなんだけど、アニメ化が凄く難しいシナリオなんだよな…。誰か1人に絞ってしまうと、作品のウリである『ツンデレ』の“デレ”期が、アニメでは1人しか堪能できなくなるし。それを回避した場合は、最終回では、表向き素っ気ないけど、主人公と2人きりになるとヒロイン全員デレデレになるという壮絶なハーレムエンドに。

ノエイン・・・フクロウ退場後に、ユウとイサミの友情全開シーンはちょっと悲しい・・・
>変体仮面はシャングリラの王的な立場だと思ったら、
ラクリマも変体仮面によって収束された世界だったというのが驚き。
>トビと内田ちゃんの絡みは良かったなぁ、自分の中でトビの好感度が日に日にアップしていく。
>あとはユキエ先生にも何かもうちょっと活躍の場が増えてほしいな。

トビは「ノエイン」の中で、一番好感度の高いキャラのような。フクロウが逝く前に残していった『仲良く』という言葉を、意識せずとも守ってる所が、嬉しくもあり切なくもあり。

>YU-NOSS版は直接的なエロはないですが、それ以外はほとんど変わらないのでSS版オススメです。
>PC版のおまけディスクに入っていたセーレスとの新婚生活シナリオがデフォルトで入ってたりするよ!SS
秋葉の中古ショップでSSYU-NOは2980〜3980くらいでした。あんまりレアじゃないみたい
>関係ないですが、アルトネリコのサブタイトルがなんだかYU-NOっぽいですね。

DOS(CD-ROM)初回版、オリジナルのおまけディスク、紙ケースのサントラ、全部保管してあるなあ。サントラは聴きまくっていた覚えが。『世界の中心で愛を叫んだけもの』が元ネタになってるっぽいタイトルは結構多いですね。>アルトネリコ

>あるとのOPはMapleColorsのデモなんかとおなじひとなんじゃないかなー とか

「メイプルカラーズ」のデモは、確かアプリコット制作で、いわゆる自社名義だったっけ。パープル自体が、アニメ制作会社シルバーと関係してた気がするので、案外「あると」のOPも自社制作だったりするのかも?

>BALDR FORCE EXE RESOLUTIONのキャスト、
>自分は移植版からなので問題無いんですが原作基準の人には違和感ありありなんでしょうね。
>いっその事二重音声にして、
>移植版で特徴とされていたデュアルボイスシステムを再現してたりしたら凄いなぁと思ってみたり。
>いや、無いでしょうけどw

アニメDVD版でもデュアルボイス!そして、テレビでオンエアするときも副音声で!自分も原作PC版オンリーですけど、ゲンハ、リャン、燐の3人以外は、コンシューマー版キャストでも許容範囲かな。

>>雑記しか見られてないとちょっと泣けます と、cyanさんは書かれていますが、
>雑記がこの情報量だと、メインページに目を通す余裕がありませんよ・・・
>せめてもうちょっと取り上げるご意見などを減らして頂かないことには。

いや、それ見る順番が逆ですし。何のための“メイン”サイトか…。雑記は、早売り情報とアニメ・ゲームの感想、それとコメントレスが中心で、ネット上にソースのあるオフィシャルな情報は、基本的にはメインサイトにしか載せませんから。あと、取り上げてるコメントは、自分がレスし難いもの、自分の守備範囲外のもの、既出の情報提供、それを見たら他の人が怒りそうなもの、あからさまな釣りネタなど、全体の3割ぐらいは省いてます。

2006-01-25

プリンセスソフトPS2つよきす-Mighty Heart-」2006年5月25日発売予定。 プリンセスソフト、PS2「つよきす-Mighty Heart-」2006年5月25日発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:タカヒロ、原画:白猫参謀PS2版新ヒロインとして、近衛素奈緒(CV猪口有佳)が追加。初回限定版には、タカヒロ氏書き下ろしのドラマCD『対決!料理バトル』を同梱。

プリンセスソフトのスタッフ日記によると、月末発表の新作タイトルは色々他展開も企画中らしい…とあるので、アニメ化の可能性も高いのでは?

PS2うたわれるもの」キャスト。 PS2「うたわれるもの」キャスト。を含むブックマーク

> ハクオロ:小山力也
> エルルゥ:柚木涼香
> アルルゥ:沢城みゆき
> ユズハ:中原麻衣
> カミュ釘宮理恵
> ウルトリィ:大原さやか
> オボロ:桐井大介
> テオロ:石川ひろあき
> ソボク:雪野五月
> トゥスクル:京田尚子
> ベナウィ:浪川大輔
> ドリィ&グラァ:渡辺明乃
> ヌワンギ:吉野裕行
> カルラ:田中敦子
> クロウ:小山剛志
> ササンテ&インカラ:大川透
> トウカ:三宅華也

ノエイン もうひとりの君へ」第15話 「ノエイン もうひとりの君へ」第15話を含むブックマーク

前回の予告はブラフだったか。遂に変態ノエインさんがハルカに直接手を出してきた。なにこのGREEN CORONATUSタツノオトシゴは怖いって。無限に拡大する時空は既に収束済みで、ラクリマシャングリラの二者択一になっているとは。内田ちゃん達がカラス達と接触したり、ハルカパパが篠原に呼び出されたりと、重要なイベントが同時進行していて内容濃いなあ。篠原はダーク過ぎだろ(笑)。相変わらずトビのセリフは泣ける。でもって、次回ループキター!同じだけど何処か違う近似値の世界を見る事に?普通のアニメなら総集編扱いですが、この作品に関しては全く別の意味合いを持つワケで。(作画監督サテライトになってるので、映像の使い回しは多いんだろうけど。) 並列世界をテーマとするゲームの構造を、本当にアニメでも再現してる感じだ。今回『ウロボロスの環』が起こした現象なんて、まんま『リフレクター・デバイス』による並列世界移動と同じだしね。

地獄少女」第16話 「地獄少女」第16話を含むブックマーク

曲芸団長に虐待される少女の話。ムチに打たれる少女の姿を見せられて赤面するつぐみ。あいも趣味悪いなあ。つか、またあの団長がエロい事してて、間接セクハラされてるのかと思った(笑)。恨み晴らしとしては、ターゲットが団長ではなく双子の妹でした、というミスリードはあったけど、地獄組のコントは、いつもに比べると真面目すぎて今一つ。喧嘩してる夫婦とか、サーカスの別のメンバーの設定も本筋に関係ないし。笑い所は、箱から出られなくなって大変なことになってた骨女ぐらいか。次回は地獄送り無さそうだな。遂に、あいとはじめちゃんの直接対決が実現しそうな予感。

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」第4話 「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」第4話を含むブックマーク

灼眼金髪のシャナ図書館に放火していた(嘘)。方向音痴とかそういうレベルを逸脱してる不思議系電波女、アカネ登場。リデルを除けば、原作だと一応最強クラスのアリス能力者だっけ?水の能力を持ってるキサが天敵だから、真打ち登場的に勝ってしまうのは予想外でも何でもないですが。原作は、もっとドロドロしたイメージがあったんだけど、アニメ版はあらゆる点で薄味になってる気がする。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

>第三話のゲイボルグ、いっそのこと対フラガラック時のような軌道にしてしまった方が良かったのでは……

>Fate3話、ゲイボルグの演出はむしろ原作みたいにシュッと赤い光が一閃する演出のほうがよかったかも…

セイバー以外のサーヴァントの宝具は全て地味にして、『約束された勝利の剣』だけド派手な演出にするとか。超主役贔屓になるけど。

>>漢字テロップ ジャンプ系なんてセコいこと言わず、シャドウスキルの漫画版の如く、
>ハッタリの効いた画面構成なら面白いでしょうね。
>あと、「令呪は他人に渡せない」「綺礼は前回は途中でリタイアした」
>「前回の勝者は逃げ回り、聖杯を手に入れた」に関しても、あながち嘘では無いかと。
>真実を語っていないだけで。
>「令呪は他人に渡せない」:奪えはしても、渡せはしないでしょう、おそらく。
>桜が偽臣の書を作ったのも、間桐の家系が令呪を考案したからでしょうし。
>「綺礼は前回は途中でリタイアした」:可能性は高いです。一度本当にリタイアしていたから、
>凛の父や自分の父を簡単に騙し打ち出来たと考えられます。
>「前回の勝者は逃げ回り、聖杯を手に入れた」:だから、(直接の戦闘は避けて)逃げ回り、となります。

ああ、なるほど。綺礼の説明は言葉遊びみたいなもんだなあ。ここまで分かり易い黒幕もどうかと思うが(笑)。

フェイト3話。皆様とほぼ同意、なのですが疑問がひとつ。
>凛が令呪2つめ使ってたけど、原作でそういう流れってありましたっけ?

アーチャーを強制霊体化させて2つ目を使ってしまうのは、原作のセイバールートでも同じだったと思いますよ。

Fateは原作知らない人のほうが、原作との差がわからない分逆に楽しめそうですね
>あとゲイ・ボルグは実際はあんなもんじゃないかと思います、あくまで因果律を変えての攻撃ですし。
>戦闘としては物足りませんが・・・・

その場で解決しない疑問点と説明セリフの多さに我慢できて、伏線や設定をしっかりと覚えておく事ができて、いかにもギャルゲー的な日常描写が好きで、バトル物も好きという原作未プレイ者が一番楽しめると思われ。

fateで宝具撃つときの漢字テロップですか。陰陽大戦記みたいなノリならかっこいいんでしょうけど。。

Fateアニメに関して
>技を出す時に文字が入るタイプは最近ではグレネーダーのやつがかっこよかった気がする

グレネーダー」は確かに格好良かった気が。ただ、「Fate」と違って、もう少しおちゃらけた雰囲気なので、上手くマッチしてたんでしょうけど。

>>Fate あれ?セイバーってこんな聞かん坊でしたっけ?
>もっとこうシロウの命令聞いたり、ご飯食べたり、ご飯食べたり、ご飯食べたり・・・あれ?(笑)

原作でも初登場時はこんな感じだったと思いますが。腹ペコセイバーが発揮されるのは、桜たちにセイバーの存在を明かしてからじゃないかな?

>冒険して余計に失敗したら元も子も無いし、
>やはりアニメから入る人にも解り易いようにした方がいいかと思いますよ。
>たとえ説明台詞でも説明は大事だと思います。まぁ捕え方は人それぞれでしょうけど。

冒険=分かり難くするワケでは無いと思いますが。例えば、うつのみや理氏が担当した作品のような、見ただけで動きスゲー!と思えるアクションに挑戦してくれたらなあ、と。

Fateは何が説明不足で、どんな説明がいるかとかきっちり見極めてほしいです。
>それでも、俺はみんなが言うほど悪いものじゃないようなきもしますが。
>一度、原作の存在をからっぽにして見るとまた違ってくるかも。
>ちくしょう、きのこもいるのになんてこったい!

原作準拠で見てしまうと、とても足りてませんが、あくまでアニメ版で必要な情報としては、今の所説明不足ではないと思いますけどね。凜の令呪が減ってる理由が分かり難かったぐらい?

>風王結界ですが、あれは本当に全く剣が見えない不可視ですから、あれで良いと思うのですよ。
>風とか起こるのはエクスカリバー撃つ時くらいだし、
>実際小次郎でさえ、剣が「全く」見えないので警戒してたし。
>打ち合うことで長さと形状を確認してはいましたが。
>なんか変な効果つけると「見えてるじゃん!」と言うことにもなりかねませんし。
>あと凛の宝石攻撃ですが、ゲームではCGの都合でかっこいい水色っぽい弾丸でしたが、
>実際はあれが正しいエフェクトなのではないかと。
>攻撃は宝石を投げるだけに見えてるけどヒットすると大爆発を起こすとか。
>確かにしょぼいとは思いましたがセイバーの対魔力によってあのような結果になったと考えるべきです。
>士郎と凛はフレンドリー過ぎませんか?とのことだけど、
>実際はゲームでもあんな感じだったかと。と言うか凛が一方的に、と言うか。
>もともと世話焼きな凛ですし。で、士郎は士郎で凛に憧れてますからね。

ゲイ・ボルク』に比べたら、『風王結界』はアニメ版の見せ方でほぼ完璧でしょうな。小次郎と言えば、『燕返し』の多重次元屈折現象による三ヵ所同時漸撃ってのも、見せ方難しそうだ。士郎と凜の関係は、原作知ってればそのように解釈できるから問題ないですが、アニメ版のみだと、凜が世話焼きとか、士郎がどう思ってるかなどは読み取れないので、やっぱり多少の違和感はあるんじゃないですかね?

涼宮ハルヒの憂鬱関係

ハルヒのキャスト、ものすごく心配になってきました…。雑誌より先に発表されるとは思いませんでした。
>早くても今月末のエースかな、と。
>平野さんの声や演技力自体は全然問題ないと思いますが、
>あまりにイメージと違うような。能登アル騒動を上回る不安です。

>自分は原作で全く声のイメージが出来なかったのですが、
>まぁ浅野真澄さんや川澄綾子さんとか小林早苗さんみたいな系統の声質で想像していました。
>有希はまず技量の心配をしなければならないのですが…。
>朝比奈さんは唯一安心しています。大小の演じ分けも出来そうですし。
>とりあえず自分はラジオ関西入るので、放送聞いてみようと思います。
>キョン君や古泉、鶴屋さん等の発表はいつ頃になるのでしょうか?
ラジオ関西は確かアンテナが特殊で九州や東海くらいまで電波入るって聞いたことがありますが、
>ネットでも流れるのなら問題ないですね。タイムラグがありますけど…

一応、少年エース誌上での発表と合わせた形ですね。ネットの方がエース早売り情報が流れるより1日早かったですが。キョンと古泉は、下に書いた通りです。無難というか、とりあえずヒロインよりは安心できるキャスティングかな。自分の場合ネットで聞くことになると思うので、もし新情報が出ていたら、情報提供お願いします(笑)。

涼宮ハルヒの憂鬱> *お返事ありがとうございました。書き込みが途中で切れてしまったようなので、
>続きを書き込みますが...実は質問ばかりなんです(^^;。すいません。
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>...ところで、涼宮ハルヒの”ハルヒ”は設定として漢字はないのでしょうか?
>現実に日本人の名前としてカタカナって使えましたっけ?
>あとアニメ版タイトルの”(仮)”は本当にまだ決まっていないのか、
>(仮)という字も正式タイトルの一部なのでしょうか?
>正式タイトルだとしたら、ちょっと紛らわしいタイトルですよね(^^;。
>*以前にこちらの雑記でこの事が明記されていたような気もしますが。
>*ここからは本日24日の書き込みです
>>WOWOWアニメ枠が増えるのは良いのですが、全て ノンスクランブルである事を望みます(^^;。
WOWOWで最盛期の頃よりアニメ枠が減ったのは、
>名前は忘れましたが...あるプロデューサーの方が辞めたからと聞いていますが、
>今年の春よりアニメ枠が増えるというのはどういった事情なのでしょうか?
アニメスクランブル枠を増やして、契約者を増やそうと計画しているなら...困りますし。
>また以前のように週に4〜5本のノンスクランブルアニメが放映されるようになるなら、
>素直にうれしい事ですね(作品にもよりますが)。
>ただ「デモンベイン」と「涼宮ハルヒの憂鬱」がスクランブルだったら、
>間違いなく契約してしまいます(^^;。

ハルヒに漢字表記はなかったはず。人名のカタカナ使用も問題ないかと。(仮)は正式タイトルで外れるのかどうかは不明ですね。もしかしたら(仮)が付いたままの可能性も。かつてWOWOWアニメを支えていて、その後辞めたのは海部プロデューサーですね。春からアニメ枠を増やす戦略の目的は良くわかりませんけど、何か色々仕掛けてるらしいと言うのは、小林治氏がブログに書いてるのをちょっと前に見た記憶が。

>平野さんは大人しいキャラ演じるのが多いですしね。天使のしっぽのモモ然り。
>けど演技力は良いのであまり不安だ言わない方がいいかと。
>演技下手といってるのか、と誤解されかねませんし・・・。

演技下手だから不安という誤解は、さすがに曲解だと思いますけど。原作を読んだ時のイメージと、担当声優の過去の役歴とを照らし合わせた場合のギャップに対する不安ですね。

>原作全く知らないハルヒランティスネットラジオってことはランティス絡みですか?
みのりん茅原実里)が出るからavex絡みなのかと思ったけど・・・
>実力で仕事取れるようになったってことか。
>演技は天上天下の頃よりはマシなんでしょうか・・・。
>平野さんは演技うまいので平気じゃないですか?
ランティスが最近贔屓にしてるようなので主題歌唄ったりしそうですね。
>話変わりますが、ホスト部のキャストはもう・・・・駄目だorz
ドラマCDのキャストは皆ハマってたのに・・・・凄い萎えました。

ハルヒは、「SHUFFLE!」同様、角川書店×クロックワークス×ランティスで確定でしょう。アニメ制作は京アニだし、ほぼ「フルメタTSR」と同じ布陣。avexは特に関係なさそうです。ホスト部のキャスト変更無しはハルヒだけ?原作未読なので、自分は何とも言えませんけど。しかし、キャラの名前が同じなので紛らわしいな(笑)。

>うわぁキョン杉田智和キタコレ。この人の口調好きなんでこの声でモノローグ無茶苦茶聞きたいです。
>まんま稟と楓ってのは…わざとなのか?狙ってるとしか思えませんけど…
>ところで小野氏の声質(というか発声法)は鈴村健一に似てるような気がします。なんとなく。

杉田智和氏なら、原作通りキョンのモノローグ全開でやってくれても良い感じです。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO関係

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NOですがサターン版は宝石が2つ増え難易度が少し優しくなっている。
>H描写が軽減されていること。OPアニメ(かなりしょぼいし、ネタバレ満載のOPですが((゜Д゜;;)
>ぐらいでしょうか、追加されている事といえば。
>後サターン版が一番音楽がいいですね。力入れてると思います

H描写の有無は別として、ユーノと結ばれてるかどうかは結構重要だと思うんですけど、サターン版でも、描写がないだけで既成事実を臭わせてたりするんでしょうか?

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NOですが私も並立世界を描いた作品ではいまだに最高峰と思っています
>似たような作品ではコンシューマー作品でEVER17がありますがこっちも優秀ですね。
>最後のどんでん返しがすごすぎました(笑)

Ever17」は、自分も殿堂入り作品として挙げましたけど、あれは、最後のココルートで真価を発揮しますからね。ゲームという媒体を利用した第3視点のギミックが明らかになった時の衝撃は凄かった。

サターンYU-NOは近所のゲームショップにて売ってました。
>しかも初回版のマウス付で4500円…少し高め? WIN版との最大の違いは音声ではないでしょうか?
>主人公のおやじの声とか、絵里子先生の声とかはかなり合っていると思ってます。
>おやじの声は「碇ゲンドウ」の人で、あの声で「おう、毎晩しとるぞ」とかはツボにきたもんです。
>絵里子先生の本名もきちんと?喋ってくれますし。
>あとは絵の質が上がっている(色数が増えた)ことと、
>宝玉によるセーブ数が2つ増えていて少しはやりやすい。

YU-NOSS版は
>・有名声優多数のボイス化(古山きみこの初舞台でもある)
>・宝玉が8→10に変更。それにともない最初の手持ちも2→4
>・SPディスクのそれゆけセーレスがストーリーに織り込み済み だったと思います。
>龍蔵寺@大塚明夫は似合いすぎ。 この作品で管野(剣乃)儲になってEGで儲やめましたw
SS版は中古なら通販でもまだ売ってるんじゃないかな?
>俺はSS本体もってないのにSSYU-NO買い戻すぐらいこの作品好きなんですが
OVAだけはなかったことにしてくれ・・・いやまじで。
>某原作クラッシャーが可愛く見えるぐらいだった

詳細な変更点情報ありがとうございます。やっぱり、ボイス化が一番のメリットかな。そういえば、PC版は難易度高かったからなあ。当時は攻略本に頼らず、発売日に買って2日でコンプしたのですが、ヘタレゲーマーに成り下がった今、攻略見ずに果たしてクリアできるかどうか…。剣乃氏は「DESIRE」「EVE」「YU-NO」の3作が絶好期でしたからね。まあ、「探偵紳士」シリーズも一応良作の部類だと思いますけど。「YU-NO」のOVAは、黒歴史の中でも別格でしたな(笑)。ただ、第3巻のセーレス達が輪姦される所で、ユーノが寸止め未遂じゃなければ、エロアニメとしてなら、ある意味成功だったかもしれませんが。

エルフ大人の缶詰ですが、紙風船のネットショップでは新品、中古共に在庫ありでした。
>よろしければこちらをご参照ください。http://www.kamifusen.jp/hanbai/pc/index.html
>未開封品はほぼ定価ですね。

情報どうもです。探している方は参考にどうぞ。

▽あると関係

>「あると」のデモみてみました。
>新海氏というよりは…「さいきんファルコムをでたひとがいるのかなぁ」と。//id:kaoru_nak

うわあ、冗談でなくありそうなのが怖い(笑)。

>TECH GIAN 美春が気になって買ってみましたが、
>あるとの体験版に入ってたのはただのCGでちょっと拍子抜けしました

Hシーンと言うより、ボイス付きHCGでしたな。

>あるとop見ました。どうみても新海本人関わってるようには見えませんが、
>かなり影響を受けて新海作の映像を参考にして作った良作ムービーだと思います。
>moonphaseさんのように目が肥えた人が「新海が関わってる?」なんて事を憶測ででも書かれると、
>薄いユーザーは信じてしまいそうなのでそこが少し怖いです
>ゲーム版東鳩2OPは本当に氏に発注したけどcw側に断られたってのは
>業界では笑いぐさになってますな、これこそ都市伝説かもしれませんが

いや、自分は制作スタッフを見分けられるほどの目は持ち合わせてないので(汗)。「AYAKASHI」のOPと同じく、ジェリーフィッシュ制作という線が濃厚のようですけど。東鳩2の話は知らないですが、個人的には渡辺明夫氏で良かったと思います。

ういんどみるさんのOHPリニューアルされてました。
はぴねす!FDの正式発表、ビジュアルファンブック、ハーヴェストより小説化、
>春姫のフィギュアの発売なども同時に告知してました。
>こっちは「あると」関連なのですが、舞台の美浜町って浦安っぽいです。
>や、全然確証はありませんけど。
>浦安に美浜ってありますし、駅?(OHP舞台説明一番上の背景)が
>TDLのある舞浜駅の外観に似通ってる気がしたので(ちなみに当方、浦安住民です)
>だから何だ、と訊かれたらそれまでですがorz

はぴねす!FD」は、準の扱いがどうなるかが全て(断言)。「あると」の舞台は確かに舞浜っぽいですな。自分も浦安に叔父がいるので、馴染みの深い街です。さすがに、背景にTDLを描いたらヤバイでしょうけどね(笑)。

▽I/O関係

>I/Oゲッツ

>I/Oですがロミオが駄目な私には無理です。もう勘弁して。ロミオろ過機を作って(´・ω・`)ショボー

>I/Oギブアップしますた。EVERからココ編抜いたより多分ひどい。PC完全版みたいなの出るまで封印

フルコンプした感想でしょうか?途中までだと、「Ever17」同様、正しい評価ができない系統だとは思いますが。自分は、「I/O」は評価待ちで、今週末は「春恋*乙女」に走るつもりだったので、発売日買いはしてないです。

▽以下その他

>「ハーレムエンドだけ見ておけばOKかも。」ですか…途中のさちで3回抜いた俺はなんなんだろう…

いや、それはそれで大いに有り…というか、自分は『エッチシーン回収にそれほど興味がなければ』と補足してますし。

>本当の完結は10年後ですかw
>まぁ、そんなことやっていたら、本当にユーザーから見放されそうな気がしますがw
アニメ化云々もあるので、取り敢えず今回のオルタネイティブでひと段落つけて、
アニメ化やって、またゲーム出すってのも考えてしまいました。
>まぁ、EX編だけで十分アニメとしてやっていけると思いますけどね。
>UL編、マブラヴだと飾りに見えてしかたないですs(ry

EX編だけをアニメ化するなら、まあそこそこ良作になりそうですけど。ただ、特出した特徴があるわけではないので、普通のギャルゲー原作アニメという評価にしかならないと思いますが。

>「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」の作画が
>15話でちょっと変わったような気がするのは私だけではないはず。
>それにしても、これ音楽と演出いいですよね。

