MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2006-08-31

[]2007年春「AIKa」の新たなる挑戦が始まる! 2007年春「AIKa」の新たなる挑戦が始まる!を含むブックマーク

先週発売された「ストラトス・フォー LOG BOOK」内で告知。近々メーカーから正式発表がある模様。

2006-08-30

[]TVA「スーパーロボット大戦OG〜ディバイン・ウォーズ〜」テレビ東京 10月4日(水)25時30分より放送決定! TVA「スーパーロボット大戦OG〜ディバイン・ウォーズ〜」テレビ東京 10月4日(水)25時30分より放送決定!を含むブックマーク

テレビ東京・東不可止PDの携帯コラムより。キャストは、ゲームそのまま!これまた超豪華とのこと。

[]TVA「ゴーストハント」テレビ東京 10月3日(火)25時より放送決定! TVA「ゴーストハント」テレビ東京 10月3日(火)25時より放送決定!を含むブックマーク

テレビ東京ほかTX系5局でも放送。なかよし10月号より。

これで、テレ東秋新番の深夜枠は全て出揃ったようですね。

[]OVA「カレイドスター ぐっどだよ!ぐぅーっど!」放送決定! OVA「カレイドスター ぐっどだよ!ぐぅーっど!」放送決定!を含むブックマーク

AT-Xにて、9/27(水)16時30分〜(リピートは同日26時30分〜)

2006-08-29

[]TVA「魔法少女リリカルなのはStrikerS」2007年放映予定。 TVA「魔法少女リリカルなのはStrikerS」2007年放映予定。を含むブックマーク

> 原作・脚本:都築真紀
> 監督:草川啓造
> キャラクターデザイン:奥田泰弘
> アニメーション制作:セブン・アークス
> 高町なのは田村ゆかり
> フェイト・T・ハラオウン:水樹奈々
> 八神はやて植田佳奈

前作の最後に登場した、6年後のなのはたちのその後が描かれる。なのは:私立聖祥大付属中学校3年生・時空管理局武装隊戦技教導官(日本で言う戦闘行動専門の自衛隊員)。フェイト:私立聖祥大付属中学校3年生・時空管理局執務官(日本の警察で言う警部)。はやて:私立聖祥大付属中学校3年生・時空管理局特別捜査官(日本で言う警察官で特殊技能を持ったエキスパート)。新作の構想は、『A's』放映前の『リリカルパーティSP』の頃には既に大まかな内容案の話し合いはあった。具体的に動き出したのは『A's』の放映が終わりに差しかかってから。ただ、『A's』のエピローグ以降の話というのは以前から決めていた。今回もアクションシーンは多いが、序盤から敵が出てきてバトル三昧という感じではない。ロストロギアは、今回も物語のキーアイテムの一つ。各キャラの立ち位置などはまだ秘密だけど、「全員主人公」で、なのは・フェイトはやての3人が常に物語の中心にいるのは間違いない。自分の道に迷い、それでも未来へ向かってゆこうとした2人の少女と、出会えた幸せを守ろうとしたひとつの家族の物語は『A's』までで完結。『StrikerS』はそんな一同が大人になってからの物語なので、今度は大人として新たな登場人物を見守ったり、新たな事件に立ち向かったりしていく。『StrikerS』の意味はアニメの中で明らかに。「魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS」(原作:都築真紀、作画:長谷川光司)が、メガミマガジン次号より連載開始。あと、都築真紀氏曰く、「女の子は心がキラキラ輝いていれば、いつまでだって少女ですよ?」だそうですよ(笑)。それと、都築氏のインタビューで、3期の噂の事についても触れられてるけど、それを読む限り、今までタレコミで頂いてた情報は、ほとんどガセネタだったっぽいなあ…。

[]WEBアニメあゆまゆ劇場」『君のぞらじおホームページ内にて9月29日(金)より、毎月最終金曜日配信スタート。 WEBアニメ「あゆまゆ劇場」『君のぞらじお』ホームページ内にて9月29日(金)より、毎月最終金曜日配信スタート。を含むブックマーク

> 原作:アージュ
> 監督:嵯峨敏
> 脚本:鴻野貴光
> キャラクターデザイン総作画監督:水上ろんど
> 音響監督菊田浩巳
> アニメーション制作:ピクチャーマジック
> 製作:すかいてんぷる汐留支店
> 大空寺あゆ浅井清己
> 玉野まゆ吉住梢
> 鳴海孝之:谷山紀章
> 涼宮遙:栗林みな実
> 速瀬水月たかはし智秋
> 涼宮茜水橋かおり
> 天川蛍:窪田聡子
> 星乃文緒ひと美

追記.

>吉田恭子と吉住梢が混じってますよwww ま、同一人物ですけどw

玉野まゆ:吉田梢は吉住梢だと思うです。

再確認しましたが、メガミマガジンには、吉田梢と書かれてます。単なる誤植?それとも名義変更

さらに追記.

「PC age CD-ROM2 Vol.5」に収録されていた「あゆまゆ劇場」第0話のスタッフロールでは、ちゃんと吉住梢となってるそうなので、単なる誤植のようです。

もうひとつ追記.

浅井清己さんと菊田浩巳さんの“己”と“巳”が共に間違ってました。失礼しました。

[]アニメロケットガール」続報。 アニメ「ロケットガール」続報。を含むブックマーク

> 原作:野尻抱介
> 監督:青山弘
> キャラクターデザイン:大下久馬
> シリーズ構成・脚本:中瀬理香
> アニメーション制作:ムークアニメーション

[]TVA「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」続報。 TVA「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」続報。を含むブックマーク

> アニメーション制作:OLM TEAM IWASA
> クスハ・ミズハ:高橋美佳子
> アヤ・コバヤシ:冬馬由美
> 公式サイト:http://www.suparobo-anime.jp/(9月11日オープン予定)

物語の舞台は、架空の未来・新西暦179年。「メテオ3」と呼ばれる隕石が、南太平洋マーケサズ諸島沖に落下する。地球連邦政府が調査を進めてみると、その隕石が人工物であることが判明。人類は、それを「EOT」と呼び、厳重な情報管理のもと調査を進めていった。そんな中、研究機関の代表者が、研究の結果から地球外生命体による侵略の危険性を地球連邦政府に示唆する。それを受けた連邦軍は、人型起動兵器・パーソナルトルーパーの開発に着手するのであった…。

以上4件、メガミマガジン10月号より。

[]「うたわれるもの」第22話 「うたわれるもの」第22話を含むブックマーク

助けてママ!マーマ!…てなワケで、今までの積み重ねを一気に破壊する、世界観のネタバレ超展開の始まり。原作とは随分流れを変えてきたなあ。エルルゥが以前の契約の時、あの怪物の姿を見ていて、それを覚えていたのは、あまり良いとは言えない改変だったと思う。最初はエルルゥに拒絶されるので、もっと悲壮感があったんだが。エルルゥが契約した内容は、以前カルラとハクオロが交わしたものと同じ、『ウィツァルネミテア』の契約であり、それも形式上ではなく、正真正銘本物の契約。それはつまり、ハクオロ=ウィツァルネミテアである事を示している。魂から血肉から髪の毛一本まで全てを捧げたエルルゥは、言わばハクオロの傀儡。だからこそ、どんな事があってもハクオロさんと離れることはありませんとエルルゥは言っていた。しかし、その立場故に、全てを知りつつも、それを打ち明けることはできず、自分の素直な気持ちを伝えることも許されない。にも関わらず、当の本人であるハクオロは記憶を失っている。何て酷な物語なのだろうか。アルルゥが死んだのは今回で2回目で、当時の契約が未だ有効だからアルルゥは生き返った。エルルゥの回想にあった大きな地震の事は、最初の頃にオヤジさんがさり気なく触れてたね。そして、ハクオロの記憶に出てきた研究施設、ハクオロと同じ声の考古学者、殺された考古学者の血が付いて目覚めた謎の怪物。映像で見ると実にわかりやすく、それらを一本の線で結ぶのは容易いかと。怪物が血で目覚めた事は、例のカミュの吸血衝動にも繋がってくる。覚醒したハクオロさんマジ強い。こうなると、今度は“神様”に勝てる敵なんているのか?と言う疑問が出てくるだろうけど。

[]「コヨーテ ラグタイムショー」第9話 「コヨーテ ラグタイムショー」第9話を含むブックマーク

光子爆弾が、実は以前からグレイスランドに埋められていた、と言うギミックだけは良かったな。ただ、和平交渉を行う場面のセキュリティの緩さや、天才詐欺師という設定を忘れてるんじゃないかと思うぐらい、ビショップの話術の拙さに目眩が…。いかにも盗聴器が仕掛けられてそうな怪しい台を全く疑わないお偉いさん達の反応を見ても、その辺はギャグとして割り切ってるのかなあ?あと、ミスター達はワープゲートを使わなくても、グレイスランドに間に合いそうなのは気のせい?それと、首だけの五月をここでお別れとかいって置いていこうとするアンジェリカさんの思考を疑った(笑)。まあ、他の十二姉妹が見付けて回収する事を見越しての判断、と言う事にしておこう。

2006-08-28

急遽、飲み会が入ってしまったので、メインの更新ができませんでした。

[]メディアファクトリー「MF文庫J」9月発売予定新刊カバー画像公開。 メディアファクトリー「MF文庫J」9月発売予定新刊カバー画像公開。を含むブックマーク

電撃G'sマガジン10月号は、Xbox360アニメ版「アイドルマスター」を巻頭特集。11月号からは「夜明け前より瑠璃色な」最強雑誌宣言と銘打って、表紙・特集・連載・付録と、「よあけな」尽くし。今月は既出情報が多く、新情報少なめ。注目のメガミマガジンは、早くて明日かな?

[]CLOCKUP「センチネル」10月24日発売予定。 CLOCKUP「センチネル」10月24日発売予定。を含むブックマーク

原画:天草帳・テシヲ・浜島重雄、シナリオ:黒崎将弘・夏椿・浅生詠。「がくと!」の天草帳氏をはじめとする3人の原画家が描く、過去を変える力を手に入れた少年と、彼をとりまく少女たちが織り成す物語。

[]あんく「バニシングツイン(仮)」発売日未定。 あんく「バニシングツイン(仮)」発売日未定。を含むブックマーク

原画:さっぽろももこ、シナリオ:天崎カケル。海外から編入してきた一見普通の女の子には、本人も気付いていない何やら不思議な秘密があるらしい…!?2つの人格を持つ女の子!?

[]しらたま「欲情ペットライフ!」10月発売予定。 しらたま「欲情ペットライフ!」10月発売予定。を含むブックマーク

原画:ヤマ(はぁと)びっこ、シナリオ:神奈崎ふみのり。何の取り柄もない気弱な主人公が、女の子にリードされて尻に敷かれて、主導権握られまくりのペット生活が堪能できる恋愛AVG

[]サーカスエターナルドラゴン 〜冬花(仮)〜」発売日未定。 サーカス「エターナルドラゴン 〜冬花(仮)〜」発売日未定。を含むブックマーク

キャラクターデザイン:みつまむ・たにはらなつき・えこ・秋蕎麦。舞台は人間や亜人が10の神を信仰する世界“プレ・フラート”。そのシェアト地方では、100年前から3つの国家が協力し、悪の覇王と魔女の広げる“冬の花”に対抗している。物語は、祭りで賑わう城下町で主人公が魔物の襲来に巻き込まれ、そこで出会った少女とともにコーンウォールという街を目指すところから始まる。優等生時々ドジっ子女剣士・アルシェ(みつまむ)、強気なエルフ少女・ファルテ(たにはらなつき)、お姉様系呪紋使い・リューリカ(えこ)、クールな神官少女・エウレッタ(秋蕎麦)、長いお耳のケモノ少女・ロコモコ(えこ)、運命に導かれし5人のヒロインたちとともに旅する冒険長編AVG

[]TVA「BLACK BLOOD BROTHERS」サブタイトル。 TVA「BLACK BLOOD BROTHERS」サブタイトル。を含むブックマーク

#1「黒き血の兄弟」
#2「調停員(コンプロマイザー)」
#3「九龍の血統(クーロン・チャイルド)」
#4「古血(オールド・ブラッド)」

[]ラジオドラマ「仮面のメイドガイ」富士見ティーンエイジファンクラブ内で10月より放送決定! ラジオドラマ「仮面のメイドガイ」富士見ティーンエイジファンクラブ内で10月より放送決定!を含むブックマーク

[]ラジオドラマ「伝説の勇者伝説」キャスト続報。 ラジオドラマ「伝説の勇者伝説」キャスト続報。を含むブックマーク

> ライナ:うえだゆうじ
> フェリス:久川綾
> ミルク:かないみか

他、森川智之阪口大助柚木涼香など。富士見ティーンエイジファンクラブ内にて、全6回で9月上旬よりスタート。それと、ドラゴンマガジン11月号には、録り下ろし短編ドラマを収録したドラマCDが付録に。

[]ドラマCD「ご愁傷さま二ノ宮くん」11月発売予定。 ドラマCD「ご愁傷さま二ノ宮くん」11月発売予定。を含むブックマーク

富士見ティーンエイジファンクラブ内で放送されたドラマにエピソードを追加。収録内容やジャケットの違う『一般流通Ver.』と、モバイルショップとキャラアニでのみ入手可能な『ふもっぷ限定Ver.』の2種類。9月1日より予約開始。

[]神坂一の新シリーズが満を持して登場!神坂一×岸和田ロビン「DOOR(仮)」ザ・スニーカー12月号に掲載予定。 神坂一の新シリーズが満を持して登場!神坂一×岸和田ロビン「DOOR(仮)」ザ・スニーカー12月号に掲載予定。を含むブックマーク

[]「ゼロの使い魔」第9話 「ゼロの使い魔」第9話を含むブックマーク

デレデレのルイズが、何というか、もう、いちいちツボを突いてくる。全身キスマークはカットされたけど、シエスタとのやり取りで嫉妬するルイズとか、その後の、知らないフリするもん!のセリフとルイズの甘噛みとか、普段とのルイズのギャップが素晴らしい。まあ、“ツンデレ”ヒロインとしては、やはり、惚れ薬の効果が切れた後の、記憶が消えてなかったルイズの反応が一番魅力的なんですけどね。あと、ぷるぷる震えてるシエスタも良かったけど、何げにモンモランシーの顔芸とリアクションが可愛くて、見応えあったな。ただ、やっぱり話が詰め込みすぎで、イチャラブ状態を堪能してる間もなく、場面が切り替わってしまうのが勿体ない。タバサとキュルケの行動にしたって、前回の前振りがあってからルイズ達と合流するまで、もう少し間が空いた方が効果的になるわけだし。でも、単なるダイジェストにせず、要点はきっちり押さえらていて、シエスタとの会話で禁薬に気付く下りとか、所々で構成の上手さが光ってた。ところで、『精霊の涙』が最初から瓶詰めされてた理由が知りたいのですが。次回は、髭のおっさんに見えるけどこれでも26歳です、ルイズが憧れてるルイズの許婚です、な、ワルドさん登場。クロムウェルまで出しちゃったけど、残り4話で原作2巻と3巻を終わらせて、伏線投げっぱなし?それとも、ルイズのあの魔法でクロムウェルも一緒に倒してしまうのか?

2006-08-27

片付けもほぼ終わりました。家を改築するため、その間の仮住まいとして、自宅から徒歩10分ぐらいの所のアパートに引っ越ししただけなので、テレ玉だけ見られないのは変わってません…。完成予定が来年3月末なので、また引っ越しする事を考えると気が重かったり。

[]TVA「はぴねす!」続報。 TVA「はぴねす!」続報。を含むブックマーク

> 小日向雄真:大原崇
> チバテレビ:10/05 25:50〜
> テレビ神奈川:10/05 26:15〜
> テレ玉:10/07 25:30〜
> テレビせとうち:10/07 26:00〜
> テレビ大阪:10/07 26:50〜
> テレビ愛知:10/09 26:43〜
> キッズステーション:10/12 24:30〜

2006-08-26 このエントリーを含むブックマーク

まだ全然荷物は片付いてないけど、とりあえずPCとテレビ環境のみ先に復旧。アニメ予定表だけ更新しておきました。

2006-08-25

[]平井久司デザインのキャラクターが織り成す群像活劇「銀色のオリンシス」10月始動! 平井久司デザインのキャラクターが織り成す群像活劇「銀色のオリンシス」10月始動!を含むブックマーク

東映アニメーション公式サイトがプレオープン。キャストも公開。関東は、テレビ朝日ではなくUHF系ですか。

[]特報!「Venus Versus Virus」TVアニメ化決定!!「月刊電撃コミック ガオ!10月号」8月26日発売! 特報!「Venus Versus Virus」TVアニメ化決定!!「月刊電撃コミック ガオ!10月号」8月26日発売!を含むブックマーク

放送局はTBSかBS-iだろうか?今までTBSアニメフェスタで紹介されたタイトルで、TBS系で放送されなかったのは、確か「Fate/stay night」だけで、これは「真月譚 月姫」の絡みがあったし。

[]TVA「蒼天の拳」テレビ朝日にて放送決定! TVA「蒼天の拳」テレビ朝日にて放送決定!を含むブックマーク

ケータイiバンチ、バンチの真相より。「財前丈太郎」の後番?

[]PS2「EVE〜new generation〜」クリエーターズインタビュー第三弾!キャラデザ橋本氏公開中! PS2「EVE〜new generation〜」クリエーターズインタビュー第三弾!キャラデザ橋本氏公開中!を含むブックマーク

金杉氏、打越氏のインタビュー、ニュージェネの見どころについて語る!も更新。

[]TVA「乙女はお姉さまに恋してる」オンエア情報更新。 TVA「乙女はお姉さまに恋してる」オンエア情報更新。を含むブックマーク

10月よりチバテレビ・テレビ神奈川・テレビ愛知・東京MXほか、10月10日よりキッズステーションにて放送スタート。

[]TVA「乙女はお姉さまに恋してるキッズステーション 10/10(火)24:30〜 全12話 TVA「乙女はお姉さまに恋してる」キッズステーション 10/10(火)24:30〜 全12話を含むブックマーク

リピート:火曜28:30〜、日曜25:30〜

[]TVA「はぴねす!キッズステーション 10/12(木)24:30〜 全12話 TVA「はぴねす!」キッズステーション 10/12(木)24:30〜 全12話を含むブックマーク

リピート:木曜28:30〜、土曜26:30〜

[]TVA「くじびきアンバランスキッズステーション 10/06(金)24:00〜 全12話 TVA「くじびきアンバランス」キッズステーション 10/06(金)24:00〜 全12話を含むブックマーク

リピート:金曜28:00〜、日曜24:00〜

[]TVA「地獄少女 二籠」キッズステーション 10/10(火)24:00〜 話数未定 TVA「地獄少女 二籠」キッズステーション 10/10(火)24:00〜 話数未定を含むブックマーク

リピート:火曜28:00〜、日曜25:00〜

「地獄少女 二籠」放送情報。CBCでも木曜深夜放送決定。

以上4件、キッズくらぶ、2006年10月の番組リストより。

2006-08-24

引っ越しのため、今日から日曜日まで、(携帯からでも更新可能な、この雑記を除く)全コンテンツ更新休止の予定です。

[]新作アニメ「ウィンターガーデン」続報! 新作アニメ「ウィンターガーデン」続報!を含むブックマーク

ストーリー、スタッフ、キャストなどを公開。

[]TVA「奏光のストレイン」Specialページ公開! TVA「奏光のストレイン」Specialページ公開!を含むブックマーク

キャラホビレポート、プレゼント案内、エミリィ人形ギャラリーなどを公開。ハピネットのチラシによると、11月よりWOWOWノンスクランブル枠にて放送予定。

2006-08-23

[]TVA「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」10月よりテレビ東京系深夜枠にて放送予定。 TVA「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」10月よりテレビ東京系深夜枠にて放送予定。を含むブックマーク

古澤徹公式ぶろぐ、8月22日の古澤徹氏本人のコメントより。

[]▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク


TBSアニメフェスタ関係

>こんばんは。
>自分もTBSアニメフェスタに行ってきましたのでコメントを。
>初日の19日に行きました。
>○夜明け前より瑠璃色な 1話先行上映
>・キャスト変更なくてよかったです。
> (本編が先だったので声聞いて安心していましたが。でもPS2版と同じならなぜここまで引っ張ったんでしょう?)
>・アバンだけ見ると別の作品に思えました。
>・オリジナル要素は違和感ありまくり。
> 特にスカートの中から出てきたおっさんは確実に影響出ると思います(悪い意味で)。
>・タイトル読み上げた声優さんの日記(この作品であってるなら)見ると、収録7/4なんですよね。
>でも2話以降は収録していないというのはどういうことなんだろう?
>○Kanon 1話先行上映
>・1話の内容としてはほぼ予想通りでした。
>・OPとEDがついていての完成版なのはよかったです。
>・主要キャラは顔見せでほとんど出ていましたね。
> (キャストは結局祐一以外はほぼ変更なし?久瀬は変わらざるをえないだろうけど。)
>・祐一のキャスト、パンフレットに載っていて拍子抜けしました。
>・パンフレットの監督のインタビュー、そのままどっかの監督に聞かせてやりたいです(笑)。
>以上です。

キャスト発表を引っ張ったのは、ファンに対する焦らし+イベントで大々的に発表したかったからじゃないかな。収録がまだ1話だけなのは、このイベントのために第1話だけ制作が前倒しになっていて、2話以降は、順調にスケジュールが遅れてるだけかと…。

>「けよりな」#1
>>『相手の鼻を摘む』なる新設定が追加。フィーナも以前に地球に来た時に、達哉にそれをされて、今でも覚えてる模様。
>これって、原作での初H後のピロートークの「キスは好きな男の人と女の人がするもの
>〜覚えていたんだ〜だから私は貴方としかキスしたことがないわ」の2人の思い出話の改変なんですかね?

そうでしょうね。この設定追加のせいで、達哉が妙に天然キャラっぽくなってるのが難点だけど。

>アニフェスであけるり第1話見ました。
>悲しくなるような作画、特に横・斜め顔、明らかに作風にマッチせず浮きまくる冒頭の宇宙戦争描写、寒いコメディー調、
>そして、されるフィーナの仕草は良いとしても鼻をつまむ・・というくだらない演出、
>がかなり辛いですが、変態カメラ親父にフィーナが汚される姿が耐えらないです。
>いきなりスカートから出てきて一体なんなのかと思ったら、純白レース・・・?
>胸が締め付けられる思いでした。
>1話目からフィーナがこんなことになるなんていくらなんでも酷すぎます。

宇宙戦争は、原作でもあった史実なので別に良いのですが。あと、作画クオリティに関しては、「となグラ!」は準備期間が長かったからちょっと良いだけで、こっちが童夢の標準レベルだと思う。あのカメラマンは、原作ファンなら、ほぼ満場一致で嫌悪対象だろうな。

>>新キャラクターの有名らしいカメラマンの爺さんと連れのセクハラコンビ
>絶 望 し た !
>仲が良いから不敬罪にならないってなんですか、それ。
>もしセクハラの対象が麻衣に及んだ日は・・・
>第1話で左足折って、第3話で撃たれて死ねばいいのに。
>それ以外は中々上手く纏まっているようなので、一応は安心しましたが・・・。
>ただウザいだけのセクハラキャラなんて死ねばいいのに

そんな麻衣好きのあなた(実は自分もそうですが)に追い打ちをかける情報として、アニメ版の麻衣には妄想癖なる設定が追加されるとか。

でじこの純愛よりうさだの純愛が観たいというかうさだこそ、純愛系ストーリーに似合っていると思うのだが。
>と言うかでじこに純愛は似合わない……もとい、「にょ」って言わないでじこでじこじゃねぇー!!
>まぁ関西方面のTBS系列では放送しないだろうなぁと言うか媒体はTVなのでしょうか?

>「ウインターガーデン」ですが、TBSのイベントでの発表なので...TV放映されるのでしょうか?

うさださんは、残念ながらモブキャラ出演…。確かに、もはやでじこじゃないんですけど、でじこが純愛ストーリーを演じてるだけと考えれば、悪くないと思った。媒体は今の所全くの不明ですねえ。

デジキャラットに限らずブロッコリー作品は設定をがらりと変えた企画を多発するのがウリですから、
>今回の展開も「有り得る」とはいえcyanさんの「こういうのもアリ」以上の評価は期待できないし
>これまでのデジキャラットファンにはほぼ総スカン(無視?)確実だし、
>いつものことながらナニがしたいんでしょうね木谷さんは。
>ttで泣きゲはやったからトレンディドラマも、とか?
>潰れる前にやりたかったことを全部やっとこう、ということなのかもしれませんね。哀れみを感じます。

>>ウィンターガーデン
>いやぁ〜最近暑いですからね。
>ついにブロッコリー社長の木谷氏も(ry
>必死とかを通り越して痛々しくて見てられないw

号外チラシの監督インタビューに書かれてますが、「ウィンターガーデン」の企画は、TBSの立案であって、ブロッコリー木谷社長がどうこうと言うのは間違いのようですよ。あと、こういうのもアリと自分は感想で書きましたが、これはでじこじゃない、みたいな信者的な意見は別として、アニメ単体としては正直面白かったです。

>『ウィンターガーデン』からひとつ。
>>監督・シリーズ構成桜井弘明
>桜井さん監督作品っていつ以来だろう。『デジキャラットにょ』以来??
>(コゲどんぼさんも久々ですね。)

最近だと、『スウィート・ヴァレリアン』とかありましたね。

>純粋?なデジコファンですけど、この展開は個人的にはアリであります。
>でも、この容姿であの性格の毒気あるデジコも見てみたいですねーw普通のオタ腐女子みたいな感じですけどw

ぷちこは毒のあるまんまですのでご安心を。

Kanon最速レベルの感想恐れ入りました。会場の期待度の高さ、出来の良さ、
>そしてキョンじゃないや、祐一が格好よすぎるなどお腹一杯でした。
>早速帰りにプレリュード予約してしまいました。本当に前回のが黒歴史になりそうです・・・。

Keyが音楽やシナリオ監修として全面協力してる時点で、すでにKey的には東映版は黒歴史なのでは…。

>祐一が杉田さんてマジですか!
>声の入ってないプロモでもやけにキョンぽいなとは思ってましたが、
>まさかまんまとは…これは俄然楽しみになってきました。
>なんか今から原作より精神年齢高めの印象を受けそうな予感がします。

マジです。キャラデザが大人びてるので、キャスト変更もありかな。

Kanon祐一の新キャストは杉田智和氏>よかった〜〜 正直前の人はうまいと思えなかったので。
>それをいったら他の人も一部あてはまるけど。

個人的には、棒読みではなく、キャラクターのイメージとかけ離れてなければ良いんですけどね。

Kanon
>祐一の新キャストは杉田氏か・・・
>古泉がAirの往人だったから祐一はキョンだったりしてぇw
>なんて思っていたがまさか本当にそうなるとわ(汗 やはり京アニ繋がりか?
>話と作画も京アニが作るから大丈夫でしょうが・・・あとは名雪と真琴の扱いだけが心配ですorz

名雪は、東映版の扱いが悲惨だったからなあ。真琴はどうだろう?