作画は、ゼクシズだけに、海外丸投げ回が多かったり、安定してないと思うけど、何とか音楽と演出で補ってる感じがしますね。

>>(日本アニメ26話入りBOXが5千円前後というのは驚きました)、
>>一部のマニアだけでなく、より多くの人にDVDを手に取ってもらうべきかと思います。
>仮にこれが成立すれば(かなり想像し辛いですが)業界も良くなるのでしょうが。
>1)今の人員不足制作体制でも30分弱の1話制作に1500万前後のコストがかかっています
>  ※スタジオや制作体制にもよりますが。東映アニメの場合、
>   マーチャンを東映が握るので800万くらいだったかと。
>   逆にサンライズ辺りのマニア向けだと3000万とかいった実例も。
>2)これ以上の人員集中は、よりコストアップにもなります
>3)またタイトル数の多さは”製”作側の部署を回すためだけでなく、社員を抱えている
>  スタジオを維持するためでもあります
>メインの回収源がDVDである現状の市場では、こう考えるとDVD価格低下は至難でしょう。
>そもそも日本的なアニメというものは、映像コンテンツとして他を圧倒するくらい人手を必要としています。
>それでも放映する局、パッケージを買う視聴者らにとっては、他と同様に「映像コンテンツ」でしかありません。
>ここのズレを解消する手が生まれないと…。海外市場ですが、
>1)基本的に興行・放映で既に資金を回収できている、アメリカ中心の市場
>2)故に海外が日本アニメの権利を買い付ける費用もかなり低額になります
>  ※しかも最近はオールライツ(期間限定でパッケージや商品化等の付随権利も一括扱い)
>での買い付けが主流です
>3)では日本アニメのブランド化を…とも考えられますが、
>  既に北米を中心に「キャラの造形が似たものばかりで区別つかない」
>  「美少女アニメばかりだ」と、日本アニメ熱は冷めつつあります
>結局、cyanさんの言うように「全く新しいアニメビジネスモデル」が出ない限りどうにもならんのでしょうねぇ。
>ちなみに以前、思い立って「海外から輸入DVDを買った場合と、
>国産の純正DVDを買った場合とで、
>製作(NOT”制”作)側にどれだけ還元額に違いが出るか」を試算してみましたが、
>…かなりテキトー計算でしたが、ザッと1:20…。
>(昔の番組買い付け相場基準なので、今再試算すれば違ってくるかも)
>つくづく、本当に好きなアニメならば純正国産
でDVDを買うべきだなぁと思いましたw

詳しい情報ありがとうございます。日経などのビジネス系アニメ誌でも、来年はこうなるとか、アニメビジネスの展望を描いてますけど、年々崩壊への道を突き進んでるようにしか見えない所が恐い。春新番も、現時点で判明してるだけで40本。去年の春の本数と並びました。新番本数最高記録を更新するのはほぼ確定っぽいですが、一体どうなる事やら。

>>内容が暗いから売れないという理論
>これは去年の「ジパング」がヒットしたからこそ覆ったのではないでしょうか?
>私は都心の某巨大百貨店後の電気店のDVDコーナーで品出しをやっていたときの感想ですが、
>最近は年配の方が硬派のアニメDVDを買っていかれるケースが増えてきたようで、
>今までの萌えorエロ=売り上げといったケースが逆に小さくなってきているような気がします。
>むしろ硬派作品のほうがシナリオ、作画、キャストがしっかりしているケースが多いので
>硬派アニメの不動在庫率がかなり低くなってます(元々発注数が違うというのもありますが)
>去年の種死を見てもわかるように、なんでもかんでも安易に萌えを粗製濫造するようになって
>ようやく本来のクオリティ重視の原点に立ち戻り始めたいい傾向ではないかと私は思っていますが。

大量生産されている萌えアニメでも、原作自体の人気があれば、牽引力も高いんでしょうけど。とりあえずつくっとけ的に、マイナーな雑誌のマイナーな原作をアニメ化するのは、そろそろ無理があるんじゃないかなあ。

>>24日の雑記の「よみがえる空」、「地獄少女」否定派の方へ 横からすみません
>僕も鬱エンドよりハッピーエンド主義者ですが暗い内容と売り上げは関係ないと思います
>極端な話、登場人物全員を感動的に殺しておいて最後は奇跡の力でみんな復活したから
ハッピーエンドでよかったねなんて内容の破綻したアニメよりも
>不治の病のヒロインと日々を過ごして最後はヒロインの死に直面しても
>ヒロインの事を忘れずに強く生きていくなんていう鬱エンドのアニメの方が何倍も見たいと思います
>個人的には今期のアニメで言えば「おゆい」や「陰からマモル」なんかよりも
>「地獄少女」や「半月」の方が何倍も面白いと思います
>百人いれば百通りの考え方があるのでアニメを見てDVDも面白いから買う、
>面白くないから買わないっていう人がたくさんいると思います
>要は見たその人がアニメを見て何を考え、何を感じたかというのが重要なんではないでしょうか?
>何か偉そうな事を言ってすみません(汗)

舞-HiME」のことかー!>最後は奇跡の力でみんな復活
自分としては、奇跡のバーゲンセールエンドもありだとは思うけど、最悪なのは、救われない鬱エンドと伏線投げっぱなし未消化エンドですね。例えば「半月」の場合、いつか訪れる死を受け入れて、それでも2人で生きていく道を選ぶから救われるのであって、仮に、里香が死んで、それで絶望して裕一も廃人になりました、終わり。みたいな最終回だったら絶対に受け入れられないし。

2006-01-24

TVA「涼宮ハルヒの憂鬱(仮)」キャスト追加。 TVA「涼宮ハルヒの憂鬱(仮)」キャスト追加。を含むブックマーク

> キョン:杉田智和
> 古泉一樹:小野大輔

少年エース早売り情報より。ちょww キョンと朝比奈さんの掛け合いは、まんま稟と楓じゃないかっ!でも、実際の所、ヒロインとの会話よりも、キョンの1人語りと古泉との水掛け論の方がかなりのウェイトを占めている作品なので、この2人のキャストの方が重要なんだよね。

TVA「プロジェクトパポ」カートゥーン・ネットワーク 01/25 24:00〜 TVA「プロジェクトパポ」カートゥーン・ネットワーク 01/25 24:00〜を含むブックマーク

3分間のショートアニメ。毎週月曜日〜金曜日、深夜0:00〜1:00の間のどこかでランダム放映。以前アニメ誌で「Project PAPO [Acoustics]」と発表されていたもの。G-creators様からリリースが届きましたので掲載。明日から。

コンプエース早売り情報。2chコンプエース早売り情報。(2ch)を含むブックマーク

「EVEν newgeneration」と「AR -忘れ去られた夏-」のコミック版が次号より連載。

TVA「ARIA The ANIMATION 第2期」2006年4月〜 TVA「ARIA The ANIMATION 第2期」2006年4月〜を含むブックマーク

マッグガーデンIR資料に4月開始が2本と書かれていた時点で、「西の善き魔女」「ARIA 第2期」でほぼ確定でしたけど。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

fateは監督や総作監がいようと、制作のほとんどを外注スタッフに頼っているようでは、
>ミスが出て来て当たり前でしょう。
>打ち合わせの時に原画マン、動画マンなどスタッフが全員集まるわけではないですし。
>>>原作知ってる身としてはほぼ解説に終始した今話は退屈極まりない話でした。
>>>原作知らない人から見ても、今回の長い解説が頭に入ったとは思えません。
>>バトルの見せ方が全体的にそうなんだけど、演出力が足りてない?
>こういう感想が出るという事は、演出力もそうですが、
>絵コンテやレイアウトの画面構成力が一番足りていないのではないでしょうか?
>止め絵などの動かない絵が長く続いても、
>画面の構成の仕方によっては十分にもつアニメがありますから。戦闘シーンならなおさら。
>3話まで見て、正直もったいないと思いました。今後、どう化けるんだろうか…。
シャッフルのような化け方をしたらどうなるんだろう…とか考えちゃいました。では、長文失礼しました。

端的に言ってしまうと、凡庸なんですよねえ。仰るとおり、「SHUFFLE!」は、楓編に限らず、全編通して、見ていて飽きないような、芸の細かい演出がなされていたと思う。

>九州在住なのでFate見れないんですが、戦闘シーンが評判悪いようですね。
>ここは一つプラス思考で、セイバーvs凛の演出は
>「宝石が魔術として発動するのをキャンセルした」と考えればいいのではないでしょうか?
>うん!きっとアニメではそういう設定なんだ!!(;・∀・) (見てないのに変な事言ってすいません…(汗)

いや、そう言ったプラス思考アニメFateには今後も必要かもしれませんね。原作との設定の誤差が、都合の良い解釈で補正できるレベルのまま最終回まで走り抜けてくれれば万々歳。

Fateの説明に関しては確かに長いと感じました・・・。
>もう少しキャラごとに表情の変化をつけて欲しい、うーんでもそこまで手が回らないか。
>ただ、原作にあるステータス画面のところとかが、
>補完されているともっと分かりやすいのかなと感じました。

必要な情報を全てキャラに喋らせてるだけなので、Fateアニメ化、ではなく、Fateの映像付きボイスドラマ化、って感じなんだよなあ。

>Fate3話についてですが・・・・ゲイ・ボルグや、風王結界、
>凛の宝石使った魔術などの演出にはだいぶガックリきましたが・・・・
>媒体違う分、奈須さんの絶妙なテキスト及び間による演出には辿り着けないかと・・・・。
>というか、テキストがないと説明多くなる上に、奈須さん特有の造語やら、
>漢字の組み合わせでの深い演出は不可能なわけですしね。。。
>期待されている作品の分、余計に見方も厳しくなるわけで。
>しかし、昨今のアニメと比べると、これでも相当レベル高いほうだと思ったり。
>まぁ、約束された勝利の剣、騎英の手綱、天地乖離す開闢の星やら、
>あの辺りの大技で、ゲイ・ボルグ並の演出だったらガッカリですけどね。
>演出に関しては少し難ありですが、作画等については、全く問題ないので、
>演出をもう少し、原作のような感じにしてくれればいいかなーと。
ゲイ・ボルグとか、凛の魔術なんて全然違いましたしね・・・風王結界はまだいいほう。
>しかし、イリヤ門脇舞さんは、全く合ってない・・・・
>唯一にして最大のキャスティングミスかなーと・・・
>慣れるしかないとは思うんですけど、全然ロリ声じゃないし、妖艶でもないわけで・・・・・orz

作画に関しては全く問題ないですな。放送中の作品の中では間違いなくトップクラス。見せ場としては、セイバールートなら、ライダー戦での初『約束された勝利の剣』発動、バーサーカーとの決戦、そしてラスボス戦には全力を注いで貰いたい所ですが。

Fate三話 サムライチャンプルーとか
>戦闘シーンのクオリティが高いアニメを視た事がない俺は勝ち組ヽ(´ー`)ノ

うう、確かに。上を知ってしまった弊害か…。

>止め絵に関しては勘違いでした。すいません。けど戦闘シーンは個人的にはかっこいいと思いました。
ランサーの刺し穿つ死棘の槍(ゲイボルグ)に関しては流石に絵だけで伝えるのは無理があると思いますよ。
>因果を逆転させて既に心臓を貫いている、
>と言う結果を持って攻撃していることを絵と動きだけで伝えるのはさすがに・・・。
アニメから入った人からみればセイバーの解説が無ければ心臓を貫く槍とは解り難いと思うし。

ゲームのように用語解説画面を別に設けるワケにもいかないので、セリフで解説させるしか手はないんでしょうけど、映像的な見栄えはもう少し冒険できたのでは?

シャナFateも原作をよく知りませんけど、そんなに難解ですかね。
>他の感想サイトでも分からないという声が多いですけど、極普通の内容だと思うのですが。
>特にFateは解説がしっかりついてますし。解説の内容が頭に入らないというのはちょっと…。

シャナの過去編は明らかに説明不足ですけど、Fateは、説明自体はアニメとしてなら十分かと。ただ、原作未プレイ(未読)の人が言ってるのは、難解と言うよりも、情報量と説明セリフの多さにウンザリしてるって事だと思いますけど。

>>Fate 戦闘に関しては原作が神がかった演出だっただけでアニメとしてはあんなものかな〜と思います
>(サムライチャンプルー十兵衛ちゃんは未見ですが・・・)
ゲイボルグについても元より投げる方や勝利の剣や手綱のように対軍、
>破壊力重視ではなく一対一の必殺性を重視した突きなんであんなものかと思います
>もしくは、真名開放しても令呪(うろ覚えですが初見の相手とは必ず引き分けて生き延びろでしたか?)
>のせいで本気出せなかったからしょぼかったということかも・・・
>ただ、凛の宝石については同意見です(笑)が、
>マスターではサーバントと勝負にならないという事を強調する為と考えれば・・・
>後半の綺礼の説明トークは聖杯戦争を繰り広げていく上で必須ですからしょうがないですが、
>原作知ってると綺礼が言っている「令呪は他人に渡せない」
>「綺礼は前回は途中でリタイアした」「前回の勝者は逃げ回り、聖杯を手に入れた」
>と嘘を吐きまくってるな〜と思って見てました。これもうろ覚えですが・・・

マーボーの説明は、改めて聞くと、嘘ばかりですよね(笑)。何度ツッコミ入れたくなった事か。『刺し穿つ死棘の槍』の場合なら、まあ今回ので妥協するとして、『突き穿つ死翔の槍』発動時はどうなるかなあ。アニメ版では使われない気もするけど。

>Fate3話見ました。
>今回は新米へっぽこ魔術師の士郎にベテラン2人が聖杯戦争などの設定説明をする回でしたw
>まあ、自分も士郎並によくわかってなかったので丁度よかったですが。
>あと、少し気になったんですが士郎と凛はフレンドリー過ぎませんか?
>1、2話での士郎の凛に対するイメージからするとあまり話とかしたことなさそうに思ってたのでw

フレンドリーすぎるのは、そうかも。原作の場合は、エロゲー的日常描写が挟まってるので、そこまで違和感はないんですけど、アニメの場合、尺の都合上、無駄話が可能な限り端折られてますからね。

>凛の宝石攻撃の演出不足の影響って結構重要で、今回だけにとどまらないと思うんですよね…
>今回手を抜いたことで、森でのバサカ対決の時の、凛の決死の宝石大量消費も軽く見られる可能性がある。
>で、宝石消費がしょぼいと思われてしまうと最強のはずのバサカも大したことないんじゃね?と思われちゃうし

オープニングに一部そのシーンが含まれてますけど、本編でもあれぐらい凛々しく描かれてれば文句ないですが。バーサーカーの強さは、次回でどれぐらい視聴者に印象を植え付けられるかが鍵ですな。

>Fate3話ですが。ゲイボルグの打つタイミングに違和感を覚えました。
>原作では魔力を込めてから、瞬間移動のようにセイバーの目前に現れ、
>その槍を彼女の足元めがけ繰り出したんですが、
アニメを見る限りでは一度飛び掛ってからの真名の開放してるんですよね。
>その飛び掛る動作が不要としか思えないしゲイボルグの迫力を削いでいる気がします。
>それにセイバーゲイボルグを交わしたが衝撃を殺しきれずに
>大きく放物線を描いたはずなのにアニメでは完全に貫かれてましたよねw

hollow』でフラガラックに貫かれた時のセイバーに似てたかも(笑)。

Fateアニメは何気にゲイボルクがゲイボルグでショックでした。ゲームではゲイボル“ク”ですよね?

言われて気付きました。そう言えば、原作だと『ゲイ・ボルク』ですな。和訳神話だと『ゲイ・ボルグ』の方が多数派?

>いやいやw宝具うつときに漢字テロップ入ったらダサいっしょw

普通にテロップ出してたら、そりゃあダサいですな(笑)。そこは、宝具発動直前に一瞬暗転させて透過テロップを流すとか、格好良く見える演出を考えてこそプロという事で。

▽あると関係

>「あると」のムービー見ました。新海氏の柔らかな色の使い方が好きなのですが、少しがっかり。
>場面の移り変わりが激しくて、目が・・・。個人的には傘まで視線を落とすところが好きでした。

場面の移り変わりは激しいですよね。もう少しじっくりと見てみたいシーンも結構混ざってるんですが。「はるのあしおと」OPは結構激しかったかも。個人的にはやっぱり、「イースエターナル」と「Wind」かな。

>あるとのOPですが、確かに新海氏が製作に協力してたりしてそうな雰囲気ですね。

背景にCGを多用したり、コンテの切り方を見ても新海氏制作では無いと思うんですけど、雰囲気とか特殊効果とかは似てるんだよな。演出・色彩設計協力:新海誠、だったら納得できそう(笑)。

>私もあるとopみましたが確かにいいですね。しかし姉の方がメインっぽいですね。おそらく店長はFDでとの
>パープル商法でしょう、えぇ引っかかりますとも

パープルのみやび氏のインタビューを読んでも、義妹や幼馴染みと言った記号化されたヒロインよりも、今回は年上キャラ一押しみたいなので、恵ではなく実は沙織メインヒロインというのは、あながち間違いではないかも。あと、今の所「あると」は、とある事情によりファンディスクを発売する予定はないとか。店長は不明だけど、副会長・美春のエッチシーンは、今発売中の「TECH GIAN」に収録されてる体験版TGVerでしか見られない模様。

涼宮ハルヒの憂鬱関係

涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒ役の平野綾さんって「キディ・グレイド」のリュミエール役の方ですよね。
>「キディ・グレイド」での演技も悪くなかったですし、特に不安になる事はないと思いますよ。
>ところで、涼宮ハルヒ

平野綾さんは、演技力なら特に問題ないと思うんですけど、主にお姉さん・お嬢様系が多い感じなので、ハルヒみたいな傍若無人キャラの場合どうなるのか想像し難いというか。唯一参考になりそうなキャラは「いつだってMyサンタ!」のマイ役?あと、ところでの後が切れていて届きませんでした。よければ再送お願いします。

アニメ版の朝比奈さんは空の鍋をかき回すのですか?w
ハルヒ浅野真澄さんかと思ってましたが、そうなると鶴屋さんか!
>さぁて不安もあるけどアニメが待ち遠しい。

つか既に、「SHUFFLE!」で、楓が稟くんって呼びかけるシーンが、キョンくんに脳内で自動変換されてしまいます(笑)。しかし、ハルヒに嫉妬して空鍋かき回す朝比奈さんは、シチュエーション的に想像できない…。

>「涼宮ハルヒの憂鬱」一部キャスト決定&ラジオ関西ランティスネットラジオにてラジオ放送開始だそうです。
涼宮ハルヒ平野綾 長門有希:茅原実里 朝比奈みくる:後藤邑子
>ソースはhttp://klock-anime.net/topics/index.htmlです。
>どっちかっていうと声質的にハルヒと有希は逆じゃないんだろうかとか
>だからって茅原実里ハルヒは絶対に嫌だとか(天上天下しか知らないし)
>楓と七海先生で後藤嬢フィーバーが起きていた自分にとってはみくるGJだとか。
平野綾っていうとリュミエールとか美咲菫みたいな声の印象が強いんで
>原作のあのテンションを出せるのかどうか。
京アニ制作で安心しきってたぶんここにきて予想外のボディブローです…

ええと、一応メインサイトの方でトップニュースとして取り上げてるので、情報が既出かどうかは確認していただけるとありがたいです。雑記しか見られてないとちょっと泣けます…。

話を戻しますけど、長門は口数の少ない棒読みキャラなので、多少下手でも大丈夫だと思ったのですが、実際は、感情を乗せない棒読み+消失バージョンを演じ分ける技量が必要なワケで、ハルヒより不安になってきましたよ…。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO関係

>「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」ですが、cyanさんが事あるごとにこのタイトルを上げて
>褒め称えてるのを眼にしてきて、自分も激しくプレイしてみたくなってしまいました。
>それで探してみたのですが、ウチの所はPCゲーム扱ってる店が2軒しかなく、見つかりませんでした。
コンシューマー版はセガサターンで出てると聞いて、ゲーム店を片っ端から探すも今の所成果なしです。
>もうアキバに行くしかないのか…確かにアキバなら見つかりそうですが、
>プレミア価格で売られてる気がします。
>cyanさんにお伺いしたいのですが、サターン版はプレイされましたでしょうか?
>されたとして、PC版と比べて出来はいかがなものでしたでしょうか?(もちろん18禁要素は無くていいです)。
サターン版のほうが見つかりやすい気がしますので。
>それともやはり、プレミア価格だとしてもPC版を探して入手すべきでしょうか?
>ゲームの面白いかどうかは個人の感性によって違うのは重々承知しておりますが
>ここは勝手ながらcyanさんの感性を信じさせていただき、ご教授願えれば幸いです。
>どうかよろしくお願い申し上げます。長文になってしまい申し訳ありませんでした。

サターン版は未プレイなので18禁要素以外の違いはちょっとわかりません。PC版は、オリジナルであるDOS版と、Windows移植版がありますが、近親相姦カニバリズムと言ったヤバゲな要素があるので、Windows版は該当箇所に露骨な伏せ字処理がされてます。でも、今DOS版手に入れてもプレイする環境の敷居が高いですし、Windows版を探すしかないでしょうなあ。ただ、Windows版が収録されてる「エルフ大人の缶詰」はかなりレアなので、アキバでも入手困難かも。

YU-NOは私ももうある種表現の到達点だと思います。
>あれを超えようとするならば何か革命的な何かを生まなければでしょう。
>なんでリメイクしないのかなぁ〜しない方がいいのかな〜複雑です。
>管理人さんとは好みが似てるようなので、ノエイン見てみようかな〜思います

YU-NO」のクライマックスにおける近親描写は、ある種、家族愛の究極の形を示していて、その後のKey作品にもあるテーマを先取りしていたとも言えるんですよね。ソフ倫近親相姦がひっそりと再解禁されてる今なら、最新のフルカラーCG&フルボイスでオリジナルのまま完全リメイクも可能なのになあ…。

うたわれるもの関係

>更新お疲れ様です。「うたわれるもの」ですが、
>放送枠が全く予想つきませんね。深夜ってのが確定くらいで・・・。

もし新枠なら、さっぱりわかりませんね。アニメ化発表だけは早かったんですけど。

シャナディスガイア はほぼ確定と思います。ジェネオン 最近いい原作おさえてますねえ。

マリみて」とか「Fate」とか、ジェネオンは人気や話題性のある原作を押さえるのが上手いですな。出来は別として…。

うたわれるものMBS制作であるなら何処まで絡んでくるか見ものですね、竹田氏絡みならテーマ的に強烈かも

製作がIMAGICAエンタテインメントで、岩佐がく氏の日記などを読む限り、ちょっとだけシリアス重視だけど原作通りになりそうなので、竹田Pが絡んでる可能性は無さそうですが。

ねこねこソフト関係

ねこねこソフトさん・・・Scarlettを最後ですか・・・・
>Scarlettって、ねこねこさんを代表するといってもいいぐらいのBGMなわけで、
>それをタイトルにするとは、何かあるんじゃないかと思いましたが・・・・こんな結果になるとは・・・。
>しかし、Basil→Navelみたいになることを希望したり・・・w
>今までねこねこさんほど、ユーザーのツボがわかってる会社はなかったかと個人的には思います。
>緊急回避とか緊急回避とか・・・まぁ、去年の暮れあたりから、なんとなく、
>こうなるんじゃないかなーとは思っていましたが・・・・・
>しかし、最後の最後で、すばらしい作品になりそうで期待してます。
>そして、マブラヴオルタですが、マブラヴオルタネイティブの次回作はマブラヴなんていう作品でしょうか?
>次回作もマブラヴオルタの続編だと信じて疑わない人は自分だけではないはずです。どうでしょう?w
>というか、マスターアップ完了して、
>発売決定といわれていても発売する気がしないのは自分だけじゃないはず・・・・・

プロローグ体験版をやってみた限り、「スカーレット」はかなりスケールの大きい話になりそうですな。序盤の催眠兵器っぷりも薄そうだし、主人公が2人というのも、最後の作品にしてかなり冒険してるし。「マブラヴオルタ」は、多分5章構成ぐらいで、第1章がマスターアップしただけと思われ(笑)。2〜3年置きにリリースし続けて、本当の完結はまだ10年以上先(笑)。

>>ねこねこソフト でっかいショックでした・・・大好きなメーカーでしたので・・・
>ここでもたくさんの人が惜しんでいるみたいで本当にユーザーに愛されているメーカーだな〜と思います
>サー○スやアー○ュなんかよりよっぽど好印象だったので残念です

サー○スもアー○ュも、別の意味でファンから愛されてる気はするけど(笑)。かなり歪んでますが。

▽以下その他

Canvas2・第15話でCanvasの「木漏れ日の季節」ピアノバージョンが流れましたね。
>浩樹が紗綾さんを車で送っている時のシーンだと思いました。
>こういう演出結構好きですけどね。

かなすぎ氏自らアニメ版のプロデュースに関わってるからこそ音楽に関してはレベル高いですよね。シナリオも、第1話のエリストラウマの見せ方以外はそんなに悪くないし。

>うーん…ブラック・ラグーンの出来はどうあれ、
>GX編集部は映画批評とかでも偏った意見が目立つんで、個人的には話半分で聞いとこうって感じですねえ。

まあ、多少自画自賛入ってると思うし、言葉通りに受け取る人は少ないと思いますけどね。当初の予定より放送時期が延びてるっぽいけど、それがクオリティアップに繋がるとは限らないしなあ。

>「よみがえる空」や「地獄少女」「怪〜ayakashi〜」などについて
>> 男のオタ向けアニメが全て美少女アニメでも困りますし(^^;、
>ジャンルが同じような作品ばかりでも困りますが、「よみがえる空」や「地獄少女
>「怪〜ayakashi〜」のような作品は...正直企画した意図が理解出来ません。
>今はほとんどのアニメがDVDの売り上げが重要だと思われ、
>ビジネスですからある程度売れると思われる作品が企画されていると思いますが、
>これらの作品は買いたいor売れるような作品には思えません。
>共通するのは”内容が暗い”という事です。
>これらの作品とは方向性が違いますが、「クロノクルセイド」もあの暗い結末を見てしまうと、
>その後のDVDを買う気持ちも薄れてきてしまうと思うのです。
>全話がハッピーな内容のアニメは少ないと思いますし、
>ある程度暗い展開もあって良いかと思いますが、毎回毎回つらい展開や悲しい展開で、
>見終わった後にため息を付いてしまうようなストーリーでは(アニメ好きな人達に)
>DVDや関連商品を売ろうというのが無理な話です。
アニメ作品は今多すぎますし、人気作に人手をより多く動員して、
>少しでもクオリィティをアップさせて、欧米なみにDVD価格を下げて
>(日本アニメ26話入りBOXが5千円前後というのは驚きました)、
>一部のマニアだけでなく、より多くの人にDVDを手に取ってもらうべきかと思います。
>そうする事で業界もより良くなっていくのではないでしょうか?