>to cyan,
>■『Kanon』について
>祐一役は杉田さんなんですか!
>実は密かにそうなればいいなぁって思ってました。
>後は、大多数の人にとってはどうでもいい事だとは思いますが、私にとって重要なのは北川役が誰かという事です。
>原作は関智一さんらしいですが、これは間違いなく変わりますよね。
>個人的には、どうせなら小野大輔さんがいいなぁ、とか(苦笑)
>原作は知らないのですが、AIRと原作者?が一緒とのことでストーリーに関しては心配してないです。
>私は、遠野とみちるや観鈴と晴子の物語のような、すべてが思い通りにいく程の大きな力ではないけど、
>本当に小さくても確かに“奇跡”が起こったんだって思えるような物語がすごく好きだったので、
>そういうモノをKanonにも期待してしまいます。
>画は当然ですが、物語に関しても「京アニだから大丈夫」と思えてしまうのがなんか不思議です。
>私にとっては少し長くなりますが、冬のDVD発売を期待して待ちたいと思います
>■『あさっての方向。』について
>まったくノーマークでした。
>cyanさんの感想がすごく良かったので調べてみたら、すごい私好みの作品みたいです。
>桜美監督の作品は、結構酷評される事が多いみたいですが、
>「よみがえる空」はもちろん、「真月譚 月姫」も私はすごい好きでしたから。
>キャラクター紹介を見て、網野がからだのクラスメイトって... えっ! 小学六年生なんですか?
>二人がどういう関係だったのかはわかりませんが、からだが急に大人になって、それがどう変わるか気になります。
>椒子は椒子で子供になってしまった後、尋とどう接するのか興味があります。
>もし、いつも彼の側にいるからだに嫉妬のようなモノを覚えていたとしても、
>その立場を手に入れたいとは絶対に思ってないはずですから。
>色々想像してしまいますが、ほぼ間違いなくこちらでは放送されないんですよね(泣)。
>残り約1ヶ月となり10月の新番組も作品的には揃ってきたという所でしょうか。
>私にとっての秋の大本命、MBS二作品も順次情報が開示されてきて、そろそろかなといった感じを受けます。
>何より、cyanさんの番組感想に「第1話」の文字が刻まれると、季節が変わるんだなぁって感じますね(笑)
>from Eul.

第1話から香里&北川コンビが登場しましたが、キャストは変わらず関智一氏でしたよ。「Kanon」は、東映版が放送されてからそれほど経ってないので、ストーリーに関しては、既に知ってしまってる人も多いと思っていたのですが、それほどでもないんですね。あと、「あさっての方向。」ですが、関西ではBS-i以外に、1ヶ月遅れですが、MBSでも11月25日26:25から放送予定です。

>>>■「ああっ女神さまっPS2ゲーム化決定!
>これって以前に発表されたゲームとは別物ですか?

別物です(笑)。アフレコは既に終了してるらしい。

>女神さまのゲーム化と聞くと、永久に発売日未定だったSFCの女神さましか思い出せない自分がいますww

自分も覚えてるなあ。あの頃って、発表されてからお蔵入りした作品が結構多かった気がする。

>TBSのイベントお疲れ様でした。今年はジェネオンのイベントには行って来ましたが、
>あちらは1話分上映というのは全くなくがっかりしましたが、
>TBSの方は1話(分)をいくつも上映されたようで...この手のイベントでは
>トークやライブ(も悪くはありませんが)よりも、\"アニメを見せてくれ\"派なので(^^;、
>チケットを買わなかった事を後悔しています...。来年こそは私もTBSの方のイベントに行きます!
>...で、私はこの日キャラホビに行ってきまして、ハピネットブースにて「奏光のストレイン」の映像を見てきました。
>2〜3分位で出来は悪くないと思いましたが、CGロボメカの戦闘シーンが
>どうしても「ヴァンドレット」に見えてしまうのは...私だけでしょうか(^^;?
>あと同ブースで「ロケットガール」のアニメ版キャラの絵がありました。
>スタッフとか放映時期は不明でしたが、キャラデザは悪くなかったと思います。
>cyan様も2日目に行かれるようでしたら、ご報告を楽しみにしています。
>もう大分前の事になりますが、イラストレーターの堀部秀郎氏がお亡くなりになった事は、
>最近では一番ショックな事でした。
>もうこの方の新しいイラストは生まれてこないという事を考えると...とても悲しくなります。
>今年発売された画集(+特典のメッセージシート)は家宝として大切に保存していこうと思いました。
>謹んでご冥福をお祈り致します。

ジェネオンの方は自分も行きましたけど、今年は大作や隠し球も少なく、トークコーナーでお茶を濁してばかりで、しょんぼりでしたね。日曜日は別件で出かけてたので、キャラホビは結局行けませんでした。

>>>なんでローゼンメイデンのキャラクタードラマCDの第一弾が水銀燈なんでしょう……?
>>>むしろさすがは銀様と言ったところか。
>>「ローゼンメイデン 特別編」の主役だからだったりして?
>ドールの製作No.からじゃないでしょうか。水銀燈は第1ドールのはず。
>この予想が正しければ、次はカナになりますね。

特別編は、19世紀に目覚めたローゼンメイデンたちの活躍を描くそうで。

>向井アナはトバしてますねぇ。流石だ(笑)

向井アナは最高ですね。と言うか、司会が向井アナ以外のTBSアニメフェスタは、もう考えられない。

>TBSアニフェス、どうも盛り上がりにかけましたね

トークコーナーとしては、銀様の一人勝ち、先行上映作品としては、ウィンターガーデンが一番反響が大きかったかな。

うたわれるもの関係

うたわれるもの21話は、cyanさんの仰るとおり次回予告で驚愕の嵐でしたよ。
>もちろん本編も面白かったし、ディーの中の人池田秀一さんで個人的に好きな声優さんなので嬉しかったり、
>クーヤはまだ幼いのにあんな重要な決断を一人で下さなければならないのは気の毒だなぁ、とか思ったり。
>それに相変わらずアヴ・カムゥ強すぎで反則だろ、とかツッコんだり。
>次回予告を最初に見たときはアルルゥは重傷を負ったけど、
>気絶しただけでまだ息はあるのかなと思ってたのに、そうですか死亡なんですか。
>確かに言われてみれば生きてるならハクオロはあんなに激しく慟哭しませんよねぇ。
>もしアルルゥの死がきっかけでハクオロ覚醒となると、
>まるでクリリンが殺されてスーパーサイヤ人になった悟空みたいですな。
>いやそんな冗談言っていられる状況じゃ無いですけど。

厳密に言うと、アルルゥの事がきっかけで覚醒するのではなく、アルルゥがやられた後、ハクオロ自身も追いつめられて、自身の保身のために覚醒すると言った感じだったかな。

アルルゥ負傷によるハクオロ覚醒は、まさに「クリリンのことかー!」と慟哭したゴクウVSフリーザの構図。
>いや、やっぱりクリリンではなくゴハンの方が正しいのか?構図的に。まぁ身内が傷つけられることは
>主人公の動機付けによく使われる手段だということか。

一番わかりやすく、視聴者としても、感情移入しやすい動機ですからね。しかし、その後の展開もドラゴンボールに良く似ている。なんせ、エルルゥが“神様”にお願いして、アルルゥを生き返らせるわけですから。

>「大封印」ってそういう意味だったのか…。死亡確定を知ったのが一番驚愕(笑
ネタバレ前提で来てるんでいいんですけどね。
>実際己の目で観てどう感じるか。人の感想の違いを読むのは楽しい

>えっ、次回アルルゥお亡くなり・・・?((((((ノ゜゜)ノ

お亡くなりというか、正確にはお亡くなり数分前。もはやどんな医療でも法術でも助からない状態。でもまあ、ご安心下さい。殺られるシーンは痛々しいと思いますが、すぐに気にならなくなる怒濤の展開のはずなので。

渡辺明乃の怪演ぶりが光るハウエンクア。彼が何故あそこまで全土支配にこだわるのか、
>そして皇のクーヤの命令を聞き入れないのか気になるところ。
>けれどもああゆう自信過剰なキャラの末路は大体想像がつくような気がする。

ニウェやオリカカン、スオンカスなどを見て取れるように、うたわれの敵キャラにまともな理由を期待しない方が良いです(笑)。ハウエンクアは、まあ、マーマですし…。

>喋った!ディーが喋った!と、何処ぞのアルプス少女も大喜びの「うたわれるもの」21話でしたね

もっと喋らせても良かったのにな。なんでここまで引っ張ったんだろう?

>うたわれ21話・・・クレジットにハウエンクアが・・・
>あんなに喋ってたのにねぇ(ホロリ

クレジットミス?

>うたわれですが
>クーヤが顔隠さないで他の者の前に出てることが気になりました

あれは、アニメ的なビジュアル、見栄えを優先したんでしょうな。

うたわれるもの
>大封印の演出は良かったですね、原作だとでっかい皿にしか見えなかったんで(笑
>次回はハクオロ覚醒→Aパート終了ってペースでしょうか。
>コヨーテ
>もうなんて言うか、絵が綺麗な上っ面だけのオサレアニメになってますね。

原作でワーベがやろうとしてたのは、これのどこが『大封印』?って感じだったような。Bパートで、エルルゥとハクオロの契約シーン回想かな?

うたわれるもの 月がまともな形に描かれたのが珍しい。
>三日月の弦をとって中心を通らない異常な月がアニメの多いこと多いこと。
ピザをまるかじりしたみたいな月がでると唖然とする。

>して本編 OPにでてくる野性味あふれる将軍、どんな強敵かと思っていたらクンネカムンの噛ませだったとは。
>ゲームでもこういう演出なのだろうか。屍兵として再登場しそうではあるが。
>クンネカムンは随分と若い国家なのか 摂政だか外交官だかにあんな人材をおいてしまうようでは
>いくら強大な兵器を囲っていようと先がしれるというもの。
>ロボ搭乗員に年齢縛りでもあってあの地位に納まっているのかもしれないがあきらかに人選ミスだろう。
>次回は彼らからするとヨミソムカイ(世に背く神?→悪神、邪神、禍神ということか)を信仰する
>ウルト カミュの故郷に侵攻し、トゥスクルと対立という流れか。方術 対 兵器 さて・・・・

ディーが連れ去ってましたが、予想されてる通り、改造されまくって操り人形として再登場しますよ。うたわれの敵役は、どうしてそんなやつが国のトップにいるのかわからない変なヤツばかりなので、理論的な説明は諦めた方がよいかと。そもそも、最初の敵が『にゃも』だったしねえ。

>仲間にめぐまれているハクオロと残忍で野心家のハウエンクアらになすがままのクーヤとの
>対照的な皇の姿が見ていてとてもせつない。

ハクオロが城を回って、仲間に恵まれてることを呟くのが効果的でした。

>ハウエンクアの戦いっぷり&ハスキーな渡辺ボイスでディランドゥ@エスカフローネを思い出しましたよ
>色も赤いし。まあガイメレフはアヴ・カムゥと比べ有機的デザインですが
>合戦物という括りで考えてしまうのもなんですが、
>ロボの戦力描写的にはSAMURAI7の野伏せり位と考えてもいいでしょうかね。
>その他雑兵をなぎ倒しうるが、単騎の達人クラスには普通にやられうるロボ…

『アヴ・カムゥ』は、一応弱点設定があって、原作でも弱点が判明するまでは、カルラやトウカでもダメージ一つ与えられなかったり。

うたわれるものDVD-BOX1の新作ショートエピソード、
>なぜなにうたわれるもの共に期待以上の出来で素晴らしかった。BOX2以降にも期待が持てる。。。

>うたわれDVD届いたー。ショートエピソードに爆笑

好評のようですね。オボロ防壁のエピソードのようで。

>> [感想]「うたわれるもの」第21話
>の文章の中で「トゥスクル」と「アルルゥ」だけ、リンク付き(はてなに登録されている)という不思議
>ハクオロやエルルゥですら未登録なのに・・・
>「うたわれるもの」のキャスト欄を見ると、カミュも登録されている模様。
>『アルベール・カミュフランス語作家。
>タレントのセイン・カミュの母方の大おじ(大おじとは祖父母の兄弟)、つまりセインの母のおじ。』
>どうみてもカミュ違いです。本当に(ry

あれ、自分も前から気になってたんだけど、なんでその2つだけ登録されてるんだろう。

機神咆吼デモンベイン関係

>デモベ インスマウス編だけ残して全部消してしまいました(´∀`)
>私のレコーダーはアルが股間を蹴りあげるところからいつも再生されます。
>新しい話が出るたびに見返しているけど未だ見飽きないのは凄い

インスマウス編はエロかったですよね。アルの反応が素晴らしい。R指定だったらもっと(ry

>デモベ最終回
>あれはあれでいいんだろうけどやっぱり原作やってないとわかんないよなぁ・・・
>あぁ・・原作が良かったからこそアニメ化してくれって声が多かったわけで、
>あんな中途半端な作品作られても原作ファンとしては
>映像化されたって喜びはあるけどいい作品を観たっていう感想は出てこないよ・・・
>ただただ燃え展開にしてもただ暑っ苦しいだけ
>それだけの内面描写があるかr・・・って愚痴が止まりそうにありませんorz

ダイジェスト展開でも、映像の出来が良ければ、ファンのコレクターアイテムとしては良い作品に成り得たんだけどなあ。

デモンベインを見ていて思ったが、神としての力を手に入れるお話が
>デュOルOイバーの主人公と設定かぶっているという点を見ると『この二人を戦わせてみたい』気がワクテカする。
>魔を立つ剣デモンベインに対して神殺しの剣トOイターってワクテカものですよ。
>設定で本(アル=魔道書)を拾うところから話が始まるのも同じだし。
>小さい従者がいる辺りも同じだし。違いといえばロボ戦か肉弾戦かって所ですかね。

デュアルセイバーは、ジャスティスも含めて積んだままだ…。そう言う話なのですか。

>あ、ありのままの事を話すにょろ!
>見逃したとか、ちゃんと見ていなかったとかではないにょろ。なのに、話が超展開過ぎてぽかーんとしていたにょろ。
>今までの出来事記憶がなかった世界になったってのは判ったけど、
>最後の最後でもう1人の九郎とアルが出てきたときは正直目を丸くしたにょろ。しかも説明無しかよ。
>ゲーム未プレイ者にはキツい最終回でした>デモンベイン
>あれって、九郎とアルは再会できたけど、エルザたちの記憶はなかったままなんですか?

エルザたちは、九郎たちの記憶はなくなったままだと思います。と言うか、九郎とアル以外は全員記憶にない出来事になってるはず。

>原作やっていませんが、デモンベインの最終回は理解出来ました。
>せっかく帰ってきたのに情けないままの九郎とエルザが九郎の事を知らないという事で
>一話の時間枠に帰ってきたとわかりますし、
>そしてアルとの再会で現れた別の九郎とアルは繰り返されてきた時間の中で
>別の結末を迎えた2人だと今までの話からそう思えました、
>まぁなんとなくってだけで話的には理解出来てないんですが(笑)。
>テーマとかキャラクターがしっかりのに惜しい作品だと思いますね・・・。

あのダイジェストっぷりで、そこまでわかっていれば何の問題ないですな。原作をプレイすれば、かなり楽しめるのではないかと。

デモンベイン12話の解説ありがとうございました。
>PC版やってない自分がTVからデモンベインの世界に入ったんですが…
>この解説見てなかったら何で九郎とアルが同じ世界に二人も?とか分かりませんでしたね。
>原作を知っている人は自分の中で補完出来るんでしょうけど何も知らない自分には
>…はぃ?という結果で終わったアニメでした。
>これを機にゲームしなくちゃいけないなぁ、とか思ってしまったり。

アニメ版に絶望しても、原作に興味を持たれたなら、一度プレイしてみることをお勧めします。アニメ版が、いかに原作の魅力を引き出せてないか実感できると思いますよ…。

>既出でしたらスルーしちゃってください。
デモンベインを全話見たのですが分からないことが一つ。
>ED中で瑠璃お嬢さんのそばにいる青髪のメイドさん
>いったいどちら様?
>うーんわからない・・気になります・・。

青髪のメイドさん?ソーニャじゃないですか?

追記.

稲田比呂乃の事のようですね。自分もエンディングを再確認してみましたが、間違いなさそうです。補足情報感謝。

>ラブラブ天驚拳?

Yes.

ゼロの使い魔関係

>>タバサの母親が、水魔法の毒が仕込まれている事に勘付いたのに、そのまま飲んでしまったのは
>これって陰謀を明るみにして企んでた一派を処罰させることで娘を守ろうとする捨て身の行為ってことでは?
>そう解釈した方が執事の話とも一致するし。

なるほど。王族が、証拠もなく疑うことはできないので、その身を以て示したと考えるのが一番しっくり来るか。

>そういえば、原作ではルイズならタバサの母にかかった魔法を無効化できますね

そうそう。ルイズはまだタバサの事情を知らないので、温存してるエピソードだと思うけど。ガリア王ジョゼフが、虚無の担い手であることと、タバサのことが今後は密接に絡んでくるだろうし。

ゼロの使い魔
>毒を代わりに飲んだってので家計思い出した

家族計画も、いつかアニメ化されると思ってたんだけど、もう無理かなあ。

>>火傷しそうな欠陥構造の五右衛門風呂は突っ込むところ?
>鍋の下にスノコは敷いてあったみたいですが、特に欠陥と思われるような構造じゃなかったような。
>五右衛門風呂の側面は直接火に当たってなければ、お湯と同じ温度になるので火傷はしませんよ。

あれ?それでもフチはかなり高熱になるのでは?本来の五右衛門風呂はまわりは木桶ですし、長州風呂も、石をくり抜いた中に風呂釜を入れたりして熱を逃がしてたような。

>原作未読な者ですが、キュルケの右目が隠れてるのは何かか意味があるんでしょうか?

今の所、単なる髪型というか、ああいうキャラデザなだけで、特に理由は無かったような。

魔法少女リリカルなのは関係

>どうせ、「時間や肉体操作系のロストロギア」が出るなら、魔力なしで使えるデバイスとか魔道具みたいなのも出して、
>アリサとすずかも変身して戦えるようにしてほしいなぁ。
>StrikerSの『S』はその二人も含めてのことだと期待。
>2期の10話で2人が結界の中にとり残された理由は説明されてなかったと思うんで、
>なんか秘密が〜とかでもいいんですが。

今まで登場してない新キャラも良いですが、これ以上キャラが増えると、キャラ一人一人のストーリーが薄くなりそうなので、アリサとすずかが深く関わってくる展開は、自分も賛成。

>なのは×クロノはアニメじゃ無い、という以前に「クロノとタイプが同じで気が合う」っていう
>なのはが保有していたある意味最後のヒロイン設定をはやてに譲渡しちゃった時点で、
>既になのははヒロインですらなくなってしまったんじゃないかと言う気がしないでもないです。
>だってなのは中心だとヒロインはユーノかフェイトじゃないですか!
>そういや前から思ってたんですが、フェイトが女の子版ハーヴェイ君に見えるのは気のせい?

なのはは、あくまで強力魔法ぶっ放す砲台ですから(笑)。恋愛関係は他のキャラにお任せ状態?

>こんばんは
>大した情報ではないのですが今日の水樹奈々さんのライブにて
>なのは第三期でも歌わせてもらうかも、と本人が発言してしましたので
>OP水樹奈々、ED田村ゆかりというのは三期も変わらないかもしれません
>でもお話はどうなるんでしょうね?
>二期のエンディングの後はないだろうし
>やっぱりあの成長するまでの抜けてる部分なんですかね?

まだ検討中の段階でしょうけど、可能性は高いですな。三期がいつの時期の語かは、来週発売のメガミマガジンで明らかになるかなあ?

>なのはブース最大の過ちは、HPで数量限定をかけないと書いてしまったことではないでしょうか?
>そしたら転売厨が買占めを狙うのは当然の結果になるでしょう。
>そりゃ絶対売れると思われるなのはグッズを数量限定なしに購入できるとしたら
>チケット入場でもなんでもして転売して儲けたい欲は出てしまいますよ。

それを自粛するのがモラルというものなんですけど、そんな事に期待するのが所詮無理な話か。

ひぐらしのなく頃に関係

ひぐらし最終章、いいたい事は山ほど在れど、一つだけいえるとするならば。
>エンディング曲は感動しました(ノДT)
>これを聞いてると、ホントにひぐらしは終わってしまったんだなぁって結構残念な気持ちになってしまいますけどね(笑
>あえて言おう、この村と村人に幸あれとw

ネットでネタバレ見て知りましたが、ラストはエンディング曲流れるんですね。自分は、ようやく二次受付の通販申し込んだところ。

>今週のひぐらしは良くも悪くも色々な意味で暴走しすぎw
>某赤ずきんっぽいイメージをゆかりんに感じている大きなお兄さん達にはもう、憤死ものでしょうww
>雪野・田村両者の凄まじい演技力を見たいのなら別にいいですが…
>っていうか後一話で沙都子→鬼→衝撃の事実→ぐぎゃまでやるのは絶対無理!
>そして詩音が元々**という話はスルー?

まだ先週の分が見終わってない…。

ひぐらし取引現場はカラオケで赤坂が活躍する場面に使われる背景は葛西駅周辺だ
>地元すぎてものすごく萎えたorz
>今までもそうだったが竜騎士にはもう少しまともなところで背景のロケをしてもらいたい
>もうね、地元を適当に撮って使ってるだけにしか思えないんだ

白川郷のロケハンだけで力尽きたんでしょうかね?

涼宮ハルヒの憂鬱関係

谷川流氏のインタビューの中「人間は、それぞれの現実認識によって、まったく違う世界に住んでいる」
>なる発言があったようで、それを聞いたときも小説の話を追っているときも
>なんとなく神林長平氏の作風を連想していたのですが、
>別のインタビューで好きな分野で影響を受けた作品を聞かれ
>神林氏の七胴落としと答えていたようでちょっと吃驚した。
>書き方になんらかのつながりを頭の中にもっていたのかもしれない。
雪風に続いて『敵は海賊』もやってくれたら・・・・

どこのインタビューでしょうか?しかし、神林長平氏の影響を受けてるのか。しかし、ハルヒ雪風、どちらもアニメ化されたけど、雪風の方は……。

涼宮ハルヒの憂鬱オフィシャルサイトエンドレスエイトネタですが、今日見たら×印増えてるし(汗
>ほんとに芸が細かい・・・
>9月1日にOVAエンドレスエイト」製作決定とかいう発表ありそうだ・・・というかあってくれ(ぁ

何か発表があるとすれば、「ザ・スニーカー」誌上先行だとは思いますが。

>15回は「消失」したのでは?>ハルヒ公式サイト

なるほど。そんな解釈もありますか。

▽ストレンジ♥カインド オブ ウーマン関係

>>“藤乃”ついにアニメになって動き出す!「ストレンジ♥カインド オブ ウーマン」アニメ化決定
>ヒャッホゥー!!(思わず小躍り)

しかし、エロOVAは、むらかみてるあき作品か、かつての「○作」シリーズや「夜勤病棟」シリーズのスタッフならともかく、過度の期待は禁物。

>「ストレンジ」シリーズじゃなく「ストレンジ♥カインド オブ ウーマン」シリーズです。
>(アゲイン)(さらにアゲイン)(ひつこくアゲイン)(予想外にアゲイン)(ふぉーえばー)でひとまず完結。
>まだまだ続けられそうな終わり方でしたが。

自分は『初犬』しかチェックしてなかったのですが、今号で完結なんですね。

>藤乃・・・・・・
>ガウス出す気ないんでしょうね・・ピンパイ・・。

『ガウス』は、企画を一から見直して、緋忍伝とか言うプロットも破棄し、TVシリーズとして再出発してるという噂。

ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜関係

>いつも拝見していますー
ザ・サード 何巻までやるか分かりませんけど6、7巻(前後に分かれてるんですが)では
>もうスーパーサ○ヤ人なんじゃないかと思うくらいの超人に・・刀なしで気で居合いしてるし・・
>8巻では落ち着いたんですけどw相手人間だからというのもありますが・・・
>(と言っても十分人間離れしてる相手でしょうけど)
>どうでもいいんですが原作知ってるとアニメの先生が感情表現豊かに思えてきます。落ち着きないというか・・。

ザ・サードですが、この原作4巻の「天翔ける螺旋の乙女」が火乃香の強さの変わり目ですよ。
カムイが与えた再生細胞が火乃香の気に対する感応力を上げているとのこと。

ああ、そう言うことか。強くなる理由としては納得。>カムイが与えた再生細胞
しかし、カタナなしで気だけで居合いをしちゃうって一体。

いぬかみっ!関係

いぬかみっ!20話。個人的には1番好きな回かもしれない。
>作者自身もお気に入りのごきょうやメインの話で久々にいい話だった。
>下着ドロ師匠のせいでだいぶ印象は薄くなってしまったが私服ごきょうやが可愛かった。

さすが原作者自ら脚本を執筆してるだけあって、キャラクター本来の魅力の引き出し方が巧かった。

いぬかみっ!
>結構今回は切ない話だったはず、なんだけど『秘技白布返し』ですべてを掻っ攫っていく変態ww
>特に友情物語を流しながら歩くたゆねが悲惨すぎるwたいへんたいへん変態が前からキター( ゜∀ °)ww
>次回予告の後がまたヒドイwwともはねに嫉妬ってのは、ある種分からなくもないが・・・。

それでも、唯一『秘技白布返し』の餌食にかかって無いなでしこは、さすがと言うべき…か?

▽その他

>>人気が低かったり二期の予算が確保できず企画が流れたり
>こういうアニメって何気に多そうですよね。
>二期をいつでも始められそうで、かつDVD売り上げ好調なハルヒFateのようなアニメばかりならともかく、
>同じく二期を想定していそうな構成のひぐらしやタクロアは意外なほど売れてませんから…。

企画だけでお蔵入りした作品は、それこそ星の数でしょうね。かつて企画されてスタッフも決まり、プロモーション映像まで作っていた「ロケットガール」が、今度復活アニメ化されますけどけど。

>お金がないっ!ってのがアニメ化だそうです。(幻冬舎サイトに公式サイトのリンクあり)
>チラっと見たところ書いてなかったようなので。既出ものでしたらスルーしてやって下さい。
BLモノなんですが、主人公が街金に金で買われて身体で支払ってくって話なんですが、どうなんでしょう(笑)
>エチを省いて話が成り立つんでしょうか(笑)

BLモノは守備範囲外なので知らなかったけど、そんな話なのか。OVAのようなので、ある程度の表現は可能なんじゃないでしょうか。

>カテゴリ分けがうれしいです。
>前の感想を見たりする際に、なが〜い拍手レスでどうしてもスクロールが大変だったのでw
>いやまぁ拍手レスが長くなるのはしょうがないし、実際拍手レスを読むのも楽しいんですが
>どうしても、ねw

まだ慣れて無くてカテゴリ付けるのを忘れてることがありますので、気付いたらご一報を。

>コメントレスに補足情報や貴重な情報が出ていることもあるので,大変だと思いますが私は続けて欲しいです。

1週間に一回はなるべく書くつもりで続けます。

>>「マブラヴ」は、J.C.STAFF制作で、確か既にプロモ映像が公開できるぐらいまで水面下で制作が進んでたはず。
>これマジですか?タレコミ…ですか?