自分も、どちらかといえばハッピーエンド至上主義寄りですけど、「よみがえる空」や「地獄少女」のような作品も好きですし、内容が暗いから売れないという理論は成り立たないと思いますよ。もちろん、ここで鬱展開にすればオタが喜びそう的な発想で、安易にヒロインを殺したりするシナリオは止めて欲しいですが。あと、原作で死んでないキャラを、アニメ版のシナリオの都合で勝手に殺してしまう展開も言語道断。DVDの価格引き下げは同意ですが、現状ではほぼ不可能でしょうからねえ。DVDやグッズ販売などでペイする構造を捨てて、全く新しいアニメビジネスモデルを考案しない限り無理だろうな…。

2006-01-23

今更だけど、「あると」オープニングムービー良いね。意図的に似せたのか本当に本人制作なのかはわからないけど、確かに新海氏っぽいようで、新海氏っぽくない感じ。

OVA「ヘルシング」<TVA「ブラック・ラグーン」? OVA「ヘルシング」<TVA「ブラック・ラグーン」?を含むブックマーク

> 昨夜はTVKでOVAヘルシング」の特番が放映されるというので、
> 夜中の3時過ぎまで起きてました。
(中略)
> さて感想ですが、放映された部分だけ観ると、
> 全然『ブラック・ラグーン』のアニメのほうが凄いと思ったですよ?
> O×Aじゃないのにね?だから期待してね。

凄い自信だ。まあ、どっちもジェネオン製作ですけど。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

>Fate3話ですが、今回は正直見てて辛いと感じてしまいました。
>まずセイバーランサーの出自とゲイボルクについて解説。
>次に教会にて凛と言峰が聖杯戦争について長々と解説。
>原作知ってる身としてはほぼ解説に終始した今話は退屈極まりない話でした。
>原作知らない人から見ても、今回の長い解説が頭に入ったとは思えません。
>でも次回予告見ると、セイバーバーサーカー相手に忍者の様に飛び跳ねて戦っていたり
>今回出番が無かった桜と藤ねえが登場してたり
セイバーが凛からもらった原作ファンにはおなじみの私服姿で
>士郎と散歩(パトロール?)してるシーンがあったりして退屈はしなさそうです。
>自分はDVDも全巻予約してますし、スタッフにはこれからもっと頑張って貰いたいところです。
>そういえばセイバーがシロウと呼ぶとき、
>どんなイントネーションか気になってましたが 全く普通に呼んでましたw

ランサーゲイボルグに関しては、アニメである利点を活かして、もっと絵で訴える方法が出来たんじゃないなと思いますね。聖杯戦争についての解説は、いくら原作プレイ済みで知っているからと言っても、省けるモノではないし、アニメから入った人にとっても、今後の展開上常に頭に浮かべておかなければならない絶対事項ですからねえ。蔑ろにしてしまったら、バトルロワイヤルの世界観そのものが根底から崩れるので。確かに、シロウはシロウでしたな。漢字とカタカナの違い無いぞ(笑)。

>弓凛の思い出せない云々は…DVDの特典とかで補完してくれたらいいなぁなんて思ってます。

UBWの本筋に関わる事項なので、その部分だけDVDで補完というのは、まず無さそうですが。アニメ版の場合、削られた部分はそのまま最後まで意識せずに済む構成にされてると思うし。

ゲイボルグにはがっかりした。今までいい感じだったのにバトルがしょぼすぎる
>次回予告の場坂戦闘も期待できない。
>あと、凛の10数年かけて魔力をこめてきた10個の宝石のひとつが
>ただの小石をセイバーに投げた程度にしか見えなかったのは俺だけではないはずだ!!
>それにさ、セイバー凛を牽制しているにもかかわらず
>目を離し士朗と会話するとかひどすぎやしませんか?

>>凜が投げつけた魔力を込めた宝石が、ただの小石をぶつけたようにしか見えなかった
>えっ、凛のアレ魔法攻撃だったんですか!? (゚Д゚;) マジでただの石つぶてだと思ってた……。

小石ぶつけたように感じたのは自分だけではないようで。素人が見てもそう思うんだから、制作スタッフも気付いてるハズなんだけどなあ。バトルの見せ方が全体的にそうなんだけど、演出力が足りてない?

>ここには初めての投稿になります。いつも楽しく読ませてもらってます
>Fate3話を見たんですが、凛の中の人が雰囲気をぶち壊しにしているのは気のせいでしょうか?w
>衛宮とセイバーとの初遭遇シーンでの凛の第1声で一挙に萎えました。
>個人的には田中理恵嬢にやってほしかったなぁ・・・。

うーん、自分は先行DVDを見てる頃には馴れてしまっていたので、特に気になりませんでしたが。

セイバーの見えない剣は見えないだけにアニメ的に凄く地味

青い軌跡みたいなので格好良く見せようと頑張ってましたけど、さすがにあれ以上は無理ですな。

Fateの戦闘シーンですが、止め絵はあんまりなかった気がしますが。
>それに原作は文字で表しているので迫力が違うのは当り前かと。
>それに色々文句言っても仕方ないと思いますが。
>戦闘シーンに関しては充分迫力あったと思います。漢字表記テロップは余計と思われます。

おや?何か勘違いしてませんか?止め絵+画面効果というのは、原作の戦闘シーンの事を指してるのですが。それに、「サムライチャンプルー」や「十兵衛ちゃん」と言った、アニメで迫力のある殺陣シーンをやった手本がある以上、それらに見劣りすれば、どうしても文句は出ます。それと、原作知ってるならば、漢字表記の重要性はわかると思うんですけど。と言うか、ジャンプ系のバトル漫画などでもよく見られる、必殺技などにちょっと格好付けた漢字の当て字するのが嫌いとか…?

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜関係

電撃大王『かしまし』最新回読みました。あゆきは良いキャラですね。
>いや、前からそうだと思ってはいましたけど、ますますそう感じました。
>初めて見せた動揺、そして涙にもらい泣き(;>_<;)

今回はあゆきが大幅に株を上げました。初めて見せた涙と、その後涙を拭うコマのコンボにはやられたッ。

>コミック版『かしまし』ネタバレ…ふっ、私はどうやらあかほり氏を見くびっていたようですね…
>まさか、前話の『比翼の鳥』伝説がそんな風に繋がるとは思いませんでした(感嘆)
>これで土曜日の電撃大王発売日がますます楽しみになりましたよ。
>最終回までの道すじが見えてしまったのは寂しいですが、最後まで泣かせてくれそうですね。

運命共有の道をはずむ自身にバラす事はできず、はずむが自分の意志で誰かを選ばなければならないというのがなかなか重い。最終的には、とまりとやす菜2人の運命因子を移植して、3人一緒エンドの可能性も高そうですけど。

>かしまし2話見ました。感想でも触れられてますが、ギャグパートはちょっと微妙でしたねw
>別にギャグに走らなくても普通にいい感じだと思うし。
>それと、メインの3人(はずむ、やす菜、とまり)の中で、
>はずむが一番好きな自分としては明日太の気持ちがよくわかるなあw

ギャグパートのレベルは、まだ原作より少し多いぐらいなので程よい所かもしれませんが。自分も、明日太ポジションには憧れます(笑)。

かりんのウィナー、ウザイといえばウザイがシリアスになりすぎないよう
>作品の明るさを一定に保つのには貢献していると思う。
>同じことはかしましのギャグパートにも言える。
>自分はかしましはシリアスとギャグのバランスが絶妙だと思ってるんですが・・・。
>もう並子先生みてるだけでおなかいっぱいだよー。

シリアスとギャグの割合は、今ぐらいならちょうど良い、と言うか、自分としては、月並子先生以外のギャグパートならもっと増やしても良いぐらいなんですけどね…。

>かしましはギャグパートも含めてあかほり臭をあまり感じないとおもいます。
>かわりにおねてぃ臭がぷんぷんするんですがどうなんだろ・・・

月並子先生と宇宙人は、どこからどう見てもあかほり臭です。本当にありが(ry

ねこねこソフト関係

ねこねこソフト 活動停止宣言ですね。

ねこねこソフトがああああああああああ!!

ねこねこソフトが解散orz 時代が移り変わっていきます…

ねこねこソフト解散について>なぜ?というのが正直な気持ちです。
>ソフトは売れていたはずですし、毎回コミケでも大行列が出来て関連グッズは売れていましたし...。
>前からウワサがあったとの事ですが、間違いなくA級クラスのヒット作を
>制作していたソフトハウスだっただけに、とても不思議です。

ねこねこソフト実質の解散についてなにかコメントしてください〜
http://www.din.or.jp/~nekoneko/info.htm
>ユーザーフレンドリーなのは良かったのですが、やっぱりというか。

ねこねこソフト活動停止…悲しいです。
ラムネアニメ化など色々とあったのに…厳しい現状が浮き彫りになりましたね。

>まずはじめに、あぁぁぁ… ねこねこソフトがぁ… orz
>異常に安いコミケの商品や無料ファンクラブなどやばい要素は色々あったのですが、
>ひいきにしていたメーカーだけに残念です。

ねこねこソフトが次回作品「スカーレット」で最後の作品になるそうで・・・悲しいです(´;ω;`)

ねこねこソフト解散みたいですね・゜・(ノД`)・゜・
>知名度もあって売り上げも悪くないと思ってたし、
ラムネアニメも良かっただけに… エロゲー業界は結構厳しいんですね

>薄々分かっていたとはいえ、実際発表されるとショックですね・・・>ねこねこ

業界飲み会の席で聞いてた噂とか、まあ幾つかあるんですけど、ここに書くのはマズイ事ばかりな感じでして…。新しい事をはじめるための、ねこねこ休止と前向きに考えておいた方が吉かと。それと、「スカーレット」のプロローグ体験版やりましたけど、高校生とか17歳とか普通にゲーム内で明かしてたので驚き。高校生主人公やヒロインがエッチ無しって事ではないと思うんだけど、何年にも渡って描かれるシナリオなのか?それとも、そして○年後みたいなエピローグでのみとか?

車輪の国、向日葵の少女関係

>るーすぼーい氏、車輪が売れたからって同人リメイクとは正直図々しい…有葉さんの絵がまた浪費されるよor

A Profile 完全版」は、車輪がネットなどで評判になるより先に、車輪発売と同時に公式サイトで発表されてたと思いますけど。原画も有葉さん1人ではないですしね。

>車輪を2章で投げてた者です。3章終えましたが、今のとこ、自分の中で一番邪魔だったのがロリ黒人だった…

>車輪終わらせましたー。〆はうまいことはうまいんだけど、シマリがないっつぅか…2週目いってきます

最後の最後のオチの弱さは、プレイした大半の人が感じた部分だろうなあ。法月先生のキャラが素晴らしいので、なんとなく許せてしまうんだけど(笑)。エンディングは、エッチシーン回収にそれほど興味がなければ、ハーレムエンドだけ見ておけばOKかも。

灼眼のシャナ関係

灼眼のシャナ公式の用語解説、ペルソナの項に(大戦時は額に、宝石を添えた飾り紐型)って載ってるけど、
>もしかして大戦編やってくれるのかも。だとしたらかなり嬉しいですね。

やってくれれば嬉しいけど、残りの尺を考えたら無理のような…「半月」すらビックリな超ダイジェストに?

仮面のメイドガイってかんじでした>ヴィルヘルミナ

ヴィルヘルミナペルソナ装着バージョン:なんとなく「メイドガイレディー」という言葉が浮かびました<死

ヴィルヘルミナペルソナ装着バージョンは「仮面のメイドガイ」を連想してしまいました(笑)。

おお、同じ印象を受けた人がたくさん(笑)。言われてみれば確かに。もうメイドガイにしか見えなくなってきた。ヤバイな(笑)。つか、メイドガイもそのうちアニメ化されそうな気配濃厚ですが。

>>漢字表記テロップを入れて欲しい気も これは是非シャナでやってほしいんですが・・・。

シャナも、Fate以上に専門用語分かり難いですからねー。

シャナが裕二に、告白するシーンを作って欲しい

原作ではまだなので、アニメ版でもやるとは思えないけど…。

うたわれるもの関係

>「うたわれるもの」がMBS制作になりそうですね。
>もし「地獄少女」の後枠だとしたら、CSの方は「地獄少女」と同じく、
>キッズ&アニマ同時放送になるのかな?
>あと、チャンピオンRED3月号に載っていた「ウィッチブレイド」の著作権表記に、
>TopCow Production、GONZOGDHに加えて「スカパー!ウェルシンク」の名前がありました。
地獄少女著作権表記にもこの名前があったという事は、スカパーでの放送は確実かな?
>放送するとしたらキッズかアニマックスあたりかな?
>元々アメコミだったんですねこれ。初めて知りました(^^;

>関西の土曜深夜枠でエロゲ系作品が放送されたことはありませんし、うたわれるものは新枠ではないでしょうか

エロゲ系原作が放送された実績有無で判断するのは早計だと思いますが、ジェネオン主導の「魔界戦記ディスガイア」が「灼眼のシャナ」の後番という可能性の方が高い気はする。「うたわれるもの」は新枠かなあ?「ウィッチブレイド」は、発表当初からスカパー!ウェルシンクが入ってましたよ。

落語天女おゆい関係

>初めまして。最近発見して以来チェックしております。
>「おゆい」の構成は、落語的な展開が基盤になっているんじゃないかと思います。
>落語アニメではなく、アニメ落語という感じです。
>戦闘がしょぼいのも細かいネタが効いてるのも「アニメ映像付小噺」と考えれば妙に納得がいきました。
>そして、落語にとらわれず、いろいろな文化を取り入れて
>作られているので(今の時点では)、観てて勉強にもなります。
>ここから路線変更してバトルものになったら、それはそれで良いかもしれませんが。

いや、さすがに戦闘がしょぼい部分を別の解釈で納得してしまうのは無理があるような。作ってる側としては、落語+変身美少女アニメのつもりだと思いますしね。

>「おゆい」、Cyanさんが仰っているとおり、戦闘シーンいただけないですね・・・
>というか、なんか落語の存在感が薄くなってるような・・・。
>せっかく大島美和さんがキャラデザ担当されているのだから、もっと色のあるシーンを(ry

落語芸術協会が関わってる時点で、過剰なお色気には全く期待できないというか、期待するだけ無駄っぽい?

▽BALDR FORCE EXE RESOLUTION関係

>バルドOVAのキャストが判明しましたが… まぁ予想どうりPS2版のキャストですね。
>これで諦めがつきました。原作を細々とやって我慢します…orz

>ある程度予想はしていたのですが、バルドEXEのゲンハの声が鳥山朋一さんでないのが残念です…

まあ、エロアニメ化ならともかく、全年齢アニメコンシューマー版が存在してる時点で当然の結果ですな。電撃大王のコミック版は、プロローグとか主人公の置かれてる状況とか一切説明無しで、いきなり彩音編の中盤から突き進んでましたけど。

▽以下その他

>「パッと見て掴めないと否定的評価」については、短期もの濫造の弊害ですかねぇ
>あと、信者過ぎて重箱の隅をつついた挙句に底貫いて否定的評価、みたいなのが多い気がしますね

重箱の隅を突きすぎる信者というのは、自分も耳が痛いところですが(汗)。原作との比較はしても、それがないから絶対ダメという言い方は極力控えてますけど。

ノエインなどの序盤は謎が多くよくわからない作品は
>後で理解した時やもう一度最初から見るときなどに色々と楽しめるから自分は結構好きなんですけどね・・・

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」「EVE burst error」「DESIRE」「Ever17」「車輪の国、向日葵の少女」と言った作品群が軒並み殿堂入りしてる自分としては、ノエインのような作品は目から鱗なんですよね。自分の中で神聖化してるってのも多少はあるけど、未だに「YU-NO」はシナリオ重視ADVの頂点だと思ってますし。

>「パッと見でわからなければ否定」っていうのは早計ではあるけど、そう判断するのも妥当だとは思いますね。
>今期ではシャナFateノエインあたりに言えることなんですけど、
>広すぎる世界観は視聴者を選ぶ諸刃の剣だと思うんです。
>何度も見返すことによってストーリーに深みが増すとか、
>意味のわからなかったことが理解できるとは言いますが、
>何回も見返すのは一回見ただけで面白いと感じた人以外にありえないんですよね。
>例えば僕の場合だ一日でアニメを見ることを出来る時間は朝の1,2時間程度ですし、
>HDもそれほど余裕が無いので録った番組も一週間おきに更新録画しています。
>そんな状態で同じ話を何度も見ろとか全話保存しろとか言われても (´・ω・`) ですし、
>そういう人はそれほど少数派ではないでしょう。
>一週間おきとサイクルの長いTVアニメ放送みたいなコンテンツは、
>そのあたりのことも深く考慮しなきゃいけないから難しいですよねえ。

1話単位で限られた尺の中で、どれだけ次も見たいと思わせるような部分を盛り込めるかなんですよねえ。考慮すると言っても、原作自体が1話完結型ならともかく、手順をしっかりと踏まなければならない、まずシナリオありきの原作の場合だと、いきなり途中を端折ってアニメ向けにストーリーを改悪なんてしたら、原作ファンにも、アニメファンにも、結果的にはどちらからも喜ばれない半端な代物にしかならないでしょうし。

>どうも、通りすがりの笑い人です。今日ワールドホビーフェスタに行ってきました。
>で、アニメ予定表にある。 妖逆門(ばくぎゃくもん)の情報仕入れてきました。
>原作はちょっとわからないですが、原案がからくりサーカスの藤田先生で、
>3月のサンデーから連載開始だそうです。
>トミーブースも見てきましたが、新しいゾイドの情報はなかったですねえ。
>子供が邪魔で見れなかっただけかも。
>あ、ミニ四駆オンラインの情報はもうでていますか?早くて4月からの開始だそうです。

「妖逆門」は、藤田和日郎氏原案なのか。少し興味がわいてきたかも。「ミニ四駆オンラインレーサー」は、アニメ化が4月からと言う事ではなく、オンラインゲームのサービス提供開始が4月からと言う事ですよね?

>レンタルマギカに限らず、三田誠先生の作品のメイン級ヒロインは、ことごとくツンデレですよ。

そうなのですか。しかし、三田誠氏の作品って、「レンタルマギカ」以外は知名度が(ry

>リーフ新作はまたヘンなジャンルに行きましたね、

自分は麻雀に興味がないからなあ。Leaf信者だけど、デビュー作の「DR2ナイト雀鬼」だけはスルーしたし…。

マブラヴオルタは発売決定だと思うんだけど、そうなるとアニメ化やコンシューマ化はどうなるんでしょう?
>三年前の君のぞみたいに、夏:コンシューマ化、秋:アニメ化みたいになるんでしょうか?

権利をバンダイビジュアルが持ってるのはほぼ間違いないでしょうけど、それ以前に、来月発売のオルタで本当にシリーズ完結するかどうかの方が…。

2006-01-22

今月の「MF文庫J」新刊折り込みチラシでは、「神様家族」「ゼロの使い魔」共に、特に新情報なし。強いて言うなら、アニメ版「ゼロの使い魔」の媒体がテレビで確定したぐらい。「ゼロの使い魔」は、来月の新刊に合わせて続報が出れば良いけど。

Fate/stay night」第3話 「Fate/stay night」第3話を含むブックマーク

作画自体は悪くないのに、止め絵と画面効果だけの原作よりも迫力のない戦闘シーンは、もう少し何とかならないかなあ。『ゲイボルグ』というアニメ初の宝具の真名開放、高度な魔術を繰り出す凛と、それを余裕でキャンセルするセイバー、というのは序盤の見せ場だったのに。凜が投げつけた魔力を込めた宝石が、ただの小石をぶつけたようにしか見えなかったのが特に残念。媒体の違いがあるのでどうにもならない事だけど、地の文が無いために、どうしても説明セリフのオンパレードになってしまい、それも緊迫感が薄れる要因の一つになってるんだろうな。あと、似たような事だけど、言葉だけではわかりにくいので、漢字表記テロップを入れて欲しい気も。今回だと『令呪』とか、今後もセイバーの宝具発動時とか。とりあえず、聖杯戦争のルール解説と士郎の決意が成されたワケだけど、言峰の意味深なセリフや反応は如何にも伏線ですって感じだった(笑)。

Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第15話 「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第15話を含むブックマーク

理事長代理当番回。原作シナリオの重要ポイントはきっちり押さえて、それでいて柳との問題に一段落付いて自分自身と向き合い始めた浩樹を上手く絡ませてるところは上手いな。八つ当たりさせたりとか。前作ヒロインの鷺ノ宮藍@理事長は声だけゲスト出演ですか。ある一部に関しては、エリスよりも子供だった事に気付いたからか、浩樹がエリスを意識し始めた?

ゾイドジェネシス」第41話 「ゾイドジェネシス」第41話を含むブックマーク

ララダ3世が急死(病死?それともジーンの策略?)し、遂にジーンがディガルド武帝に即位。ザイリンさんも中将に昇進。表向きは素直に受けたものの、内心ではジーン野望のための手駒として利用されてる事を確信してる感じだな。一方、気負いすぎて疲労の限界が見え隠れしてるルージと、それを心配するも擦れ違いばかりで切なげなミィ様。そんな自分の寂しさや色々な思いが重なってか、銀ちゃん(ソウタ)の為と同時に、恐らく無意識に自分自身の拠り所として、次第に距離が縮む2人。一体どうなるんだろうな。次回ソウタ脱走→ロンとフェルミの密会遭遇のようだけど、これが決戦前最後の討伐軍内部問題になるか?その後は、いよいよギルドラゴン復活作戦に突入するようだし。

よみがえる空 -Rescue Wings-」第3話 「よみがえる空 -Rescue Wings-」第3話を含むブックマーク

事前情報でわかってはいても、やはり重すぎた。休日の締めがこのアニメだと精神的に辛いな。主人公の青臭い行動がむず痒くて、だけど素人目には同情したくなる部分もあって、生々しいまでの描写と緊張感が、とても痛い。自分もリアルに経験あるけど、最後の葬儀屋は実際あんな感じだよな。着艦とかヘッドライトは燃えたけど、結果に結びつかなければ…。主人公には早く立ち直って欲しいけど、感情で動ける人間を捨てて欲しくはないな。

2006-01-21

TVA「うたわれるもの」はMBS製作TVA「うたわれるもの」はMBS製作?を含むブックマーク

リンク先289参照。Leafファンクラブ会誌で、『関西の皆様お待たせしました、になるよう放送枠調整中』と書かれてましたが、MBS製作になるのか。関東は去年10月の時点では未定…。これが本当なら、「うたわれるもの」と「魔界戦記ディスガイア」が、「灼眼のシャナ」と「地獄少女」の後番?新枠の可能性もあるけど。

陰からマモル!」第3話 「陰からマモル!」第3話を含むブックマーク

マモルの許嫁という重要ポジションをアニメ版では無かった事にされた山芽(ノД`) しかし、代わりに髪を解いたレアな山芽の入浴シーンを追加してくるスタッフの心意気に惚れた(笑)。あと、亜弐間瑠拳が、初めて戦う相手は笑っちゃってまともに戦えない、初戦だけは圧倒的な強さを誇る拳法という設定も無くなって、普通に着ぐるみの動物の能力が使えると言う、格好以外は普通に強そうな拳法になってたな。とまあ、多少は設定が変わってるけど、ほぼ原作通り。でも、アニメ版の微妙なテンポと脱力感には、何だか原作とは違った中毒性があるような。今後、でえとの巻ぐらいしか出番の残ってない椿にも、無意味な間を演出するという役目が。痴態晒してるだけとも言うが(笑)。次回は色々な意味でやべえ〜。『バナーナバナナ』お披露目の時が…。

落語天女おゆい」第3話 「落語天女おゆい」第3話を含むブックマーク

相変わらず、妖魔との言霊を使った戦闘シーンのへっぽこ具合には眉をひそめたくなるんだけど、江戸編になっても、ヒロインズのコントを見てる分には意外と面白かった。タイム・ストリップに、いつ誰が突っ込むのか待ち構えてたら、何事もなかったように全員スルーにはズッコケた(笑)。つか、いきなり江戸時代に放り込まれたのに、ヒロインたち順応し過ぎ。しかし、全12話なのに4話で初変身って…こんな悠長にやってて大丈夫なんだろうか?

2006-01-19

林家志弦はやて×ブレードアニメーションCM放送決定! 林家志弦「はやて×ブレード」アニメーションCM放送決定!を含むブックマーク

先月号でカットが公開されてたもの。コミケ69の電撃大王ブースで先行上映してたかな。単行本第4巻発売にあわせて、アニメーションCMを、『かしまし』枠(テレビ東京:2/1、テレビ大阪:2/1、テレビ愛知:2/2、テレビせとうち:2/1、テレビ北海道:1/31、TVQ九州放送:1/31)、『ガンパレード・オーケストラ』枠(テレビ朝日:1/31、朝日放送:2/1、名古屋テレビ:1/31、九州朝日放送:1/30)にて放送予定。

追記. 電撃大王3月号付録の、ドラマCDはやて・綾那のさわやかセクシーナイト」が結構面白かった。原作未読者相手にするつもり全く無さげのバカ騒ぎが素敵すぎる。フルメタのかなめと思いっきりキャラ被ってるけど、綾那@雪野五月ははまり役だなあ。3月発売のドラマCDも欲しくなった。とりあえず、アニメCMは録画必須で。もしかしたら、電撃大王5月号付録(予定)のアニメプレミアムDVDに収録されるかもしれないけど。2006年早々からプッシュしまくりですが、マジでアニメ化正式決定も近そうだ。

OVA「BALDR FORCE EXE RESOLUTION」キャスト。 OVA「BALDR FORCE EXE RESOLUTION」キャスト。を含むブックマーク

> 相馬透:石田彰
> 瀬川みのり:福井裕佳梨
> 紫藤彩音:根谷美智子
> クーウォン:大塚明夫
> ゲンハ:千葉繁

3月にTV先行放映がある模様。

オーガスト夜明け前より瑠璃色なドラマCDシリーズ、2006年春発売決定! オーガスト「夜明け前より瑠璃色な」ドラマCDシリーズ、2006年春発売決定!を含むブックマーク

発売:マリンエンタテインメント、販売協力:ジェネオンエンタテインメント。その他、メディアワークスよりビジュアルファンブックが3月発売予定。ハーヴェスト出版より小説が2006年春発売予定。

Leaf「フルアニ」2006年春発売予定。 Leaf「フルアニ」2006年春発売予定。を含むブックマーク

キャラクター原案みつみ美里。フルアニメーションADV+脱衣麻雀。日々ネットゲームに興じる主人公・勇。そんな彼の部屋に、隣に住む幼なじみ・倫子が部屋を間違えて乱入してくる。いつものドジッぷりに呆れる勇。ところがその瞬間、雷が建物を直撃!そのショックで、ふたりは異空間へと飛ばされて……。ゲームのストーリー部分に、いわゆるADVパートは存在せず、全てがアニメーション麻雀のみで構成。つまり、麻雀部分以外は全てアニメーションアニメパート制作は、Leaf作品のOVAに携わったスタッフ陣。

PULLTOP「遥かに仰ぎ、麗しの」2006年発売予定。 PULLTOP「遥かに仰ぎ、麗しの」2006年発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:丸谷秀人・健速、原画:藤原々々。教員試験に合格したものの、折からの不況でなかなか就職先が見付けられずにいた主人公・滝沢司。そんな彼に、上流階級の息女のみが通うことができる“風華女学院”から、『教師として働いて欲しい』と誘いがかかる。この話に飛びついた主人公はさっそく学院に向かうが、そこは周囲に娯楽施設どころか民家すらない半島の果てだった。閉ざされた箱庭の中で、純情可憐なお嬢様たちとのスクールライフ。

あかべぇそふとつぅ「その横顔を見つめてしまう〜A Profile 完全版〜」春発売予定。 あかべぇそふとつぅ「その横顔を見つめてしまう〜A Profile 完全版〜」春発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:るーすぼーい、原画:有葉・呉マサヒロ・こんぺいとう。昨年発売された同人ソフトA Profile」を下地にしつつ、各要素を全面改定+エッチシーンの回数&内容を充実。また、TECH GIAN 5月号に、TGバージョンを収録予定。

フロントウイング「女神といっしょ(仮)」春発売予定。 フロントウイング「女神といっしょ(仮)」春発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:反転星・橘ぱん、原画:空中妖彩。不幸な運命を背負った主人公と、紆余曲折の末に同じアパートで暮らすことになったエロエロ女神三姉妹の織り成す純愛エロコメディー。

minoriはるのあしおとファンディスク(仮)」春発売予定。 minori「はるのあしおとファンディスク(仮)」春発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:鏡遊・北川晴・御影、原画:KIMちー・庄名泉石。目玉は、個性派揃いのサブヒロイン達が総登場するサイドストーリー集。5色の髪でお馴染みの仲良し5人娘や、教頭代理・楠木あおいを中心に、エロス重視の外伝物語が展開。定番のオリジナルアニメも収録。その他、勝利すれば対戦相手の痴態が拝める脱衣花札や特製壁紙集、盛り沢山の各種特典など。

D.O.「Branmaker〜シャミー=リスニィの冒険〜」3月予定。 D.O.「Branmaker〜シャミー=リスニィの冒険〜」3月予定。を含むブックマーク

原画:さわのたかじ。Re・Birthプロジェクト第2弾。

La.Chocolat「らぶらび」春発売予定。 La.Chocolat「らぶらび」春発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:白衣まりも、原画:Griffon-XIII。潜って潜ってまた潜る、階層ダンジョン探索+AVG

Juliette「ご主人様へ」3月発売予定。 Juliette「ご主人様へ」3月発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:松木涼・りりあん嬢、原画:ひだかすずね。ハードな陵辱=SMじゃない、貴方の気持ちを暖めるハートフルSM物語。

Selen「Selen妻みっくす+」2006年発売予定。 Selen「Selen妻みっくす+」2006年発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:矢獲・緒莉・ジョージカシハラ・松原和也、原画:奥間まさみ・カワギシケイタロウ。Selenブランド歴代タイトルに登場した代表的な妻キャラと人気の高いキャラの新婚生活を描いたオムニバスアフターストーリー。

Breeze!!「夏音-双ツ夢-」2006年春発売予定。 Breeze!!「夏音-双ツ夢-」2006年春発売予定。を含むブックマーク

ホラーアドベンチャー。原画家はおーじ氏ではない。

Liquid「聖奴隷学園」5月発売予定。 Liquid「聖奴隷学園」5月発売予定。を含むブックマーク

原画:日陰影次。学園に陵辱の嵐が吹き荒れる性奴隷養成ADV。

Studio・ego!「IZUMO学園モノ(仮)」春発売予定。 Studio・ego!「IZUMO学園モノ(仮)」春発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:寺岡健治、原画:山本和枝。ファン待望の「IZUMO2」アフターストーリーが登場。

AniSeed「Relict2〜エピソード・ムーン〜」4月発売予定。 AniSeed「Relict2〜エピソード・ムーン〜」4月発売予定。を含むブックマーク

原画:水月遥。SLGRPG『Relict』に待望の続編が登場。

ArkShell「マエバリ帝国の逆襲(仮)」4月発売予定。 ArkShell「マエバリ帝国の逆襲(仮)」4月発売予定。を含むブックマーク

原画:和馬村正。“マエバリ”をテーマに、近未来が舞台のエロコメADV。

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第2話 「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第2話を含むブックマーク

コミック版では、やす菜の逆告白を受けて困惑するはずむと、はずむをフッたのに、近くをウロチョロするやす菜にイライラするとまり、その2人に挟まれながらも女の子化計画が着々と進むはずむ、と言った展開だったんだけど、アニメ版では構成を変えて、まずは女の子になってしまったはずむに戸惑うとまりにスポットを当てた感じ。とまりの心が揺れ動く様を掘り下げたのは良かったと思う。だけど、全体的にしっとりとした雰囲気の途中に挟まれる、空気の読めてないギャグパート(と言うか、月並子パート)が激しく要らないな。コミック版よりあかほりっぽさが濃くなってて嫌な予感。「MAZE☆爆熱時空」のセルフパロディなオネニーサマ発言は、確かに懐かしいんだけどね…。試着室のブラ付けシーンは、かなり頑張ってた。ポジション的には、やっぱり明日太が一番オイシイよなあ(笑)。次回はやす菜メインかな。

追記. コミック版で、はずむが死亡宣告を受けたけど、今月号の展開で泣いた。もっと超展開かと思ってたのに、運命共同体とはなあ。予想外に綺麗な最終回に向かって神憑ってる気が。以下ネタバレ。

宇宙人の技術を使っても、なぜかはずむが女の子に性別転換してしまった本当の理由が判明。はずむの生命係数=寿命は、あの事故の日で元々潰える予定だった。しかし、宇宙人の再生システムが別の運命因子を検索して女性体として再生することで、誤魔化しながら生きていた。女性体となることで生命の維持が可能だったから、今後はずむが男に戻れることはない。はずむを助ける方法はただ一つ、誰か別の人間の運命因子を移植し、他者の運命因子に寄り添う形で生きること。つまり、ひとつの運命を二人で共有し、いつか死ぬその時まで、ふたりで生きてゆくこと。

灼眼のシャナ」第15話 「灼眼のシャナ」第15話を含むブックマーク

OPは変わらず、EDは新バージョンに。でも、『夜明け生まれ来る少女』の方が良かったな…。先代炎髪灼眼の討ち手、マティルダさんが後ろ姿だけ登場。アニメ版では、『とむらいの鐘』大戦エピソードは補完されない気がするので、もしかして出番はこれだけか?アラストールと契約する際のやり取りで、『天破壌砕』の話も出てきたけど、アニメ版で使われる時は来るのか?今回、話の構成はほぼ原作通りなんだけど、演出やテンポが変なのか、緊張感が余り感じられなかった。ヴィルヘルミナペルソナ装着バージョンは、原作とは違って口元だけ開いてる状態なので、何となく珍妙な気が…。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

>Fate2話についてなんですけど、凛はすでに令呪使用済みですね。
>アチャとの会話で「令呪といい魔力といい最強といっていいだろう」との言葉から
>すでに強制下にあるということが解ります。
>でも、これって原作Play済みじゃないと何のことなのかさっぱりですよね。
>重要なことなんで次回3話か4話で凛にいろいろ聞くあたりとかで説明が入りそうですけど、
>全体的にこのパターンになるのではないかと予想しています。ペンダント拾うのとか。
>つまり、アニメから入った人は後から何回か観直さないと
>何言ってるのか完全に理解できない構成になってるのではないかと。
>最近は単純な構成のものが多かったりすると思うので、
>ここまで込み入って来ると全部を整理しつつ見るのは大変かも。
>DVD買って観るとタイミング的に解りやすいとかだったりして。さすがにそこまではやらないか。
>最後には一気にいろいろと解ってカタルシスを味わえる構成だったら良いな〜、と期待してます。

凛とアーチャーのやり取りは、短すぎて『令呪』発言聞き逃してた…。何回か見直さないと分かり難い構成なのは、原作からしてそうですからね。ゲームの場合、過去ログを見直すのが簡単なので、アニメ版よりは復習しやすいのですが。令呪、魔力、セイバーの不完全な召還状態、聖杯戦争などの説明は、恐らく次回。原作未プレイ者からは、説明セリフ多すぎという不評が多くなりそう。

>ペンダントの宝石は凜が魔力を貯めてたのとは別物っすよ。

ありゃ、そうでしたっけ。さすがに、細かい部分は忘れかけてるなあ。

>UBWのワカメ君は廃人になったんでしたっけ?私的には負の感情を聖杯に吸い取られて
>”とてもいい人”(棒読み)になったんだと思ってましたよ。

確かに“いい人”と言う表現も悪くない(笑)。慎二は、『hollow』の士郎宅訪問エピソードと、黒桜の日記エピソードでは、良い意味で悪友してましたけど。

>どうも初めまして。 Fate関係のコメントで
>>凛のお父さんって少ししかしゃべってないのに辻谷さんを起用するとは・・・
>という方がおられましたが。辻谷耕史氏は音響監督やってるので、
>手近なところで間に合わせたのではと身も蓋も無いことを言ってみる。(笑)

今後もちょい役で出演する可能性高そう。

>>中田譲治vs若本規夫 先日終了したトランスフォーマーでやってました(笑)

トランスフォーマーは見てませんけど、何となく想像できました(笑)。

>初めまして。いつも読ませてもらっています。
fateはこちらでは見れないため、感想等を 楽しみにしています。
>それで質問があるんですが、原作のBGMは アレンジなどされて使用されているのでしょうか?
>ここの場面にはこの曲っていうのが個人的にあったりするので。

原曲そのままではなく、基本的には多少アレンジが加わってる感じです。個人的には、ベタですが、『約束された勝利の剣』『エミヤ』の2曲さえ使い所が間違ってなければオーケー。

>>金ピカ 関智一さんに一票、一発でわかりました
>種のイザークの叫びと比べるとわかりやすいかと・・・

ギルガメッシュの声ですが、関さんで間違いないそうです。(出演している役者さんからお聞きしました)

関智一ボイスでFAですか。英雄王の正式登場は2クール後半だろうけど。

Fateゾイドジェネシスのロン先生ゾイド講座みたいにタイガー道場で用語説明すれば分かり易いかな

おお、それ同意。

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜関係

>かしまし2話もいい感じですね。
>子供の頃の映像と現在の映像を重ねる演出はありきたりですけど かなりよかったです。
>あと、とまりの葛藤の部分も。それと、明日太はうらやましすぎですよね。
>ギャグパートはあかほりが原作ってことで割り切るしかないと思いますよ。
>まあ、ちょっと気になる部分があってもカバーできるぐらいのできですけどね。

>月並子パートは私もいらないと思います。てゆうかキャラの存在自体(ry
>まあそれでもギリギリ許容範囲かな。
>宇宙仁絡みでこれからもキそうですが、
アニメ化にあたってあの手のシーンが増えるのは仕方がないと割り切っていると言うか(苦笑)

>ポリリンの意地な自慰的アピールと思いつつオネニーサマに苦笑できる自分はロートルw

と言うか、男性視聴者的には、明日太が一番感情移入できる立ち位置にいると思うのですよ。ギャグパートは、今以上に膨らまなければ許容範囲ですな。宇宙仁の出番とか増やさないで欲しい。

>かしましは魔法陣グルグルの監督ということで、
>ギャグが面白いとかどうより懐かしさが専攻してしまいます(笑
>テンポ良く進んでいくので、今のところ新作では一番良さげな出来でしょうか

ギャグ自体は寒いんだけど、懐かしさという点に関しては一理ありますな。

>『かしまし』2話、原作と微妙に構成変わってましたけど、むしろこっちの方が良いかもー。
>とまり可愛いよとまり。でもって次回やす菜告白話?

とまり好きには堪らない構成でした(自分含む)。次回、やす菜の逆告白来るのかなあ?もう少し引っ張りそうな気もするけど。

灼眼のシャナ関係

シャナはそろそろ教授編ですけど、教授&ドミノの漫才の出来が心配です。
>あの2人、ものすごく大好きなので

新オープニングで教授が出ると信じてる今日この頃。教授編は、あの2人と漫才と吉田さん(+田中佐藤)に悠二の事がバレるのが見所ですからねえ。あ、あと、『カデシュの心室』@吉田さん(笑)。

>天目一個だけでなく見せ場そのものも跨いで通られたオルゴンが哀れだ……。(ノД`)
>それはともかく今回のMVPは間違いなくウィネでしょう。
>冗長な感じの拭えない本編の中で妙に活き活きとした彼の挙動には萌えるばかりですw

ウィネは一人で面白すぎ。所詮ザコだけどな(笑)。オルゴンは、[仮装舞踏会]に属する紅世の王としては、捨て駒だからなあ。10巻でも少しだけ出番あったけど。

▽以下その他

>ゼロは私も大好きな小説ですが正直戦争が上手くかけていないような。後ラノベアニメ化多いですよね〜
>空の鐘もいつかされないかな〜。いや、されないほうがいい気もするけど

戦争が微妙なのは同意。1・2巻ぐらいの方が良かった。血生臭い話は求めてないので、もっと普通にRPG風のファンタジーバトルにして、軽快なノリを貫いて欲しかった。

>レンタルマギカの穂波もいいツンデレの香りがしますが…

うう、読んでません…。

砂沙美-魔法少女クラブ-・・メインキャストに現役小中学生を起用か・・。
棒読みの感情移入無し、適当アフレコによる作品がまた一つ増えるのか・・はぁ・・・・。

工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工 天地無用!スピンオフなのに、元祖声優陣は隠居扱い?

サンライズ新作は、監督谷口悟朗、キャラデ木村貴宏でメカ物のようです。10月新番予定。
>新メガゾーンはPV実はもう出来てるようです。キャラデザ植田洋一、メカデザやまだたかひろ。

情報どうもです。「スクライド2」は漫画だけの単発ものなんだろうか?

>壮太君は本気でTVらしいです。脚本も見切りでスタートしてるとか。

マジですか…ガクブルものですな。VENET作品は、オープニングと第1話以外は大抵失速するからなあ…。『がぁーでぃあんHearts』のオープニングは好きでした。

>絶賛されてるのを聞いて、キラリティー収録なのはA'sのコミックを読んでみました。
>評判どおりの出来でとてもよかったです。相変わらず扱いの酷いユーノくんに萌
>しかしこの長谷川光司さんという作家の方を知らなかったのですが、絵が巧いですね。
メガミマガジンの方を読んでなかったのが悔やまれます。単行本になればうれしいのですが。

メガミマガジン、コミックキラリティーに掲載されたサイドストーリー8本を収録した単行本が、2月18日に発売予定ですよ。

>今週のマジカノ第3話見ましたか?
>予告は聖闘士星矢のパロだし、舞夏と春生の喧嘩場面はどう見ても芙蓉楓のアレです。
>狙ってるとしか思えないけどオチも笑えたし。マジカノは色んな意味で壊れてるのが良いですね。

いや、自分の地域では第3話の放送はまだなので…。キャプサイトの画像を見た限り、原作通りなら、舞夏と春生の喧嘩はお芝居の稽古(「マジカノ」原作の方が先なので、「SHUFFLE!」の楓は特に関係ないかと)、最後は、生まれた時に春生を連れて行ったら泣きやんだので、生まれた時からDNAレベルで好きでした、というオチだったと思いますが。

>話は変わりますが、原作付きアニメの件は激しく同意です。
>個人の感じ方だから仕方ないのかもしれないですけど、始めの一話だけで何が分かるのかと…

>「パッと見て掴めないと否定的評価」については、短期もの濫造の弊害ですかねぇ
>あと、信者過ぎて重箱の隅をつついた挙句に底貫いて否定的評価、みたいなのが多い気がしますね

まあ、作画の悪さやキャラデザがそもそも嫌いとか、ストーリーとは全く別の要素で切り捨てられる事もあるでしょうけど。漫画とアニメの場合は、次の話までの間が空いてしまうので、なるべく各話単位で見所を1つは入れるのを前提としてストーリーを作ってる事、ゲームとライトノベルの場合は、ゲーム1作品ないし文庫1巻の中で起承転結が収まっていれば作品として成り立つ事(最悪、クライマックスを盛り上げるために、それに至るまでの全てを準備作業に費やしても良い)、この、盛り上がる箇所に到達するまでのスパンの違いがネックになってるんだと思う。

>>パッと見てストーリーや謎が分かり易かったり、掴みが盛り上がらないと、
>それだけでつまらないと判断する傾向にあるような気がする
>はい(_ _)/ノエインの1話を見てよくわからなかったんで脱落した僕は駄目な子でしょうか?

駄目とは言いませんけど(笑)、見切ったのは勿体ない作品かと。2クール目に入っても、まだ謎は多いですが。

2006-01-18

アニメ「壮太君のアキハバラ奮闘記」スタッフ。 アニメ「壮太君のアキハバラ奮闘記」スタッフ。を含むブックマーク

> アニメーション制作:VENET
> 監督:荒木英樹
> シリーズ構成:田中弘之
> プロデューサー:新谷義浩

VENETにTVシリーズをやる体力があるのか疑問なんだけど、もしかしてOVAシリーズなんだろうか?

テレ東・東不可止PDの携帯コラムによると、4月新番組は15本予定(新番組扱い含む)。 テレ東・東不可止PDの携帯コラムによると、4月新番組は15本予定(新番組扱い含む)。を含むブックマーク

うち深夜は7本くらいで、今月末頃から徐々に発表予定。ウワサを含めて現時点でほぼ確定なのは、「ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」「牙-KIBA-」「ふぁいなりすと」「スクールランブル 二学期」「銀魂」「きらりん☆レボリューション」「ARIA The ANIMATION 第2期」「ケロロ軍曹 3年目」「甲虫王者ムシキング 新シリーズ」「おねがいマイメロディ 2年目」の10本かな。半年延長が決まった「格闘美神 武龍」も含まれるのか? また、ちょっと大きな動きがあり、いろいろ大変とのこと。もしかして、ウワサのテレ東夕方アニメ枠撤退ってヤツ?