タレコミでも頂いた情報ですが、某アニメーターの日記に以前書かれてました。

>毎月読まれている(チェックされている)雑誌について。
>パッと見た時は「多いなあ」と感じましたが、これも読んでるあれも読んでるで...結局自分もほぼ全て読んでると(^^;。
>この位はオタであれば...普通ですかね?

どうだろうなあ?自分が挙げたのは、あくまでこの雑記に絡んでる雑誌だけで、まだ他にグッズ情報誌や熱帯魚関係の雑誌なども買ってるので、実際はもっと多いです。

>ルーシェン女ですよマジで

またまたご冗談を。…マジで?

おとボク主題歌覚悟はしてたけどやはりAice5かよ・・・。
>完全にすたちゃの企業戦略がモロ見えで呆れを通りこしてむしろすげー。

Aice5をそのまま使っても問題なかった「まなびストレート!」ですら、別の配役になってるので、敢えて「おとボク」に起用してるのは、原作ファンに対する悪意すら感じるんですけど。

AIR-BDBOXはアプコンという公式見解が発表されましたね。
>BS-i放送時もアプコンでしたし、第一弾ソフトとしてはちょっと微妙に・・・まあ買いませんが
>HD書き下ろしのフル鳥の詩OPは見てみたいです。

なんでアプコンなんだろう?元のソースが残ってないとは思えないし。

パルフェの実写版、AV臭くてしょうがない

本当に現役人気声優が演じてるVシネマだったら、もっと話題になってたな。…あり得ないけど。

>空気読むってのが難しいんだよな・・ネットじゃ例え自分がハッピーエンド派でも鮮血選択しそう。面白さ優先で

スクールデイズ」は、例えハッピーエンドでも、今までのTVアニメで見たことの無いようなドロドロの修羅場や、史上稀に見るヘタレヤリチン主人公、誠の人格を忠実に再現してくれれば、十分話題をかっさらえる気はする。

>ジャンプは「ブリーチ」「テニプリ」「ワンピ」「ナルト」などは確かに売れてるけど
>話が長すぎてだんだん売り上げ落ちてるらしいですね。
>確かにワンピースとか長すぎてそろそろうざい・・・そんなんで一発新しいのが欲しいってとこで必死なんすかね。

一応読んでますけど、確かにドラゴンボール的な展開が遅くて話がダラダラと続くのは飽きます。ぶっちゃけ、「とらぶる」のクオリティが高いから、他はどうでも(ry

天使憑きの少女ってゲーム、管理人さん気に入ると思います。機会があれば是非やってほしいです

Nailの作品か。あれって、「Present for you」の続編だと思ったんだけど、これだけ単独でプレイしても平気?

>>ただ、一応忍者物なんだから戦闘シーンの動画は頑張ってほしかったってこと。
>>OPの動画すらあの程度ってのは酷すぎ。
>>『となグラ!』の主人公が度を越した変態だってのはまったく同感ですよ(笑)。好きじゃないです。
>>私が言いたかったのは『ひまわりっ!』のヒロインの中の人に最後まで馴染めなかったってこと。
>>どんな素人だろうが俳優だろうが惰性でそのうち馴れてくるもんなんだけど、
>アレは最後までダメだった。合わなかったんでしょう。
>僕は戦闘シーンは気になりませんでしたね〜。戦闘自体そんなに好きではないので(苦笑
>エロいのは仕方ない。男なのだから(笑
>しかし度を越すとなぁw
>確かに声って重要ですよね。
>僕はひまわりの声は,最初から「皆が言うほどひどいかな」的な態度で見てました(笑
>僕に合っていたわけではないでしょうが,そんなに不満ではない・・・んだけど,CMのひまわりの声は少し・・・w
>僕が最後まで慣れなかったのは,「涼風」。(今頃かよ
>>「となグラ!」の勇治は、そろそろ印象が変わってきたと思いますが、どうでしょう?
>確かに。ただエロいだけじゃない・・・んだけど,
>やっぱり最後はエロに落ち着いてしまうから,それが納得できなかったりw

エロは、「いぬかみっ!」とかでも頻繁に使われてるけど、話のオチとして使いやすいんでしょうね。

AT-X他テレ東でGAアニメが始まりますね。
>と言うか「ギャラクシーエンジェる〜ん」と言うタイトルに吹いたのですが。

ずっと「ギャラクシーエンジェルII(仮)」だったので、変えるつもりだとは思ってましたが、ギャグ調だと言うことを前面に押し出したタイトルになりましたね。

>>>勇者王で途切れた枠はゾロリで復活
>↑ですけど、正確にはあの枠は勇者王→ボンバーマンビーダマン爆外伝でボンバーマンの途中で、
>夕方から早朝に左遷された後も、ニャンダー仮面→クラッシュギアシリーズ
>→ゾロリシリーズとして枠の面では一応続いています。
>おそらく書いた方は代理店・スポンサー・製作会社・幹事局の関係でそう書いたんでしょうが、
>誤解される方もいるかもしれないと思いましたので、念のため書かせていただきました。

↑だそうです。

>>ぷるるんしずくちゃん 『ぷるるん』ときいて『N・H・Kにようこそ』を思い出した。

自分も同じく。

>cyanさんはとっくに切ってるかも知れませんが、最近「シムーン」が熱い!ていうか重い。
>当初は百合ブームに乗っかっただけのアニメだと思っていたのですが、
>話が進むごとにその独特の世界観に引き込まれて行き、
>ストーリーも先が読めない展開で一話ごとにどんどん面白くなってきてる感じで全く見逃せません。
>特に14日放送の20話のラストシーンはあまりに衝撃的でしばらく呆然としてしまう程でした。
>本当にこれ程重厚で深い話になるとは当初は思いもよりませんでした。
>突然化けたのでは無く一話ごとに確実に進化していったというあまり例の無いタイプのアニメだと思います。
>切らずに見続けて良かったと今では感じてます。
>ラストにどのような決着を付けるのか全く読めないので、楽しくもハラハラしながら見守りたいと思います。

スクラン20話の後半のあの制服がマブラブの制服っぽいって思ったの自分だけ?
シムーンタイムパラドックス解決できるんだろうか?(苦笑
>学園エヴァみたいな感じで、現代の地球に転生オチとかだったりして

仰るとおり、5話ぐらいで脱落してしまいました。ようやく世界観のネタバレに入ったらしいですね。

2006-08-22

[]“藤乃”ついにアニメになって動き出す!「ストレンジ♥カインド オブ ウーマン」アニメ化決定! “藤乃”ついにアニメになって動き出す!「ストレンジ♥カインド オブ ウーマン」アニメ化決定!を含むブックマーク

美少女的快活力」にて連載中、犬氏の「ストレンジ♥カインド オブ ウーマン」シリーズより、「カインド オブ ウーマン」が、ピンクパイナップルより18禁OVA化決定。詳細発表は次号。

[]「うたわれるもの」第21話 「うたわれるもの」第21話を含むブックマーク

ようやくディーが喋った!「頃合いか」の一言だけだけど!ハウエンクアが乗ってる赤い『アヴ・カムゥ』にディーが乗れば、きっと通常の3倍の早さ(以下略)。ゲンジマルの言葉に習い、まずは自国を盤石にするため、敵国の侵攻に対して防衛に徹するクーヤ。しかし、防戦一方では、自国の民に犠牲が出るばかりで、民の苦しむ姿を目の辺りにし、部下の進言によって、まだ幼いクーヤの心は折れ、全土統一を宣言してしまう。夜な夜な密会を繰り返し、好意を持っていたハクオロさえも力で手に入れようと暴走。こうなってしまうと、もはや、行き着く先には悲劇しか待ってない…。ウルトやカミュの父であり皇でもあるワーベが、切り札とも言える『大封印(オン・リィヤーク)』を使って『アヴ・カムゥ』の撃退を試みるけど、ディーの妨害を受けて失敗。『大封印』は、アニメらしく派手な演出になっていて良かったな。『アヴ・カムゥ』の数が少なすぎるのは気になったけど。あと、ここで大事なのは、ディーは、皇にも知られているオンカミヤリュー族だけど、ディー自身は既に死んだとされていて、そのディーの姿を見て何かを察したワーベが敬語になった事だね。そして、ついにトゥスクルにも進軍を開始するクンネカムン軍。トウカやクロウでさえも、牽制しつつ撤退するのが精一杯なのが、『アヴ・カムゥ』の強さを物語ってる。今回、さりげなく全国地図が使われてたけど、あれだけでは分かり難いな。かと言って、全国地図を見せてしまうと、この世界のある事が一発でバレてしまうが。次回は見所満載の山場。と言うか、次回以降は毎回がクライマックスみたいなものか。ハクオロが完全覚醒、ハクオロとエルルゥの繋がりも明らかになるかな。アルルゥ死亡とハクオロ慟哭のシーンを見せると言う、あの次回予告の引きは卑怯だろ。未プレイ組は驚愕したのでは。

[]「コヨーテ ラグタイムショー」第8話 「コヨーテ ラグタイムショー」第8話を含むブックマーク

脚本が連名でテコ入れ?したのか、ちょっと話は持ち直したように感じたのだけど、それに反しておもしろ作画連発。作画クオリティには定評があり、京アニの対抗馬とも言われたufotableが、まさかの体たらく…。マルチアーノ達は先にグレイスランドに到着して穴掘りを始めてるんだけど、本当にそれだけの描写が続いて、ミスター達が作戦を練ってる間、何の進展もないのは面白みに欠ける。主人公のロボットが合体するまで律儀に待ってる敵役でもあるまいし。せっかくの、ミスター、マルチアーノ、アンジェリカと視点を切り替える利点が活かされてなく、そのために、まるで最終回直前のようなカウントダウンが表示されても、緊張感が得られなくなってしまっている。

2006-08-21

[]「ゼロの使い魔」第8話 「ゼロの使い魔」第8話を含むブックマーク

1クールだし、タバサの掘り下げは別にやらなくても良いと思ってたんだけど、まあ悪くはなかった。6話以降、ラブコメ要素に重点が置かれてきたので、尻上がりに調子を上げてる感じ。少し前のタバサが可愛いかったな。昔の明るく快活だった頃のタバサも見てみたい。シエスタとサイトの混浴話は原作3巻、今回のタバサの帰省と惚れ薬の話は原作4巻のエピソードで、ごちゃ混ぜ構成になってるんだけど、特に違和感もなく上手く繋がってたかな。だけど、それぞれの描写が中途半端なので、サイトとシエスタの混浴シーンを目撃した後のルイズの反応やサイトへの折檻も描写不足になってしまい、それらの積み重ねから来る反動の、ルイズのデレの破壊力が、原作に比べたら明らかにパワーダウンしてしまってるのは否めないかも。デカ過ぎる鍋と、火傷しそうな欠陥構造の五右衛門風呂は突っ込むところ?タバサの母親が、水魔法の毒が仕込まれている事に勘付いたのに、そのまま飲んでしまったのは、貴族と言う立場を考えた結果、あの場で捨てたり出来なかったからだろうけど、分かり難かった。シエスタとの会話で、ゼロ戦登場のお膳立ては整った。あと、改めて見ると、現ガリア王・ジョゼフが魔法が不得手で無能と言われていた(魔法が下手なルイズと同じ)とか、タバサの母親が毒の魔法を無効化する事が出来なかった事(ディスペルマジックは4大系統に属さない魔法)とか、伝説の系統『虚無』に関する伏線が、さり気なく張られていた事に気付きました。次回はルイズのデレがメーター振り切る話。全身キスマークは、はたしてやるのか?

[]「N・H・Kにようこそ!」第7話 「N・H・Kにようこそ!」第7話を含むブックマーク

岬ちゃんが胡散臭くなってまいりました。でも可愛いのは正義だから許されたりします。前回が痛すぎだったのに比べたら地味な展開なんだけど、母親の電話に対する受け答えで、またしても嘘を言う佐藤君の会話の生々しさがイヤだ。山崎と偽会社をでっち上げるときの、無駄に加速していく仕込みネタが笑えるな。毎回岬ちゃんを妄想で陵辱してるわりに、なぜか岬ちゃんが彼女役候補に挙がらない佐藤君の思考を疑う。あくまで脳内で悪戯するだけの性奴隷扱いって事ですか?それはそれで鬼畜過ぎる。誰かと一緒の先輩は…まあ良いか。そんなこんなでお約束のデートの予行演習する2人。佐藤君は人として最底辺にいるはずなのに、凄く羨ましい境遇のような気がするのはなぜだ。納得いかん。

2006-08-19

[]ラブ・ストーリーは突然に「ウィンターガーデン」前後編で制作決定! ラブ・ストーリーは突然に「ウィンターガーデン」前後編で制作決定!を含むブックマーク

> 原作:ブロッコリー
> 監督・シリーズ構成桜井弘明
> キャラクター原案コゲどんぼ
> キャラクターデザイン長谷川眞也
> 美術監督小林七郎
> 音楽:instant cytron(長瀬五郎、片岡知子)
> 音響監督なかのとおる
> 音響制作:HALF H・P STUDIO
> アニメーション制作:J.C.STAFF
> デ・ジ・キャラット真田アサミ
> プチ・キャラット沢城みゆき
> 仙波拓郎:入野自由
> 愛子:ささきのぞみ

デ・ジ・キャラット最新作。前作から10年後の設定で、にょ〜とか言わないアダルトになったでじこが織り成す純愛ストーリー。

[]鈴見敦「Venus Versus Virus」TVアニメ化決定! 鈴見敦「Venus Versus Virus」TVアニメ化決定!を含むブックマーク

> 監督:木村真一郎
> アニメーション制作:スタジオ雲雀

[]「ああっ女神さまっPS2ゲーム化決定! 「ああっ女神さまっ」PS2ゲーム化決定!を含むブックマーク

マーベラスインタラクティブより今冬発売予定。

[]TVA「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」BS-i 10月4日(水)26:30〜 TVA「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」BS-i 10月4日(水)26:30〜を含むブックマーク

キャストはPS2版と変わらず。司会のTBSの向井アナが、『原作ゲームはプレイされましたか?』と言う質問をして、キャスト陣と会場がどう反応したら良いのか困って、一瞬時間が止まったように静かになったのが印象的(笑)。

[]アニメローゼンメイデン特別編」→「ローゼンメイデン オーベルテューレ」今冬放送予定。 アニメ「ローゼンメイデン特別編」→「ローゼンメイデン オーベルテューレ」今冬放送予定。を含むブックマーク

銀様メイン?オープニングはALI PROJECT。

[]「伝説の勇者の伝説ラジオドラマ化決定! 「伝説の勇者の伝説」ラジオドラマ化決定!を含むブックマーク

> ライナ:うえだゆうじ
> フェリス:久川綾

9月より「富士見ティーンエイジファンクラブ」内にて放送。

[]アニメがくえんゆーとぴあ まなびストレート!」キャスト追加。 アニメ「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」キャスト追加。を含むブックマーク

> 小鳥桃葉:藤田咲
> 上原むつき:井上麻里奈
> 稲森光香:野中藍

[]「Kanon」第1話 「Kanon」第1話を含むブックマーク

妙にビジュアルが格好良くなった祐一の新キャストは杉田智和氏でした。感情を抑えめにしたキョンにしか聞こえなかったけど、自分は特に気にならなかった。ストーリーとしては、祐一がやって来て、名雪のお迎え遅刻、寝巻き姿で制服探しや挨拶ネタと目覚まし時計、買い物の途中であゆと遭遇、たい焼き食い逃げに背中の羽根、そして祐一のデジャビュ。あゆとの『初めての出会い』の夢を見る所で次回に続くと言った感じで、本当に導入部。ただ、キャラクター紹介を兼ねた作りになっていて、第1話から他のキャラクターともニアミス連発。名雪と祐一が早くも香里&北川コンビと遭遇したり、丘の上でキツネに出会したり、舞&佐祐理コンビ、栞とも擦れ違いシーンあり。作画クオリティに関しては、もはや心配するだけ野暮と言うもの。今回先行上映された作品の中で唯一、オープニングとエンディングの映像も完成していて流れました。曲はもちろん『Last regrets』と『風の辿り着く場所』で、作中内BGMも原作準拠。『風の辿り着く場所』を聞いただけでも、正直グッとくるものがあります。主要ヒロインは当然として、佐祐理らサブヒロインにもスポットを当てた話をやるらしいんだけど、2クールでどう構成をして、どんな結末を迎えるのか、期待して待つのみ。

[]「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」第1話 「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」第1話を含むブックマーク

とりあえず男性陣以外のキャストは変わりなく一安心。前情報にあった通り、キャラクターの仕草とか、コミカルな演出が強化されてますね。これは、ゲームとは違い、アニメならではの色々な表情が見られて悪くない。冒頭でいきなり、地球と月との過去の戦争シーンが流れるのですが、気合いが入りすぎていて一瞬別の作品を見てるのかと思った。でも、その後は、達哉と菜月の教室でのやり取りに始まり、麻衣のフルートに釣られて翠ともドタバタ、大統領秘書にジョブチェンジしたさやか姉さんがテレビに出演、トラットリア左門でのバイト、ホームステイのことを知らされた麻衣と達哉が昇天、そしてフィーナ登場、トラットリア左門での歓迎会で、『達哉』『フィーナ』と呼び合う所まで、大体の進み方は原作通り。ただ、達哉には親愛の表現として幼い頃からの癖だという『相手の鼻を摘む』なる新設定が追加。フィーナも以前に地球に来た時に、達哉にそれをされて、今でも覚えてる模様。あと、最後にセリフは無かったけどリースが出てきました。ここまではまあ良い。しかし、新キャラクターの有名らしいカメラマンの爺さんと連れのセクハラコンビが、明らかに蛇足。歓迎会でみんなが良い雰囲気になってる所で、フィーナのスカートの中から登場し、フィーナの純白レース(?)パンチラショットを、その場で現像し始めるという荒技を披露。ただし、パンチラを撮ってるという事実があるだけで、パンチラ写真そのものは映像として出ません。フィーナとは幼い頃からの知り合いで、月の王様とも仲が良いので、フィーナも諦めていて、不敬罪に問われることはないらしい。いくらなんでも目立ちすぎで、作品の雰囲気や原作の持ち味を壊しかねない。

[]「ウィンターガーデン」前編 「ウィンターガーデン」前編を含むブックマーク

パンフレットのスケジュールにも記載が無く、まさにサプライズ発表だったのですが、いきなり前編をまるまる上映するという太っ腹。自分は、最初「ちっちゃな雪使いシュガー」スタッフによる新作オリジナルアニメかと思ったのですが、少しずつ違和感を感じて、ぷちこでじこに見せた4コマ漫画が、コゲどんぼさんの作品まんまだったので、そこで『これ、でじこかよ!』と確信しました(笑)。それでも、やっぱり最後にスタッフロールで、デ・ジ・キャラット真田アサミ、プチ・キャラット沢城みゆき…と流れた時は爆笑してしまいましたが。前編では、作中ででじこぷちこの名前は一切出ず。所々に「デ・ジ・キャラット」の名残を匂わせながらも、完全に別物、甘酸っぱい純愛ストーリーとして仕上がってました。『にょ』とかは全くないのだけど、ぷちこが出てきた時の小ネタがいちいち面白い。うさださんは、本物の女優になっていて、モブキャラで少しだけ出演してた。「デ・ジ・キャラット」の純粋なファンからは黒歴史認定されそうな作品ですが、自分的には“アリ”だと思いましたよ。でじこと拓郎が親密になるまでの展開が早いから何だろうと思ったら、前後編のみの構成でした。このノリでTVシリーズ化するなら、色々なエピソードも盛り込めて楽しめそうだと思ったので、ちょっと残念。

[]「あさっての方向。」第1話 「あさっての方向。」第1話を含むブックマーク

心はそのままに、体だけが大人と子供に変わってしまった2人を中心に描かれる、ひと夏のファンタジー。夏の空気感と、切ない雰囲気が絶妙に折り重なった映像表現が綺麗な作品。椒子の中の人がトークコーナーで語ってましたが、第1話での椒子の痛さがなかなか酷い(笑)。絶対ここで何か、からだに精神的ダメージを与えることを言うだろうなと思った場面で、きっちり言ってくれてます。からだはからだで、『こどもあつかいをしない。』をボードに書き足すシーンまでのくだりが実に切ない。海辺のシーンで、からだを誘って、大人同伴でとか言い出す網野に殺意が湧いた。椒子のセリフに傷付いて逃げ出した直後に、追い打ちをかけてどうするよ。そして、からだの気丈に振る舞う姿と本心の剥離が読み取れて泣ける。第1話のラストで『願い石』によって、からだと椒子の体に異変が起こる所まででしたが、とにかく登場人物がみんな人間臭い作品ですね。原作はまだ2巻までしか出てないので、後半はアニメオリジナルの展開で進んでいくんでしょうけど。

[]「009-1」第1話 「009-1」第1話を含むブックマーク

まず予想外だったのが、釈由美子の演技がかなり良かったこと。棒読みではないし、むしろ最近の新人声優より上手いのではないかと。噂のおっぱいマシンガンは、裸でシーツ越しに撃つという誤魔化し手法を取っていました。ベッドシーンは、直接描写はもちろん無しで事前・事後を匂わす描写だけでしたが、それなりに頑張ってたと思う。しかも、第1話でミレーヌが相手するのは、レズの女敵指揮官だし(笑)。でも、やっぱり物足りない。規制の多い地上波でやるべき作品では無い感じはする。アクションシーンに関しては、“ウリ”だけの事はあり、良く動いてた。特に爆破シーンには、こだわりがある模様。アニメとしての出来は、今回先行上映された作品の中では、京アニ版「Kanon」に次いで良かったのでは。

2006-08-18

[]TVA「人造昆虫カブトボーグ VxV」アニマックス 10月10日(火)18:30〜 TVA「人造昆虫カブトボーグ VxV」アニマックス 10月10日(火)18:30〜を含むブックマーク

「ディノブレイカー」の後番。監督は石踊宏氏。

[]「機神咆吼デモンベイン」第12話 「機神咆吼デモンベイン」第12話を含むブックマーク

最終回らしく怒濤の展開。悪い意味で。正直、原作を知らないと、最後まで見ても何が何だかさっぱりだったんじゃないかと思う。つまり、黒幕は邪神ナイアルラトホテップで、『シャイニングトラペゾへドロン』に封じられた旧支配者の世界を、『シャイニングトラペゾへドロン』同士の激突によって再び解き放つため、そして、その神の武器を使いこなせる階位まで九郎とアルを成長させるために、何度も何度も同じ歴史を繰り返させて来たという策略だったのだけど、今回の九郎は、その予測を超えてしまったことで、ようやく無限回廊から抜け出せたわけですが。アルによって九郎が戻ってきた世界は、邪神の因果から解き放たれた新しい世界。ブラックロッジという組織は元から存在しなかった世界に書き換えられていて、仮にブラックロッジが無くても存在していた西博士とエルザも、九郎たちに出会ったという記憶はない。そして、気になっていた、旧神エンドとアルトゥルーエンドのどちらになるのかの答えは、“両方”だった。どこか別の可能性の世界で旧神となった九郎とアルの計らいで、今回の世界のアルが助けられたと言う解釈で良いんだろうけど、アニメ版だけでここまで察するのは不可能だろう。結局、尺の問題だけではなかったよなあ。たとえダイジェストでも、もっと巧く作ってる作品はいくらでもあるし。原作ファンとしても、非常に残念な出来でした。

[]「ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜」第16話 「ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜」第16話を含むブックマーク

PSPが火乃香にエロスーツ着させるためにしか存在してない件について。いや、これは最初からか。ナノマシンのネットワークを断ち切って勝利って、原作は3巻以降読んでないので、これからどこまで強くなっていくのかは知らないんだけど、火乃香の能力は底なし?!さすが、ザ・サードですらない新人類。超生命体も色々と登場して、もはや何でもありか?前回に続いて、今度はボギーだけが保護者的な立場で説教する所が面白かった。人間の感情論を理解できない機械的で冷静な判断に見えて、そこが逆に人間くさかった。ようやくミリィに笑顔が戻って一安心。

[]▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク

残り、今日の朝ぐらいまでの分を消化。やっと支えものが取れた感じ。

スクールデイズ関係

望月智充監督がヤミ帽スタッフで作るアニメシリーズ構成をやるそうです(放送は来年)
>もしかして、それがスクールデイズですかね…。

ヤミ帽スタッフのスクールデイズ…一体どんな作品になるのか想像できない。原作のエロが使えない代わりに、こだわりのフェチ描写が凄いことになるだろうけど(笑)。

スクイズは安易なネタエンドは止めた方がいいと思う。これ好きなのはあくまで一部だし(言葉様派?)
シャッフルみたいな人気だけで選んだら他の人置いてけぼりどころじゃなくなりそう

かと言って、世界や言葉とのハッピーエンドが好きだという人も少数派のような。むしろ、サブヒロイン(特に刹那)とのハッピーエンドの方が人気が高くて。

>以前角川で漫画化されるのでいずれアニメ化されるのでは?とここに書き込んだ者ですが、
>やはりスクールデイズアニメ化ですか。
>ほぼ確実にアニメ化するだろうminoriのefもいち早く漫画化したりと角川はつくづく先手を打つのが上手いですね。
オーバーフローの胡散臭い噂についてはよく判りませんが…。
>こうなると残るアニメ化大物はマブラヴですが、いつ動き出すんでしょうね。
>とりあえず今一番気になるのはけよりなアニメ声優陣なのでTBSアニメフェスタの報告を楽しみにしています。
>(生天目さんに続き氷青さんは続投確定のようですが…)

minoriの「ef」については、

>efは来年にアニメ化予定との事で、制作会社まで確定。(雑誌編集情報筋

こんなタレコミを頂いてますが、真偽不明。「マブラヴ」は、J.C.STAFF制作で、確か既にプロモ映像が公開できるぐらいまで水面下で制作が進んでたはず。ただ、版権と予算の問題で正式決定まで至らず、未だに日の目を見ないだけで。

>某アニメキタワァ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。..。.:*・゜゜・* !!!!!
>どうみても鮮血エンドしか考えられません。
>でもスク○ズでエロカットしたら微妙になる気がするんですが…。まぁ祝です。

スタッフが空気読んでくれるか、それともキャラを借りただけの普通の萌えアニメにされるか。

>フルアニメーションが売りのゲームをTVアニメにしたら本末転倒じゃないですか!!?
>そもそも、超巨大パッチを投下し、倫理上の問題(モザイクかけ忘れ)から
>回収したようなところの作品をTVアニメにしようとする思惑が理解できない…。
>でも…深夜だから、ぜひとも鮮血ENDで!!それだけは期待してみたい!!