ノエイン もうひとりの君へ」第14話 「ノエイン もうひとりの君へ」第14話を含むブックマーク

野鳥観察家として下宿人になるアトリとトビに対して、殺気を漲らせて野鳥観察するヤツなんて変だとハブられるカラス(笑)。ミホはアトリにメチャ懐いてるし。久々に和やかな雰囲気の中、一人イライラと感じの悪いユウ。そんなユウをカラスが連れ出して、ハルカを守れと再度告げるんだけど、ユウが嫉妬している事に気付いたため、初恋話に発展。ユウがハルカを意識し始めた時を聞いてカラスが驚いてたんだけど、いくら次元が近似値でも、好きになった過程はやはり違うという事か。後半は、前半のカラスとユウの過去とダブらせる感じで、別時空に干渉しているらしい怪電話を通じて、ハルカパパとハルカママの過去に触れるホラーチックな話に。同じようなシーンを何度も見せられて辛かったけど、微妙に構図やセリフを変えてる所は芸が細かいな。未来を変える事が出来るかどうかの延長線上のテーマで、なかなか奥深かった。最後の電話は、ハルカ@ラクリマからのメッセージか?次回から遂にシャングリラ編突入?公式サイトの予告を見ると、発狂アトリ復活の気配がする。

地獄少女」第15話 「地獄少女」第15話を含むブックマーク

依頼人カップルが妙に物わかりが良かったので、今度こそ回避できるかと思いきや、ターゲットが、予想のはるか斜め上を行くサイコさんだったので、またしても失敗。久しぶりに緊急回避系だったな。徐々に地獄組コントのシーンが減って、はじめちゃんの説得と、回を増す毎にツッコミの冴えるつぐみが見所になってる。はじめちゃん達とあい達との距離が少しずつ縮むと同時に、地獄組の妨害工作も直接的に。崖から落とされて平気なはじめちゃんは、まだギャグで済んでるけど(笑)。

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」第3話 「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」第3話を含むブックマーク

エンディングが変わった。有人が興味を持つもの探しで、2人が張り合ってる所だけはちょっと面白かった。本筋無視して、最後までラブコメやってた方が良いような気が…。黒きらはの嫉妬と、キサの変態行為だけでお腹いっぱいになると思う。何でも願いの叶う『第三のアリスの書』は有人の能力で無限コピー可能だとか、まだアニメ版では明かされてないけど、ありすの鍵の力も能力コピーっぽいし、アリスロワイヤルをやる必要全くないよな?アリス能力者全員集めて、有人が写本完成させて全員にコピー配布すれば。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

>Fate2話見ました。セイバーさん可愛いッすねw
>ただ、原作未プレイ組としては、凛が何に驚いて士郎を助けたのか
>よくわからないところがちょっと気になりました。
>魔法を使うシーンは、宝石を媒介か何かにして魔力を行使しているという解釈でいいんでしょうか?
Fateって有名すぎる分、未プレイなのに中途半端な知識だけ得て、
>変な勘違いしちゃうのが困りどころですよねぇ。
ギルガメッシュとかキャスターとか言われても飯島愛とニコラスゲージしか思い浮かばん…(汗)

宝石が魔力の媒介というよりも、遠坂の魔術師が主に魔力を蓄えておく為に使うのが宝石。士郎を助けた宝石は、凜が幼少の頃から着々と魔力を充填してきた取っておきでしたが。凜が士郎を見て驚いて助けた理由は、16日のレスにも書いた通り。アニメ版の第1話・第2話を見て、凛と関係がありそうで、士郎が死ぬと悲しむ人間と言えば、1人ぐらいしか残りませんね(笑)。

>ペンダントは返還してないし令呪を使わなかったから
>能力ダウンでキャスターにつく必要がなくなった訳だし
>どう考えてもUBWはTVで拝めそうになさそうな気がしてきた

UBWとHFは、アニメ版でルート再現される可能性は限りなく低い気がするので、あとは、UBWとHFで明らかになる真実が、どれぐらいアニメ版でも補完されるかに注目した方が良さげです。伏線放置だけはやめて欲しい。

>凛ルートと桜ルートをやらないとシロウの物語としては不完全だと思うけど難しいだろうなぁ

原作全クリ後の天国温泉(笑)で、セイバールートと凜ルートが表裏一体の士郎の物語で、桜ルートは、聖杯戦争の真実と解答の1つと言ってるので、桜ルートはばっさりカットしても、士郎の物語としては、一応、問題は無いのでは?

>信二役の神谷浩史さんてどっかで聞いたことある声だと思ったら
水瀬さんちで久瀬役の人でしたw

>>Fate 今回一番の見せ場だったランサーVSアーチャーの描写が
>かなり少なく駆け足だったような気がします・・・
>結局干将・莫耶の大量生成やゲイボルグとの切り結びもなかったですし・・・
>あと、後々説明が出てくるかとは思うんですが
>ペンダントというか宝石に魔力を貯めている説明が無いと
>ペンダントの存在意味やアーチャーの「本当によかったのか?」の台詞の意味がわからないような・・・
>僕も慎二は無駄に声だけかっこよすぎだと思いましたがやっぱり嫌いですw
>凛のお父さんって少ししかしゃべってないのに辻谷さんを起用するとは・・・

>カンショウ・バクヤの投影&投擲が無かったのが個人的に残念
>その後ふと思ったのですが、これが無い事もUBWルートの消滅に裏付けれるかなぁ?
>他ほど強い複線にはなりませんが、UBWなら入れておきたい描写でしょうし・・・

アーチャーが、弓兵なのに剣で接近戦やってる事とか、投影の事とかは、士郎が投影の能力に目覚めてから語るために、敢えて後回しにしたのかも。UBWをやらないのであれば、士郎とアーチャーの類似点は、なるべく近いエピソードで見せた方が、原作未プレイ者には優しい配慮かと。慎二の退場は何話ぐらいだろう?待ち遠しいな(笑)。

>Fate2話・・・・確かに説明不足ですが、これも奈須さんの策略だと考えていたり。
>原作未プレイの人でも分かるように、追々説明されていくんじゃないかなーと。
>まぁ、TYPE-MOON作品の世界観分かるためには事前に何らかの場所で情報収集しないと、
>広すぎてわかりきれないと思いますけどね。
>到底、Fateアニメ2クールだけじゃ語りきれませんし。
月姫空の境界からの設定云々やら、流れとかも理解してると、
>3倍美味しいというか、通常の3倍以上楽しめますね。
>まぁ、まだ、説明不足すぎるとかいうのには早いかと。追々説明されていくかもしれませんしね。

アニメ版は説明不足と感想に書きましたけど、実際、原作でも本当の意味で謎が明らかになるのは後半なんですよね。ゲーム原作に限らず、原作付きアニメで、アニメしか見ない人の場合、パッと見てストーリーや謎が分かり易かったり、掴みが盛り上がらないと、それだけでつまらないと判断する傾向にあるような気がする。自分は、序盤はじっくりジリジリと積み重ねて、終盤で一気に収束する展開の方が好きなんだけど。

>>それならば、メルブラ空の境界キャラも、モブキャラで是非。
>是非とも言峰、荒耶、ネロ(非アニメ)で中田譲治の独壇場を(笑)。

熱すぎです(笑)。中田譲治vs若本規夫アニメが実現したら素敵だ。

>「Fate」のギルガメッシュの声を担当されている方は、関智一さんなんでしょうか?
>自分は檜山修之さんではないかと思ったのですが・・・
>正式に登場するのはまだ先になるのでしょうが、実際のところ誰なのか気になります。

自分は声だけではわかりませんでしたが、現状多数決なら関智一さん説濃厚?

>ディーンはやったシーン順に担当原画マンが並ぶのだよ。だからヘボい所がなるっせっちさ。

ヘボいかどうかは別として、ディーン作品はそんな法則になってたんですか。なるほど。

Fateアニメの話だか、バゼットが登場する可能性はどう思います?

2話までの端折り方を考えると、バゼットを出してる余裕はなさげ。

Canvas2 〜虹色のスケッチ〜関係

Canvas2>うーん・・・・無理矢理エリスに持ってった感が否めませんね・・・・
>原作どおりにもってったほうが違和感なくいけただろうに・・・・
>まぁ、あのまま霧ルートのほうが自然な流れですけど、
エリスのほうが、やっぱり原作でも一番メイン(?)っぽいんで仕方ないんですけど、もってき方が・・・うーむ。

今回は不満点多かったけど、エロゲー原作としては主人公がヘタレてないので、今後はイライラ感も減るだろうし、こんなもんかなあ。浩樹はコミック版のやさぐれバージョンが一番しっくり来ますが。

Canvas2の柳がつよきすのフカヒレに見えて仕方なかったです。霧が「シンちゃん」と呼ぶから余計に。

フカヒレを、柳ごときとダブらせてはダメですよ。フカヒレは、もっと“漢”ですから(笑)。エロゲー主人公の男友達としては最強ランクの。

半分の月がのぼる空関係

>>>半分の月がのぼる空 原作未読者ですが趣旨がわかりやすく、
>わけわかんないアニメが多い今期新番の中ではかなり切なくて好感触でした
>ヒロインの里香ですがシャナに比べるとまともなツンデレキャラな気がします・・・
>ところでステージ☆ななさんのナルキッソスを思い浮かべたのは僕だけでしょうか?

自分はまだ未プレイなのでわからなかったんですけど、似てるみたいですね。>ナルキッソス
ツンデレキャラならルイズ最萌えです。「ゼロの使い魔」マジおすすめ。(しつこい)

>そういえば半月の原作って元は読み切りの短編企画だったことを考えると
>1話のダイジェストに違和感が無いのもうなずけるかな…。
電撃hp掲載版もかなり削られてたけどあまり違和感はなかったし。

アニメ版のように、超圧縮展開で原作4巻までを全6話でやるのと、OVA全3巻ぐらいで、原作1巻だけを丁寧にやるのとだったら、どっちが良かったんだろうな…。

▽以下その他

>車輪はFDでますかね〜?FDなら結構万人受けするかと。

重いストーリーなので、苦手な人は苦手っぽいですからねえ。ファンディスクは出して欲しい。幻の南雲えりルートを入れて(笑)。あと、「車輪〜陵辱side〜」も。

今日の5の2のDVD、発売は"あの"エイベックスなんですね・・・。なんか残念です。

ゾイドジェネシス」や「蟲師」のような作品もあるので、ブランド名だけで判断するのは尚早かと。確かに、デュアルボイスは不要かもしれませんが。アニメ制作の真空間は、エロアニメ系ではアームスに次いで良い作品を制作してる会社だと思うので。

>練馬大根2話 良いのかこれw さすがに作画に3文字な国の人達はいなかったな・・・

感想は書きませんでしたけど、ネタが際どすぎましたな(笑)。「それゆけ!徹之進」と並んで、金金金で汚い話だし。下ネタも、ガチホモネタに続いて、今度はガチで強姦未遂だし。もはや、下ネタではなく直球。

2006-01-16

桜場コハル今日の5の2アニメDVD、3/24発売&レンタル開始決定! 桜場コハル「今日の5の2」アニメDVD、3/24発売&レンタル開始決定!を含むブックマーク

今日発売のヤンマガで正式発表。アニメーション制作:真空間、発売元:エイベックス・アットエンタテインメイト。美少女アイドルユニット『Sweet Kiss』とのコラボ企画として、通常の声優バージョンと、『Sweet Kiss』バージョンの2つの音声を収録。

Fate/stay night」第2話 「Fate/stay night」第2話を含むブックマーク

セイバー召喚でプロローグが終わり、次回からようやく本番。とりあえずここまでは、ほぼ原作通り。まだ選択肢の無い部分だから当然と言えば当然ですが。次回のセイバーVSアーチャーの結果次第でFateルートかUBWルートか、大体決まってくるハズなんだけど……アニメ版に関しては、そうとは言い切れないか。プロローグに2話費やして、必要な要素の捨拾選択も間違ってるとは思えないんだけど、それでも説明不足に感じてしまうのは、原作での膨大な情報は「Fate」という世界を語る上で余すことなく重要だった、という証明なんだろうなあ。特に今回わかりにくかったと思うのは、凜が大事なペンダント型宝石の力を、リスクを冒してまで士郎に使ってしまった事。凜が士郎を助けた理由とペンダントは、物語後半で明らかになる重要な伏線なので、今回意味ありげに映したけど、拾う描写を入れなかったのが、何を意図した演出だったのかは気になるな。あと、戦闘シーンの演出はもう少し頑張って欲しいかも。慎二は声だけ格好良すぎ(笑)。激しく人を苛つかせるヤツなのは変わらないが。

Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第14話 「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第14話を含むブックマーク

温い、温すぎる。柳はもう退場?エリスの柳に対する印象は酷いな(笑)。しかも、それが核心を突いてる所がなんとも。結局、絵が描けない根本的な原因は浩樹自身にあるという結論にされて、消化不良かつ微妙に後味の悪い幕引きだなあ。今までの原作と変えた設定は比較的成功してると思ってたんだけど、原作:完全な盗作アニメ版:構図を盗んだ、という変更は明らかに失敗だろう。今回、柳が霧を賭けて浩樹と絵の勝負をするエピソードを削り、エリスに真実を明かし、浩樹を叱咤させる役をエリスに与える事で、強引に霧ルートからエリスルートに戻したように感じた。これは、エリスエンドで確定と見て良いのかな?次回は代理当番回来るー。更にその次は、再び可奈当番回だそうで。

よみがえる空 -Rescue Wings-」第2話 「よみがえる空 -Rescue Wings-」第2話を含むブックマーク

静かな滑り出しの第1話とは打って変わって、畳み掛けるような怒濤の展開。主人公たちのモノローグ一切無しで、BGMも極力使わない地味な演出が、逆に凄い緊張感を醸し出している。内容的に、面白いと思ってしまうのは不謹慎な感じですが、救助モノはやっぱりワクワクしてしまう。だけど、最後の置き去りにされたままの犬のシーンと次回予告からも何となくわかるし、公式やアニメ誌のあらすじを読んでも明らかですが、あの少女は亡くなってしまうらしいので、既に凹み気味。少女の死を目の当たりにして、主人公が一つ成長する流れなんだろうけど。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

>Fate2話見ました。1話よりは話が動き始めたので面白かったです。
>あのパーマ君もなかなかムカつくやつでw
>あれを友達と言える士郎は優しいのか天然なのか、
>それとも後半に改心イベントでもあるからそう言えるのか。
>あとは士郎と凛の関係について、2人とも知り合いっぽいのは見たら分かるんですが
>何かそれ以上に深い関係なんでしょうか?

慎二は、×されるか、廃人になるか、まあそう言う運命の人です(笑)。士郎は、第1話でしつこく語られていた通り、自分一人の犠牲で他の人が助かるならどんな事でも引き受ける、それが正義の味方の一歩だと思ってるので。士郎と凜は、一応知り合いだけど現時点では直接的に深い関係ではないかと。士郎を助けた一番の理由は、凜にとって大切なある人を悲しませないため、かな?

>凜のペンダントを拾うシーンがない時点で
セイバールート(Fateルート)が主軸になる気がしますね。
>後はどの程度UBWを盛り込むかなんですが、今のペースで全26話では・・・

アーチャーが凛にペンダントを返還する描写は
>アレの決定的な物になるからもうFateではないかな?

自分も、ほぼFateルート中心で決まりだと思ってます。凜トゥルーエンドのCGが、こんなに早くアニメ版でも使われるとは思ってなかったし。ただ、FateとUBWは表裏一体のシナリオであり、両方を攻略しないと士郎の物語が完結しないので、アーチャーの正体とか最低限の要素は盛り込んでくれると信じてますが。

Fate 原作未プレイですが、概ねよい感じですね。
>一応大まかな設定等は信者の知り合いから聞いてるので
>ほかの未プレイな人よりはわかってるほうだからかな。
>戦闘シーンは原作の6割を含める(誇大)みたいですからたしかにもう少しがんばってほしいかも
PS2版デュエルセイバーデスティニーをプレイしたんですが(Win版はジャスティスまで終了済)
>アクションシーンの処理落ちが酷くて、かなり萎えました。(雑魚3体ぐらいでEX使うとスローがかかり始める)
>あとクレアルートがWin版ハーレムのED結果が違うだけなのでさすがに逆移植はなさそうです(苦笑

戦闘シーンの理想は、「サムライチャンプルー」レベルかなあ。絶対無理っぽいけど…。バルドフォースエグゼにはハマりましたが、デュエルセイバーはまだ積みゲーになってたりして。

>Fate2話見ました。原作ゲームをプレイしてる時も思っていた事なのですが
アニメの方も2話目にして早くも凛が真の主人公化してきたなぁ、と言う感じです。
アーチャーVSランサーはいまいち迫力不足というか、スピード感がもう少し欲しかった。
>そして予想通りラストでセイバー召喚キター
>うん、なかなか可愛さと凛々しさをセイバーファンとして満足出来る作画で描かれてて一安心。
>これでプロローグが終わって次回から本編スタートという感じでしょうか。
>ところでエンディングのスタッフのクレジット見てちょっとビックリしました。
>原画のスタッフのいちばん最初に楽画喜堂のなるせひろのりさんの名前がありました。
アニメFateに参加してるのは知ってましたが、先頭に名前が載ってるってことは
>なるせさんって結構重要なポジション任されてるってことでしょうか?

セイバー召還シーンは確かに良かった。特殊効果を使った止め絵の綺麗さなら、昨今のアニメの中ではトップクラスですな。なるせさんは、第2話で担当した原画枚数が一番多かったと言うことではないかと。

>ん〜っと、こういうのはなんですが、Fate/stay night
>普通にダメだろうとか思うのですが……ちょっと、原作ファンの欲目補正がききすぎかな、と。

どうですかね?演出に関しては凡庸だと思いますけど。

Fate、原作知らない人は楽しめてるのかなぁ…これ。
>2話アバンでの凛とアーチャーの真名と記憶が思い出せない云々のやり取りなんて
>補足一切無いままいきなり「まだ思い出せないの?」
>→「召喚時の不具合で情報が混濁したままなのだ」とか言い始めるから、
>その辺り知ってる自分でも一瞬素で『真名?思い出せない?何のことだ?』って思っちゃいましたよ。

説明不足は、もう割り切るしかないと思いますよ。必要な情報全て忠実にアニメ化していたら、100話あっても足りない気がする。

Fateルートでなぞの金ぴかの登場のインパクトが
>最初にギルvsセイバーを持ってきたことでなくなったのが残念・・・

きっと、スタッフ的にも金ぴかの存在意義はあの程度だったと(ry

Fateは原作者絡んでいるのですからお遊びで月姫キャラを画面の隅にでも出ないかな(笑)。

それならば、メルブラ空の境界キャラも、モブキャラで是非。

>14日にFate放送開始しましたが、キャストの欄にセイバーとギルがいませんでした。ギルって関智さん?

一応、第1話の時点では謎のシルエットキャラですから(笑)。

>弓と士郎の中の人って別人なんでしょうか? サスケ声を基準に年齢を上下したようにしか聞こえない……
>いえ、もちろん先入観もあるのでしょうが(笑)

中の人は別人ですねえ。同じ人が演じてたら、いくらなんでも直球すぎだからなあ(笑)。

>ペンダント拾う演出入れたらあれがそれなのがバレバレでやんすよ

アニメ版は、どうしても説明不足で謎が多すぎると掴みに欠けると思うので、分かり易いぐらいがちょうど良いような気もします。

半分の月がのぼる空関係

>半月は元々15分×12話というのは知ってるんですが、
>テレビで全6話という変則的な形態にどういう意味があるんでしょうか?
>通常の1クール作品にするほどの商品価値がなかったということ?
>原作派ですが、超圧縮展開よりも裕一のもみあげが気になって気になって…

もみあげ…確かに(笑)。元々の形態が15分だったのは、m.o.e.レーベル作品として企画が通ったからなんじゃないかな。

><半分の月がのぼる空 1話> 原作未読ですが、
>2人が好きになっていく描写が少ないとは思いましたが、
>あとは特に違和感はありませんでした。
キャラデザはたしかに少しクセはありますが(^^;普通に見れましたよ。

>「半分の月がのぼる空」原作未読者ですが、凄いスピードの展開に驚愕しました。
>マツシタ監督の作品というと、同じノベル原作の「マリア様がみてる」を
>思い出しますが、あの作品も結構省略されている部分があったものの、
>今作はそれ以上だったようで・・・。しかし、「アリス」と違って原作未読の
>自分としても話についていくことは十分出来ているので、
>今後の放送を楽しみにしていきたいと思います。

半分の月がのぼる空の原作を知らない身としてはアニメはあんまり違和感ありませんでしたな
>多少駆け足には見えましたが

あり得ないぐらい原作を端折ってるのにも関わらず、原作未読者に違和感をそれほど感じさせない構成は、結構神懸かってましたよ。だけど、やっぱり病院という閉鎖空間での2人の純愛ストーリーなのに、2人の感情の移り変わりを描いている余裕がほとんど無いのは残念としか言いようが。

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜関係

>『かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜』の月並子先生って
>『六門天外モンコレナイト』の極稀並子先生のパロディでしょうか?
>(その為に水谷優子さんをキャスティング?)

クロスオーバーとまでは行かないけど、セルフパロディでしょうな。

>かしまし、はずむの命、後30日って女の子としての命のことだと思うんですよね・・・

もしそうだと、もうすぐ最終回と言うことに?宇宙仁は生命係数とか言ってましたが…。

「かしまし」AT-Xでも放送開始という事で、録画した第1話を見ました。
>画も綺麗だし、ストーリーもなんだか切なくて好印象です(^^)
>今期は「マジカノ「かしまし」「あまえないでよっ!!喝!!」と良作が目立ちますね。
>あとは2月の「落語天女おゆい」と「永久アリス輪舞曲」がどれ程の出来になるか楽しみです。
>そういえば2月からAT-Xでようやく「蒼穹のファフナー」が放送開始です(^^;本当、長かった…。
>昨年末に放送されたスペシャル版もやるのかな?

アリスはネタとしては良コンテンツだと思うけど、おゆいは微妙。ファフナーは、TVシリーズを見切った口なので、スペシャルもまだ見てなかったり。

ゾイドジェネシス関係

>ムテキ団万歳。ある意味反乱軍の中核になっていくんでしょうか、やっぱり。
>特に食事方面とかギャグパートとか(笑)

>EDに無敵団が出てきたのは今回の前不利だったのかw
ザイリンさんマジヤバイよ!

ムテキ団復活は素敵すぎるんですが、レギュラー化すると、今まで築き上げてきた丁寧なシナリオを根本から破壊してしまう恐れがある諸刃の剣ゾイドジェネシスのラストバトルを飾るのは、ジーンでも天空人でもなく、ザイリンさんしかいないと思うので、倒れるのはまだ早いぞ。

魔法少女リリカルなのはA's関係

>コミックキラリティーに載ってるなのはの後日談はお読みになったでしょうか。
>個人的に最終回見ても少しすっきりしない感じだったのですが、
>それが一気に解消される位とてもよかったです。
>ドラマCD3巻でこの辺の話も入るとは思うのですが、やはり映像で見たいですねー。
>魔導師組VS騎士組のチームバトル戦ハァハァ

>なのはA's、SS02はアニメ本編に入れた方がいいくらいの密度の高さでした。
>最終回でいきなり言葉が出てきた戦技教導官に対する伏線もあり、
>掘り下げが足りなかったリィンフォースや騎士達の過去等々…
>キラリティー連載の方も本局勤めのエピソードをしっかり描いてあって
>唐突に感じた本編エピローグの印象も随分変わった気がします。

読みましたよ。本編のエピローグとしては最高でした。特に大技ぶっ放す時のなのはの表情(笑)。アニメがあと1話あれば、この漫画のエピソードを6年後のエピローグの前に挟んで、もっと完璧な最終回が拝めただろうなあ。本当に惜しい。

▽以下その他

>どうも、通りすがりの笑い人です。 陰からマモル見てる人によっては、酷評が目立ち増すねえ。
>1クールもののとはいえ、そんなに悪い作品には見えませんが。
>話は変わりますがレモンエンジェルって、アイドル養成アニメだそうですねえ。あれがアイドルとは。
>4月からやるラブゲッチュも、声優養成アニメだとか。 すごいですねえ。
>ところで、金色のガッシュ・ベルがオリジナルに入ったのですが。3月で終わりなのでしょうか?
>原作も、作者が描けない状態なので。 原作追いついているんですよねえ。
>で、ガッシュノ後にデジモンがまたやると言う噂があるのですが。本当なのでしょうか?

陰からマモル!」は、原作を知っていれば、原作付きのアニメ化としては、かなり優遇されてる出来だと思います。放送時間帯が深夜でなければ、また別の評価になってたような。ガッシュの後がデジモンのウワサは、まだ正式なソースは無いんでしたっけ?

>車輪1週目終了しましたが第5章の展開は予想外で驚きの連続でした。
>これから2周目いってきますー

第5章は、最後の最後の締めが弱いことを除けば最高です。ただ、車輪は基本的に一本道なので、2週目以降のエンディング回収作業は、結構ダルいかも。

ラノベ作品を代表するツンデレヒロインといえば「GOSICK」のヴィクトリカなんかもありますが、
>富士ミスオリジナル作品ので、アニメ化の動きはあるんでしょか?

そういえば、そうらしいですね。と言うのも、まだ原作未読だったりして。正確には全巻持ってるけど積んでます(汗)。でも、ラノベツンデレヒロインと言ったら、自分的にはルイズがメチャ好きなので、仮に順位を付けても越えられない壁が。富士見は「かりん」と「ザ・サード」が終わるまではアニメ新企画は表面化してこないのでは?

2006-01-15

ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」第2話 「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」第2話を含むブックマーク

なにこのインサイダー取引推奨アニメ。確かに今のトレンドには違いないけれど、犬がデイトレイドしてる世界って一体。セレブナイトに変身した徹之進だけど、あのダサヒーローチックな格好はセトさまの趣味で、実際は3分だけ人間の姿になれる以外特別な能力もない変態仮面なのか…。空回りっぷりが痛すぎる(笑)。しっかしなー、どう考えても、バカ嫁と離婚するだけでハッピーエンドを迎えられそうな感じなのですが。

タクティカルロア」第2話 「タクティカルロア」第2話を含むブックマーク

すっかりクールな艦長に変わってしまったと思っていたなな姉は、実はちっとも変わってない泣き虫だった事を主人公が知る話。第1話に比べたら面白かった。世界観も何となく把握できてきたし。まだ、テロリスト達の立ち位置は良くわからないけど。物語導入部の使い捨てキャラかと思ったら、結構重要なポジションっぽいが。あと、エンディングの少女も謎だしね。しかし、次回はまたエロでテコ入れ。これでもかと言うぐらいお色気シーンばかりを寄せ集めた予告映像には笑った。

落語天女おゆい」第2話 「落語天女おゆい」第2話を含むブックマーク

歌丸師匠に続いて、小遊三師匠登場。落語のシーンはさすがと言うべきか。ギャグパートだった歌丸師匠の時とは違い、アニメで落語を再現するための丁寧な作りに感心。学園落研アニメにした方が安定して楽しめる作品になってたと思う。現代と江戸とは行き来できるんだろうか?江戸に行きっぱなしだと、かなり不安。江戸パートは要らない、というか、妖魔に襲われる触手モノで「落語天女おゆい XRATED」を作(ry

陰からマモル!」第2話 「陰からマモル!」第2話を含むブックマーク

時代劇かぶれの剣客少女、真双津椿登場。ベタベタでバカバカしい話だけど、原作を忠実に映像化してるな。椿は時代劇部ではなく、テニス部に入部できたのか? 軽快な演出で、特に頭を使うことなく気軽に見られて楽しいし、悪くないと思う。ただ、明らかに深夜向けのアニメではないが。次回は、途中のエピソードをすっ飛ばして、早くも山芽登場のようで。原作屈指(?)のお色気エピソードだと思うんだけど、ネコ耳コスプレのヘソ出しルックがテレ東チェックでNGになったと言うウワサが…。

ゾイドジェネシス」第40話 「ゾイドジェネシス」第40話を含むブックマーク

帰ってきた、天下無敵のムテキ団!さらに、ムテキ兄貴との再会まで!マイナーチェンジしたエンディングは、本当に再登場の前振りだったのか。ならば、リンナ達の再登場にも期待して良いのか!?しかし、今まで戦争に於ける人の動かし方や戦略などを丁寧に描写してきたけど、今度はムテキ団を使って食事の重要性まで謳うとはね。後半のラ・カンとザイリンさんの戦術対決も中々盛り上がった。ザイリンさんの抵抗むなしく発射されてしまう、バイオ粒子砲。破壊力は無印の重力砲(グラヴィティカノン)並かそれ以上?不敵な笑みを見せるジーンが、あからさまに怪しい。ロンがセイジュウロウは絶対に治ると言ったのは、天空人の知識を使ったからだろうなあ。

2006-01-13

WOWOW マッドハウスに出資 アニメ番組を充実。 WOWOW マッドハウスに出資 アニメ番組を充実。を含むブックマーク

一応、WOWOWオリジナル作品の強化が目的のようだけど、「しにがみのバラッド。」の後番が「ストロベリー・パニック!」になる可能性も高くなった?電撃繋がりだし。

TVA「パピヨンローゼ New Season」地上波 02/09〜 TVA「パピヨンローゼ New Season」地上波 02/09〜を含むブックマーク

放送局は不明。「山本麻里安のはにわマイハウス」より。

半分の月がのぼる空」第1話 「半分の月がのぼる空」第1話を含むブックマーク

予想通り(予想以上?)の超ダイジェスト展開。原作1巻全223Pをアニメ1話で終わらせてしまった。シーンとシーンの間に“あるべき”会話が明らかに抜けていて、ストーリーを構成する重要な部分だけを原作から抜き出して繋げてるであろう事は、原作未読者が見ても察しは付いたんじゃないかと思う。まあ、場面が切り替わる際のキャラクターの視線や表情、セリフの入り方などから、ある程度は脳内補完できるように配慮されてましたが。エンディングの結婚式写真は、妄想オチなのか、アニメオリジナルのエンディングなのか、それとも原作5巻の婚姻届ネタを膨らませて疑似結婚式をやったりするのか、はたして? アニメ版が全6話と判明した時点で、本命「しにがみのバラッド。」の前座程度に構えていたので、これぐらいの出来なら十分許容範囲かな。山本ケイジ氏のイラストに慣れ親しんでると、アニメ版のキャラデザに違和感はあるけど。

自分の中で、最近のラノベ作品を代表するツンデレヒロインと言えば、「ゼロの使い魔」のルイズ、「灼眼のシャナ」のシャナ、「半分の月がのぼる空」の里香、「涼宮ハルヒシリーズ」のハルヒ、「神様家族」のテンコが真っ先に思い浮かぶんですが、全部アニメ化決定or放送中なんだよね。アニメ化への期待度だけなら、「涼宮ハルヒの憂鬱」と「ゼロの使い魔」が2強。

「かりん」第10話 「かりん」第10話を含むブックマーク

果林と雨水君の家庭の事情を対比させて、雨水君の不幸の原因に少しだけ近付いた話。ウィナーがいないと落ち着くなあ(笑)。以前軽く流されてしまった、果林がはじめて増血した時のエピソードを今回に混ぜて補完したのが良かった。雨水君の父親の設定が原作とは微妙に違ってるのが気になるな。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


半分の月がのぼる空関係

>「半月」観ましたけど、ポイントは押さえてたものの、凄く展開早いですね。
>1話で砲台山での告白までやるとは思いませんでしたよ。

サブタイトルが判明した時点で、1巻1話ペースなのは覚悟してましたけどね。裕一の告白は里香と2人だけの秘密なので、読者にもセリフは明かされてませんけど、4巻までで終わらせると、アニメ版で再告白シーンが見られなくなりそうなのは少し残念。

>半月は予想通りのすっ飛ばし展開でしたね……。
>まあ、イリヤと同じ全6話って時点で全く期待していなかったし、
>これぐらいでもいいんじゃないでしょうか。

あくまで、1巻の内容を1話で纏める前提で考えた場合なら、こんなもんかと。

>半月のアニメ予想以上にひどかった。こんなダイジェストではキャラを掴めやしないし
>病院と言う狭い世界観での心情なんて理解できない。原作ファンなだけに許せない1話だった。

SFもファンタジーも何もないごく普通の物語だからなあ。特にヘタレ裕一の葛藤がほとんど描かれてないのがマズイかな。

>あぁ、やっぱりダイジェスト的な展開でしたか>半分の月がのぼる空
>原作は名前しか知りませんでしたが、異様とも云える展開の速さは感じました。
>まぁ、面白かったのでいいんですが。

1話からいきなり総集編を見せられてる感じだったのではないでしょうか。

Fate/stay night関係

アニメFateは流れとしてはやはりセイバールートか凛ルートのどちらかになるでしょうね。
>桜ルートは流石に無理だと思うし・・・(全部やるにしても単独にしても)。
FateとUBW両方やる分には充分可能っぽいかも知れないですが。
>しかしそうなるとそれはそれで色々不都合が・・・
>やっぱアニメセイバールート単独でやる方がまとめやすいかなぁとは思いますね。

>関西なんでやっとfateを見れたわけなんですが、アニメオリジナルのルートにはならないんですかね?
>多分セイバールートが主軸にはなるとは思うのですが、
正義の味方の話に決着をつけようと思うのならアーチャーとの対決は絶対はずせませんし。
>それに何よりあんな萌えな桜に光が当たらないんじゃ惜しすぎるぜ!!(笑)

セイバールートに絞ってしまえば、2クールなら物語的にも無理なく描けると思いますが、士郎の固有結界は見てみたい。原作者が絡んでますし、アニメオリジナルルートも十分あり得ると思う。

>ここから送っていいんですか?(笑) どうも初めまして、楽しく読ませてもらってます
>>Fate ん〜一番初めに騎士王VS英雄王やってるからHFは無いかな〜と思います、
>HFだと桜に喰われて勝手に死んでしまって英雄王の出る意味が無くなるんで・・・
>UBWが妥当かな〜と・・・士郎が一番目立ってましたしw
>そうなると桜役が下屋さんなのも納得かな〜
>あと個人的には士郎と桜と凛の声がイメージと合ってなかったです・・・
>凛は生天目さん、桜は能登さん、士郎は野島さんあたりが合うかな〜と・・・
>まぁ〜なんだかんだ言ってこのままのクオリティで最後までいってくれれば文句は無いんですがw
>>アリス 原作をわかりやすく駆け足で走り抜けようとしたら
>斜め70度くらい間違った方向に突っ走ったって感じでしょうか?
キャラデザもそうですが見てて何かが痛い・・・
>>シャナ 原作3巻までしか知らない組ですが愛染兄妹があっけなくやられたな〜と・・・
>結局オルゴールの意味ほとんど無かったし・・・
>あと1話くらい追加して何かして欲しかったです あ、14話はまだ見てません

HFそのものは普通に考えたらやらないでしょうな。放送論理的にも(笑)。ただ、聖杯戦争の真実として、黒桜やアンリマユと言った要素だけをオリジナルの展開で組み込む可能性はありそうなので。声に関しては、よほど下手でなければそのうち馴れてしまうと思うので、自分は余り気にしてませんね。アリスは、いつも通りの介錯&トライネットクオリティなので、ある意味安心して見られるという気も(笑)。

>ようやくFateの放送始まった関西組。
>原作はメインの顔と名前が一致するくらいしか知らないのですが。
>ストーリーとか詳しいことは突っ込みようがないので、
>とりあえず見て思ったことは塗りがマ王だと。
>あと背景の雰囲気とか。制作が同じところだとあそこまで雰囲気が似るものかと
>気になり出したら何故か落ち着かなくなる(笑)
>そういえばかしまし(放送時間が全く同じなんてひどい)でも
>キャラがSD化したときにミルモ或いははっぴぃセブンの片鱗を見ました。

どうしても制作会社の作風は出ますからね。馴れてくると、色彩設定や特効の使い方を見ただけで制作会社が判断できるように…。

>>口調とか演技も似てるし、映像見なかったら亜沙先輩との区別が…。
>寧ろなのは贔屓に見てた俺としては、凛がはやてにしか聞こえんとですよ・・・。

>スタッフロール見るまでというかスタッフロール見ても
>声亜沙先輩だと気付かなかった俺の耳マジ節穴

凛とはやてだと口調が違うし、はやてはエセ関西弁だったので、さすがに混同はしませんでしたけど。

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜関係

>>設定原案:あかほりさとる、原作:桂遊生丸、とした方が正しい気がする。
>とありますけど そう考えると納得いきますね 桂遊生丸って女性の方なんですかね?
>コミック版AIRもすごく良い感じですしオリジナル作品も描いて欲しいです

桂遊生丸さんは確か女性ですね。読み切りでオリジナル作品も幾つか描いてたと思いますけど、単行本はまだ出てなかったっけ。

>『かしまし』原作者なのにまさにいらない子扱いのあかほりワロス
>ただ、管理人さんが仰るように今の電撃大王での展開見てもその通りなんですよね(^^;)

最近の作品の実績から評価したら、いらない子扱いになるのも仕方ないかと(笑)。コミック版のはずむ死亡宣告展開は、どう考えてもあかほり氏の案っぽいですけど。

>かしまし・・・・植田姉さん、男キャラの時と女キャラの時の声全く変わってないのはどうかと・・・・。
>植田姉さんだけ、ものすっごいヴォイスに違和感をw
>それはさておき、マブラヴオルタ。もう一山どころか、二山ぐらいありそうですw
>発売決定してたら、去年の冬コミくるでしょう〜、と。それに、雑誌等での露出が少なすぎやしませんか?
>いや、わざと少なくしてるのかもしれませんが、こんだけ延期しといて、その可能性は低そうですし。
>次回の発売予定決定日は夏コミ以降になりそうかなー、なんてw

男キャラの時と女キャラの時の声がほとんど変わらないのは、音響監督の指示だったそうですよ。マブラヴオルタは、どちらかというと、発売までの期間が長すぎて、これ以上露出できる情報が残ってないだけのような。それでも期待を裏切らないのがアージュクオリティか。きっと、発売日当日に再分割発表が。

灼眼のシャナ関係

>>■「灼眼のシャナ」第14話
>次回で過去編完結するみたいだし、やっぱり駆け足過ぎだ。
>確かに駆け足過ぎな気もしますけど・・・過去編は次々回の16話までですよ。
>17話の「新たなる序章」から現代編に戻ると今月のニュータイプ等に書かれてます。

確認しました。次回はアラストールと契約する所までなんですな。過去編の後半はじっくりやってくれそうです。となると、新OP/EDのお披露目は、第17話からなんだろうか?

>cyanさんはアニメ版のシャナは原作のどの辺りまで、
>またラスボスが出てくるとしたら誰になると思いますか?
>原作が完結してないのに銀は出せないだろうし、
ラスボスが居るとすれば教授かトリニティの将軍シュドナイでしょうか?
>後半からアニメオリジナル展開というのもあっていいかと思いますが、
シャナみたいな作品だとオリジナルの話を入れるのも難しいでしょうね。

原作者監修だし、ラストはアニメオリジナルだと思いますけどねえ。戒禁とシュドナイの腕取り込みが削られたので、銀関係は絶望的でしょうけど。残りの話数を考えると、教授編をやって、その後、シャナとマー姐とヴィルヘルミナの共闘で[仮装舞踏会]を全滅させて終わりとか?

▽以下その他

>『車輪の…』に『TH2』郁乃の中の人が出ているのですかー。すっかりツンデレ役な人になってますね。
>好きになったきっかけが某有名妹ゲーの発明好きゴーグル妹役だった
>私にとってみたら隔世の感がありますね。

シ○プリの鈴凛役ですな。神崎ちろ嬢は、表だとこのキャラ以外パッとしませんからねえ。郁乃もアニメ版で出番無かったし…。

>ザ・テレビジョン誌にて「彩雲国物語」が土曜日、21時からと記載されていますが、新たなアニメ枠ですか?

誤植?マ王の後番で確定だと思ってましたが、どうなんだろう?

>どうも、通りすがりの笑い人です。
>また、スポーツ新聞ですが、ちび丸子ちゃんが実写ドラマ化だそです。
>4月からのようで、やっと子役が見つかったそうです でも、原作のイメージどおりに行かないだろうな。
>おじいちゃんがモト冬樹・・・はげしかあってねえ

これですか。まあ、シリーズものではなくて2時間SP1回きりなら、怖いモノ見たさで、見ても良い気はする。

2006-01-12

TVA「シムーン」続報? TVA「シムーン」続報?を含むブックマーク

西田亜沙子さんのサイト「Berries」の扉絵が主人公のアーエルに。ブログでも色々。媒体はテレビで確定、しかも2006年春の新番らしい。マジですか。

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第1話 「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第1話を含むブックマーク

今期新番で、「Fate」に次いで期待していた作品。はずむとやす菜のキスシーンをとまりが目撃するアバンタイトルに始まり、宇宙船衝突ではずむ性別転換、そして全世界公表に至るまで、ほぼ原作通りにスタート。違いと言ったら、宇宙船から解放されたはずむがハダカだった事ぐらいか。次回予告でも普通にブラ付けてたし、テレビ東京規制下のアニメ版がコミック版よりエロくてビックリ(笑)。作画は良好。女の子たちも可愛く描かれていて良し。コミック1話分をアニメ1話で消化したから、テンポは少し悪かったかな。はずむが女の子になる原因が超展開すぎる点で、確かにあかほり原作だなあ、と思うんだけど、2話以降はあかほり分が薄まって予想外に面白くなる(ただ、先月号から『はずむの命…あと30日』とかやり出したのが激しく不安)ので、アニメ版も次回が楽しみだ。

灼眼のシャナ」第14話 「灼眼のシャナ」第14話を含むブックマーク

新OP/EDはまだ来なかった…。正月バージョンのアイキャッチはGJ。今回から過去編。超圧縮なのは相変わらずだけど、削り方は今までで一番上手かったと思う。作画も久々に良かったし、虹天剣の演出過剰な爆発も良し。でも、過去編は文章で説明しないと意味不明な要素が多いので、アニメ化には向いてないエピソードかと。シャナ(過去編では名前はないけど)達が置かれている状況とか、原作を読んでないとさっぱりわからないのでは?次回で過去編完結するみたいだし、やっぱり駆け足過ぎだ。まあ、天目一個がスルーされなかっただけでも良しとするべきか。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜関係

>今期あまりぱっとしないアニメが多い中でかしましはなかなか良かったですね。
>全体的にレベルが高かったです。
>あえて不安があるならば2クールこのレベルが維持できるかですね。
>あとあかほりが関わってると最終回が超展開になりそう・・・
>まあ楽しみなアニメなんで期待して見続けたいです。

>ついさっき『かしまし』第一話見終わりましたが、原作通りでかなりイイ感じなのではないですか。
>ラストのはずむ可愛すぎる! このまま余計なことをせずに丁寧に作っていってくれれば…

やす菜がはずむをふった理由である男性認知障害の説明と逆告白をやってからが本番ですからねえ。宇宙人関係の超設定とか寒いギャグとかあかほりテイストを極力排除して丁寧に進めて欲しいですな。とまりのツンデレ分と、やす菜の黒さが原作より強まってたら良いなあ、とか思ってますけど。あと、元男の親友に恋心を抱いて悶える明日太の挙動にも注目したい。

><かしまし 1話> 今期一番期待していましたが、一番良かったかも。
>先行のコミック版のファンですが、最後の宇宙船から降りて?くる
>はずむを受け取るシーンは、コミック版よりも良かったですね。
>キャストも全く違和感はありませんでした。
あかほりさとる氏が原作というのは、今だに信じられませんが(^^;。
アニメ制作は制作スタジオ&スタッフによって運or不運(→カレイドス...(^^;)がありますが、
「かしまし」は「まほらば」などと同じように、
>とても良いスタッフに恵まれた作品になりそうで、今後にもぜひ期待したいです。

はずむが性別変わる前と後でほとんど声が変わってないのはちょっと無理がありましたが、男の子の時も女声を強調したのは、スタッフ側からの指示だったようで。原作はあかほりさとる桂遊生丸名義ですけど、設定原案:あかほりさとる、原作:桂遊生丸、とした方が正しい気がする。

Fate/stay night関係

>そうか、角川主導と言う理由があったんですねえ。まあ、先輩嫌いじゃないんですけどね。
>しかし最終回はプリムラに愛が注がれていた感じが。つーか凄く愛らしかったよプリムラ。
>…もっと早くにやって欲しかった!と言うかプリムラENDの方が個人的には好きだったのが本音です。
>でも最後はSHUFFLEらしく終わった感じで良かったです。
>…結局稟製作の船はスタッフの遊びだったんでしょうか?補完は無いのかなあ。
Fateアニメ漸く視聴する時間ができました。OPはTHIS ILLUSIONならぬdisillusion。
>どちらかと言えばdisの方が好みなのですけど、
>オリジナルはオリジナルで好きなので。PS2はどうなるんでしょうか。
>OP映像、ラストに関わるネタバレっぽいのは出てませんでしたね。…むむ、3人娘は無しですか、残念。
>OP,EDは1クールで変わるんでしょうかね?そして第2はOPがhollow…ってそれはありえないか。
>1話は1話というよりは寧ろアニメのプロローグのようなものでしたね。
>まさか前回のセイバーVSアーチャー(金ぴか)から始まるとは。
>何か期待できそうな感じでした。でも確かに原作未プレイの人には若干説明不足のような感じもしますね。
魔法使い魔術師とは違うって所は判らないだろうな、TYPE-MOON作品に触れて無い人は。
>なんにせよ、これからどう展開させていくのか楽しみです。それに次回は弓VS槍ですしね。

上からの指示で、稟と恋人になるのは亜沙先輩だけど、オイシイ所は、監督お気に入りのプリムラに持って行かせたから、今回のような最終回になったのでは…?船は、過去編で楓に壊されるのが最大の役割(笑)。Fateのオープニングは、2クール目からネタバレを含んだ新バージョンに変わる可能性は高そう。というか、原作同様に変えて欲しいなあ。

>声だけのとき、藤ねぇが亜沙先輩なのは仕様ですかw
>まったく声変えてませんねぇ

口調とか演技も似てるし、映像見なかったら亜沙先輩との区別が…。

>関西でFste始まったのでみました。回想でいいからバセットやカレンも登場してほしい。

バゼットは、ランサーの回想で出すことは可能かな。カレンは、登場させると話が余計混乱するので無理っぽいですが。登場させるとしたら、死ぬ間際のバゼットを連れて行くシーンを入れて、最終回で再び顔見せさせるぐらい?

▽その他

>車輪プレイしてますが、第2章で投げてる俺はもったいないですかねぇ?なんか世界観が馴染みづらい…

世界観は馴れるしかないでしょうな。第2章で投げるのは勿体ないです。個人的には、第3章のツンデレ灯花からが本番(笑)。声も「ToHeart2」の小牧郁乃の中の人なので好み(笑)。

>伊藤岳彦モーニングスターHPにスタッフ募集ページに新TV企画「LAM&41」と載っているのですが
>タイトルからして「ラムネ&40」の続編ですね。
>主人公の名前をラムだったら確実にあかほりさとる氏が関わっていますね。
>当時担当だったブラックポイント2号こと佐藤徹プロデューサーは
>現在XEBECの取締役でプロダクションIGの主要10人の大株主なっていますね。

>どうも、台湾からのccsxと申します。以下新情報を送り致します:
伊東岳彦氏の2006年ビデオゲーム及び新作TVシリーズ企画情報が公開しました、
>企画名は「LUM&40 HG(ハイパーゴージャス)(仮称)」です。
>詳しくはご本人のオフィシャルサイトにご覧ください: http://i-morningstar.com/ それでは。 m(_ _)m

それこそ今更感が拭えないんですけど、伊東岳彦氏が関わってるなら原点回帰で少し惹かれるところはありますが。同じく、キャラクター原案幡池裕行、メカニックデザイン:中原れいのコンビで、サンライズの「ゼーガペイン」もありますな。そういえば、トークショーで明かしていた「セイバーマリオネット」の新シリーズの件はどうなってるんだろう?

追記. MorningstarStudioが更新されて「ゼーガペイン」に変わった。もしかして、「ゼーガペイン」の仮称が「LUM&40 HG」だった?

シャナはなぜ愛染兄妹との話と逆に持ってこなかったのか疑問です。

逆にしても問題ないというか、むしろ逆にした方がストーリーが分かり易くなりますしね。エピソードの順番だけ原作通りでも、肝心な部分を削ってしまったら元も子もない…。

>・・・・ついにオルタが・・・・!!!ロスチャは出るんでしょうか?

まだ発売までにもう一山あると信じてますが(笑)。ロスチャは出そうな気がする。他に1年以上延びてるのは、まだ機神飛翔とかが残ってますけど。ジェリーフィッシュの新作3本のうちのいずれかが延期王の後を引き継ぐんじゃないかと思われ。

あまえないでよっ!!喝!!の一希、エロ過ぎです(笑)

む、まだ2話見てません。作画がかなりヤバかったようで。

>TBSドラマ「アキハバラ@DEEP」の撮影が1月11日の本日よりアキバでのロケ始まったようです。
>午前、芳林公園、午後市中(店舗)、夜万世橋歩道上で行ってました。・・・非常に迷惑ですが・・・

ゲリラロケ…では無いですよね?アキバ系を前面に押し出しすぎる最近の傾向はあまりよろしくないような。

▽書体が変わらない段落付けの方法の件続き

RSSとかカテゴライズまでは、ちょっと手が回らないかも。あと、余り情報付加しすぎるのが好きではないので。

2006-01-11

メインサイトのサーバーの調子が悪い模様。復旧まではミラーサイトへ。

ノエイン もうひとりの君へ」第13話 「ノエイン もうひとりの君へ」第13話を含むブックマーク

アトリがなかまにくわわった!トビがなかまにくわわった!時空の収縮に巻き込まれたアトリは、かわいいアトリになって帰ってきました。記憶を無くしたとはいえ、この豹変ぶりは反則だよ。今回の話で、アトリはどうやらミホの身内(実の兄妹では無さそうだが)で、その辺りの事情が原因で歪んでしまった可哀相なヤツで、カラスに対する敵意の理由も何となくわかった。ノエインさんの行動は未だに謎すぎるので、未来に関しては現時点ではトビの言ってた方を信じたいが、現実は残酷そうだ…。次回はユウがカラスに嫉妬か。

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」第2話 「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」第2話を含むブックマーク

これはヤバイな。場面と場面の間のタメが無いというか、明らかに描写が足りてない。真っ正面からぶつかって殴り合うだけの戦闘シーンも、もう少し何とかして欲しい。ストーリー的にも、心の中のアリスの物語を書き写すことが出来る主人公の特殊能力が判明して、早くも思いを賭けて戦う意味無くなってるんだけど。百合を通り越して変態レズっ娘な、キサの奇行を見て楽しむアニメに認定。でも、原作通りなら確か、キサはそう遠くないうちに……。

▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


Fate/stay night関係

>自分もタイガー道場やって欲しい派です。
>が、下手をするとシリアス感をぶち壊す諸刃の剣。素人に(ry
>各話予告よりも、DVD特典映像として
>・各巻のまとめ ・内容に対するコメント ・次巻の予告 等を、
師匠と弟子が掛け合い漫才でやってくれないかなあ、と。
>雰囲気としては「鋼の錬金術師」の「裏鋼」に近いでしょうか。ま、個人的願望ですが。

確かに、シリアス全開の引きからタイガー道場になると危険ですな(笑)。臨機応変にシリアス調予告とタイガー道場予告を使い分けて貰えればベストだけど。

>後藤君の絵はhollowの遠坂神社で公開されてたから当然武内さんが原案でしょう。

なるほど、hollowで絵が出てたんですね。ミニゲームは放置してたんで気付かなかった…。

Fate、初回版買ってずっと積んでるんですが、それを崩したくなる程でもないかなぁ〜と・・・
>感想としては、横綱相撲を取ろうとしてどっしり構え過ぎ、という感じで
>2クールとはいえ、第1話で話にヤマがないのはどうなんだろう?と・・・
>多分、数少ない否定意見だとは思いますが、「掴み」損ねただけのただダラダラした1話だったんでは

いや、原作未プレイ組は、同様の意見が大多数を占めてるんじゃないかと。アニメ版の第1話では、ボイス無しテキストオンリーで、じっくり読み進めたら攻略に60時間はかかる大長編ゲームのプロローグの半分も語れてないですからね。でも、情報不足にならないギリギリの選択として、今回の内容で妥協したんじゃないかなあ?