まあ、「サマーデイズ」問題が噴出する前から動いてたことでしょうし、権利を買ってしまえば、その後は度製作会社の方で動いてしまうでしょうし。フルアニメが売りと言っても、全年齢ソフトとは違うから、キャラクターコンテンツとして全年齢市場に売り出すのはアリかと。

うたわれるもの関係

>>うたわれるもの
>さっき#18見返してて気づいちゃったんですが、食事のシーン2回とも上座にエルルゥが君臨してますね。
>やっぱりあの国を実効支配してたのって彼女だったんだ。

彼女には誰も逆らえません。睨みを効かせただけで、森の皇すら怯みますから(笑)。

>サクヤはエヴェンクルガ族ではなくとシャクコポル族(クーヤと同じ)だと思います。耳の形がその証拠。
>ゲンジマルの孫である事は間違いないのですが、この世界では母親の性質を受け継ぐようで、
>種族としてはシャクコポル族という事になるかと。

>サクヤはシャクコポル族ですよ。
>うたわれの世界では交配すると女性側の種族で子供が産まれます。
>ゲンジマルがサクヤをハクオロの後宮に入れたのは、
>いずれトゥスクルがクンネカムンを破って世界を統一した時
>シャクコポル族の皇太子を生ませて安寧を図る保険だと思ってましたが。

>サクヤはエヴェンクルガじゃないですよ〜。あの世界は母系優性遺伝の法則があると
>原作で説明されてた覚えがあるので、母親がシャクコポルのヒエン&サクヤはシャクコポルです。
>(ヒエンがシャクコポルである事は、
>エヴェンクルガであるゲンジマルに対するコンプレックスに繋がる重要な要素でしたしね)

>>うたわれ世界は母の種族が子の種族になる
>混血が重なって何の種族だかワケ分からなくなるのを防ぐ合理的な設定だと当時感心しました。
>んで、思ったのはトウカ(エヴェンクルガの女性)の掟の一つに
>「強い男の子供を産む」というのがあるのは
>その種族の女性が子供を産まなければ種族自体が絶えてしまうからなんですな。

訂正情報感謝。うたわれ世界だと、滅んだ種族や稀少種族が多そうなのは、この設定が活かされてるからなんですね。それを考えると、実はミコトとハクオロの直系に当たるエルルゥの家系は、思ったほどハクオロ達の血は薄くなってないのかも。ヒエンのゲンジマルに対するコンプレックスなんてのも、確かにありましたな。

>SuaraさんのNEWアルバム「夢路」、SA-CD盤は専用のプレイヤー以外では再生不可だそうです。
>パソコンではリッピングも出来ない、通常盤には入ってない曲もあるのに・・・orz

うーむ、ポータブルプレイヤーやHDDカーオーディオに入れられないのは辛いな…。

>>>柚木さんのお姉さんが一児の母であって、柚木さん自身は未婚だったはずですけど。
>>あれ?そうでしたっけ?ネットで調べてるとそうではない説の方が正解として言われてるのをよく見かけるので。
>その逆で最初に管理人さんがおっしゃったように、柚木さんは既婚で1児の母で、妹さんがいらっしゃると思います。
>情報のソースはその妹さんがエロ漫画家の桜木さゆみ氏であり、
>漫画などで直接名前の言及はなかったものの家族の姉の結婚・出産ネタを書いていたからだと。
>また柚木さんが出産されたといわれる時期にちょうど声優業を休業しており
>「ミルモでポン」のミモモの不自然な退場と産休明けに合わせたような復活を考えると、
桜木さゆみ氏がネタで書いたとは思えないのですが…。
wikiでは、いつの間にか既婚者から未婚者に変えられてしまっていますけれどもw。

>柚木さんが既婚かについて
>確か妹さんのマンガに上の姉が結婚していて一児の母であるとかかれていて、柚木さんについては不明だったような

桜木さゆみ氏の経緯は知ってましたが、wikiに書かれてたのは、その件が元ソースで、それ以外に明確なソースはなかったんですね。どう調べても既婚という情報ばかりだったので、てっきり正式に公表されてるものだと思い込んでました。まあ、Wikiが書き換えられたのは、うたわれるものらじおの影響かもしれませんが(笑)。

魔法少女リリカルなのは関係

>>というかうろたえるシグナムを見たいです、そして愛でたいです
>この光景を思い浮かべると、うっかりトウカが頭に浮かぶ…w

なるほど、容姿も性格もどことなく似てるかも。

>なのはの第3期についてですが、希望というか要望というか妄想なんですが、
はやて中心というなら、新生リインフォース関係の話になるのではないかと思っています。
>誕生前から誕生後の前後の話を中心に、あとはなのはの恋愛関係の話を持っていくのではと妄想してみました。
>実力的には、もう、ほぼ最強なんで、恋愛話を入れて心が揺れ動く状況で敵と戦うとか(´・ω・`)
>そうなれば、実力が出し切れない状況もありうるわけでして・・・。
>物語の出だしが、「それは、はやてちゃんが歩けるようになるまで、まだ少し時間がかかる頃。」
>とか、こんな感じで始まるのかなーとか思っちゃったりしてます。
>さすがに、6年後の物語とか描けるのかな?って疑問に思ってしまいますので。
>以上、なのはファンの妄想でした。(〃▽〃)

ちびリインフォースは出してくれるでしょうけど、なのはA'sがリインフォースの物語だったから、またリインフォース絡みで問題が起こるというのは、ちょっと考えにくいかなあ。仮に6年後の話だとしても、時間や肉体操作系のロストロギアが出てきて、なのは達が過去に飛ばされたり小さくなったりするパターンとか。

コミケのなのはブースなんですか゛、初日、11時半頃にはまったく列もなく、
>CDだけ山のように積まれてたんですが……。
ユニゾンシフトに二時間並んだ後に、再度、見てみたら、さすがになくなってましたが。
>(アレンジ違いだけだから、買わなくてもいいやと思ったライトな声優ふぁんですw

コミケのなのはブース 対応もあれこれ問題たっぷりでしたが、一番死ぬべきは転売厨かと

>なのはの限定は5だったようです。しかし、5セットといって20万払っていく人が続出だったそうですが(笑

確かに、言うまでもなく諸悪の根源は転売厨の存在ですね。あいつら何とかならんのだろうか。

機神咆吼デモンベイン関係

>デモベお疲れ様でした。ラスト2話は高速もいいところ。ゲームクリアした人以外は確実に意味不明(クリア)
>してもあの流れだと分かりませんが) ラストは力技で旧神ヴァージョンまで出すとは恐れ入りました_| ̄|
>今日の拍手コメントに「石破ラブラブ天驚拳」の言葉がいくつでたのか楽しみだ!
>しかし自分デモベは瑠璃、ライカルート=アル以外クリアしたんですけど
アニメの終わり方が正直意味わからなかった。展開がグダグダということはよくわかったけどw
>今日の終盤の絵のクオリティは高かったと思うが、これを全編でできてたら・・・。残念だ
>DVDも撮りおろし映像だけで販売してくれたらなぁ・・・

全編通して作画が良かったら、ストーリーは抜きにして、ファン向けのアニメーションムービーとしてコレクターグッズとしてなら優秀になれたのに。石破ラブラブ天驚拳!は、今の所まだ他には来てません(笑)。

デモンベインまさか扉入ってから1話でラストまで終わらすことになるとは。
>原作やったことあるのに展開の早さにまったくついていけなかったです。
>魔力尽きそうだとか言われても、ほとんど戦ってねぇじゃんって思った。
>EDは2つとも混ぜてきましたか。
>2つ混ぜるってアイディア自体は悪くないと思いましたが、
>ナイア倒してから説明的なものがまったくないので結局なにがなんだか……。
>原作やってない人からしたらなんでアルがいるの?しかも2人って誰もが思ったのでは。
アーカムシティがまた最初からやりなおしてることすら説明ないという……察しろというのも少し無理がある感じでしたし。
>やっぱり絶対2クールは必要だった…。

絵がセリフに追いついてないのに、その説明セリフすら足りてないので、どうしようもない状態。「ザ・サード」のように、ナレーションたくさん入れた方が良かったのでは(笑)。

>>確かに、旧神エンドの方が意味不明な部分があまり残らずに済みそうですが、
>>ドラマCDで補完されることを考えると、平然とアルトゥルーで終わる可能性も高い。
>で、見終わった感想…「そ う き た か w」
>原作知っている人間なら、上手く纏めたと納得…出来ないこともない…かと…
>P.S.
>やはり全年齢だとアレですな。
>「ロリは宇宙を救うw」と声高に宣言なされないのが惜しいw

九郎の迷言が飛び出さなかったのが、最終回で一番ガッカリしたことだ(笑)。

ゼロの使い魔関係

ゼロの使い魔  原作に手を出してしまった。ハルヒですら放送終了を待ったのに。
>こっちはそれほど原作に忠実に作られないだろうからいいや(シャナ参照)と言い聞かせて3〜8巻をまとめて購入。
>戦記ものになっていくくだりから一気に引き込まれました。
>見所、見せ場がたくさんある中サイトルイズのやりとりがおいしくておいしくてもうw
>特に地の文で思考がつらつらと空回りする所が読んでて笑いをこらえるのが大変だった。
>2人とも独創的なまでに思い込み、勘違い、舞い上がり、落ち込み、つまりは暴走してくれるから。
>『生類憐れみの令発行、対象使い魔=犬=俺』(20秒)
>『あのバカ使い魔わたしにみとれてるに違いないわ!』 おまえら最高だぜw
>でも締めるときはびしっときめるのですね。
>日本から迷い込んだ英雄の翼が時代を超えてよみがえり戦況を覆すシーンは最高に気持ちよかったあ。
>○○の初披露の舞台にふさわしい。
>6,7,8巻は泣ける展開が続くなあ・・ 今期は到底考えられないけど原作がたまったら
>是非今位の消化ペースで作ってほしい。昼行灯にみえた人が実は・・というのは王道だがあの手紙は反則ですよ
>コルベール先生〜〜 赤のルビーを持っていたことがこの先なにかしらの出番につながってほしい。

サイトとルイズのやり取りさえ気に入れば、この作品の読者としては勝ち組決定です(笑)。コルベール先生は、あれで退場は勿体なすぎる。ティファニアに助けられた兵達のように、あっさり復活希望。

ゼロの使い魔の舞台、自分は植民惑星じゃないかと思います。(十分ベタですね)

「プリンセスホリデー」のシンフォニアルートみたいなオチ?

はぴねす!関係

夏コミお疲れさまです〜。
>はぴねすアニメ版、現時点ではCSでの放送はなしですかorz
>ですが1〜2ヶ月遅れでの放送も考えられますし、
>断定するのはまだ時期尚早かな?
>ところでキッズステーションのブースは行かれましたでしょうか?
>もしかしたら、ここで秋新番のCS放送に関する情報も聞けたかも…。

キッズステーションのブースは、特に新情報無かったかな。滞在時間が少なかったので見逃しもあるかもしれません。だけど、地上波は「ストパニ」の後番ほぼ確定なので、CS放送もあるんじゃないでしょうか?キッズステーションの「ストパニ」の後番は違う作品になってしまいましたが。

>『アライブのはぴねす!マンガ』
>創刊号のプロローグ?がちょっと微妙だったので心配でしたが、
>今月号は原作のプロローグが春姫視点で描かれていて意外と良かったです。
アニメとマンガは同じプロットで作られることが多いので、はぴねす!アニメもマンガと似た感じになるのかな?

ゼロの使い魔」は、正直コミック版の出来が悪いので、「はぴねす!」には頑張って欲しいんですが。アニメ版も「蟲師」のスタッフが参加してる回が数話見られたら嬉しいんですけども。

涼宮ハルヒの憂鬱関係

涼宮ハルヒの憂鬱オフィシャルサイトhttp://www.haruhi.tv/
>団員への連絡(夏休み中にしなきゃダメなこと)って、
>明らかに『エンドレスエイト』なのですが、
>何かあるんでしょうか?
>そして、結局なんだったのか分からなかった団員登録。

>>単なるSOS団公式サイトの仕込みネタかもしれないけど、まだ何かあるのかと勘ぐってしまう。
>既出かもしれませんが…公式サイトの仕込み?なのかどうか、
>以前から気になっていたのが「活動記録」の上段の回数表示です。
>TV放映分の14回までは兎も角、残りが反転文字でネタ扱いになってるアレなんですけど、
>「15回」だけが欠番になってるんですよね。
>だもんで、自分もまだ何かあるのかなぁと密かに期待してるのですがw

エンドレスエイト』は、本当はアニメ化されるはずが、『憂鬱』が1話増えてしまったために泣く泣く削ったそうですし、スタッフも未練があってネタを色々仕込んでるだけかもしれませんが。15回の欠番に関しては謎。

▽その他

>cyanさんに質問ですが、新アニメが始まる際に、BLとか乙女ゲーアニメは最初から視聴対象外にしていませんか?
>どんなに酷評されてるアニメでも一応1話は感想書いている中で、
>上記の作品には一切触れられていなかったので気になってレスしました。
>自分は女ですが、美少女ゲームとかギャルゲーとか18禁原作のアニメも食わず嫌いしないで
>一応1話目は見ているクチです。
>(その中からフィルターかけて今後見るか見ないかは決めますが)中にはありえない!と思うシナリオや
>シチュエーションもありますが(特にハーレム状態の美少女モノ)
>内容が面白ければそれもアリかなという気軽なノリで見てたりします。
>あとは18禁原作でいえば最近ではFateうたわれるものも面白いですね。
>シナリオがしっかりしているので原作が18禁といわれなければ全く気付かないほど完成度は高いと思います。
>確かにBL同性愛乙女ゲーは逆ハーレムという印象が強いと思うので
>食わず嫌いの方が多いのも仕方がないかもしれませんが、
BL同性愛アニメでは友情に変更になってたりとそれなりに敷居は低くしているようです。
>とはいえ、BL乙女ゲーアニメ化はどちらも2作品しかまだ放送されていないので、
>判断材料の素材が少ないのも事実です。
>ですが一度見て「こういうのもあるんだ」くらいの感覚はもってもらいたいです。
>そして感想も1話でいいから書いてもらいたいです。
>ここでcyanさんが書いた感想後のレスで意見や感想が交わされているのを見ると
>やはり少しはBL乙女ゲーにもふれてほしいも思います。

実は、「学園ヘヴン」も、「アンジェリーク」も、途中で切ってしまってますが、3話ぐらいまではチェックしてます。ただ、自分の守備範囲外のジャンルなだけに、感想を書かないのではなく、感想が書けないんです。ジャンル的に知識が少ないので、全くデタラメなことを書いてしまって、原作ファンの方を怒らせても良い事はないので。

ガンダムXの話
>当時言われていたのはソフトバンクの禿とオーストラリアのメディア王とやらがテレ朝を買収しようとした
>大株主になった奴らはニュース専門局をうたいガンダムの時間帯に
>テレ朝制作のニュースを放りこみ名古屋テレビ制作の枠は移動になった
ガンダムXの枠自体は勇者王まで存続してるのでガンダムの新作企画をこの枠で動かせなかったので
>ターンAは手を上げたフジが放送したというのがフジ移動の経緯のはず
>勇者王で途切れた枠はゾロリで復活

ガンダムX、朝日の経営陣が変わったのが話数短縮の直接的な原因のはずです。
>好きな作品だけに打ち切り云々言われるのはつらい・・・
>まあ、ライバルキャラの愛機(後半)がプラモ化を考えていない造りになっている事から、
>プラモ売り上げがよくなかったのは確かなんでしょうけど。

やっぱり、テレビ朝日の内部問題が直接的な原因という事ですかね。さて、次のガンダムは、MBSが手放すのかどうか?

>最近は新しいコミック誌がたくさん出版されていますが、毎週、または毎月チェックされている雑誌ってありますか?

女性・少女向け、成年コミック誌、キッズ向け、4コマ漫画誌が守備範囲外で、他はかなりの範囲でチェックしてるかなあ。ジャンプ、ヤングジャンプスーパージャンプビジネスジャンプウルトラジャンプサンデーヤングサンデーサンデーGXヤングアニマルヤングアニマル嵐ヤングガンガンガンガンWINGマガジンマガジンZアフタヌーンドラゴンエイジドラゴンエイジPure、ドラゴンマガジン少年エース電撃大王、電撃コミック ガオ!、電撃hp電撃帝王電撃萌王ザ・スニーカーファンタジアバトルロイヤルコミックガムコミックラッシュコミックバーズチャンピオンREDコミックハイ!アワーズコミックブレイドコミックブレイドMASAMUNE、コミックREXゼロサムWARD、コミックバンチコミックアライブコミックヴァルキリーマジキューコンプティークニュータイプアニメージュアニメディアメガミマガジン、電撃G'sマガジン電撃姫、TECH GIAN、PUSH…ぐらいが買ってる雑誌。あとは、立ち読みか単行本のみ。

>>まあ人それぞれだけど,僕は「ひまわりっ!」の方が好きだな。
>あぁ、すいません。2つほど書き方が拙かったですね。
>『となグラ!』は『ひまわりっ!』よりよさそうというより
>正確には『マシ』って程度。もう一つ、作画は確かにまあまあだった。
>崩れることもほとんどなかったと思う。
>ただ、一応忍者物なんだから戦闘シーンの動画は頑張ってほしかったってこと。
>OPの動画すらあの程度ってのは酷すぎ。
>『となグラ!』の主人公が度を越した変態だってのはまったく同感ですよ(笑)。
>好きじゃないです。私が言いたかったのは『ひまわりっ!』の
>ヒロインの中の人に最後まで馴染めなかったってこと。
>どんな素人だろうが俳優だろうが惰性でそのうち馴れてくるもんなんだけど、
>アレは最後までダメだった。合わなかったんでしょう。
>…と、いきなり全文使って反論されたんで一応言い返しておきます(笑)。
>管理人さん的にはこういうのもOK(笑)?

オーケーです…が、掲載が遅れてしまったので、あまり効果的ではなくなってしまったかもしれません。申し訳ない。「となグラ!」の勇治は、そろそろ印象が変わってきたと思いますが、どうでしょう?

>鈴置さんだけでなく戸谷さんも急性心不全で亡くなられていたことを古谷徹氏がHP掲示板で告知
>噂はかなり前から流れていましたが嘘であって欲しかった・・・。公式発表はしないそうですねぇ。

>>鈴置洋孝さん死去
>11日付け朝日新聞朝刊社会面にも掲載されていました。
>また一人、アニメ・ゲーム界で貴重な方が亡くなられたという喪失感を隠しきれません。
>誰もが知っているブライト艦長・・・。
>謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

鈴置洋孝さん死去ですか・・・。
>鈴置さんといえば,僕の中では,らんま1/2の久能,るろうに剣心斎藤一でした。
>久能のぶっ飛んだ演技。これが一番好きだったかな。
>まだ56歳で,若かったのに・・・。
>つい最近まで出演していた気がしていたのですが・・・。
>ご冥福をお祈りします。

>鈴置さん、お亡くなりに・・・・
>マジで凹みますね 。・゜・(ノД`)・゜・。
>まだ、お若いのに・・・

>>声優:鈴置洋孝さんが肺癌で死去。
>最近知ったんですがカクリコンの中の人も今年2月にお亡くなりに…

神谷浩史さんの事故の件ですが、肺が潰れたと書いた某声優の日記が一日でそれまでのアクセス数を大幅に塗り替え、
>荒らされ、謝罪したり…多くの声優さんが生死の心配をしているような様子だったり…
>かなり不安でしたが、何はともあれ神谷さんが助かったようで良かったです。

最近の訃報の多さ、しかもかなり慣れ親しんだ方々ばかりなので、かなり衝撃を受けました。改めて、謹んでご冥福をお祈りします。

>14日の雑記、cyanさんがラノベ初心者にオススメと紹介してる中に、
2chの「つまらない小説を無理矢理褒めちぎるスレ」で大人気のかのこんを発見www
>4巻が出たばかりですが買い続けてますか?

買ってますよー。あれは、ライトノベルでどれだけエロいおっぱいが表現出来るか挑戦してる作品ですから(笑)。自分は駄作とは思わないけど、とりあえず“初心者におすすめ”のライトエロノベルとしては打って付けかと思いまして。

>・TYPE-MOON×海洋堂「Fate」胸像化計画「Fate胸像コレクション」
>第一弾「セイバー」第2弾「凛」第3弾「イリヤ」第4弾「ライダー
>・・・誰か足りないぞ!・・・

>・TYPE-MOON×海洋堂「Fate」胸像化計画「Fate胸像コレクション」
>……さ、桜は?!?!

>>Fate胸像コレクション 桜は……? またドス黒くなった桜さんが光臨しそうです……(冷汗)

>画像小せえよアニキ!あとなんで桜の胸像はないんだ!う、う、訴えてやる!

まだ、第5弾、第6弾と続いていくけど、リリーススケジュールが確定してるのが第4弾までで、桜も後で出てくるんだと思うけど…違ったら黒桜さんが暴走してしまう。

藍蘭島キタ――――(゜∀゜)――――!!
>……と言いたいところですが、いかんせんエニックスアニメには嫌な思い出ばかりがちらつくからなぁ…。
>おそらくオリジナル展開で美咲が登場、なんやかんやで行人は島に残りましたとさ。
>っていうストーリーが目に浮かぶようです。
>まあアレだ、とりあえず尻だ。藍蘭島の最大の魅力である尻を存分に活かしてくれて、
>あとかがみさんと人化さしみの出番を増やしてくれればそれでいいです。

テレ東夕方枠で本決まりだと、お色気極力カットの、「ぱにぽにだっしゅ!」系ギャグアニメになりそうですよ。

勇者ライディーンアニメが作られています。
>但し、アフロサムライと同様に海外向けです。
>海外ではライディーンは人気があるそうで・・・
IGPXと同じ手法で海外資本で制作。
>日本での放送は未定。
>というか、今の日本のアニメは放送枠を確保するのが至難の技。放送枠が取れなくて、止まってるアニメも多いとか。
ながされて藍蘭島も枠が取れなくて、今まで止まってた状態だとか。

ライディーン」は、東京国際アニメフェアでタイトルだけ告知されてましたね。「ながされて藍蘭島」も、企画が実現するまで、かなり迷走していたようで。

地獄少女第2期「地獄少女 二籠(ふたこもり)」。ふたこもりがどうしてもひきこもりに見えてしまいます(ぁ
>やはり放送局は1期の時と同じと考えて良いんですかね?
>と思ったら放送局は前と一緒ですね。でも最速は前回と違ってキズステだけ一番遅くて後は7日からですが。
>どうしたんだキッズ!(ぇ

前回はたまたまキッズステーション最速でしたが、スカパー!ウェルシンク主体の企画だから、アニマックスが最速でも、製作会社的には問題ないんでしょう。

>「時かけ」ですが
>>そもそも、公開してる劇場が近所にないので、躊躇してます。このままDVD待ちになりそう。
>全くその通りです。私は東海地方在住ですが上映場所は愛知県名古屋市と豊橋市だけです。
http://www.walkerplus.com/tokai/latestmovie/mo4317.html
>流石に車で数時間かけて行く気はしません。
>やはりカーズやポケモン程、集客が見込めないから各映画館が躊躇したのでしょうか?

>はじめまして、通りすがりです。
時をかける少女は「夏のうち」に「劇場」で観るべきですよ!DVD待ちなんて勿体無いと思います。
>私は1000円均一の日に観に行ったのですが1000円で観ちゃって申し訳ないくらい良い映画でした。
>マジでオススメです!

評判良いから見に行きたい気分は高まってるんですけど、週末の予定は1ヶ月先まで埋まってるし、平日は公開している劇場の場所の都合上、仕事終わってから行くのは不可能に近いし…。

>おーじ絵にちちがあって絶望した!>「江ノ島ベイビィ」オフィシャルwebサイトオープン!

おーじ氏の絵柄は最近変わりすぎてるような。もっと安定しない作家もたくさんいるので、自分的にはまだまだ許容範囲ですけど。

戯画・安心して作品を購入してもらえるブランドに!
>確かにそうだが戯画マインのなくなった戯画なんて・・・・まぁ助かることは助かるんですが
>あれだ、バグのなくなったライ(ry

ラ○アーソフトも、すっかり普通のメーカーに。自分は今のラ○アーも好きですが。

>今週のちょこッとSisterはいきなり裸エプロンで始まりKEEP OUTのテープが貼られていました。

>ちょこSis…。ええぃ、KEEP OUTが邪魔だw。やはりDVDを買えってことなのでしょ〜かww

KEEP OUTが、DVDでスッキリという売り込みしてますね。KEEP OUTを無くすと、かなり際どいカットもいくつかあるような。

神様家族の最終回見ました ちなみに私は原作信者です
>後半の家直すところで
>佐間太郎の部屋の半分を久美子が使うってママさんが言ってたシーンありましたよね?
>そのシーンを見せた=続編の可能性有り??

久美子さんのその後の描写をしないとエピローグとしては纏まりがないので、原作通り設定を入れただけでしょう。続編は期待したいところですけど、DVDの売り上げ次第かな…?

コヨーテ ラグタイムショー6話について
>フランカの脱出シーン・・っておいおい
>人質に艦内説明したのか??
>「この椅子実は緊急用の脱出シートになっていてね」
>「使わないに越した事ないけど・・(笑)」
>じゃなかったら わからんだろう・・普通
>いや・・実は真実が隠されていて 
>マルチアーノってフランカの親類(母親?)で 
>あの船は 自家用機で 隅々まで知ってたり・・?
>まさかな・・・

もしマルチアーノがフランカの母親だとしても、フランカはその事実を知ってるとは思えないので、フランカの方が脱出装置を知ってるのは不自然。ギャグでやってるとしか思えないんだよなあ。

東京魔人學園剣風帖アニメ
>原作ファンとしてうれしいような悲しいような・・・、複雑な気分です
>とりあえず続報に期待したい・・・
>あと、アニメーション製作はMMVかな〜と
>一応リメイク(?)作品出してますし

製作はMMV、制作はAIC、DVDの発売や音響制作はアミューズという体制のようです。

>ミナミノ発売から1年半、カデナが意識を取り戻してから早7年。
>もう秋山だか春山だか力道山だか判別がつかなくなってから久しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
>一指力剛の唐突すぎる幕切れに激昂する月華の姿は、
>なんでしょうね、ある種のアンチテーゼとして受け取っておけばいいのでしょうか。
>それはともかく、久しぶりすぎる秋山先生の新作、とくと堪能させていただきました。
>しょっぱなからスカトロでしかもシグルイ
>いいですね、一般読者を置いてきぼりにするその姿勢はまさに秋山先生のソレです。
>素晴らしいです。最高です。ヴァンダボーです。
>古橋先生との対談からすると、壮大な世界観に基づいた大長編を書こうとしているようですね。
>今からとても期待してしまいます。
>それでは、今回のお話でもっとも印象的だったセリフを抜粋して、お開きとさせていただきましょう。
>「――編集部からの要望としては、あとはとにかく書いてくださいっていう感じです(笑)。」
>この何気ない言葉が、こうも胸に響くとは……・゜・(ノД`)・゜・。。

>>■電撃hp VOLUME.43■
>> 8月10日発売!!  
>> ★小説
>>  「DRAGONBUSTER」
>>     秋山瑞人/藤城 陽
>( ゜д゜) ・・・
>(つд⊂)ゴシゴシ
>  _, ._
>(;゜ Д゜) …!?
>瑞っ子は混乱している!!

編集部の言葉を復唱することになるけど、もう中断せずに最後まで書いてください、それ以外は望みません。ミナミノも、先が気になる引きで止まってるので、早く続きを…。

>なんだか秋以降の夕方の時間帯のほぼ半分がジャンプ作品になってません?

>ジャンプ必死すぎw

テレ東はジャンプ作品だらけ。テレ東が人気作欲しさにアプローチかけてるのか、それともジャンプが必死なのか。

ToHeart2関係
>春夏さんに裸エプロンで奥歯ガタガタいわされたい!

ToHeart2」の新作AVGには、親子丼もあるさ、きっと!

>cyanさん
>いつも拝見しております。
>更新お疲れ様です。
>ところで、前クールのアニメなどそろそろDVDが出揃ってくる所ですが、
>何と何が最終話をDVDへ持ち越したとか、そういった情報がキニナルのですが、
>正直あまりの現行のアニメなどの多さに
>その余裕がもてないです。。
>cyanさんはもっとタイヘンだと思いますが。。

今の所、最終話はDVDで!のあのね商法は、「かしまし」と「IGPX」だけだと思いましたが、他にもあったかなあ?

>なんでローゼンメイデンのキャラクタードラマCDの第一弾が水銀燈なんでしょう……?
>むしろさすがは銀様と言ったところか。

ローゼンメイデン 特別編」の主役だからだったりして?

パルフェ実写化てマジですか?なんか声優がやるみたいですけど・・・

マジです。DSE公式サイトの紹介ページ参照のこと。

>>メガミマガジンで連載している「GEMINI・KNIVES」の映像化かなあ?それとも完全なオリジナル企画?
>オリジナル企画の方かと・・・
ニュータイプのテレカプレゼントで出てた噂のロボット物だと思いますよ
C70サークルカットもそれっぽい感じで…

ロボットモノですか。はたしてナデシコの再来なるか。

>ダ・メーポと呼ばれるきっかけって曲芸商法
無印アニメで放送時間の半分?を声優の実写の映像にしたからではなかったですかな

Cパートで声優のプロモ映像を流す試みは、ある意味アニメ界を震撼させました(笑)。

>良かったですねー、晴れて。私が登ったときは下で雷雨でした。線香花火みたいな雷が

日の出を見るコースだったのですが、夜に出発する直前で土砂降りの大雨になったんです。これはもうダメかな〜と思いつつ、カッパとかを着込んでたら、その間に雨が止んで、それっきりでしたので助かりました。

>真秀場最終巻購入しましたー。…ああ、脇役天国も終わったのか。コミックスではコレが一番楽しみでした。
>ところでまほらばはWING完結作品の中では一番連載期間が長かった作品…で良いんですか?

エニックスお家騒動の前からWINGで連載してた作品だし、多分そうなるのかな?

NHKのラスト、フィギュアをそれなりに収集してる者として大変痛いシーンでした。
>自分は特にセイバーさんのフィギュアが発売される度に購入ボタンを脊椎反射的にクリックしてしまいます。
>ところでcyanさんはフィギュアを買われることはお有りでしょうか?
>この雑記でcyanさんからフィギュアの話題が出てきた、というのを見た記憶が全くありません。
オタコンテンツに精通してるcyanさんでも、フィギュアには興味が無いのでしょうか?
>どうでもいい話かもしれませんが、ちょっと気になってしまったもので。宜しければ教えて下さい。

フィギュア自体には興味ないこともないですが、自分の部屋のスペースを考えると、手を出したら最後かと思い自制してます。

>>本当にありが(ry   このフレーズ好きなんですね

脊髄反射的に書きたくなる時があります。でも、過去ログ見返したら、そんなには使ってなかったですね。

>レス、書いた分からでも少しずつ載せてった方がいいと思いますよ。溜めるとどんどん溜まって行きますし。

当初は、遅くても2日に一回は載せていきたかったんですけど、時間の都合上さばききれなくなってしまいまして。

>コメントレスがないと、
>すっきりしていて非常に見やすいです。
>このままなしにしても良いのでは?

反応全く無しだと、やはりコメントの投稿もなくなってしまうので、無しにするのは躊躇いが。

2chアニサロの某スレ見てますか?

ナ○ミスレのこと?アニメ板の青田買いスレは常駐してるけど、あっちはいちいち反応するのも疲れたので、もうかれこれ4ヶ月近く見てません。

2006-08-17

今週は、「うたわれるもの」以降、アニメ全く見られてません。早くリカバリしないと追いつけなくなってしまう。

オ○バーフローの内部状況のきな臭い噂が飛び交ってますが、それとは関係なく、「スクールデ○ズ」のTVアニメ化が本決まりっぽい。先日タレコミで情報を頂き、自分もコミケ70の企業ブースで雑談していた時に小耳に挟んだ話ですけど。もしこれが本当の場合、TVアニメ版の最終回は、世界や言葉とのハッピーエンドを望む派と、『鮮血の結末』系のバッドエンドを望む派、どちらが多いだろう?…結果は、アンケートを取るまでも無さそうですが(笑)。

[]TVA「涼宮ハルヒの憂鬱」団員へ連絡「夏休みの課題!」 TVA「涼宮ハルヒの憂鬱」団員へ連絡「夏休みの課題!」を含むブックマーク

どこからどう見ても『エンドレスエイト』ネタで、下の方にはお約束のEUCエンコード反転文字で、「あなたの夏休みは(ランダム数字)回目・・・」と表示されてる。8月の夏休み時期に合わせた、単なるSOS団公式サイトの仕込みネタかもしれないけど、まだ何かあるのかと勘ぐってしまう。

[]▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク

書き終わる前に新しいコメントが届いてしまうので、区切りが付かないんだけど、溜めてた分の続き+新しいのを少し。これで三分の二終わり。残り三分の一。

うたわれるもの関係

>ハクオロを癒し続けなければならない絶対的な契約、そういえばそんな契約してましたな。
>でも、どんな所にも付いていくのは無しにして内助の功的な支えのラクシャイン疑惑周辺までが良かったな。

でも、あの設定無いと、ゲームのように回復ユニットとしての役割の薄いアニメ版の場合、エルルゥが付いていく場面の多さに説得力が…。

うたわれるもの20話、自分のような原作未プレイ組は予想を遥かに超える展開に
>終始呆然としながら見ていたのでは無いでしょうか。
>クーヤの「床上手」発言でうろたえるサクヤとエルルゥを見て、今回はまたギャグ回?
>と思わせておいて油断してたらカミュバンパイア化してアルルゥを襲ったり、
>アヴ・カムゥが登場して(自分はRPGによく出てくるゴーレムみたいなのを想像してました)
>それがまさに機械というかロボットというか、とにかく場違い過ぎる超近代兵器だったのでまた呆然。
>人をゴミのように蹴散らす強さにさらに呆然。最後にあの無口な翼の人(名前忘れた)まで登場してとどめ。
>結局この人がラスボスなんですかね?今話は何度も見直す必要がありそうです。

今後はもっと超展開なので、一瞬でも気を抜くと付いていけなくなるかも。しかも、序盤から出ていた色々なことが伏線だったりしますし。1話の最初でハクオロが見たたくさん人が死んでる夢、ラクシャイン疑惑の時に見た夢、エルルゥがハクオロに一目惚れのようだった理由、エルルゥが戦場に付いていく理由、エルルゥが好きだと言えず家族だと逃げる理由、黒幕っぽい翼人の正体…等々。アルルゥがハクオロを『お父さん』と呼ぶようになった事すら深い意味があったりして。さらに言うと、エルルゥが付けてる輪っかの髪飾りすら重要なアイテムだったり。

>うたわれそろそろ核心に入っていくんですかね?
>ゲームのネタバレにならないあたりで止めようと思ってるんですけど。

20話でロボットが出てきた辺りから世界設定のネタバレが始まってますね。

>床上手ことサクヤ
>原作してなかったら勘違いしそうですなw

むしろ、それが狙い(笑)。

桃太郎ガンダムですね!

桃太郎電鉄で出てくるあれ?

>うたわれ第19話見ました。
>スオンカスが可哀想すぎる・・・仮にも一国のオウロなんだから、せめてもう少し粘ってほしかった。
>っていうか、原作をやったときからずっとスオンカスは女だと思ってましたw

スオンカスは、カルラを襲おうとしたら、逆にあそこを握りつぶされた可哀想な皇ですから(笑)。

>>良くあそこまで演じられるものかと感心してしまいます。しかも、一部は素のような気もするし(笑)。
>あれは演技ではないでしょうw全て素のような・・・
>まあ、好きの種類は違うと思いますが。
>結婚うんぬんはそれほど好きってことなんでしょうw
>>薄着のトウカの話
>>ゲームというか、今度出るPS2版の新規CGでは?
>PC版にもあったのでは。恐らくトウカとハクオロの釣りのシーンのCGのことでは?

あー、言われてみればそんなイベントもあったような。細かいシナリオは大分忘れかけてるからなあ。

>アヴ・カムゥがあんなに巨大だと弱点のわき腹なんてどうやって切ればいいんだろうか…

トウカとオボロなら余裕そう。カルラも何とかなるだろうし。でも、アニメ版だと弱点云々の描写してる余裕はないような。ハクオロが覚醒してハウエンクア倒した後は、『アヴ・カムゥ』戦省略して、一気にディーやムツミと対峙する展開になりそう。

>絶対に俺以外にもエルルゥのパンチラが見えたと思ったはずだぁ!!(笑)
>サクヤの声はいい感じですな。しかし…渡辺さん何役やるつもりなんすか!?
>なんでハウエンクアまで?似合わないというか、なんというか…。
>ディーはいつ喋ってくれるんでしょうかねぇ…っても、最終話でベラベラ喋るとは思うんですけどね。

ディーの喋らなすぎは異常。次回は喋らないとおかしくなるから大丈夫だと思うけど。

>サクヤはゲンジマルの孫と言っていましたが、エヴェンクルガ族ですか?
>ハクオロの城に忍び込んで大泣きしたり、
>OP前のシーンで「私には無理です〜」と言うあたりトウカやゲンジマルと同じ部族とは思えないのですが。

一応エヴェンクルガですよ。まあ、どんな種族にも落ちこぼれ…個人差と言うものはあるわけで。

追記.

>うたわれ世界は母の種族が子の種族になるからサクヤはシャクコポル族のはずですが

うわ、そんな設定あるのすっかり忘れてましたよ…。シナリオ内で少し触れられてたような気もするけど、思い出せない。

うたわれるもの 18,19話 ・・・・水戸黄門? とか思ってしまった。
>締めにハクオロさんが何も知らない(?)デリホウライ一行の前に正体バレして
>「はて、貴公と初対面のはずだが?」としれっと言い放つとこなんかは桜吹雪の奉行を連想した。
>それを聞いて無言で頭を下げる新米王。
>こういう仁義あふれるやりとりは無条件にかっこいいなぁ。
>国家間の国益を考えるとどう転ぶかわからない対応かもしれないが、関係は良好に保てていけそうだ。さすがは御奉行様
>(?)としたのは「お礼を言いに来たのだから」と爺様がデリホウライを諌めたので
>ハクオロ一行を傭兵ではなくトゥスクルの義勇兵だという認識があって訪朝したのか?ということです。
>新王朝が興ったから大国に挨拶にきた→白仮面見て吃驚→ここでお礼+姉のことを聞くの流れだと
>自然だけど最初からお礼を言いにきたっぽいし・・服装とかでトゥスクルの者と判断したのか?
>しかし主力含め4人が外国人どころか異人だしトゥスクルにくる根拠が弱い気がする。

デリホウライがさらりと言ってたと思うけど、トゥスクルは支援物資を送ったので、デリホウライはそれのお礼に来たのであって、スオンカスを倒したときのお礼に来たわけではないですよ。

>次回予告みるといきなり魔法っぽいのが出たのがどうでもよくなりそうだ。
>アレがクーヤ王の切り札なのだろうか。
>戦記ものにSF要素を盛り込んできたのはOPの巨人兵に至る伏線かもしれないが。

最後まで見ればわかりますが、戦記ものにSF要素を盛り込んだと言うよりも、まずSF要素ありきで、それを語るために戦記ものの皮を被らせた感じ。

>一瞬違うアニメを見たのかと思った今回のうたわれ。
>クーヤの口からまたロボット(?)に関する難解な用語が。これからあと数話ついてけるか心配になってきました・・。

ネットに用語集はいくつかありますけど、終盤のネタバレも大量に含んでるから使えないですよね…。

>柚木さんのお姉さんが一児の母であって、柚木さん自身は未婚だったはずですけど。

あれ?そうでしたっけ?ネットで調べてるとそうではない説の方が正解として言われてるのをよく見かけるので。

ゼーガペイン関係

>to cyan,
ゼーガペインはそろそろ収束に向かっているみたいですね。
>というか、なんだかわけわからなくなってきました(苦笑)。
>舞浜サーバーが破壊されたときは「嘘...」って気持ちでしたが、一転何も変わらなくてシズノの不敵な笑み。
>次回は「イェル、シズノ」ってことでシズノの謎が明かされるのでしょうか。
>シズノとシマは上位構造体という事で、
>えーっと、私はプログラミングには疎い、というより全く知らないのですが、
>構造体っていうのは各種データの容れ物みたいなモノ?で、
>それが“上位”っていう事は他の幻体データとは保存されている場所が違くて(上の階層?)、だからシズノとシマは...
>シズノとシマは......、
>とにかくあの二人が重要人物ってことですよね!
>それとも互いに上位、下位って関係?
>もしかして、同一人物とか!?
>いや、全く違いますよね(苦笑)
>ゼーガは勢い余ってDVDも買ってしまったのですが、
>あの頃はこんなにもハマるとは思ってなかったので、少し新鮮な気分で観れました。
>やっぱり好きな作品はひいき目で観てしまうので感想は省きますね。
>ただ、1話、2話と観て「あれっ?」って思った所が、
>第18話の第二?ループで描写があって「なるほど」と思いました。まぁ、予想通りでしたけど。
>DVDと言えば、
ハルヒのDVDを観たのですが、ハルヒが「この中に宇宙人...(以下略)」って言うシーンがありますよね。
>その時、宇宙人、未来人、超能力者以外に“異世界人”って言ってるんです。
>ずっと前者の三種しか言ってないって思い込んでいたので、
>「もしかしてキョンって異世界人?」、とか思ってしまいました。
>だって、異世界人だけハルヒの周りにいないんですから。
>それとも、ミスリード
>忙しい中、頻繁な更新ありがとうございます。
>そろそろ10月の新番組の情報が入ってきて、いつも楽しみにしながらサイトを訪問させて頂いています。
番組改編が多くなる秋期ですが、私は一体何本観れるのでしょう(苦笑)。
>特にデスノートはてっきりNANAの後だって思っていたので(泣)。
>少なくともMBSの二作品は観れるので、それはすごく楽しみにしています。
>観れない作品はcyanさんの感想を待つとします(もちろん私情満載で構いませんよ、むしろそちらの方が楽しみです)。
>それでは、失礼します。
>from Eul.

イェルとシマが本当に上位構造体だとしたら、保存されてる場所も違うし、内包してる情報も違うと言うことでしょう。その上位構造体のデータを継承している下位構造体が存在するのかは謎ですが。ハルヒに異世界人がいつ登場するのかは、原作ファンの間でも昔から議論されてる事ですが、キョンが異世界人と言うよりも、メタ的な表現を好んで使うハルヒだから、異世界人=読者説が濃厚。9月以降の秋新番は、現時点で発表されてるだけで50本強。今春新番の67本の記録にはまだ遠いけど、それでも異常な本数です。

>to cyan,
>■前記
>私は富士山に登った事はないのですが、写真を見る限りすごい幻想的な光景ですね。
>一度は実際に目にしてみたいなとは思いますが、ちょっと私は体力ないので(苦笑)
>頻繁な更新お疲れさまです。
>そろそろ10月以降の情報が入ってきて大変参考になってます。
>また、いつもレス下さってありがとうございます。
>大変うれしいのですが、あまり無理はなさらないでくださいね。
>適当に省いてくださって全然構いませんし、一文限りの引用に対するレスでもすごくうれしいですから。
>あっ、もちろんレスなしでも落ち込んだりしませんので、その辺りは気にしないでくださいね。
>■「ゼーガペイン」 第17話
>リョーコに関しては本当にすごいテンポで色々起こりますね。
>目の色が変わってるように見えたんですけど、夕焼けの照り返しでしょうか?
>なんかファフナーフェストゥムに同化された後のような感じを受けました。
>考えてしまうのが、もしアルティールを破壊されたらどうなるんだろうってことです。
>アルティールに残されたままの“何か”がリョーコの自我を保つのに必要で、
>あのアルティールを失ったらリョーコの自我はもう二度と・・・
>そして戦闘中にシマがアルティールの自爆を命令して、そしたらキョウが
>>「カミナギはどうなんだよ!」って言って拒んでるのを無理に強制転送させて、
>そしてオケアノスからアルティールが爆発するのを見てる・・・
>そしてキョウは永遠にループし続ける舞浜で、二度と反応を返さないとわかっていながら、
>感情のないリョーコに話し続けてる。
>そんな最悪な状況を想像してしまって、少し落ち込みました。
>続く展開としては・・・(以下乱文失礼します)
>もう何度繰り返しているかわからない時の中で、ひたすらリョーコに話しかける日々を送るキョウ。
>何故か手にナイフが握ってあってふと思うんです。
>「そういえば考えもしなかったけど、幻体でも手首切りゃ死ねんのかな」
>仮にそうでもそれが出来ない事は彼にはわかってる。
>感情があるないに関わらず彼女を一人残す事が出来ない事を。
>その時、後ろから手が回され人の重みを背中に感じるんです。
>そして、“彼女”が囁く・・・。
>「会いたかったよ、キョウちゃん」
>そしてキョウは涙を流しながらこう言うんです。
>「・・・ありがとう」
>そしてエンディング(笑)。
>で、EDが終った後にオケアノスサイド。
>シズノの背後から話しかけるルーシェン。
>「一体、いつまで続けるつもりだ」
>「いつまでも、よ」
>「キョウが気づいたらどうするつもりだ」
>「何言ってるのよ。彼が気づいてないわけないでしょ。
>人は弱いから逃げ道があればそこへ逃げ出す、彼のような強い人でも同様にね」
>「逃げ道を提供してやってるつもりか!」
>「違うわ、それを理由に私が彼に逃げてるのよ。初めから私たちに希望なんてなかった。
>籠から逃げ出したモルモットはひたすら逃げ続けるしかないのよ。
>逃げ出して初めて、幸せは籠の中にしかないと気づいても、もう、籠の中には戻れない・・・」
>一転して舞浜(サーバー)。
>帰宅途中のキョウとリョーコ。
>「そういやさ、今まで一度も言った事なかったよな」
>「何? キョウちゃん」
>「俺、お前が好きだ」
>「・・・うん。私も大好きだよ」
>〜Fin〜(苦笑)
>なんか他にも色々と想像(妄想?)してしまうのですが、何故かハッピーエンドが思いつかないです。
>なんか全体的に“偽り”というものを強調した物語ですよね。
>ゼーガを観てると「それって悪い事なの?」って思ってしまいます。
>なんか、「偽りに逃げて何が悪いの?」って言ってしまいそう。
>きっと逃げなきゃ守れない物もあるんじゃないかなって。
>敵と立ち向かうモノは“勇者”って呼ばれるんだろうけど、逃げるのにも勇気がいるって私は良く知ってる。
>そして、きっと停滞するのにも勇気が必要なんだと思う。
>どんな選択肢を選ぶにしろ、勇気がなくちゃ何も選べないと思うから。
>だから、彼らがそれぞれどんな選択をするのかきちんと見届けたいです。
>from Eul.

富士登山は、思ってたよりもかなり大変ですよ。しっかりと準備していかないと痛い目を見ます。あと、ゼーガペインの感想は、既に新しいの頂いてしまいましたが、せっかくの長文、もったいないので載せておきますね。

>ゼーガ。面白くてどーしようかと。
>正直ロボットのドンパチは要らないって感じですが、それが無いと話が繋がらないんでしょう。
>その昔、故長浜監督がダイモスで人間ドラマを描くのにはロボットは邪魔だとか言ったとか言わなかったとか。

ロボットのドンパチは、しっかり描ければ、それだけでもカタルシスが得られるものですが、ロボットが手描きから3Dに変わってから、もっさりとした動きが気になってしまってダメなんですよね…。

>>ゼーガペイン
>シン「お前は何故戦う?
>カミナギ「ホントは撃ちたくなんかないんだ。撃たせないで。
>シン「撃ちたくないといいながら何なんだ、オマエはっ!
>(さっきから艦内の防衛システム操ってアタシのこと撃ちまくってんの、オマエだろっ!)
>カミナギ「それでも守りたいものがあるんだぁっ!!
>シズノ「さがりなさい、リョーコ。あなたの力は戦場を(視聴者から見てヒロインが誰なのかって点を)混乱させるだけよ。
>カミナギ「先輩の言う事は分かる。……でもキョウちゃんは今泣いているんです!
>シズノ「傲慢ね。さすがは最高のウィザード、ウィッチ!厄介な存在ネ、あなたは。
>知れば誰もが望むでしょう。あなたのようになりたいと!あなたのようでありたいとっ!!
>カミナギ「ここは私に任せて、先輩は先に逝って下さい。えっと、これは……命令です。
>シズノ「(カミナギリョーコ、恐ろしい子
>……シズノ派の自分にはリョーコ様はこんな感じに見えてます。
>シズノ先輩が幸せになるところがさっぱり想像できません。

シズノは、隠してる自分自身の秘密もあって、最後まで道化を演じるしか無いような気がする。最後はシズノの自己犠牲で決着という展開もありそうかなあ…。

ゼーガペインの展開から目が話せない!毎回かなり話が動くので見ていて楽しいですね。
>今後はシズノやシマの謎にスポットが当てられていきそう。
>欝展開が続きますが、ガルズオルムの連中と意思疎通ができる事がわかったので
>もしかしたら平和的解決の道が開けるかも?しかしながら未だにカミナギの立場が安定しない事と、
死亡フラグを立てっぱなしのミナトがどうなるのか、
>シズノに対するセレブラム達の不信感など欝になりそうな要素は一杯ですなw最後はどう纏めるのか凄く気になります。

そろそろ結末が見えてきても良い頃合いなんだけど、未だにどう転ぶのかわかりませんねえ。噂では、エヴァファフナーを足して2で割ったような結末にしたいらしいですが。

ゼーガペイン24話でルーシェンがキョウにキスするらしいです。

なにそのBL展開。

つよきす Cool×Sweet関係

つよきす、主人公の性別が違うだけでやってることはどう見てもギャルゲー主人公のフラグ立て行為です、
>本当に(ry状態で、尚且つなごみもなごみで最初はスナオに冷めた態度で接していたのに、
>最終的にスナオの為に弁当作ってきたり出来を褒められて
>頬を赤らめたりしてるもんだから女同士の恋……友情物語の類にしか見えない罠。
>レオが空気というか男性陣存在感皆無なせいで余計そう感じます。
>つか今回の話を見て思ったんですが、まさかキャッチコピーである
>「ヒロイン全員ツンデレ!?」の『ヒロイン』に対する『主人公』がスナオとか言うんじゃ………。
>いや、まさかな……でも確かにヒロインは主人公と絡むしかないし……はははh
>このアニメどう考えても構造的欠陥抱えてますよね。

6話ぐらいからまだ未視聴だったりしますが、ようやくレオと素奈緒の話になってきたようですが。でも、ツンデレじゃなくて、それだと最初からデレデレっぽい設定になってるとか?

>「7月からの新番は「ぜロの使い魔」に期待です。」
>としてTV版には触れないままでしたが、
>今週のタカヒロ氏個人HP雑記で
>「「つよきす」の1巻が出ます。普通にオススメです。
>また、同じ日につよきすアンソロジーコミック2巻が発売されます。
>原作への愛がつまっております。」
>…某銀盤を思い出したのは私だけでしょうか(あっちはほとぼり冷めた頃でしたけど)
>原作スキーな私としては少し涙しました。

銀盤の後書きは、ある意味伝説になったしなあ。

>溜まってたつよきすを見たんですけど
>これは主人公素奈緒以外のヒロインが
>最初は空回りしてる素奈緒に反発しながらも
>その一生懸命なところに惹かれ
>徐々に打ち解けていき
>最終的には生徒会長までも彼女に惹かれ
>めでたく演劇部創立という
>素奈緒のサクセスストーリーなんでしょうか??

素奈緒のサクセスストーリーと言う解釈は、ほぼ正解?あと、なぜかヒロインがヒロインにツンデレする話。

>もうつよきす関連は諦めたんですが・・・アニメの公式サイトのタカヒロさんインタビューより
>質問2:アニメ化にあたり、やりたかった事はなんでしょうか?
>原作の味をなるべく出す事でしょうか。レオ、スバル、フカヒレ、
>カニの対馬ファミリーをはじめとするコミュニティが大事なゲームでしたので。
>・・・・これはちょっと・・・

アニメの公式サイトのインタビューは、当たり障りのないコメントをしながら、核心に触れる部分はスルーしつつ、さりげなく皮肉も込めてるように感じた。

>「つよきす」の名前を捨てて、夕方にでも放送すればいいと思います。

エロいアイキャッチを無くせば、テレ東でやっても問題無さそうな。

トップをねらえ2!関係

>トップ2、見ました…ドゥズミーユは絶対にありえん。せめて水星とか土星のほうがわかる…。
>やはり5話ので合体していたのはダイバスターでしたな…けど、
>あんなボロボロになると、完全無敵のガンバスターの面影がない…。
>ディフヌスが巨大化して19号となり、「努力と根性」の台詞をラルクが言ったのは良かったと思うのですが、
>そのあとに「二人合わされば炎となる」ってのが来ればさらに良しなんですけどね…。
>映画ではノリコとラルクのご対面もありえるんじゃないでしょうか…
>でも、ブラックホールから脱出中だったのに、何処から帰ってくるのでしょうか?
>変動重力源を発見したときにはすでに赤い天の川と地球の間だったのか?
>ブラックホールの中だと、ノノに持ってかれてる…のか?
>どうも理解できない…。

まあ、その辺の整合性はある程度目を瞑って、1と2との最終回でのリンクを優先したように感じましたが。ノリコとラルクのご対面はあるのかなあ?キャラデザが違うから、2では1のキャラの直接描写は全て避けてたように見えたけど。

>トップ2は何で地球をぶつけるの?なんて感想を良く見かけるけど、
>人類が真の大人になるための通過儀礼発言や前作の宇宙怪獣の説明。
>地球は狙われてるって所を考えると他の惑星では意味がないんだろうね。
>フラタニティのあがりの存在や最後の努力と根性のあたり
>スタッフは今のアニメを見ている層に何か変革を求めているのか?と深読みしてしまうよ。
>あと田中公平は燃えアニメ業界の至宝

燃えアニメの描き方を試行錯誤してるのかなあ。どうしても、エヴァに引き摺られてる気がしてならないが。

トップをねらえ!1と2のエンディングをモニタ2台で同時上映してひたすら感動した!