>OPの『disillusion』は、原作の『This illusion』の声量の足りない感じがする
>高音域の唄い方が個人的にダメだったので、音域を下げたアレンジは逆に良い感じでした。

オリジナルVerも嫌いではないですが、アニメVerの方が万人向けの曲になってると思いました。

車輪の国、向日葵の少女関係

>『車輪の国、向日葵の少女』が気になったので体験版をやってみました。
>……叙述というのを知ってしまった時点で、伏線がわかってしまいますね……。
>E17は騙しのトリックが文章外にあったので、楽しめましたが。

一度クリアしてから再プレイしてみると、結構たくさんヒントが散りばめられてた事に気付いたり。でも、気付いていても、第5章の明らかになるシーンではハッとさせられるんじゃないかと思います。

>第5章の璃々子演説はネタバレなんで書かない方がいいかと思いました。

雑記はネタバレOKなので、この程度なら許容範囲かなーと。

>車輪未プレイでなんか主人公の************とかどうとか聞いたんですが
>これって致命的なネタバレなんでしょうか?

YES. こっちはさすがに核心突き過ぎなので一部自粛。

▽書体が変わらない段落付けの方法の件

スタイルシートは、はてなの機能より優先されるんですな。早速適用してみました。情報感謝!

2006-01-10 このエントリーを含むブックマーク

コミックマーケット69取材申込一覧

メディアファクトリー アニメーションげんしけん」の続編 2006/10 UHF全国ネット(予定)

○螢フィスクレッシェンド TBSドラマ「アキハバラ@DEEP」 2006/06放送予定 全12回

講談社 「メカと美少女」(仮) 2006/04下旬刊行予定

気になるのはこの3つぐらいか。

・TVA「Soul Link」キャスト。

> 森崎七央:佐久間紅美
> 永瀬沙佳:増田ゆき
> 新田亜希:大野まりな
> ユウ=ヤマナミ:嶋方淳子
> 相澤涼太:荻原秀樹

ねぶら」第26回放送より。今の所、原作からキャスト変更なし。


▼WebClap/Formレス

Fate/stay night関係

Fateの冒頭シーン(マーボーの語りと凛がアーチャー召喚するとこ)
>はダイジェストっぽい感じでいいのですかね?
>凛が(大ポカやって)アーチャーを召喚するシーンは2話以降に描かれるとか・・・?

凜とアーチャーの最初のやり取りは2話でやるんじゃないかなあ?凜が1つ目の令呪を使ってしまうかどうかは重要だと思うし。

Fateの感想、待ちかねてました。自分は埼玉で視聴済みでしたが
>cyanさん自身が視聴するまでレスは無いと思っていたので今日やっと感想書けます。
>と言ってもcyanさんの相変わらず的確な感想見た後では自分如きが付け加える所など無いのですが。
>でも一つだけcyanさんと少し違う見解を持った部分があります。
>それは、この第一話が原作知ってる人よりむしろ
>原作ゲーム未プレイの人向けに作られたのではないか、という点です。
>原作知らない人がアニメ見て、幾つかの疑問点を持ったであろうことは想像に難くありません。
>そこで原作のゲームをやってみようかな、
>と思わせる為のスタッフ(型月だけでなくFate Project全て) の計算だったのではないかと。
Fateという作品がマルチメディア展開を想定してた、という事なら決して深謀遠慮ではないと思います。
>いかがでしょうか?それでは駄文長文失礼しました。

テレビ埼玉放送直後に問答無用でたくさんコメント届いてましたが、自分はちばテレビ組なので…。どちらかというと、原作ファンと原作ゲーム未プレイと両方の人に楽しんで貰うために、じっくりやってるんじゃないかな?掴みとしてはセイバーの『問おう』までやるのがセオリーなんだろうけど、Fateの場合、テキストから得られる膨大な情報そのものが余すことなく重要だったりするので、構成原案の奈須きのこ氏としては、そこを省略したくなかったんじゃないかと。

>Fate1話見ました。今期、期待度NO1アニメと言われてる通り
>話のスケールというか世界観は大きいなあと感じました。
>ただ、自分が原作をやってないこともあってか、
>新番の1話にしては掴みが弱いというか淡々とし過ぎ?
>かなと思いましたが、話の後半になるとこういう1話が生きてきそう。
>それと藤ねえはいいキャラですね。こんなお姉さんキャラなら大歓迎w

アニメ版の藤ねえはかなり良いキャラです。原作でもタイガー道場でのやり取りとかは面白いんですが、「Fate/hollow ataraxia」だと、エピソードによってはちょっと鬱陶し(ry

>昨日の夜、テレビをつけていたら偶然Fateが始まりました。
>正直自分的には・・・・・・・・な内容でした。OPもなんか微妙なRe-mixでしたorz

Fate、ゲームやったやつのことは知らんが原作知らない人に見せる第一話としては酷い出来
>ただ二話の予告はおもしろそうだし作画は問題ないと思う

><Fate 1話>ゲーム未プレイでの感想ですが...今後どうなっていくのか、全く先が読めません(^^;。
>雑誌などで多少の情報は得ているものの、例えば...聖杯戦争が日本で行われる事に意味があるのか?
>など、気になる点はたくさんありました。
サーヴァントの召還なども意味が解らず、説明が欲しい部分も多数ありました。
>今後もあえて情報収拾はせずに(^^;アニメだけでストーリーが理解出来るかを試してみたいと思います。

1話の時点で意味不明な部分は、追々明らかになっていくと思います。あんなシーンのあんな些細なことが、こんな時の伏線だったのか!と思うような事も多いので、画面から得られる情報は出来る限り隅々まで覚えていた方が吉です。

Fateアニメですが、後藤君キタ時には
>「あぁ、後藤君が出るなら奈須さん大分絡んでるな」と想いましたwというか、大爆笑ですw
クオリティー面では、真月譚には一歩及ばず・・・・ですかね。
>まぁ、BSUHFの違いでしょうか。
>あと、OP前、一番最初に英雄王vs騎士王のシーンがありましたが、英雄王の中の人は勇者王っぽいですw
>一応、保有スキルダメ絶対音感あるので。
>しかし、1話から次回予告とかみる感じ、
>大分スローペースに感じたので24話で本当に足りるのだろうかと先行き不安・・・・。
Fateを完全再現するのならその倍はもってこいというものだ。(英雄王っぽく。)

画質に関しては良くわかりませんが、アニメそのもののクオリティは真月譚より明らかに上では?第2話以降は、J.C.STAFF作品の中でもかなり低い水準だったような…。陸上部3人娘はセリフなしで、後藤君にはセリフまであったのには笑いました。後藤君のキャラ原案は武内崇氏がやったんだろうか。

Fateギルガメッシュの声が関智一さんっぽいです。
>というかそうでした…EDのキャストには出ませんでしたが。

すごく…噛ませ犬臭がしますw

Fate予告でタイガー道場やってくれないかな?

自分的にも希望。原作で言うところのプロローグが終わって、第3話ぐらいからやって欲しいな。

>Fate1話でセイバーさん出現まで行かなかったですねえ。3話で登場か。2クール有るってすばらしい。

6話までのあらすじだと、2クールでも足りないぐらい展開が遅すぎる気も。

>初めて拍手コメントを送ります。最注目アニメの一つ『Fate/staynight』を観ました
>イベントで数度観ましたが、期待を裏切らない出来でした! 戦闘シーンはほとんどありませんでしたが
>その分日常シーンがおもしろく、物足りなさは感じられませんでした。早く次話も観たいと思わせてくれます
>OP『disillusion』は『This illusion』のリミックスリメイクみたいでした
>EDも僕的にはしっくりときて、初めから終わりまでクオリティは維持出来ていたと思います
>冒頭でギルガメッシュが登場していましたが、あの声と叫びから多分声優は関智一さんだと思われます
>かなり意外な人をチョイスしたな、と驚き。もうちょっとクール系な声質だと思っていましたから

>テレビ埼玉視聴者ですが、昨夜、TVA Fate 視聴しました。期待を裏切らない完成度の作品でした。
>今期のアニメ新番組には軒並み残念な思いを滲ませてきただけに、
>作画・音楽・脚本と三点揃った作品であることに、感慨も一入。
>問題はこのクオリティでいつまで作品を作り続けることが出来るのか、ですが・・・

Fateアニメをみてからプレイしなおしているのですが。
>HF以外だと桜は平和のシンボルと言われるほど純情ですよね。
Fateのだし一話が土曜六時にやるようなアニメの一話並に知らない人が内容を掴みづらいのは
>しょうがないですよね

Fateアニメ見たんですが、桜の目の色変わってますやん・・・あれは前兆ですかガクブル

HFは、FateとUBWとはシナリオの毛色が違いすぎるので混ぜられるかどうか。ギル様にラスボスは荷が重いので(笑)、黒桜とアンリマユ降臨に少し期待してますが。

FatePS2化決定ですか。やっぱシナリオ追加とかCG追加とかあるのでしょうか。
>もしかして念願のイリヤルートが!?(考えすぎ

時間の許す限りシナリオとCGは追加するようです。イリヤルートは期待しない方が。

>ディーンの製作キャパは確かに心配ですねー。抱えてる本数がやたら多い上に、正月またいでお引越し中

年末の発表で、更に「プリンセス・プリンセス」と「シムーン」が増えましたし…。

http://www.fatestaynight.com/ 謎のHP PS2用か?

WHOISで調べると、ドメイン所有者が外国の個人持ちなので関係なさげ。海外のファンが勝手に取ったものかと。


SHUFFLE!関係

>相変わらずプリムラが最高でした。
>これだけの愛があって、スタッフはどうしてプリムラENDにしなかったのか・・・

シャッフル、通してみると残念な出来と言わざるを得ませんね。
>途中からのR指定、前半でヒロインを張っていたシアの空気化、
>終盤の楓の黒化など・・・製作側で何かあったんでしょうか?
>ラストは前半のままシアルートで前向きな稟を描くか、
>オリジナルでも出来の良かった魔界編をラストに持ってくれば良かったのに・・・
>原作でのキキョウの命名シーンは好きだったんですけどねえ。

角川主導だから、コンプティークなどで一番人気の亜沙エンドにする事だけは決められてた感じが。シアの未消化は担当脚本の力量不足っぽいけど、黒楓はスタッフ総意でしょうな。メチャ気合い入れて作ってあったし。

シャッフル最終回見ました。亜沙先輩好きな自分としては、
>結婚式とか余計なことをやらなかったのである意味ホッとしていますw
>後半Bパートのようなノリがシャッフルのいい所だと思っているのでそういう意味では面白かったけど、
>あの終わり方なら鬱に特化した19、20話は必要なかったようにも思います。
>あと、これは個人的な見解ですが、亜沙先輩EDになったのは
>Bパートのような疑似ハーレムEDみたいな形にもって行きたかっただけな気がします。
>付き合いだしてからも揺さぶられ続けるのって先輩ルートくらいのもんだろうしw

>もしかしたら過去が一番軽い亜沙先輩でないと「みんな諦めない」な明るい終わり方が
>出来なかったのかもしれませんね。ハーレムは愛的に説得力のあるシナリオ収拾が難しそうですし。

原作準拠ならば、プリムラエンドでも、確か他のヒロインも皆、凜を諦めてなかったハズなので可能かと。

リストカットで解決ですか・・・ 先輩を信じていた、
>といえば聞こえは良いですがやってることは先輩の我侭と変わらないんですよね。
>やっぱりラストには合わない内容だよなあ。
>後半の日常も完全に始め数話に戻ってしまったのは不満ですね。
>稟は第一話よりも駄目人間って感じでしたし、愛人容認宣言っぽいのもありましたし。
>・・・これは実際にはかなり残酷な台詞だと思うんですけどね。
>○年後でも良いから稟と完全に離れてからのその後が見たかったかな。

いや、むしろヒロインの誰が凜に選ばれてもヒロイン同士の争いがない平和な世界なのがSHUFFLE!なので、原作を知ってると、亜沙先輩の愛人容認とか、諦めてない土見ラヴァーズとかは、間違いなく“らしい”んですよ。

SHUFFLE!の最終回 良くもなく悪くもない終わり方でしたね
>後味の悪いクライマックスの多かった最近のアニメと比べたら最後まで十分健闘した方だと思います
>それよりコンプティークのCMで発表された
FatePS2移植が私には衝撃的過ぎて集中して観れませんでした・・・

>「SHUFFLE!」終盤に色々とありましたが(苦笑)出来そのものは「良作」と呼べるものだったと思います。
>最後に・・・麻弓かわいいよ麻弓ヾ(≧∇≦)〃

SHUFFLE!は結果的にプリムラの1人勝ちということでいいのかな? 最後も船から戦闘機で出撃してたし…

>Aパートが不要ですな>SHUFFLE! Bパートのプリムラは最高でした。

SHUFFLE!最終回。これでもかと言わんばかりにプリムラが極上にかわいかったです。
>あれは確実に亜沙先輩よりも目立っていたw
>見終わってみたら結構すっきりとした終わらせ方ではなかったでしょうかね?
>亜沙先輩は隙を見せたら他のラヴァーズに稟を盗られるような(爆

>いやぁ素晴らしい最終回でした!!プリムラが!!エロい!!
>柔らかく微笑むプリムラに!デレ化しておにいちゃんおにいちゃん言うプリムラに!
>ごちそうさまでした。思えばこれまでが長い長い前振りだったかのようです…
>まあリストカットとかはどうでもいいです。
>結局19話20話で使い果たした力は戻らなかったようで。残念。

>Bパートが「えぇーーー!!??」って感じだったんですが。
>プリムラがいつの間にか妹モードになってるしメガネッ娘だし
>亜沙先輩は髪長いしネリネは歌うようになってるし
>キキョウは結局名無しのままだしツボミはキャラ違うし・・・
>なんかいろんな意味で順番間違った気がします。魔界編が最高潮だったな・・・
>両王の亜麻さんへの対応は良かった。
>最後のプリムラ出撃でオイシイところはやっぱり彼女が(笑)

プリムラは、魔界から助け出してきた時点で妹モードになってるべきなのですが、楓編で楓のフォロー役をさせるために、意図的に先送りされた感じでしたね。アニメ版は、プリムラの生長を見守り愛でる観察日記だったと。

>SHUFFLE最終回ですが、Aパートに力が入ってた反動か、なんかBパートが安定してませんでしたねぇ。
>でもまぁ、プリムラのおにいちゃん発言や眼鏡姿が見れたので満足ではありますがw

シャッフル最終回内容にはあまり文句ないんですがBパートが喫茶店のあたりになるまで
>絵が変だったような・・・。まぁ、プリムラに救われますがw
>あと亜沙先輩髪切らなかったんだなーと。EDの新規のやつ大きく写してくれよーと。

Bパートは監督自ら作画監督担当してましたからねえ。細田氏独特の癖のある崩し方は、ギャグパートにマッチしてるので、悪くはなかったと思いますけど。

>Tick!Tack!漫画化にドラマCD化に、意外と動画としてみられるのは近かったり?そんな予感。

さすがにTick!Tack!は可能性低いと思ってましたが、まさかのコミカライズ決定で、少しだけ映像化の望みが繋がりましたよ。


ストラトス・フォーA関係

ストラトス・フォー Advance206 終わる気配が全くないのですが(笑)また新シリーズを作るんでしょうか?
>というか、作ってくれないとこんな終わり方ではー!!(苦笑)

>ストラトス4A、明らかにバッドエンドですね。
>これで続編OVA作られなかったら物凄い投げやりな終わり方に・・・。
>関係ないですが私服塔子ちゃんが可愛かったです(ぁ

ゾイドはだんだん戦闘シーンがかっこよくなってきてますね。
>今回なんかソードウルフランスタッグの動きが凄かったです。
>ストフォーはTVシリーズ第2期放送だとすると、やっぱキッズステーションは決定ですかね(気早すぎ
><オペ子と月野の密会は、本当に逢い引きだった方が面白いと思った(笑)。>これには同感ですw

とりあえず、14日の重大発表を待ちましょう。迎撃失敗で宇宙生物に乗っ取られて全滅エンドのエピローグがDVDにのみ収録されます、とかだったらガクブル


▽以下その他

>車輪Playしました〜かなり泣きました(´Д⊂ 後、伏線の張り方は完璧!!!

自分的には、中でも第5章の璃々子演説の所ですね。不覚にも涙腺緩みました。このゲームは、伏線のネタバレ見てしまうと、「Ever17」並に痛い。

棒読みと言えばぴちぴちピッチもそうだったかな・・・
>まぁ歌がよかったんでプラマイ0でしたが(上手い下手関係無しにただ曲と詩が)。

歌は特に文句ないですね。オープニングもなかなか良かったし。音楽室シーンほどの長いセリフが無ければ、何とか耐えられそうなんですけど。

>陰からマモルはテンポ良い話の流れあればこそですね

ダラダラと冗長な演出にならなければ良いですな。アニメ誌のあらすじを読むと、エピソードの順番が多少原作とは入れ替わるようで。

タクティカルロアは戦闘多くしたほうが面白そう。主人公はいらない

概ね同意…なんだけど、あのCGのしょぼさでは。主人公はどう見ても艦長です。

>>徹之進 そりゃブラックな笑いが大半のおねがいマイメロディのスタッフが作っているのですから当然です。

このカオスシナリオが、果たしてマイメロ同様長続きするのかどうか。

>初めまして。通りすがりの者です。
>「よみがえる空」をみて、自分は小松出身のため、風景や会話で思わずにやっとくる場面がいくつもありました。
>自分も展開の遅さが気になりますけど、地元ということで応援していきたいと思います。

おお、地元ですか。やっぱりご当地アニメは応援したくなりますよね。地味ながらも堅実な作りなので、萌えアニメが溢れる中、健闘して欲しい所。

>感想などのタイトルの先頭に「・」を書いていますが、これを「*」にしてほしいです。
>現在、日付につき1記事になっていますが、
>感想ごとにURLが割与えられるようになり、つまり、感想=1記事になります。
>そうなることにより、RSSで記事を読む際に、新しい記事を取得しやすくなり、読みやすくなると思います。

見出しにした時の太字表記が個人的に気に入らないので、敢えて「・」にしてるんです。すいません。書体が変わらない段落付けの方法があるなら良いんですけど。

2006-01-09 このエントリーを含むブックマーク

・「Fate/stay night」第1話

原作と同じ『THIS ILLUSION』のアレンジVer『disillusion』と、武内崇氏自ら絵コンテを担当してるオープニングは、映像的にはゲーム版より上だけど、曲とのタイミングが微妙にずれてる感じがした。前回の聖杯戦争でのセイバーvsギルガメッシュ回想から始まり、言峰の語りと凜のアーチャー召喚。本編は冬木市を取り巻く不穏な動きと、魔術師の存在、そして、正義の味方を目指す衛宮士郎という主人公のあり方を淡々と描写する事に終始費やした形。TYPE-MOON作品というのは、ある意味奈須きのこ氏が描く壮大な世界観を魅せる作品とも言えるので、物語の中に引き込む為に、しっかりと状況説明をするのは正しい切り口だと思う。ただ、それは原作を知ってるから言える事であって、アニメで始めて「Fate」に触れる人に対しては、不親切で掴みに欠ける内容だったかな?視点が士郎と凜に切り替わるから、話も判り難いだろうし。とりあえず、1話を見ただけで、藤ねえがスタッフに愛されてる事はわかった。あと桜が蟲で調教済みの淫乱娘なのに妙に清純そうで可愛かった。クオリティは申し分ないし、原作ファンとしては十分今後に期待できるスタート。次回予告がタイガー道場じゃ無かったのは不満だけど(笑)。次回のラストでセイバー召喚だろうな。

・「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第13話

爽やかな笑顔でやった事は最低野郎、浩樹が絵を止めた原因にして元凶の柳が遂に登場。原作以上に嫌なヤツとして描かれてる感じがする。あんな気まずい状態のまま別れたのに、今回久々に出会った時も笑顔って、どんな外道だよ。この過去編を見せられてしまうと、やっぱり霧エンドが一番自然に思える。原作の浩樹は良いヤツ過ぎて、柳が自分の過去の罪を明かす事であっさり仲直りしてしまったんだけど、アニメ版はマジで廃人だったし、もっとドロドロ展開を引きずって欲しい気も。何はともあれ、柳の登場で俄然面白くなって来たのは間違いない。

・「よみがえる空 -Rescue Wings-」第1話

今期、自衛隊が協力している2作品のうち、一方の「タクティカルロア」とはまるで正反対に位置する、本格的な硬派アニメ。言い換えると、もの凄く地味なアニメ。軍事ネタは特に詳しくないし、主人公が救難隊に配属されて引っ越し、彼女とは遠距離恋愛ですれ違い、鬼軍曹にどやされて軽く凹んだ、ぐらいの内容だから特に語る事もないので、レスキュー活動が始まるまでは評価保留。某九死に一生スペシャルとか、某救命病棟24時とか見るのは好きなので、それなりに期待はしてるんだけど、1クール全12話でこの展開の遅さは心配。

・「LEMON ANGEL PROJECT」第1話

乳首あり、パンチラあり、キャラデザは好みだし、作画クオリティも今期新番の中ではトップクラス。しかし、それらのアドバンテージを帳消しにするほどの、超絶棒読みヒロインには、声優をほとんど気にしない自分でも、さすがに頭が痛くなった…。特に音楽室の弾丸棒読みトークは、何かの試練かと。あれでは、諏訪先輩の性格が悪いとか関係ないと思う(笑)。しかも、その後逆ギレしてるしな。ストーリーは、これと言って惹かれる要素があるワケでもなかったんだけど、1話だけで切り捨てるほど酷くもないので、もう少し様子見。「チャンス トライアングルセッション」の二の舞にならなければ良いが。

・「練馬大根ブラザーズ」第1話

なるほど、“ミュージカルアニメ”ね。これは人を選ぶだろうなあ。あと、作る方も凄く大変そうだ。武○士やジャ○ーズにケンカ売ってるような際どいネタや、WEBアニメスタイルのインタビューにあった通り、ガチでホモネタ連発。耐性がないと絶対引くだろ。そして、当然の如く作中にナベシン本人出演。下品で下らな過ぎて、やたらハイテンション。間違いなくナベシン節全開なんだけど、今までに見たことの無い斬新なアニメなのは確か。それが成功してるかどうかは別ですが。松崎しげるは上手いな。ミュージカルの部分はさすがに映える。ムスメット松本彩乃も、予想以上に良い声でヒロイン演じていて驚いた。

2006-01-08 このエントリーを含むブックマーク

・「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」第1話

いや、ちょっと待て、とにかく色々と何かがおかしい(笑)。どう考えても、女児向けアニメでは無いな。金カネ金、キャバクラ、奥から聞こえる喘ぎ声、そして破産寸前の家庭とか、朝から黒いよ。ドジッ娘メイドがいたり、何気に変身ヒーローものだったり、ITセレブを皮肉ってたり、欲張りすぎ。国民のあこがれ、八本木ヒルズ!IT企業の総本山、八本木ヒルズ!と力説してる時点でヤバイとは思ったが、もしかして、とんでもない問題作?何がやりたいのか、まだピントが定まってない感じなので、しばらく様子見だな。

・「タクティカルロア」第1話

土曜深夜のふじもとよしたかタイム1本目。設定だけ見ると某バージンフリートっぽいんだけど、Aパートのドタバタギャグとか、足下から見上げるようなエロ視線の連発とか、良い感じのカオスっぷりで、「こいこい7」の後継作に相応しい雰囲気。典型的な巻き込まれタイプらしい主人公に活躍の場はあるのか?強い女性陣に振り回されるだけのヘタレと言うのは好きじゃないんだけど。Bパートの唐突なシリアス展開は今一つ。あの嫌われ者の担当官は既に死亡フラグが立ってるような?