自分も今度1を一緒に見直してみよう。

魔法少女リリカルなのは関係

>なのはシリーズについて、(以下妄想)
>第一部、「星光を継ぐもの」:なのはがレイジングハートを手に入れ、フェイトと出会った物語。
>第二部、「騎士たち」:八神はやてと夜天の騎士たちの物語。
>そしていよいよ来年の第三部、「星光の鼓動は愛」で、レイジングハートの起源とその運命が明かされる...!なーんちゃて^^

なのは達の戦闘ポーズに、ガンダム種の影響を受けてるよなカットが多かったけど、それだとテーマまでガンダムだ(笑)。

>なのは新シリーズとのことですが、なんかもう彼女たちは強すぎるので
>相手になるものといえば魔王とか古代文明を滅ぼした超魔導兵器とか、
>そん位じゃないと彼女らに歯が立たないんじゃないでしょうか(笑)
>あと恋愛云々についてもちらほら目にしますが、自分的にはクロノとかよりもシグナムにやってもらいたいです。
>というかうろたえるシグナムを見たいです、そして愛でたいです。
>設定19歳だし、あれだけ人格があれば恋愛感情があってもおかしくはないはずだ。
>ただ相手がいないですけど(クロノは最初から除外で)

なのはは動く戦闘砲台だしなあ(笑)。いきなり最強設定と言えば、スレイヤーズを思い出すけど、あれもそう言えば、敵は魔王クラス。

>なのはブースの件。
>あそこはアフォですかねwww限数ナシだったようです。(モノによっては?CDだけナシの可能性も)
>そして、転売厨が群がり、瞬殺だったようです。
>あとは、TYPE-MOONのキャラマテが過去最高なぐらい気合入ってます。
>初出情報が盛りだくさん。恐らく管理人様はまだ手に入れてないと思われますので、
>内容は差し控えさせていただきますが、とにかく大変な事にw

なのはブースの売り子はアホですかね…?コミケ通販の対応は、パープルソフトウェアが非常に優秀だと思う。

ゼロの使い魔関係

>ガンダールヴの発動条件がイマイチ分らないデスね・・・
>これは予測ですが
>危機的状況である事が重要になってくるのではないかと、
>本来ガンダールヴの能力は主の呪文延唱の時間稼ぎという目的であるからして、
>まず確実に敵との交戦中、つまり”危機的状況”を想定している能力になっていると考えた次第です。
>ここでもう一つ、”ルイズが傍にいないと発動しない”というのも考えたのですが、
>ストーリー上それはありえないと思いました。
>実際7巻ではルイズを逃がし、
>7万の軍勢に突っ込んでいきまし、ワルド公爵の時はガンダールヴの力で飛んできましたからね(笑
>つまるところ、ルイズもしくはサイトになんらかの危機的状況時に発動するのではないでしょうか。
>まぁ、どのようなものが危機なのかは色々あると思いますがw
>でないとあの使い魔自慢大会(違)でデルフを握っても発動しなかった説明がつかないのでorz
>キュルケの剣については管理人さんのおっしゃる通り、装飾品の意味合いが強かったんだと思います。
>あれは武器じゃなくて飾り物だとルーン自体も判断したのでしょう。
>ですからシエスタを助けに行った時も危機的状況にも関わらず発動しなかったのは
>そういう事だったんじゃないかなと思います。
>もしくはルイズとサイトのなんらかの心の繋がりによって発動するものになっているとか・・・
>人はそれを、愛の力(ラブ・パワー)と呼ぶ(笑

アニメ版は、シナリオの構成の都合に合わせてルーンの発動条件を変えただけっぽいですけど、都合良く解釈するならば、武器と認識かつサイトのやる気、の2つの条件を満たしていれば良いと言うことなのでは?

ゼロの使い魔
>今の作りからして第二期は無さそうですか?
>尺が足りないなら最近ありがちな第二期を想定した作りにしても良いと思うんですけどね。
>無理に省略したり、話をシャッフルするよりよっぽどマシじゃないですか?

二期を想定して作ったものの、人気が低かったり二期の予算が確保できず企画が流れたりすると、商売的に悲惨な事になりかねないので、難しいところ。

ゼロの使い魔の名前には元ネタが、ということは「シルフ」ィードに乗る「雪風」のタバサはやっぱり、
>あの「雪風」なのでしょうか。

戦闘妖精?どうだろう?

夜明け前より瑠璃色な関係

明け瑠璃男性陣のキャスト変更ですか・・・
>はっきり言って元のキャストのほうが人気がありそうなんですけど、
>これはどういった意図なんでしょうねえ?
>他のヒロインも変わってしまわないか心配だ。

中途半端に変わりそう。予算か声優のスケジュールの影響?

>おやっさん師匠ボイスじゃないのか…仁さんも「軽さ」が足りない感じがします。
>ダメなワケじゃないけど、んーどうでしょう?

全12話なら、男性陣の出番はかなり少なそうなので、ダメージは低そうですが。

>こんばんは。
コミケのTBSブースで「夜明け前より瑠璃色な」のPVを見ていたら、
>ミアがシエスタに見えました(苦笑)。
プロモーション用のトレーディングカードは、2枚(フィーナと麻衣)しか
>手に入らなかったです。
>あとの2枚は現物も確認できませんでした。
>配布終了してたのかな。
>19日のTBSアニメフェスタで1話を先行上映で見れるので一応楽しみにしています。

自分も会場でプロモ見ましたけど、やっぱりプロモだと普通に出来がよく見えてしまう。TBSアニメフェスタの第1話先行上映まで保留ですな。

機神咆吼デモンベイン関係

>>無難にアルトゥルーエンドになりそうだな。
>1.ダニッチの怪関連全く触れずにアルトゥルーはつらい。
>2.地球皇帝っぽい混沌とエンネアが出せる。
>3.既にアルのコスが旧神バージョンっぽいw
>で伏線要らずの旧神エンドと予想。
>まあ、番組自体がダイジェストだから何でも有りではあるが…

確かに、旧神エンドの方が意味不明な部分があまり残らずに済みそうですが、ドラマCDで補完されることを考えると、平然とアルトゥルーで終わる可能性も高い。

デモンベイン第10話見ました!!いやはや、こんなに興奮したのは第一話視聴以来でしょうか。
>今回の見どころはなんといっても、今までの鬱憤をはらすかのごとくの、戦闘シーンのクオリティの高さですね。
>アルの復活に始まり、アニメオリジナル(?)の新生マギウススタイルになった九郎。
ティベリウスを圧倒するデモンベイン。そしてついに(やっと?)アトランティスストライクにも新しい演出が加わり、
>ちゃんと必殺技らしくなっていましたね。シャイニングトラペゾヘドロンの召還も、
>アザトースを纏うような演出で素晴らしい出来でした。
>あと欲を言えば、後半最初の回想シーンのアズラッドの声は、置鮎さんにやって欲しかった・・・
>正直、今回の放送を見るまではDVD購入は見送るつもりでしたが、気が変わりました!!もう、全巻購入決定です。

原作で一番燃えるアル復活回だから、最悪でもこの回だけはと思ってましたが。結局、第1話以外は、堀内修氏が作画監督を担当した、第5話と第10話だけが出来が良かった。

>デモベ
>アル復活の意味がわからない。なんで?
>あと、技の名前は「いかにも」な感じなんだけど、どれも大した攻撃に見えない・・・完全に名前負けしとるよ・・・

アル復活は、本当はもっと長々とアルの内面描写があって、ナイアとの会話があって、それでようやく帰ってくるんですけど。

>監督のわがままってのが本当かは分かりませんけど2クール有ったら今と同程度の作画でも
>ずいぶん楽しめる作品になったと思います、デモンベイン
>原作はやってないですけどこのアニメは展開にタメがないことがダメだと思われる一番の原因だと思うので。

作画の悪さ云々よりも、タメがないと言うのが一番の敗因ですよねえ。視聴者が状況を理解する間もなくあれよあれよと進んでいってしまうから、ポカーンとなってしまう。

ひぐらしのなく頃に関係

ひぐらし信者(?)のcyanさんは祭囃し編をクリアーされましたか?
>クリアーされているのであれば感想をお聞かせください。
>私的には赤坂の活躍は良いとして、皆殺し編の記憶継承が無かったのが不満なのですが。

園崎魅音のキレっぷりがかなりすごいことになっています。萌えなシーンもあってかなり複雑です。

ひぐらし祭囃し編やりました、が…。
>え? 切れてないっすよ?

祭囃し編は、通販予約するつもりが、なぜかコミケ当日まで予約し忘れてたことに気付かなくて、当然コミケでも買えてないので、クリアするどころか、祭囃し編そのものを入手すらしてません…。ネットで再入荷したら、思い出した頃にプレイするつもり。

2006-08-15

[]メディアファクトリー「MF文庫J」9月発売予定新刊追加。 メディアファクトリー「MF文庫J」9月発売予定新刊追加。を含むブックマーク

「ゼロの使い魔」第9巻の情報も出ました。あと、今週の「タバサの冒険」…今までの仕返しに、イザベラ王女を舞台で裸踊りさせるタバサに笑った。

[]「うたわれるもの」第20話 「うたわれるもの」第20話を含むブックマーク

スーパーわれもの大戦が始まりました。クーヤ率いるクンネカムン軍は、シャクコポル族と言うニュータイプ専用生体兵器『アヴ・カムゥ』を用いて、侵攻してきたノセチェシカ軍を圧倒的な力で蹴散らす。血の雨降りすぎ。大量虐殺ショーは、以前のカルラの比じゃない。『アヴ・カムゥ』は、ただの巨大な甲冑っぽいならともかく、どう見てもロボットなので、あんなものに生身で勝てる気がしないな。そして、床上手ことゲンジマルの孫娘・サクヤが登場。城侵入時のサクヤのおかしな動きとか、ぽろぽろと零れる涙顔が最高でした(笑)。クーヤとハクオロの密会を覗き見するエルルゥ。今後の尺の都合を考えると、エルルゥはクーヤと早めに面識があった方が心情描写の手間が省けるので、良い改変だと思う。クーヤの膝枕が無かったのは非常に残念だけれども。それから、唐突にも思えるカミュの異変と特別視されている黒翼の秘密。カミュの吸血は、前にあった異常に喉が渇く描写と繋がっている。ハクオロとのHが無いから、吸血行為である必要性は特に無かったりしますが。アニメから入った人は、カミュが原作で一番のエロ要員とは思うまい。とにかく、今回で世界観がガラリと変わってきたのは間違いないだろう。余談だけど、岩佐がく氏が日記に書いてた、全26話中唯一のグロス回が今回だったようですね。でも、『アヴ・カムゥ』の戦闘シーンが単調で重量感に欠けてたのが少し気になったぐらいで、このクオリティなら特に問題なし。

[]「コヨーテ ラグタイムショー」第7話 「コヨーテ ラグタイムショー」第7話を含むブックマーク

ゴスロリ趣味の博士が、これが終わったら、またみんなで買い物に行こう、とか、壮大な死亡フラグ立ててた。ミスターが手負いで動けないのを良いことに、なぜかマルチアーノ側のドラマになってるし。フランカ以外の主人公達の内面描写がほとんどされてないから感情移入し難いのに、マルチアーノはブルースと何かあったらしいとか掘り下げされたら、ますます物語の焦点が定まらなくなると思うんだけど。博士と1月・4月のやり取りや、アンジェリカ達を見ていると、敵側の視点で物語を描いた方が魅力的な気がするんだよね。ミスターに手こずってたマルチアーノが、ギルドの艦隊に圧勝って、ハンター弱すぎ(笑)。パイロットスーツ着て自ら最前線で戦うマダム吹いた。ところで、マルチアーノは普通にブルースの義眼の映像見てたけど、前にスワンプが必要とか言ってなかったっけ?スワンプの存在意義は?その辺りは、マルチアーノとブルースの関係が絡んでそうですが。もしかして、マルチアーノはフランカの実母か?

2006-08-14

[]アニメ東京魔人學園剣風帖」続報。 アニメ「東京魔人學園剣風帖」続報。を含むブックマーク

今井秋芳氏の公式携帯サイト『真神庵』の『真神庵通信』8月14日更新分によると、アニメーション制作はAIC、製作はマーベラスエンターテイメント。アミューズソフトエンタテインメント×マーベラスエンターテイメント×AICって、珍しい組み合わせだな。GBA版がMMVから発売されてるので、MMVが絡んでるのは妥当なんですが。

[]「ゼロの使い魔」第7話 「ゼロの使い魔」第7話を含むブックマーク

区切りのエピソードで結構良かった前回よりも、1話完結短編の今回の方が更に出来が良いと感じたのが、この作品の“ウリ”が何なのかを端的に表してると思った。ルイズは先にサイトが勝ってた金まで全部すったんだとか、ジェシカがチップレースに参加してないとか、ルイズがサイトと張り合ってないとか、細かい部分は色々と端折られてるんだけど、ポイントはしっかり押さえられていたので文句なし。むしろ、綺麗にオチまで収まっていて感心した。ただ、さすがに1巻から5巻に話が飛んでるから、ルイズのデレ化が顕著すぎて違和感あるけど。とは言え、ルイズのツンデレは別腹。いくらでも美味しく頂けますよ。特にサイトの布団に潜り込む所なんて、神が降りてきたのかと…何あの破壊力。アンリエッタへの忠誠の誓いのキスを間違えるサイト。今時の高校生でその意味を知らないサイトは、立派なエロゲ主人公の素質を持ってますね(笑)。スカロンは飛ばしてたなあ。ジェシカシエスタの関係のフォローはあるだろうか?しかし、今回の時系列シャッフルの影響は結構大きい気がする。情報収集も不十分のまま次回は学園に戻ってるのも少し強引だし、何より、サイトが『ルイズに触って良いのは俺だけだ!』と高らかに宣言した後で、ルイズの許婚ことワルドさんが出てくるのは、かなりキツイ展開になりそうな予感。許婚という設定自体抹消されてない限り、サイトの凹みっぷりが凄いことになるな。それはそれで、後の反動も大きくなるから面白そうではあるけどね。

[]「N・H・Kにようこそ!」第6話 「N・H・Kにようこそ!」第6話を含むブックマーク

面白いかつまらないかと聞かれたら面白いと答えるんだけど、今回のネタは人として笑って良いものか非常に悩ましくて困る。痛すぎて直視できないよ。岬ちゃんの童貞発言は今回でフォロー。前回と切り離したのは、流れの都合上と言うか、アニメ仕様だったようで。佐藤君のエロゲーのシナリオ妄想シーンは発禁すれすれのような気がしたがどうか。学校で佐藤君が書いてたゲームの企画案は、最近流行のインタラクティブノベルですか?minori作品とか『ひぐらし』とか。内容はギャルゲーではなく日本昔話っぽかったけども。

[]「トップをねらえ2!」第6話 「トップをねらえ2!」第6話を含むブックマーク

途中、情報がゴチャゴチャし過ぎていて分かり難かったけど、まあ楽しめました。さすがに白黒演出ではなかったか。セルフパロディてんこ盛りだし、最後もやらかしてくれるのではないかと仄かに期待してたのですが。ラルクのお着替えと、1話のノノと同じ“トップレス”化には笑った。なるほど、これで無印のラストに繋がったんだな。いきなり10年後と、帰還をテロップだけで済ましてしまったのが惜しい。劇場版では、『2』の最終話→『1』の最終話の順に再構成するんだろうか?

[]▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク

とりあえず、溜めてた分から三分の一だけ。

うたわれるもの関係

>今回もカナリ良かった
>やっぱりカルラの正装はすばらしい。
>次週サハリエ・ナトゥリタが聞けることを願いますよ。
>うたわれも残すとこあと8話。尺たりてるんだろうか・・・
>カンホルダリの傲慢で滅んだ元漁師(名前忘れた)の国とか当然のようになかったことにされてそうだし、
>カンホルダリですらディーの仮面兵もどきがニウェで使われたから影薄くなりそうですね。
>せめてアイスマンには1話丸々使って欲しいですがAパートだけとかになりそうな悪寒・・・
血+みたいなのを4クールやらずにうたわれに4クー欲しいですがエロゲ原作には到底無理ですよねorz

4クールだと中弛みしそうなので、3クールあれば適量だったと思う。「サハリエ・ナトゥリタ」はありませんでした。と言うか、ゲームのようにカルラとHするわけではないので、セリフ的な意味合いが薄れてしまうし、エルルゥ中心に描く以上、カットされても仕方ないかな。ちなみに、残りのサブタイトルは、第21話『大封印』、第22話『忌まわしき契約』、第23話『心の在り処』、第24話『滅びゆくもの』、第25話『太古の夢跡』、第26話『うたわれるもの』原作を知っていれば、大体の内容は予想付くんじゃないだろうか。

うたわれるもの18話でちょっと。遠足と称してナトゥンクにユズハやアルルゥをつれてったのは
>ちょっとおかしくないでしょうか。本当の遠足ならともかく戦闘が確実にあるだろう場所へ二人を
>連れて行くなんて普段家族家族言ってるのに自分から戦に巻き込む形を作ってどうするんでしょうか。
>もし戦に行くのを二人に告げていないのならハクオロやカルラ、ウルトリィが無神経すぎるし
>知っててついてくるなら特にユズハは足手まといにしかならないのにそうするなんてやはり無神経のような。
>万が一でも危険にさらされることを考えたら戦地に連れて行くなんて発想はおかしいし
>万が一が起こることがないと言い切るならそれはご都合主義でしかないしちょっと子供二人まで来るのは
>おかしいと思いました。

まあ、そう言われても、本当はもっとコミカルな展開になってる原作をアニメ版のシリアスムードに押し込んでるから違和感があるんでしょう。そもそも、原作はシミュレーションゲームなので、アルルゥは強力なユニットです。それを某「IZUMOアニメみたいに、非戦闘キャラに改変してしまうと不満が出るだろうし。あと、仰られてる『万が一の危険』という心配は、この後それが見事に的中する展開が待っていますので。アルルゥが瀕死になるのは、終盤の物語のキーポイントの一つなので、アルルゥが前線で戦うのは必要不可欠なんです。ユズハは、出番が少ないので救済措置。エルルゥは、ハクオロが拒まない限り、どんな所にでも付いて行き、ハクオロを癒し続けなければならない絶対的な契約が成されてるから。

>オボロが勝てるレギュラーキャラ…はいませんね。
>以前、アニメでトウカの扱いが微妙じゃないかという話題が出てましたが、それよりオボロの扱いが^^;
>原作じゃ、(戦闘パートで)使い勝手としては一番いいキャラだったと思っているので、オボロが不憫でなりません…
>P.S.書店でうたわれの漫画版の単行本が出ていたようですが、アレはどうなのでしょう?よく出来てるのカナ?

オボロは、弄られて輝くキャラなので、むしろアニメ版では破格の扱いかと(笑)。漫画版は外伝的な扱いなので、ファンアイテムとしてなら買っても良いのでは?

>カトゥマウってキリヤギナじゃないのか?それともキリヤギナは年取ると耳が垂れるのか
>それともキリヤギナでも耳が垂れる種族がいるのか
>カルラに頭下げてるからカトゥマウであってるはずだけど実際は別人だったりするのか
>虎に耳が垂れてる種族なんかみたことないしキリヤギナ族自体少数民族だし
>とりあえず一番納得のできるのはカトゥマウはキリヤギナ族じゃないってのなんだが別にどうでもいい
>よくよく考えたらラルマニオヌはクンネカムンみたいな単一民族國家じゃないんだから
>犬がいてもおかしくないじゃないか…
>だが、デリホウライに体術を教えていたのを考えるといくらなんでもキリヤギナ族ではないのはおかしい気がするんだ
>ところでエルルゥとかの種族名ってなんだたっけ?

エルルゥたちの種族名は明かされてなかったような。と言うか、エルルゥの家系は、敢えて言うなら神様と人間と実験体の混血種。カトゥマウは、ただ単に体術に長けてるだけで、ギリヤギナではないっぽい。

>ゲンジマルは契約でシャクコポル族のお目付け役をしてるだけでムツミのこととか知らないような気もするんだが
>どうでもいいけどムックルのガチャタラへの嫉妬がみたい俺は少数派

ディーと契約してどこまで知っていたか、ですけどね。ガチャタラは、アニメ版では早くも空気化。

うたわれるものドラマCDとても面白かったです。
>策士(?)カルラの手で踊らされるトウカや、シスコンオボロの暴走っぷり
>微妙にラジオと重なる所もあってさらに楽しめました。
>ただ途中ベナウィの死亡フラグ(と書いて「理不尽な折檻」と読む)が
>立っただけで終わってしまったのが少し不満でした。
>皇后は、か わ い そ う なエルルゥで決まりなのは予定調和として、
>その後につづく第一婦人・本妻・新妻・幼な妻・お嫁さん発言、、、
>とりあえず皆、自分が正室と思っている事は判ったw
>TV版では女の子っぽい描かれ方していたドリグラですが最後の方でコッソリ遠回しにカミングアウトしてました
>ってかハクオロさんにげてーーーーー(TV17話を視聴の後だったので色々思うところがw)

>うたわれドラマCD予想以上によかったw
>ハクオロの好色王っぷりが冴えてたし、なによりトウカの新妻発言で爆笑した
>これは絶対買いですよ
>17話以上のオボロボロボロ

3クールあれば、そんなギャグネタもアニメで動いて見られたんだろうなあ、とか思ったりして。DVDの特典映像では、どれぐらいやってくれてるんだろう。

うたわれるものドラマCD、面白いという話ばかり聞きますが、
>原作をやってるとアルルゥの言葉が切なくて切なくて泣きそうになります

アルルゥに限らず、『大封印』直前のハクオロとみんなのやり取りを思いだすと泣ける。

>>デリホウライの縦回転に大期待。
>むしろカルラの正体に気づいたときの
>「僕だよ、デリだよ!」に期待したい

結局、その辺りのセリフはことごとく削られてしまいました。

>うたわれですが、「あたらしい側室で?」のせりふでやっと気がつきました。
好色皇って言いふらしてるのチキナロだ……
>(人の国間の移動がほとんどない世界観なのでこいつしか言いふらす該当人物がいない……)
>でも、ぜったい「ほめ言葉」として「側室がいっぱい(しかもみないい女で優秀)」と言ってるに違いなく、
>クーヤの耳に入るまでの間にいる人々のうわさの時点で好色皇になったんでしょうね。
>あと、ムックルとガチャタラのペアの名前の組み合わせがムックガチャピンだと気がついたのも音で聞いてからでした。

まあ、普通に考えてチキナロ以外ありえませんな。好色皇ってのは、決して間違いではないと思うけど(笑)。原作だと、実際ほとんど食ってるし…いや、食われてるし。

>ディー@池田秀一と聞いてARMSを思い起こしたのは俺だけではないはず。
>力が欲しいか、ならばくれてやろう@ジャバウォックだよな、この配役w最早安牌ですな。

未だにディーはセリフがないけど…。

>こんにちわ。
うたわれるもの、2話以降余裕がなくてずっと見れなかったんですが、先日1話から17話まで一気に見ましたw
>原作未プレイでしたが、どんどん物語に吸い込まれ気づけば全部見てましたw
>原作やろうと思いましたが、アニメの後での声なしは・・・orz
>声ありのPS2版を待ったほうがいいのでしょうか?(´・ω・`)

PS2版延期しちゃいましたからねえ。待てないなら原作に手を出しても良いけど、フルボイスで追加要素ありの魅力には勝てないか。

柚木涼香さんがご結婚なされてるって言うのは本当なんですかね?
うたわれるものらじおを聞いている限りではとても既婚者だとはw

本当ですよ。一児の母だったはず。小山氏も既婚だし。良くあそこまで演じられるものかと感心してしまいます。しかも、一部は素のような気もするし(笑)。

>どうも、関西組です。
>うたわれ見てて思ったのですが「オンヴィタイカヤン」は
>ウィツァルネミテア信仰地域ではどのような扱いになっているのでしょうか?
>あと、トウカが別人になってたり双子がすさまじかったりしましたが一番気になったネタなので。

明確に説明はなかったと思うけど、普通に考えたら、オンヴィタイカヤン信仰地域の正反対なんじゃないでしょうか。

>ドリグラ、誘い受けの床上手に思えましたw
>原作未プレイなので、早く衝撃の真実が見たい(笑)
>どうやって男だとばれる(?)んでしょうか?
PS2版、あと一ヶ月、楽しみです。

うたわれで床上手と言ったら、別のキャラがいたりしますが(笑)。原作のコメディパートで面白い部分なのでお楽しみに。

>うたわれ17話を録画し損ねた自分は死ねば良い思います。
>なんでこの神回を!神回だけを!!!!

見逃したわけではなく、録画し損ねただけなら、ぜひAT-XかDVDで補完を。

>よく言われますが重力使いは地面方向でなく空方向へ重力かければ無敵です
>あとハクオロとエルルゥのやりとりはラジオと逆ベクトルで大変○

良くも悪くもラジオの効果がありすぎる。

>ウルトリィはベタンをとなえた!…”家族”って便利な言葉ですねぇ

ハクオロが恋人と認識してくれないと、エルルゥの方からは好きだと言えない縛りがありますからね。

>思うんですがうたわれ、何気にラスボス戦は省けないんじゃないですか?
>「汝等ニ崇メラレ、ウタワレルモノ」って台詞をちゃんと入れておきたいところですし。

どうなるかは、最終回を期待して待つのみ。最終回のサブタイトルは、もちろん『うたわれるもの』ですし。

>こちらは関西組なのでまだ18話は見れませんが、感想見てる限りエルルゥの嫉妬オーラはヤバそうですね。
ラジオの方も今週、田中敦子女史呼んだら面白かったろうにw

>ハクオロとカルラのHシーン(未遂)を目撃したエルルゥのその後の行動怖すぎ。
>現代のラブコメとかならこんな場面の場合男をぶん殴ったり罵ったりしてますが、
>逆にひたすら「無視」って一番こたえるよな・・・。

固まった微妙な笑顔で無視し続けられるのは怖すぎ。

>ウルトリィが戦に初参戦キター!ただ弓矢や刀の戦の中であの魔法のような術は結構反則っぽい気がするけども。
>ウルトリィ参戦となるとカミュの出番もいよいよ?

カミュの参戦も来ました。ただ、ウルト達の使ってる法術は、本当は大して威力無かったはずなので、それほど驚異ではなかったり。

>髪下ろしたカルラ姉さん色っぽいですね〜。着物姿もばっちり似合ってたし。
>あと某ゲーム雑誌でトウカがいつも着ているダボッとした羽織を脱いで
>かなり薄手の着物姿で腕をかなり露出していたスチルがありましたが、
>あれはアニメには登場しないのかな?かなりかわいかったので是非見たいのですがゲームオリジナル?

ゲームというか、今度出るPS2版の新規CGでは?

>「姫様〜」「ユ〜ズ〜ハ〜」「逃げられた・・・」漢ばかりのダメ図に思わず笑。

>前回あたりからかなりハクオロさんの印象がかなり変わりました。
>今まではほぼシリアス一直線だったのに、今回は女性陣にふりまわされてます(笑)

あの世界では、男はみんな女の尻に敷かれてるんだろうか(笑)。ハクオロさんですら、聖上の威厳無し(笑)。

うたわれるもの
>デリホウライの縦回転は豪快に空中を吹っ飛んで欲しかった(笑
>デリ子はお茶を持って来るイベントがあるんじゃないかなと思ってます
>それにしても専門用語バリバリですね
>原作組には嬉しい演出ですが、初見の人達はおいてけぼりになってるんじゃないかと
>公式HPで用語説明があったら良かったんですが…

さすがに、シリアスムードでやるのは難しかったでしょうけど、もっと豪快に縦回転のみで数十メートル転がって欲しかった。専門用語は、「灼眼のシャナ」の公式サイトが用語集が充実していて、お手本のようでしたな。

>>うたわれ
>エルルゥの表情もさることながら、方向転換しないで階段を下りるのが怖かった・・・。
>ウルトは光属性だったかなぁ、術。カミュが地と火だったような気がするんですが。
>そろそろ参戦してくれないと活躍の場が無くなる〜。
>デリホウライはとりあえず「あの女を俺にクレ」をやって欲しいです。

アニメ版だと、法術の属性はあまり関係ないみたいですね。まあ、ゲームではないので法術が使えて戦えるという事実さえ見せられればオーケーですが。「カルラをくれ」はやってくれました。

>うたわれ、カルラ弟の話でしたね。カルラの正装姿もなかなか良いですな。
>流石に脱いでも裸にはならなかったか。ちょっと残念w
>当然Hも無かったわけだけど、カルラとしては全身全霊を賭けたお願いなのだから、
>邪魔が入ったたとはいえキスくらいはしても良かった気がする。
>だからこそ後に出てくるであろう「私の全ては主様のものだから」と言うカルラの言葉に重みが出ると思うんだけどなぁ。
>まあアニメ版は純愛を強調した展開にしたいのかな。エルルゥのハクオロに対するシカトっぷりは結構怖かったw
>またトウカも箸使いのシーンでいい味出してましたね。そういやあ初めてウルトリィが戦闘に参加しましたね。
>重力操作系の魔法?なかなかカッコよかったです。

カルラの言葉はほとんど削られてしまったので、その手の心配は必要なくなってしまいました。エルルゥ中心だから仕方ないですけど。

>(゜□゜;)は!?例のオボロのあれは…原作でもあんなシーンなかったじゃん!
>あれは原作しててもしてなくても衝撃的だ!

アニメのスタッフは、ファンが何を欲してるのか良くわかってると思います(笑)。

>うたわれラジオ聞いたらドリグラに挑戦しようのコーナー説明で、双子の兄弟って言ってるからやっぱ男なんですね

まあ、普通に考えてアニメ版だと女の子って設定変更はないでしょう。シリーズ構成の人曰く、性別はファンタジーだそうですが(笑)。

>カルホンダリじゃなくてカンホルダリだお
>スオンカスの竿なしはPS2版でももしかしたらカットされてそうな悪寒

予想的中。カットでした。

>スオンカスとカルラとの関係がイマイチわからずじまい。
>カルラのことを「王女」と言ってたけれど、そのエピソードもないまま終了だったので、
>ナ・トゥンク編は原作未プレイ者としては消化不良。

無くても支障のないエピソードなので、入れてくれただけでも良い方でした。とりあえず、ウルトリィとカミュが戦えることさえわかれば、他は忘れてしまっても問題なし。

うたわれるもののOP曲「夢想歌」を歌ってるSuaraさんが今度出すSACD版アルバムに
>「MOON PHASE」というタイトルの曲が収録されてるらしいです。
>残念ながらノーマルCD版には収録されてないとか。是非聴いてみたいのですが、どうしたもんでしょうか?

「MOON PHASE」は「雫」で使われてるBGMのタイトルですね。どんな曲だったっけな。思い入れのある作品だし、聞けば思い出すんだけど。

>>ハクオロさんがハーレムパーティーを結成して、カルラの故郷の世直し旅に出かけました。
>あのパーティーってユズハを除けば、トゥスクル、ワーベ、ゲンジマル、おそらくハクオロさんのもう一方と、
>カルラの故国のラルマニオヌを滅ぼした面子の縁者(トウカが少し関係が弱いか)で構成されてるんですよね。
>何というか、皮肉なお話。

結果論から言えば、戦争で生き残った者達が勝者の元に集まってるのは妥当ではあるんですけどね。

>うたわれ18話みました。
>個人的には前半のテンポが良く、今週も(良い意味で)早く終わった印象がありましたね。
>そういえば、ゲームでもハクオロって簀巻きにされてましたっけ?
>プレイした事はあるんですが、如何せん数年前のことだから忘れてしまった・・・。
>らじおも楽しいし、現状のまま両方とも最終回まで行って欲しいものです。

ゲームでもカルラに簀巻きにされて拉致られたはず。

>エルルゥ聖上押し倒し目撃シーンのカルラさんの尻尾の動きが堪らない俺人外好き

あの尻尾の動きは色っぽい。エルルゥのピョコピョコ動く尻尾も好きですが。

>「うたわれるもの」で疑問に思ったのですが、最初にカルラをどうやって捕まえたんだろう?

>デリのシスコン度はオボロよりヤバイ方向に向いてるような気がしたのは気のせいでしょうか?

一部は姉だと気付いてなかったからと言うのもありますが。犯罪予備軍(笑)。

ゼロの使い魔関係

>はじめまして、cyanさん。いつも興味深く雑記を拝見してます。
>「ゼロの使い魔」をアニメで見たとき、なんか面白そうだけど、微妙だなぁー、
>っていう印象を受けたのですが、cyanさんのネタバレギリギリを突く解説を読んでると、原作に非常に興味が出ました。
>そこで、昨日8巻まで全部そろえ、一気に全巻読んだところ、6〜8巻までの展開に涙が止まりませんでした。
アニメ版と全く違う、これでもかっ!ってぐらいの「熱さ」にやられました。
>なんでアニメだとあんな変なオリジナル話数入れたりしたのか、cyanさんが残念に思えた理由がわかりました。
>以前、cyanさんのネタバレに対する批判みたいなレスがありましたが、
>自分はそのおかげでゼロの使い魔という名作に出逢いましたし、今のままで充分だと思います。
>これからもcyanさんの雑記を楽しみにしながら拝見しますので、ぜひがんばってください。

王道とツンデレ好きには堪らない作品です。7話までの出来を見て、やっぱりアニメオリジナルの4話が必要なかったと思う。1クールで尺も限られてるのに、勿体ないよなあ。

>ガンダールヴ後からの源は熱くなる心なので、
>おびえまくっていた才人がその力を発現できなかったとしても特に不思議はないかと思います。

力が弱まるだけで、全く発動しなくなるわけでは無かったような。

>サイトのルーン発動条件がシビアになったのは
>上手くやれば最高にカッコイイ演出ができそうなので
>それは良いと思うんですが
>その発動条件のラインがイマイチわかりません
>ギーシュ戦も4話の貴族戦も感情の高ぶり具合は
>どちらも同じくらいだったと思うんですが
>後者は恐怖心があったから発動しなかった??

6話を見た感じだと、武器と見なされてなかった説が最有力ですね。5話でデルフリンガー握っても発動しなかったのは感情の昂ぶり不足。

>>名前はみんな元ネタがあるみたいですけど。
>他のキャラは気がつきませんでした。
>ただジュリオは自分の名前は昔の皇帝からとったとあったので未来の話かと思ったのですが。
>ついでにロマリアには法王庁もあるし・・・安直すぎ?

いや、ヤマグチノボル氏のゼロ関係のコメントとかを読むと、案外安直な可能性が高いです(笑)。

>携帯版外伝小説『タバサの冒険』を読(ryとかボーダフォンの俺にあてつけですかorz

そういえば、あれFOMA専用でしたっけ…。ビューアの対応機種の問題なんだろうなあ。

>あの学園長はわざわざ使い魔にパンツの色尋ねなくても使い魔の目は主人の目に直結してんじゃないの?

わざと気付かせて羞恥プレイかつ叩かれるのを喜んでるんですよ(笑)。

>ルイズって力が大きすぎて制御しきれないと言う典型的なアレですか?

ちょっと違いますね。ルイズの魔法の属性が特殊なんで、火とか雷とか関係ない属性の呪文を唱えてるせいで暴走してる。

>名古屋地区は放映まだですがサイト、デルフリンガーを握ってもルーンが発動しなかったらしいですね。
>何気なくシャナと同じで男キャラは冷遇されてるのか(ノд`)・・・それにしても姫様胸ありましたかw?

姫様よりジェシカの方が凄かったです(笑)。

>いよいよもってワルドさんはカットですね
>10〜13話は小説の3巻がメインの話でしょうし
>タバサとキュルケの馴れ初めなんてやらなくていいのに…
>サイトとルイズに焦点が当たってないゼロは面白くないと思いますヨ
>惚れ薬の話も1話完結なら別にやらんでも…とか思いますヨ

ワルドさんは登場するようですが、タバサはキュルケとの馴れ初めではなく、キュルケとガリア王国に行く話でした。

>今回のゼロは良かった。
>が、サイトがフーケを剣でド突くシーンだけやたら迫力がなかった気がするのは俺だけだろうか?

不意を突いて気絶させるだけだから、あんなものじゃね?

>>ゼロの使い魔
>9話(残り5話時点)でまだアルビオンに行かないってことは、
>もしかしてアルビオン潜入編(要するに原作2巻)まるまるすっ飛ばすつもりなんでしょうか、、、。
>ウェールズ関連イベント削除=アンリエッタの黒い部分も削除なので、それはおもしろくない思うんですが、どうでしょう?
>死んだ男の面影を引きずりつつサイトに惹かれていくからこそアンリエッタは萌えるのに。

アンリエッタ関係はあまり掘り下げないでしょう。尺足りませんし。アルビオン潜入編は、1話で完結させてしまう模様。戦争も風呂敷広げられないだろうから、かなり変えられてるのでは。

>ルイズはバイトしてないでアルビオン行って欲しいw
アルビオン編はやっぱりカットなのか?
>となると姫さまの結婚はどうなるんだろう。
>ウェールズへの手紙云々がカットで結婚自体はするって事で詔あげるのに
>始祖の祈祷書もらって戦争始まってゼロ戦…ってな流れになったり?
>個人的にはバイトの話より惚れ薬やってほしかったりするww

アニメ誌のあらすじを読む限り、アンリエッタがアルビオンにルイズ達を向かわせる理由は原作通りみたい。惚れ薬は次々回ですね。

>せっかくサイトの見せ場なんだからもう少しアクション頑張って欲しいなぁ・・・>ゼロの使い魔
>と思ったけど、直後のルイズの可愛さにどうでもよくなりますた。ついでに来週もまたルイズに悶えそうだな

ギーシュ戦に比べたら、アクションは結構頑張ってた気が。

>「ゼロの使い魔」ですが、フーケに制止された時に、ずっとじっとしていたのはおかしくありませんか?
>発射できないのは、知っている筈なのですから一瞥の後、淡々とデル抜き、
>フーケや一同吃驚で「一発しか発射できねぇ」発言の方が原作準拠だと思ったんですが。長くてすいません。

いや、淡々とネタばらししてたら、フーケが破壊の杖を捨てて、魔法攻撃してくる可能性が高くなってしまうので、不意を突く瞬間を狙った行動としては正しいと思う。

>ルイズが一巻分消化したらしいんで小説の一巻を読んでみました。なんか凄くタバサって良い子ですな
長門も好きだけどキョンしか見てない所が気になったんで凄く好印象。キュルケとの馴れ初めが楽しみです

まあ、タバサは、本当はもっと明るいお姫様だったはずなんですけどね。次回の話でその辺は明らかになります。

いぬかみっ!関係

いぬかみっは本当に最高だ!
>後半に変態の団体が出たり、EDは変態版になったり。
>もう一回あの曲が聴きたいと思う自分も変態なんでしょうか?

いぬかみ、EDのアホさ具合にはワロタw
>これほど筋肉マッチョと変態キャラを前面に押してくるアニメはありませんねwキモイけど面白いのは事実w

いぬかみっ!18話はラストの薫の謎の行動も、EDの所為でその驚きが上書きされてしまいましたw
>いやほんと、バカだ(褒め言葉
>しかし薫のあれは気になります。もしかしてなでしこを止めてたのは赤道斎(へんたい)がやられたら困るから?
アニメでのなでしこ活躍シーンみたいけど……まだかなぁ。そもそもあるのかなぁorz

いぬかみwww
>神キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !
>取り敢えず無駄なところに力注ぎ込みすぎないぬかみっ!スタッフに乾杯。
>もちろんほめ言葉。

>すげぇぞいぬかみ!ある意味今期最高のクオリティアニメだぜ!(誉めてます

いぬかみ今期最凶の名を欲しいままにした
>このインパクトに勝てるアニメは10年はないだろう

いぬかみっ!EDありゃ神ですな…もう聞いてて吹きまくりだった…歌詞も挑戦しまくってるw

いぬかみっ!17話
>どこからみても「いぬかみっ!」と思わせる内容に、深夜にもかかわらず大ウケしてしまいました。
>啓太が赤道斎に「変態だ!」と叫ぶが、「お前もなっ!」とツッコミを入れたのは、私だけではないはずですっ!
>それにしても、赤道斎役に岩本規夫さんを起用するとはねぇ。ご本人をよく引き受けたものだと思います。

>「いぬかみっ!」第18話
>EDのスタッフロールにて電撃文庫の鬱の太陽「藤原祐」の名前がw
>電撃組は仲が良いな〜

>>いぬかみ
>エンディングもかなりのもんだったが、
>先輩の呼びかけに応える変態多すぎだろww
>どんだけこの街はカオスが充満してるんだwww

いぬかみの今回エンディングはやばすぎるw
>何度も見直してしまった。
>なんだこのうほ・・。
>エンディング歌詞
>あれも、これも、みんなほしくなるの、恋も!夢も!望むものは叶えたくなるの。
>たたみごしにポーズきめてみたり。
>覗く、縛る、さわぐ、日々のスケジュールがいっぱい。
>料理は板前修業だし。
>お掃除もメイドに負けない。
>肌もこんがりサロン焼け。
>なのにモテナイのー。
>たいへんたいへんたいへんと、放送禁止で走れば、
>止まらなくなって楽しんじゃってる。
>オ・ト・コまえよ。
>たいへんたいたいへんと、みんなで酒盛りしてると悲しいことも忘れちゃうくらい、暴れちゃうんです。
>オーレ、オーレ、ファーイトだ。心はみんなでひとつ。
>強く!結ばれた!絆!友情!
>股な まんもすbyせきどーさい
>予告内容
>もはや私にもどこへ行くのかさっぱり、わからないこの作品。
>その特殊性ゆえか参加したくても参加できないクリエイターたち。
>だが、そんな中にあえて自ら飛び込む勇者が現れた。
>「僕に・・脚本を・・書かせてくださいぃ・・(´Д`;)」
>脚本家、築地俊彦彼も立派な変態である。
>次回まぶらほ、いや基、いぬかみ!「もっこり啓太の思うツボッ!」類は友を呼ぶ。思うツボだな・・。
>何だこれwうほ!と突っ込みどころ多すぎて笑いが止まらないw
>次回見たくなるじゃないかw
>来週まぶらほネタをもろ使ってきたら最高だなと期待。

いぬかみ。作画は良くなかったけど、若本さんや東方先生、
千葉繁さんといったベテラン声優さんががんばってくれて声オタでもある私は大満足でしたw
>その上、あのED見たら笑い堪えるのは無理です。スタッフはよくやったw
>それと予告で言ってた「まぶらほ」の意味はそういうことでしたか、唐突過ぎて訳がわからんかったですねw

いぬかみっ!のEDにハガレンアームストロング少佐もいたような……

>祭りじゃ祭りじゃ〜!!
>へんたい祭りじゃ〜!!!!
>へんたい神が降臨なさった!!!!!!
>祭りじゃ祭りじゃ〜!!
>へんたい祭りじゃ〜!!!!

いぬかみっ!」のエンディング反応に関しては、特に個別レスすることはありません。皆さんの感動のコメントをそのままお届けします(笑)。

魔法少女リリカルなのは関係

>すんません、なのは情報で混乱してます…。
>結局のところ、第3期とは
>・はやて中心のストーリー(以前のタレコミの事)
>正直、それで13話分もストーリーを作れるのか怪しい・・・。
>・OVA版として「はやて外伝」を作り(←タレコミ)、TVはTVで第3期を作る。
>中身は未公開…とはいいつつも、第2期の後なのだから、中学生版?
>どっちなのでしょうか?
>それと、コミケ70でfengさんで販売されているツンデレTシャツが人気だったみたいで、
>初日の午前中に売り切れたらしいです。

>>メガミマガジンの予告の話をした時に...
>つまり、冬には先行OVAを出し、来年はTV放送を始める。
>と考えて(妄想して)いいのでしょうか?

>とりあえず、なのは3期キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!!
>ところで、最初に情報みたときは今年の終わり〜春にかけてOVAで、
>来年秋あたりからTVシリーズかと思ったんですが、
OVA無いとすると来年春からですかね?なんにしても楽しみです。

>なのはについて、「TV放送の前に先行OVAを出す」、と考えていいのでしょうか?

自分はタレコミの情報をそのまま掲載してるだけなので、本当のことは一切わかりません。今月末のメガミマガジンで明らかになるだろうし、それを待ってもらうしか。

コミケ70でなのはブース並ばれた方々にまず「お疲れ様でした」と言いたい
>…消化速度は非常に良かったんですけどね。会社の予測を上回ったのは凄いと言うかなんというか…。
>ついでに、自分はminoriで3時間並んでました。
>あと、第3期でのソースであるクリアファイルですが、
>何かしらをなのはブースで購入して紙袋をもらった場合、封入されている可能性があります。
>というより自分はそうでした…(購入時間は2時半頃)。
>とにかく、第3期、メッチャ期待してます!!ビバなのは!!

なのはA'sPROJECTブースは阿鼻叫喚だったようですねえ。あれは酷い。

>なのは三期ですか!!
>二期は個人的にあまり好きじゃなかったので三期に期待大です

>にしてもなのは第三期TVシリーズですかー・・・・・・ヤバい、ものすごいテンション上がってきたんですがっ。
>きっとこの瞬間はコミケ参加組にも劣らない(爆
>八神ファミリーメインというのは変わらないとのことで。
>確かになのはは第1期:始まり〜覚醒、第2期:〜完成、
フェイトは第1期:〜始まり、第2期:〜新たな居場所へ 
>と、二人の物語はある意味完成しちゃってますからね。
>第2期の最後でやっと始まったともいえる八神さん家がメインというのも納得です。
>・・・・・・まぁその、個人的には一番ベストなのは
>一話完結のオムニバス形式(要するにふもっふ形式?)だったんですが(汗
>クロノ本来の活躍とか普通の日常とか新・ハラオウン一家の団欒とか
>6年後なのはの浮遊移動要塞っぷりとか(ぉ)etc、全部観てみたいなぁっていうわがままな話なんですが(苦笑

>TVシリーズでもはやて一家の日常が描かれるのは個人的にすごくうれしいなあ、と思っています。

はやてメインが本当だとしても、ほのぼの日常にスポットを当ててTVシリーズ作るとは思えないので、はやてファミリーの何らかがきっかけで、燃え展開に発展していくんだろうなあ。

>しかしまあ、仮に3期があったとしてどうするんでしょうね?6年後を見た感じ都築作品特有の
>「キャラ全員達人状態」に突入してるようですし、既存キャラメインだと行き詰るでしょう。
>でも意見的には3期もなのはを中心にして欲しい人が多いみたいですし。
>それに恋愛なんて入れたら、現状のクロノ周りの相手希望の派閥見てるとどうなっても十中八九大荒れに荒れます。
アニメ単体だといつの間にかフェイト派とはやて派が二大勢力状態でエイミィ派は半ば蚊帳の外、
>なのは派は未だ根強いにしても最早原作絡みでしか語られない状態ですし。
>いろんな意味でさじ加減が難しすぎですよ3期…。都築氏、webでのファン動向も結構見てるようですしなおのこと。

魔法少女リリカルなのはシリーズは普通に6年後のなのはとユーノの恋愛話をやってくれたら神なんですけどね

なのは×クロノは原作のみの設定で、今後シリーズがまだまだ続いたとしても可能性は低いでしょうね。『StrikerS』というサブタイトルからして、普通に恋愛要素皆無の熱血バトルアニメになりそう。

イノセント・ヴィーナス関係

イノセント・ヴィーナスは3DCGがこなれててかなりよかったですね。
>しかし、VANDREADを観て
>「これからはメカは3DCGの時代だ!」
>と思ってからもうすぐ6年になるのに
>未だにVANDREAD並やそれ以上のメカアクションを魅せてくれる
>テレビアニメが数えるほどしかないのは泣けてきます……。

イノセント・ヴィーナス
>色々と動いていて、感動したw
>でも、戦闘シーンは暗くてわかりずらいのが残念でした。

イノセント・ヴィーナス、いろいろ語られていないままのことが多すぎてワケワカメでしたが、
>面白いことは面白かったですね。沙那も表情がかわいらしかったよ。
>ただ、1話のクオリティは高かったけどまだ安心は出来ない。
>なにしろ同じように1話は最高でもそのあと低下しかしていないデモベなんて例があるから。

イノセント・ヴィーナス、あまり期待してなかったけど、クオリティ高くて良い感じですね。
>一部に「かみちゅ!」スタッフがいたとは驚きです。
>おかげで姫が可愛くて良かったw

ストーリーの進行の遅さが気になるんだけど、メカアクションだけは秀でてますね。画面が暗いのは、世界観になぞらえた演出でしょうけど。

>イノセントヴィーナス、予備知識なしで見ました
>世界観や背景はナレーションつきで説明してくれましたが肝心のキャラクター達の設定が全然わかりませんでした
>まぁそこらへんは二話以降に期待でしょうか
>冒頭のアクションシーンや後半のメカ戦も満足ですしヒロインの表情のゆりえ様っぷりもよかったですw

3話まで終わっても、まだ目的がはっきりしないんだよなあ。主人公達の目的が明かされないうちに、どんどん新キャラが増えて収集が付かなくなりそう。

>『イノセント・ヴィーナス』なんか微妙です。世界観というかSF設定が古臭い。なんか今更感が…
スペオペと割り切ってみれる『コヨーテラグタイムショー』のほうが、まだ面白いかなー
>以上、狭量なSF者の感想でしたw

世界観やSF設定が古くさくて、どこかで見たことがあるような新鮮味の薄さは意図的に狙ったもののような気がする。

ひぐらしのなく頃に関係

>今回のひぐらしは鬼婆の怒鳴るシーンが迫力無さ過ぎ…映像に声がついていけてない。
>でも拷問シーンはかなり良かったですね。あれは原作でも痛々しかったな…

ひぐらし。悲鳴に思わず耳を塞いだ。おかげで話が頭に入りませんでした。結局この回は何

>ひぐいらし17話
>爪剥ぎシーンが生々しくてきつかったです(´;ω;`)
>でもいつもこのくらい演出でやってくれると、
>物理法則無視のぶっ飛びシーンも多少変ったんじゃないかなーと思います。

目明し編其の二、前回の演出の過剰さには目を瞑ることに決めました。
>だって今回のすごすぎと言うか詩音がケジメをつけるシーンはマジで涙しました。
>何せ表情だけで詩音の苦しさや痛みや悲しさがひしひしと伝わってきて……。
>来週詩音のKOOLモード発動ですね。

爪剥ぎはきつかった。思わず何度も自分の爪を確認してしまったりして。

ひぐらし
>祟殺しの圭一と目明しの詩音のあまりのKOOLさに
>罪滅しのレナはどうなってしまうのだろうとワクワクしている自分がいる。
>あと、どうやって完結させるのか・・・
>ついでになんでひデブの赤坂の声が変わったかわかります?

目明し編の出来は結構良いので(時間の都合で最近感想が書けてませんが)、罪滅し編にもちょっとだけ期待しても良いかなと思ってます。

>詩音はエロい。魅音は空気読めないいい子。
>圭一の固有結界は予想通り削除された(っていうかアレをアニメでやるのはいろいろな意味で無理)が、それ以外はまぁまぁまとまってました。
>てっきりノート削除かと思ったけどそれっぽいものだけは一応映ってました。

牢屋に監禁されてシャツがはだけてる魅音も、かなりエロく描かれてました。

ひぐらし世界は不確定な平行世界ですし、悟史が叔母を撲殺する目が出ただけなのです。
>検体確保の偽装工作、たかのんの悪趣味、ヤク中の暴走、何でもあり。
>(アニメ版に完成度を期待する事は諦めました…)

その理論が成り立つので、ある意味、『ひぐらし』関係の二次創作も全て本当にあり得た出来事と言っても間違いではないんですよね。

>>その要素を排除するために、時代設定を昭和58年とかにすると、別の惨劇が起こりそうですが。
>だれがうまいことを(ry
>職場で見て吹き出しそうになりました
>話変わってドワンゴひぐらしバージョンのCM、かなり良い出来ですね。
>作品をきちんと咀嚼して作っているのがわかるというか

ひぐらしバージョンCMもそうだし、プレイボール2のDVDのCMもかなり上手いと思った。

おとぎ銃士 赤ずきん関係

>親が長期不在の家に1人で暮らし、世話焼きで食事を作ってくれる素直になれない近所の幼馴染を持つが、
>その幼馴染の好意には全く気づかない鈍さ。
>しかも突然現れた女の子と同居して、その後も同居人が増えていく…と、まるで、ギャルゲーの主人公のような草太君。
>このままいけば、最初は謎の転校生として現れ、当初はお互いの立場から争うことになっていたが、
フラグを立てて、イベントを発生させ、順調に好感度を上げていけば最終的には主人公サイドにいる。
>なんてお約束のように、グレーテルが草太ハーレムに加わるのはそう遠くないでしょう。
>それよりも、ヘンデルお兄様が、グレーテルの戦闘結果よりも、
裸エプロン風の戦闘服で戦っていることをスルーしていることが気になります。

グレーテルは分かり易いブラコンですが、実はヘンゼルもシスコン。あの裸エプロン風コスチュームを見て、裏でこっそりハァハァしてるんですよ。うっかり言葉に出して、グレーテルに服を変えられないように。

ゆかりんの主役演ると出番&台詞が少ない法則が五話にして発動
>((つД`) リリカルなのはの新作でも少なそうだしなぁ・・・・・・

公式サイトには、赤ずきん=主人公と書いてあるのに、単なる物語の進行役にしかなってないような。

>でもまあ思うんですが、設定見た感じヘンゼルって改心系の悪役ですよね…?
>グレーテルのテーマってどうやって兄貴を救うかじゃないでしょうか?

ヘンゼル&グレーテル絡みは、1クールの終わりぐらいで決着付くのかな?