・「落語天女おゆい」第1話

髪多すぎな歌丸師匠と本人の演技、そして素敵すぎるエンディングの為だけに見続ける価値ありと思った(笑)。素直に、落語にかける女子高生たちの青春学園コメディにしておけば良かったのでは?江戸編は要らないだろ、これ。戦闘パートも迫力無いし。ストーリーは、まだサンデーGX連載のコミック版の方がマシだなあ。

・「陰からマモル!」第1話

土曜深夜のふじもとよしたかタイム2本目。でも、こちらは原作に忠実を目指してるようで、ふじもとテイスト抑え目。逆に阿智太郎原作に於けるダメさ加減の再現度は高いね。ボーリング場で不良に絡まれたり、ムツゴロウケダゴロウさんの動物園大作戦などが丸々カットされてたり、原作では正真正銘麻薬の取引現場を目撃してしまうのが、謎の美少女フィギュアの取引に変えられたりと、いくつか変更点はあるものの、ストーリー自体はほぼ原作通り。ただ、ラノベ特有の地の文が無いから、ゆうなの天然ボケ具合は薄くなってる方かも。まあ、アニメ版でも十分アホキャラしてるけど(笑)。

・「ストラトス・フォー アドヴァンス」CODE:206

美風が選択肢を誤ってバッドエンド直行したとしか思えない、清々しいほどの投げっぱなし。問題は一つも解決してないし、これで本当に完結だったら、ある意味伝説に残るね。美風の視点で始まり、美風が死んだから物語も幕を下ろす…なんとなく「リアライズ」や「Remember11」を思い出すんですが。御厨一家がここまで重要な役回りになるのは予想外。オペ子と月野の密会は、本当に逢い引きだった方が面白いと思った(笑)。14日頃に重大発表があるようだけど、「CODE-X-1」「CODE-X-2」「アドヴァンス」のOVAシリーズ全8話に、完全新作完結編を加えたTVシリーズ第2期決定とかが濃厚か?

・「ゾイドジェネシス」第39話

ボラ少将の判断によって、ルージ達の突入は門を目前にして失敗。しかし、諦めるのはまだ早いと、後続組と合流して突破口を見出す。デカルトドラゴンによる空からの援護砲撃、サーミックバーストで蒸発させて湿地帯から潜入、さらにはエレファンダーによる門破壊と、リーオの武器を持たない仲間たちにもしっかりと活躍の場を提供した上で、流れるようにテンポ良く展開する構成が素晴らしすぎる。ジェネレーター絡みをここで持ってきて、エヴォルトを使い分けてフェルミ姐さんを破る所も燃えるな。そして、遂にロンの口からソラノヒトに関する真実が告げられ、散りばめられてきた伏線がようやく一つの線で結ばれた。最終章突入で、ゾイドバトルのCGもシナリオも凄い事になってきたなあ。あと、今回からエンディングがマイナーチェンジ。色っぽいガボールさんは当然として、無敵団やリンナ、ルネまで登場していてビックリ。

2006-01-07 このエントリーを含むブックマーク

・アドベンチャー・ロマン「ガラスの艦隊」TVアニメ化企画進行中。

> 監督:大原実
> シリーズ構成米村正二
> キャラクター原案okama
> メカニックデザイン:河森正治、宮武一貴
> コンセプト・アドバイザー出渕裕
> アニメーション制作:GONZO×サテライト
> 公式サイト(1/10オープン):http://www.garakan.com/

・「.hack」再び始動!「.hack//G.U.アニメ化企画進行中。

> 監督:真下耕一
> シリーズ構成川崎美羽
> キャラクターデザイン:大澤聡
> 協力:サイバーコネクトツー
> アニメーション制作:ビィートレイン

・TVA「西の善き魔女 Astrea Testament」tvk、KBS京都、群馬テレビ、BS朝日、東京MXテレビ、奈良テレビ、信越放送、熊本放送にて今春放送予定。

・巨大なクモを友に悪と戦う勇者たち「スパイダーライダース」アニメ化企画進行中。

> 原案:クッキージャー(カナダ)
> 監督:真下耕一、石山タカ明
> シリーズ構成黒田洋介
> キャラクターデザイン:岩岡優子
> アニメーション制作:ビィートレイン
> ハンター少年:くまいもとこ

・異世界に展開するアクション・ファンタジー「牙-KIBA-」今春、テレビ東京系にて放送予定。

> 原作:Aniplex
> キャラクター原案:松下進
> 監督:神志那弘志
> 脚本:井上敏樹ほか
> キャラクターデザイン:吉松考博
> 美術:帝国少年
> アニメーション制作:マッドハウス、スタジオライブ

・TVA「BLACK LAGOON」2006年4月より放送予定。

・TVA「夢使い」全12話、関東・関西地上波にて2006年4月より放送予定。

・TVA「エア・ギアアニメーション制作:東映アニメーション、2006年4月より放送予定。

・TVA「NANA」2006年春より日本テレビ系にて放送予定。

> 原作:矢沢あい
> アニメーション制作:マッドハウス

キャラクターデザインかどうかは不明ですが、アニメージュ特集記事のアニメ版イラストは濱田邦彦氏。

・「プリンセス・プリンセスアニメ化企画進行中。

> 原作:つだみきよ
> 監督:元永慶太郎
> シリーズ構成:面出明美
> キャラクターデザイン中嶋敦子
> 美術監督:篠田邦宏
> 色彩設計:松本真司
> 音響監督:蛯名恭範
> アニメーション制作:スタジオディーン

・TVA「XXXHOLiC」TBS、BS-i、キッズステーションにて4月より放送予定。

> 四月一日君博:福山潤
> 壱原侑子大原さやか
> 百目鬼静中井和哉
> 九軒ひまわり伊藤静
> マル:こじまかずこ
> モロ:望月久代
> モコナ:菊池美香

・劇場版「鉄コン筋クリート」2006年末公開予定。

> 原作:松本大洋
> 監督:マイケル・アリエス
> アニメーション制作:STUDIO4℃

・「シムーン」アニメージュによるとOVAニュータイプだとTV企画になってる。どっちが正しい?

葉山透9S(ナインエス)」ラジオドラマ化決定!

記念すべき第1作、スフィアラボ編をラジオドラマ化。詳細は電撃の缶詰および電撃hpで随時発表。

角川書店/TYPE-MOONPS2Fate/stay night for PS2(仮)」2006年発売予定。

Fate」は様々な分野に広げていくことを前提に作ってきた作品なので、アニメ化もPS2移植も実は想定していたこと。ただ、コンシューマー移植はTYPE-MOON初なので、慎重に進めている。

・TVA「Fate/stay night」あらすじ。

> 第2話『運命の夜』脚本:佐藤卓哉、絵コンテ:柳沢テツヤ、演出:古川政美、作画監督:江森真理

校舎でランサーに追い詰められて、絶命の間際、士郎の元に現れたのは…。

> 第3話『開幕』脚本:志茂文彦、絵コンテ:高本宣宏、演出:高山巧、作画監督石野聡

土蔵に逃げ込んだ士郎は絶体絶命のところを突如現れた少女に助けられる。ランサー撃退、アーチャーも倒し、凜と対峙。

> 第4話『最強の敵』脚本:岡田磨里、絵コンテ:藤原良二、演出:秋田谷典昭、作画監督:塩川貴史

言峰から詳しい話を聞かされた士郎は戦うことを決意。しかし、その帰り道で銀髪の少女・イリヤバーサーカーに遭遇。

> 第5話『魔術師二人・前編』脚本:花田十輝、絵コンテ:喜多谷充、演出:岡嶋国敏、作画監督:波風立流

セイバーの存在を自分の部屋に隠していた士郎。しかし、後ろめたさを感じ、結局桜たちに紹介してしまう。

> 第6話『魔術師二人・後編』脚本:佐藤卓哉、絵コンテ:古川政美、演出:古川政美、作画監督:かどともあき

角川書店PS2「機神砲吼デモンベイン Kadokawa The Best」2006年4月発売予定。

・日下皓先生が描く「Tick! Tack!」がコンプエースVol.5より新連載!

今月号のアニメ3誌ともに、2006年注目のアニメは、ライトノベル原作と女の子向け作品としてますな。「涼宮ハルヒの憂鬱(仮)」「いぬかみっ!」「吉永さん家のガーゴイル」「神様家族」「ゼロの使い魔」「NHKにようこそ!」などのアニメ化情報も載ってますが、新情報は特になし。

2006-01-06 このエントリーを含むブックマーク

ニュータイプ&アニメージュ早売り情報。2ch

先月、東地宏樹氏のインタビューで明らかにされてましたが、「.hack//G.U.」のアニメ化企画進行中。「西の善き魔女」がアニメ魂枠っぽいのは意外。

-----

・「SHUFFLE!」最終回

Aパート、亜沙先輩の問題は稟のリストカットによって無事解決。まあ、これは原作通りの消化試合だし。さすがに最終回でトンデモ展開にはならなかった。そしてBパート、プリムラのモノローグ中心で描かれる後日談は、稟と亜沙先輩が恋人同士であるという事実なんてどうでも良くて、土見ラヴァーズの皆さんは諦めずに虎視眈々と亜沙先輩の隙を狙っている様子。ハーレムエンドではなく、言わば日常エンドというヤツかな?表情豊かなプリムラ、メガネッ娘プリムラ、ようやくデレ化が顕著になって、お兄ちゃんお兄ちゃん♥なプリムラ等々、正にプリムラ尽くし。亜麻さんに気付いた神王・魔王の対応や、樹と麻弓の漫才、ツボミの『ごちそうさま』も良かった。新規EDの映像にも結構おいしいネタが詰まってたけど、DVDの特典映像になりそう。稟と亜沙先輩のバカップル描写を薄くして、全員の日常描写をメインにしたおかげで、何とか無事にゴール出来た感じ。しかし、これでは物足りない!「Tick! Tack!」に、楓、プリムラ、シア、亜沙先輩、カレハ、ツボミら全ヒロインをも巻き込んだ「Tick! Tack!」完全版のアニメ化希望(笑)。……と、その前に、次は春からの「Soul Link」だな。

「かりん」第9話

杏樹にスポット当てた話。原作でも小休止的にやってる外伝みたいな。杏樹の過去はアニメ独自の解釈で、ストーリー自体もアニメオリジナルでしたが、心理描写の見せ方も丁寧だし、悪くはなかった。…ただ一人、相変わらず空気の読めてないウィナーを除いて。

「かりん」を見ていて、「ストラトス・フォーA」CODE:206をすっかり忘れてた。明日のリピート待ち。続編作らないとどう見てもバッドエンドです。本当にありがとうございました、みたいな内容だったようですが。

2006-01-05 このエントリーを含むブックマーク

・「ToHeart2」最終回

サブタイトル通り、俺たちの戦い恋愛はこれからだ!エンド。このみエンドどころか、このみノーマルエンドにすら至らず。何だこれ…。貴明とこのみが仲直りする場面のやり取りだけ抜き出してみたら、それほど悪いものでもないんだけど、タマ姉の宣戦布告とか、悶えまくっていたこのみとか、ほとんどストーリーに絡まず、消化不良。最後に申し訳程度で草壁さん…いや、子供時代のみなので高城さんが出てきたけど、貴明が過去の苦い経験を繰り返したくないと自覚させる為だけの役で、このみとのフラグを立たせる噛ませ犬にすらなってない…。結局、黄色以外のヒロインの印象を悪くするキャラクター紹介アニメだったなあ。

・「灼眼のシャナ」第13話

天目一個の話が無かったので、裕二のハッタリが削られるのは当然の流れだろうけど、まさか戒禁まで無かった事にされるとは。悠二パワーアップへの布石やラスボスフラグが全て消滅した感じ。シュドナイにしても、一応ラスボス3人衆の1人なのに、どう見てもヘタレだし。いや、神鉄如意を持ってない時のヤツはヘタレロリで正解か(笑)。今回は原作を早く消化したいのか、いつも以上に、あらすじ紹介原作ダイジェストアニメだったな。バトルシーン、特にシャナvs変態兄妹は再現度高かったけど。しかも、これだけ詰め込んでも、肝心の校舎裏で宣戦布告(続き)シーンが短すぎて勿体ない…。新OP/EDは次回お披露目?

・「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」第1話

Fateローゼンの設定とその他諸々を足して、介錯で割って、トライネット+ピクチャーマジックをトッピングしたら下の方に突き抜けちゃいました。てへ。…みたいな?うーむ、バカアニメなら笑ってみられるんだけど、内容はどちらかと言うとシリアス重視だから、結構キツイ。お色気要素や百合要素が、他の作品に勝ってるとも思えないし。

・「あまえないでよっ!!喝!!」第1話

マジカノアリスに比べたらずっと安心して見られるな。清く正しい(?)お色気ラブコメなら、今期はこれの一人勝ちか?新キャラの一希は原作通り一番のエロ要員になりそうだし、パンツも出し惜しみしてないし。アニメオリジナル展開ではなく、一希登場エピソードは、順番は多少違うけど原作通り。次回からAT-XR-15指定になるけど、地上波版と何か変わるのか、それとも寸止めのままか?恐らく後者だろうけど。


▼WebClap/Formレス

>車輪楽しめないのは捻くれた奴なのですねorz 終始「はいはいわろすわろす」でした。
>有葉さんはアトリエかぐやに移籍してほしいとずーっと思っております。エロなしでもいいようなゲームに
>彼女を使うのは重大な損失だと思うんだorz

世界観の設定やシナリオの矛盾が気になったり、お涙頂戴シナリオは鼻について楽しめないとか、あとは、エロ目的だから根本的にエロ薄がダメ、という方には確かに勧められないかもしれませんが…。自分の場合、ループ物、閉鎖空間脱出物、叙述トリックを駆使した推理物にはかなりの確率で惹かれてしまう質なので。

車輪の国、向日葵の少女アニメ化する際はR-15でやれるとこまでやって欲しいですね
叙述トリックをどう演出するかなどの見どころもありますね

アニメで再現不可能なトリックではないので、演出次第でゲームよりも衝撃を受けさせる事が可能かも。ゲームがあまり本数出てないらしいので残念。商業デビュー作の魂響地雷だったのが多少なりとも影響してるんだろうなあ…。車輪はもっと話題になっても良いと思える作品なのに。

>サマーデイズが面白そうに思えてきました。本編やってないけど買ってしまいそうです

スクールデイズも、発売前は青春純愛モノで爽やかに見えました。オーバーフロークオリティを侮ってはいけません(笑)。

はぴねす!ファンディスクはやっぱ準と・・・

準シナリオが無かったら暴動モノですw あるとは思うけど、魔法で♀化した準とドタバタか、♂のままくっつくドタバタか、どっちになるだろう?

>枕から新作で「H2O」ってのが出るらしいですよ。
>公式発表じゃないみたいですけど、ちょこっと絵が貼ってあるサイトがあったので。
サクラノ詩はどうなったのでしょうね?w
>一応この辺参照  http://marutiyy.fc2web.com/

枕は、たまソフトやジェリーフィッシュよりもヤバイんじゃないかと。

>通りすがりの笑い人です。スパイダーライダーズは前から話していましたものです。
>ロシアだったかな?共同で作るアニメだそうで、新ガイキングと同じ内容ですね。
>クモメカがかなり、精巧に描かれているそうで、クモが嫌いな方はきついかも。
>最初は海外の放映だそうです。今はわかりませんが。

ディノブレイカーのような海外先行だから制作も結構進んでるんですな。日本での放送はまた1年遅れ?

シャナをWeb配信で見てる者ですが、
ソラトがデパートで玩具ねだる子供をぶった斬るシーンも丸々カットでしたね。
>まぁ、このご時世ですから致し方ない自主規制かもしれませんけど、
>印象に残ってたシーンだけにちょっと残念かなと。
>それにしてもティリエル田村ゆかりソラト白石涼子ってキャストは ホントハマっておりますな。

シャナ 零時迷子の結界すら無視ですかー。ゆうじのPowerUPはなし?

>戒禁やハッタリは5巻分の天目一個登場後にやったほうわかりやすいので
>順序を入れ替えただけかもしれませんがどうなんでしょう?

今までの構成を考えると、はたしてそこまで気の利いたアレンジをやってくれるかどうか疑問ではありますが。ハッタリ自体は、シュドナイも悠二も共に結構間抜けな感じなので無くても良いかも(笑)。戒禁は零時迷子と銀の両方に関わる重要事項なので、カットされたままなら泣ける。

タマ姉委員ちょTo Heart2」二強のルートは今同時連載中の電撃大王
Gファンタジー版のどちらかでいずれ入る気がしてます。
>どっちもこのみエンドじゃ意味無いし…ああ、私は委員ちょ希望ですので(^^)d

東鳩2草壁さん、まさかの登場ですねw
>どうでもいいけどCASTに雄二が2回あったような気がするのは気のせいですか?
>(録画してないので確認できず)

あんな登場されても余計切ないのは気のせいでしょうか?今年のLeafカレンダーを見ても、まだまだ「ToHeart2」で稼ぐつもりっぽいけど、アニメも続編やるつもりかな…。

コミケ〜なのはA'sはなんであんなに並んでいるんだ…
>ざっと数えて200人以上はずっといました…オーガストLeafはもっと凄かったけど、
>「こんなに並ばせるほどの人気アニメなのか!」と。
>あと、Navelで4時間待たされたのは痛かった…。

なのはプロジェクトの列は今回一番悲惨だったようで。自分も惨状は横目で見ましたがスルーしましたw

>なのはA'sのOHPには13話が「シリーズ完結編」と書かれているんですけど、
>もう続編を作る予定はないということでしょうか。なんだか複雑な気分…

ホントだ…。アニメもゲームも続編は絶望的…?

>>なのはA's A'sは無印の続編というよりも、
無印では語られなかったその後を描くためのアフターストーリーと考えるべきという気がしてきました。
>設定詰め込んでるのも、各種メディアミックス
>つきあってくれた人に対するファンサービスなんではないかと。

それもあるかもしれませんね。A's自体、放送前も放送終了後も、まだまだメディアミックス企画に付き合って下さいね〜って感じのスタンスが見え隠れしてますし。

マジカノ第1話先行放送見ました〜。
>もう最初から最後まで笑いっぱなしで、どのキャラもいい意味でハジケまくってたし、
>野川さくらちゃん演じるあゆみは、「Φなる・あぷろーち」の西守香以上に凶悪・凶暴みたいですね(^^;
>おそらくギャグ度では今期ナンバーワンかも?
>第1話はパンモロはほとんどなかったので、第2話以降からのパンチラ大爆発に期待したいです(笑)
>あとOPでチラッと出てきたんですが、「あの」勝負パンツも出るんですね(爆笑)

コットン100%とか言ってるぐらいなので、あまえないでよっ!!に負けないぐらい頑張ってくれないと。あと、長女の舞夏は原作ではもっと突き抜けたブラコンなので、アニメ版だとちょっと控えめなのも不満かな。

>今月スタートの新番、俺もFateとかしましに期待してます。
>はっきりいって両作品とも原作の大ファンです。特にFateは完全に信者状態です。
アニメFateにも 多少の不安はありますが、信者なのでかなり期待しております。
>テレビ埼玉が最速と発表されたとき、ウチはちばテレビしか 見られなかったので悩みましたが、
>思い切ってUHFアンテナを ベランダに設置して埼玉の方角に向けたところ、
>アナログ電波は 不十分でしたがデジタル電波の受信は成功しました。
>画面は小さいですが、綺麗な画質で見られて満足してます。
>以前にcyanさんはテレビ埼玉は見られないと仰ってたように記憶しておりますが、
>現在もそのような状況であるなら思い切ってアンテナを増設してみてはいかがでしょうか。
>俺の住所の茨城にも電波が届いたのですから、cyanさんの住所 (もちろん知りません)にも届くと思います。
>もうあまり日にちがありませんが、どうか御一考ください。
>余計なお世話だったかも知れませんが。長文失礼しました。

自分は千葉の下の方、かつケーブルテレビなので、アンテナの向きはほとんど意味無し環境なんですよ。ケーブルを繋いでないテレビにアンテナ直結して向き変えても、雑音入りの音声と波しか映りませんでした。Fateキャラデザと構成には原作者が深く関わってるから大丈夫だと思うので、ディーンの制作キャパだけが心配ですね。

2006-01-01 新年明けましておめでとうございます。 このエントリーを含むブックマーク

特にこれと言って温存していたネタもないし、去年は喪中だったし、今年は普通に新年の挨拶を。

去年は、この雑記では色々ありましたが―また何かあるかもしれませんが―今年も変わらず平常運転で続けたいと思います。

とりあえず、目先のアニメ冬新番は「Fate/stay night」「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」「半分の月がのぼる空」&「しにがみのバラッド。」に期待。ダークホースは「それゆけ!徹之進」と「練馬大根ブラザーズ」かな? 来春新番は、既に作品数多すぎ+期待作も多すぎでクラクラする。

追記. ネタなしとか書いたけど、ちょっとだけアニメ化先取り情報。

1.「スパイダー・ライダース」アニメ企画進行中。

クモ型メカに乗った少年少女がイノセントと戦う話。

2.「今日の5の2アニメ化企画進行中。

桜場コハル原作の小学生Hコメディ。

既に制作入ってるようだし、どちらも正式発表は近日中?

今年のLeafカレンダーは1〜9月「ToHeart2」、10〜11月「鎖」、12月「こみパ」でした。去年は「ToHeart2」と「TTT」以外になぜか「うたわれるもの」が混ざってて、案の定TVアニメ化とPS2移植が発表されたんだけど、今年のは読めないな。2年連続で「ToHeart2」に占有されてる。

涼元悠一WebPage@会社クビになっちゃいましたー。てへっ。

去年9月退社、仕事募集中ですか。「SNOW」のシナリオアシスタントに参加されてたんですな。うーむ、どういう経緯でクビになったんだろう?いっそのこと、VA退社組で新ブランド設立とか実現して欲しいかも。

※泊まりで出かけるので4日まで更新休止。

-----

・「マジカノ」第1話

AT-Xお年玉先行放送を視聴。第2話からはテレビ埼玉見られないので、tvk待ちですが。思ってたほど作画は悪くなかったな。デフォルメキャラは結構可愛かったし、むしろ原作の方が不安t(略)。導入部のストーリー自体はほぼ原作通りなんだけど、あゆみが春生に使ったのが、人格写しの秘薬→目覚めて最初に目にしたものに恋してしまう魔法に変えられてる事もあってか、コットン100%という煽り文句に反して、かなりパンモロ分が減少してるのはどうかと。いきなり途中すっ飛ばして第2話で生徒会長ゆりさま登場のようだけど、とにかくメインキャラを早めに出してしまおうという構成なのか?


・「車輪の国、向日葵の少女」コンプ。

作中における特別高等法への批判、同時に現実社会に対するメッセージ性などをリアルに捉えて考察したら、それこそ穴だらけだと思う。でも、それはエンターテインメントエンターテインメントとして楽しめない捻くれた見方なので、この際気にしない事にする。と言うか、プレイ中は、ハッキリ言ってそんな事を突っ込む気にならないほど引き込まれてたし。一つ山を乗り越えても、直後に新しい山にぶつかると言った、手に汗握る緊張感の連続なのに、息を抜く部分も忘れてない。それから叙述トリックも(下着をぶちまけた辺りで何となく気付いたけど)。主人公の強さと、それ以上に強いヒロイン達の人間ドラマを見てマジ泣き。そして何よりも、第5章ほどのカタルシスを感じたのは「Ever17」のココ編以来かもしれない。エロゲーでHシーンが邪魔(特にエピローグで取って付けたような夏咲と璃々子)に感じたのも久しぶりだ。とにかく、自分が好きな要素が詰めこまれていて、消化不良感も殆ど無いので、自分としては傑作認定です。2005年にプレイしたオレ的エロゲランクTOP3「プリっち」「明け瑠璃」「スクイズ」を最後の最後で全部抜き去りましたよ。基本的には1本道シナリオで、Hシーンも無くて問題ないものばかりなので、今すぐにでもコンシューマー移植orアニメ化できそう。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME





Connection: close