ToHeart2関係

ToHeart2、再ゲーム化にアニメ企画ですか。またまた賑やかになってきました。
>ゲームはやはりそれぞれのヒロインED後の二人を描いたものになるのでしょうか。
アニメは前作を黒歴史にすべく、奇跡の再アニメ化だったら嬉しいのですが、
>あまりにも期間が短すぎるのでなさそ(^^;)
>良くて『苺ましまろ』みたいなOVA?それともまったく別の何かなのかな…?

アニメ企画は、TVシリーズを黒歴史化して、「こみパ」のように、アクアプラス主導で製作するOVAの予感。

>>ToHeart2のなにか(仮)     ミルファー!!シルファー!!うおー来るのか6Pが!!!

ToHeart2のなにか(仮)頑張ってください いくのん・いくのん(゜∀゜)ノシ
>まーのことも考えてシンキング

ToHeart2」の18禁逆移植という、ほぼファンの要望通りの事をやってくれた最近のLeafなら、ミルファ・シルファに期待しても良さそうだ。

半分の月がのぼる空関係

>半月実写ねぇ・・・。一般向けに作ってもオタ向けに作っても大成はしないだろうなぁ。
>というか深夜台にやるということは局としても一般向けとしてあんま期待してないと言うこと?
>かと言って原作が好きだった人は実写化希望してたとも思えないし。どっちつかずのような。
>こんな時原作読んでないからダメージ少なくてよかったなぁと思いました
>ファンの気分的にはアニメ作品の声優をアイドルが演じるときと似たような感じなのだろうか

>「半分の月がのぼる空」  ドラマ24枠で乳出すんだったら見ても(ry

>半月ドラマ化はどうなんだろう?原作をマンガだけでなくラノベまでに求めるのか?
>正直、実写でツンデレを表現できるとはあまり考えにくい…

>半月のドラマ化ネタだと思ってたのに本当なんですか!!?
>里香役の子が全然線が細いイメージじゃないは、全くの別人みたいなのでカナリショックですよ
>もう見る前からひどい出来になりそう
>テレ東系のドラマにいい出来を求めるの自体がおかしいんですよなorz

>>「半分の月がのぼる空」が、10月からテレビ東京系にて実写ドラマ化
>(´A`)

乳出しは、主演を考えても、原作を考えても、あり得ない(笑)。里香のツンデレ表現とかも大幅に変えられていて、心臓病を抱えた女の子と、男の子の青春ドラマと言うプロットだけ使った別物になりそう。

コヨーテ ラグタイムショー関係

>十二姉妹(正確には現在は十姉妹)が出てこないと華がないなぁ。
>唯一の救いである(一応)ヒロイン・フランカも前回よりもさらに影が薄くなってる。
>十姉妹が1話あたり1殺の噛ませ犬的に存在とはいえ、
>約30分中年のおっさん出ずっぱりだとビジュアル的にはちょっと・・・。
>その上話がスケールダウンしているから余計に救われないキモチになる。

1クール丸々お宝争奪追いかけっこしか無さそうなので、スケール小さく感じてしまう。十二姉妹は白兵戦をやらせてこそ映えるのであって、戦闘機の操縦桿を握らせてるだけでは面白くないんですよね。

>コヨーテではアンジェリカと12姉妹(頭)がいいコンビだと思いました
>鳥篭をみて京極夏彦魍魎の匣を連想してしまいました(笑)。

むしろ、アンジェリカ視点だった方が良かった気がする。

>いやあ微妙だ、コヨーテが微妙すぎる出来だ。
ufotableって技術力はあるのに、肝心なところで詰めが甘くて微妙な作品しか作れない印象があるんですよねえ。
>フランカの唐突すぎる脱出機構発動シーンだって、
>過去回想でマルチアーノが使っているのを一度見たことがあるとかにすれば、
>かなりGJな演出に出来ると思うんだけどなあ。

フタコイ』の途中からもそんな感じだったけど、狙って外してると思われるネタが、視聴者が付いていけないほど滑ってるから手に負えない。

>AQUARIAて、そのアニメは観てないのですがどう考えてもステンシルブレイドのアレですよね?
>見事に両方くっつけてる………何かファンサイトの名前でもありそうな気がするんですが。

まんまソレでしょう。

>コヨーテって全何話なんでしょう…?

全12話だったかな。

2006-08-13

[]アージュ「あゆまゆ劇場」アニメ化決定!『君のぞらじお』公式サイトにて9月より月一配信スタート! アージュ「あゆまゆ劇場」アニメ化決定!『君のぞらじお』公式サイトにて9月より月一配信スタート!を含むブックマーク

君のぞらじお」第72回内で発表されてたのに気付いてませんでした。夏コミアージュブースでプロモ映像を上映。追加キャストで、鑑純夏田口宏子御剣冥夜奥島和美。第0話を『PC age CD-ROM2 Vol.5』に収録。OVAアカネマニアックス」最終巻でやってたネタが実現するとは。

[]「トップをねらえ2!トップをねらえ!合体劇場版」10月1日より『アキバ3Dシアター』にて上映決定。 「トップをねらえ2!&トップをねらえ!合体劇場版」10月1日より『アキバ3Dシアター』にて上映決定。を含むブックマーク

以降、順次全国公開予定。AT-Xの最終話先行放送内にて告知。

2006-08-12

[]連続アニメシリーズ「東京魔人學園剣風帖」今冬始動! 連続アニメシリーズ「東京魔人學園剣風帖」今冬始動!を含むブックマーク

> 原作:今井秋芳
> 監督:石平信司
> 構成・脚本:根元歳三
> キャラクターデザイン総作画監督:中井準
> 音楽:根岸貴幸

夏コミ会場、アミューズソフトエンタテインメントブースより報告。魔人學園伝奇シリーズ第1作をアニメ化?アミューズソフト主導と言うことは、制作はトライネットかな。キャラデザが今風に大幅変更されていて、ファンの間では早くも阿鼻叫喚の模様。

[]TVA「英國戀物語エマ」第2期製作決定! TVA「英國戀物語エマ」第2期製作決定!を含むブックマーク

今日発売のコミックビームより。スタッフは引き続き、監督:小林常夫シリーズ構成池田眞美子

[]TVA「ひだまりスケッチ」続報。 TVA「ひだまりスケッチ」続報。を含むブックマーク

キャラクターデザインは伊藤良明氏。夏コミで配布してる小冊子および先行プロモ映像より。

[]*1TVA「ながされて藍蘭島」続報。 *1TVA「ながされて藍蘭島」続報。を含むブックマーク

来春よりTX系夕方枠で打診中。キャラクターデザインは細田直人氏だとか。

[]「おとぎ銃士 赤ずきん」第7話 「おとぎ銃士 赤ずきん」第7話を含むブックマーク

既にアニメ誌であらすじバレしてたとはいえ、りんごも一緒に来るようで何より。ただ話としては、あまり良い出来ではなかったなあ。ファンダヴェーレに行く前に、草太の鍵の力を見せるために、りんごを使ってイヤボーンさせたかったんだろうけど、せっかくグレーテルに捕まったのだから、草太の力の秘密をりんごに明かしてしまうとか、ヘンゼル自ら出張ってきたのだから、グレーテルの作戦の尻拭いをしてりんごをファンダヴェーレに連れ去ってしまうとか、もっとドラマチックな展開を盛り込めたんじゃないだろうか?グレーテルのいらない子扱いが不憫でならん。早く何らかの形で救済して欲しいぞ。それから、幼少のみぎりのりんごの『だゾ』がイイ!…ではなくて、今はクラスメイトの寛大な心で受け入れられてるように見える草太も、昔はイジメられっ子だったようですね。そんな草太も、今回は妙に冴えてましたが。白雪やいばら、ヴァルの嘘が下手すぎるだけでしょうけど(笑)。父親の唐突な登場には驚いた。何もかも知ってるような振る舞いは、やはり母親のおとぎ話の事もあるし、母親がファンダヴェーレ出身とかなんだろうな。しかし、草太の父親は出てきたのに、未だにりんごの家族に対するフォローがないのが気になる。ところで、あれだけエルデの服に固執してた白雪…トランク公園に置き忘れてなかったか?次回はハーメルン登場。某『バイオリン弾き』みたいに、止め絵がほとばしりませんように。

*1昨日の意見を参考に、今後はカテゴリー分けをすることにしました。

2006-08-11

[]「魔法少女リリカルなのはStrikerS」3rd. TV Series 2007 Drive Ignition! 「魔法少女リリカルなのはStrikerS」3rd. TV Series 2007 Drive Ignition!を含むブックマーク

夏コミ会場、なのはA'sPROJECTブースより報告頂きました。OVAではなく、本当に第三期テレビシリーズらしい。

ソース画像@ななつき堂さん

>なのは3期はメチャメチャ嬉しいです。けどOVAはやて家の話を中心に描く、
>という話はどこから来た情報だったのでしょうか?

関係者からのタレコミです。ただ、媒体に関しては曖昧でした。はやてファミリーを中心に描くという大雑把な概要に関しては、どの媒体になったとしても同じだった模様。

リリカルなのはの件につきまして、媒体がTVとOVAで全く違うガセなのに、
はやて中心の内容は同じというのはどういう論理なのでしょうか?
>媒体がここまでガセだった以上、内容は「同じだった」と言うのは
>確定情報の出るまでは言わない方が良いのでは?

メガミマガジンの予告の話をした時に、4人の方からタレコミがあって、そのうち3人が『媒体はOVAで、はやて中心』とされていて、残り1人は『媒体はTVシリーズで、はやて中心』と言われてたんです。なので、自分は多数決で媒体はOVA説を採用して、内容に関しては全員一致だったので、はやて中心と載せたわけです。

[]TVA「はぴねす!放送局情報。 TVA「はぴねす!」放送局情報。を含むブックマーク

チバテレビ、テレビ神奈川、テレ玉、テレビ大阪、テレビ愛知の5局ネット。こちらも夏コミ会場より情報。

[]ガンダム新シリーズ、来年10月放送にむけて始動!…らしい。 ガンダム新シリーズ、来年10月放送にむけて始動!…らしい。を含むブックマーク

天保異聞 妖奇士」の後番、来年の土6は新ガンダム。監督は水島精二氏とのこと。一応、内部リークですが、実際この通り順調に企画が進むかどうかは不明。

[]「蒼天の拳」アニメ化決定! 「蒼天の拳」アニメ化決定!を含むブックマーク

ここではかなり前から既出ですが、正式発表。

[]「神様家族」第13話 「神様家族」第13話を含むブックマーク

説得完了ー!って、全然説得じゃなかった気もするけど、上手い具合に纏まったかな。最終回だけあって、作画・演出・声優の演技と三拍子揃って気合い入ってました。佐間太郎以外、フミコにやられるのが女の子ばかりなので、見ていて結構辛いシーンの連続なのですが、シリアスの中にもコミカルな演出を混ぜていて緩衝材になってるのが、いかにも“らしく”て良かった。今回のエピソードで、伏線もほとんど回収したけど、アニメ版では、完結してる原作の折り返し地点までしか消化してないんですよね。実は佐間太郎はテンコが必要と認識したけど告白はしてないとか、野放しにされた犬の悪魔のその後とか、佐間太郎の部屋を無理矢理改造した結果すごいシチュエーションになった佐間太郎と久美子さんのドタバタとか、メメがなぜクラゲが好きなのかとか。平行世界や精神世界が舞台になって、前の世界の佐間太郎やテンコが出てくる後半戦をアニメ化するのは難しそうだけど。シナリオと世界観は、ほぼ原作を忠実に再現、昨今のライトノベル原作アニメとしては、上々の作品になったと思う。とりあえず一番の不満は、OPとEDが携帯の着メロ配信だけで、CDが発売されない事…。

[]「機神咆吼デモンベイン」第11話 「機神咆吼デモンベイン」第11話を含むブックマーク

なんだか知らんうちに海上大決戦になってたようだ。とにかく、原作ではこんなエピソードがありますよ、みたいな感じで切り貼りしてるだけなんだよなあ。そこに至るまでの過程の描写がいかに大事かを改めて実感させる、反面教師的なダイジェストアニメ。地球皇帝アウグストゥスが、中の人の怪演もあって、おもわず後光が差して見えたので、その点は満足ですが(笑)。エンネアが暴君ネロなのは察しは付いてただろうけど、ネロが外なる神と交わって生まれたのがマスターテリオンと言う下りはサプライズなのかな。何にせよ、これで残るは最終回のみ。旧神エンドだったら驚くけど、無難にアルトゥルーエンドになりそうだな。

[]「ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜」第15話 「ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜」第15話を含むブックマーク

火乃香が重傷を負ったり、ミリィが拳銃を弄ってる時だけ笑顔を見せて、それ以外では終始暗かったり、全体的に重苦しい話が続く。アクションシーンはさすがにこなれていて見応えあったかな。イクスがボギーを宥めるシーンは、今までと立場が入れ替わり、イクスの新しい感情が垣間見られたようで新鮮だった。


----------


レスも少しずつ書いてるけどまだ終わらず。多分来週中には。

色々な意見を頂きありがとうございました。きりが無くなりそうなので、ここまでで今回は消しておきます。とりあえず、タレコミと書いてある時の情報は、ガセの可能性も疑っておいて下さいと言うことで。

2006-08-10

そろそろ書いても良いのかな?「ゼーガペイン」のシズノとシマは上位構造体。プログラミングを少しでも囓ってる人なら、何のことかすぐわかると思いますが。

・「砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2」WOWOWノンスクランブル 10月5日(木)18:00〜

・「護くんに女神の祝福を!」WOWOWノンスクランブル 10月5日(木)24:00〜

プレスリリース情報より、上二つは確定。あと、「奏光のストレイン」も、コミック版がドラゴンエイジで連載&製作が同じハピネット・ピクチャーズなので、「ザ・サード」の後番でほぼ確定。

[]TVA「アイドルマスターXENOGLOSSIA (ゼノグラシア)」続報。 TVA「アイドルマスターXENOGLOSSIA (ゼノグラシア)」続報。を含むブックマーク

アニメディアによると、内容は美少女学園モノ、スタッフに、セットデザイン:青木智由紀。

[]PS2「召喚少女〜ElementarlGirl Calling〜」公式サイトオープン! PS2「召喚少女〜ElementarlGirl Calling〜」公式サイトオープン!を含むブックマーク

携帯電話だからって事もあるだろうけど、トップページのあらすじに、そのAAを使ってるのは良いんだろうか(笑)。

[]声優:鈴置洋孝さんが肺癌で死去。 声優:鈴置洋孝さんが肺癌で死去。を含むブックマーク

ブライト艦長が…(つД`) 8月6日に亡くなられていたそうで。ご冥福をお祈りします。

2006-08-08

mooが挑む完全新作ファンタジー!携帯電話で美少女を召喚!?PS2「召喚少女〜Elemental Girl Calling〜」2007年1月発売予定。 mooが挑む完全新作ファンタジー!携帯電話で美少女を召喚!?PS2「召喚少女〜Elemental Girl Calling〜」2007年1月発売予定。を含むブックマーク

> キャラクターデザイン・原画:moo
> シナリオ:神無月如月
> 主人公:?
> ルテジア(主人公の幼なじみの半人半魔の女の子):小清水亜美
> マドカ(主人公が初めて召喚する少女):名塚佳織
> 公式サイト:http://www.shoukan-shoujo.jp/
> 発売:角川書店

人と魔族が永きに渡って争いを続ける世界。人サイドの王国『リドラスベイド』では魔法学園を設立し、次世代の勇者を育てようとしていた。主人公は魔法学園に通い、召喚士を目指す少年。ふとしたきっかけで手に入れた不思議なアイテムは携帯電話!?召喚少女とともに、一人前の魔術師を目指すSLGRPG

PS2Fate/stay night [Realta Nua]」続報。 PS2「Fate/stay night [Realta Nua]」続報。を含むブックマーク

・extra edition版同梱PSP専用ソフトの内容は「とびだせ!トラぶる花札道中記」

Fate/hollow ataraxia」に収録されていたミニゲームを移植。

TYPE-MOON×海洋堂「Fate」胸像化計画「Fate胸像コレクション」

第1弾「セイバー」は、PS2版の予約特典。第2弾「凜」は、2007年1月26日発売予定の「少年エース」3月号付録。第3弾「イリヤ」は、2007年2月10日発売予定の「コンプティーク」3月号付録。第4弾「ライダー」は、2007年3月発売予定のコミック版「Fate/stay night(3)」限定版の付録。

コンプティークいち押しブランドを探せ!Next Revolution 2006 コンプティークいち押しブランドを探せ!Next Revolution 2006を含むブックマーク

PULLTOP

・1作ごとにクオリティを上げる
・めざせ、アニメ化!
・「PRINCESS WALTZ」がコミカライズ決定。9月26日発売のコンプエースに掲載予定。漫画は柴都しゅう氏。

家庭用移植に関しては、あまり積極的ではない。移植する労力があるなら、新作を作りたい。ただし、アニメ化はぜひ。

ういんどみる

・5年後に見えるブランドに!
Oasisならではの特徴を見出す!
・こ〜ちゃ氏の新作は来年冬。本格始動はまだ先。

ゆずソフト

・5年間は発売を延期しないと言う公約を。
・夢はおっきく!ハリウッドで映画化!

年間1.5本ぐらいのペースでリリース予定。次回作はSFかファンタジー?スタッフからは学園占拠AVGという声もあるが、ゆずソフトから出ることはない(笑)。とりあえず家庭用ゲーム化を視野に入れつつ、いずれはアニメ化を目指す。

戯画

・安心して作品を購入してもらえるブランドに!
・ねこにゃん氏の目標として、今とは違った世界観の作品に挑戦!

この青空に約束を―」のPS2移植やアニメ化の実現をぜひ。

赤衣丸歩郎仮面のメイドガイラジオドラマ化決定! 赤衣丸歩郎「仮面のメイドガイ」ラジオドラマ化決定!を含むブックマーク

詳細はドラゴンエイジ10月号で発表。多分、『富士見ティーンエイジファンクラブ』内で、ラジオドラマ「ゼロイン」の後番かと。

佐藤ケイ「私立!三十三間堂学院」ラジオドラマ化決定! 佐藤ケイ「私立!三十三間堂学院」ラジオドラマ化決定!を含むブックマーク

10月21日から『ラジオ電撃大賞』にて放送予定。全四回。

ニンテンドーDS用ソフト・DS電撃文庫いぬかみっ!feat.Animation」12月7日発売予定。 ニンテンドーDS用ソフト・DS電撃文庫「いぬかみっ!feat.Animation」12月7日発売予定。を含むブックマーク

いぬかみっ!アンソロジー」9月27日発売予定。

橋本紡半分の月がのぼる空」実写ドラマ化決定! 橋本紡「半分の月がのぼる空」実写ドラマ化決定!を含むブックマーク

> 秋庭里香:石田未来
> 戎崎裕一:橋本淳

電撃文庫2006年オフィシャル海賊本「電撃BUNKOYOMI」申し込み受付開始。 電撃文庫2006年オフィシャル海賊本「電撃BUNKOYOMI」申し込み受付開始。を含むブックマーク

以下、各月のパロディ小説/パロディイラスト。

1月:「しにがみのバラッド。」/「でぃ・えっち・えぃ」
2月:「ウィザーズ・ブレイン」/「狼と香辛料
3月:「とある魔術の禁書目録」/「七姫物語
4月:「私立!三十三間堂学院」/「半分の月がのぼる空
5月:「アスラクライン」/「オオカミさんと七人の仲間たち」
6月:「いぬかみっ!」/「いぬかみっ!
7月:「とらドラ!」/「わたしたちの田村くん
8月:「麒麟は一途に恋をする」/「デュラララ!!&越佐大橋シリーズ」「バッカーノ!&ヴぁんぷ!」
9月:「キノの旅」/「十三番目のアリス
10月:「キーリ」/「想いはいつも線香花火
11月:「レジンキャストミルク」/「断章のグリム
12月:「空ノ鐘の響く惑星で」/「半分の月がのぼる空

テーマは暦。去年までより大きいB5判に。初回限定版には豪華12枚綴りの卓上カレンダーが付録。表紙イラストは「とらドラ!」(手乗りタイガーゴスロリ魔女)

TVA「護くんに女神の祝福を!」キャスト続報。 TVA「護くんに女神の祝福を!」キャスト続報。を含むブックマーク

> 周藤摩耶:小野大輔
> 周藤汐音:能登麻美子
> 藤田美月:千葉妙子
> 長谷杏奈:猪口有佳
> 桐島瑤子:大浦冬華
> 丸山友香:こやまきみこ
> 八木浩介:大畑伸太郎
> 吉村逸美:清水愛

エメレンツィアのキャストと、OP・ED曲は、「キャラホビ2006」のキックオフイベントで発表。

TVA「アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)」2007年放送予定。 TVA「アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)」2007年放送予定。を含むブックマーク

> 原案:ナムコ
> 監督:長井龍雪
> シリーズ構成:花田十輝
> キャラクターデザイン:竹内浩史
> アニメーション制作:サンライズ

TVA「バーテンダー」10月よりフジテレビにて放送予定。 TVA「バーテンダー」10月よりフジテレビにて放送予定。を含むブックマーク

> 原作:城アラキ・長友健篩
> 監督:渡辺正樹
> シリーズ構成・脚本:今川泰宏
> キャラクターデザイン:木下裕孝
> アニメーション制作:パルムスタジオ

スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ(仮)」アニメ企画進行中。 「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ(仮)」アニメ企画進行中。を含むブックマーク

> 原作:バンプレスト
> 監督:角銅博之
> シリーズ構成:寺田貴信
> キャラクター原案:河野さち子
> キャラクターデザイン:池田裕治
> アニメーション制作:OLM

TVA「ヤマトナデシコ七変化♥」10月よりテレビ東京系にて放送予定。 TVA「ヤマトナデシコ七変化♥」10月よりテレビ東京系にて放送予定。を含むブックマーク

> 原作:はやかわともこ
> 監督:ワタナベシンイチ
> シリーズ構成・脚本:はるか
> キャラクターデザイン:佐久間康子
> 美術監督:工藤由美
> 音響監督:早瀬博雪
> 色彩設計:子森谷初
> アニメーション制作:日本アニメーション

TVA「天保異聞 妖奇士」キャスト。 TVA「天保異聞 妖奇士」キャスト。を含むブックマーク

> 竜導往壓:藤原啓治
> 江戸元閥:三木眞一郎
> アビ:小山力也
> 雲七:うえだゆうじ

OVA「ストライクウィッチーズ」今秋発売予定。 OVA「ストライクウィッチーズ」今秋発売予定。を含むブックマーク

> 宮藤芳香:福圓美里
> 坂本美緒:千葉紗子
> ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ:田中理恵
> リネット・ビショップ:名塚佳織
> ペリーヌ・クロステルマン:沢城みゆき

TVA「ギャラクシーエンジェルII(仮)」10月より放送予定。 TVA「ギャラクシーエンジェルII(仮)」10月より放送予定。を含むブックマーク

コンセプトは「バカ可愛い!!!」。ゲーム版ではシリアス+ラブストーリーだったが、TVシリーズでは、ルーンエンジェル隊のメンバーが遭遇する、おバカな事件を中心に描かれる。

TVA「金色のコルダ 〜Primo Passo〜(仮)」今秋放送予定。 TVA「金色のコルダ 〜Primo Passo〜(仮)」今秋放送予定。を含むブックマーク

TVA「奏光のストレイン」今秋放送予定。 TVA「奏光のストレイン」今秋放送予定。を含むブックマーク

新世紀エヴァンゲリオンニュータイプ10月号で特大スクープ「新世紀エヴァンゲリオン」ニュータイプ10月号で特大スクープ!を含むブックマーク

TV放映から10年がたった今、何が起ころうとしているか。次号、その目撃者となれ!

CIRCUSD.C.II 〜ダ・カーポII〜」コミック化決定! CIRCUS「D.C.II 〜ダ・カーポII〜」コミック化決定!を含むブックマーク

コンプティークにて年内連載開始予定。

その他、アニメのあらすじバレとか。 その他、アニメのあらすじバレとか。を含むブックマーク

ゼロの使い魔」第9話『ルイズの変心』は、惚れ薬の話で確定。第10話は『姫君の依頼』で、グリフォン隊隊長ワルドと共にアルビオン王国に出向く。アニメ版でもワルド登場確定。ここから残り4話でどう纏めるんだろう?


----------

うたわれるもの」第19話 「うたわれるもの」第19話を含むブックマーク

敵キャラの中では一番のクセ者だったはずの、スオンカスの衝撃的な弱さに吹いた。秘策があるわけでも無いのに、その自信は一体どこから沸いてたのかと。思わせぶりな余裕は何だったんだよ(笑)。カルラとの過去の関係が明かされることなく、デリホウライに殴られて昇天するスオンカス哀れすぎ。今回は、『ナ・トゥンク』編で印象的なセリフ『今だけは誰よりも愛してあげる。だからこの胸でお眠りなさい。』を始め諸々削られてしまったし、いかにも端折ってます・詰め込んでます感があったな。実際の所、カルラの見せ場を作って、ハクオロとの関係を深めるために用意されてるエピソードだし、エルルゥ中心のアニメ版ではカットされても仕方がないと思っていたくらいなので、2話でこれだけ纏めてくれれば上々だろうけど。今回の戦闘描写も、特に凄かったわけではないんだけど、前回のウルトリィに続いて、今度はカミュが参戦、そして、姉妹の法術同時攻撃が見られたのは良かった。ユズハが付いていった理由は、オボロの風呂ネタをやらせるためだったんだな(笑)。次回からは、いよいよ『クンネカムン』編に突入。サクヤ、ヒエン、ハウエンクア、カンホルダリ登場。そして超兵器『アヴ・カムゥ』の投入によりロボットアニメ化するクーヤの初陣。20話近くも使って築いてきた、“戦乱の異世界ファンタジー”と言う世界観が根柢から覆り始める終盤戦。ここから先は、1話1話の情報量・密度が今まで以上に濃くなるだろうから楽しみだ。

コヨーテ ラグタイムショー」第6話 「コヨーテ ラグタイムショー」第6話を含むブックマーク

シナリオを特に気にせずに済む、ドッグファイトメインの話なら盛り上がるだろうと思っていた時期が自分にもありました。そんな幻想は、あっさり砕かれましたが。いくらなんでも、脚本がスカスカすぎる。どんだけミスターミスター言わせたいんだよ。敵も味方も連呼しすぎ。せっかくの12姉妹も、見せ方が間違ってる気がするんだよなあ。通常の弾が当たらないのは見え見えで緊張感に欠けるし。特に最後のフランカが使った脱出装置は酷すぎだろ(笑)。結局フランカが自力で逃げ出して、ミスター何もしてねえ。ヒロイン奪還なんて、普通なら中盤の盛り上がり所なのに、捕まった数分後に脱出って…。ペンダントはマルチアーノ側、フランカはミスター側と、物語の鍵を二分するのが今回の話でやりたかった事なんだろうけど。もう半分終わったんだけど、1話・2話のテンションまで回復する見込みはあるんだろうか?

2006-08-07

ナムコアイドルマスターアニメ化決定!「アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)」アニメ化企画進行中。(2chナムコ「アイドルマスター」アニメ化決定!「アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)」アニメ化企画進行中。(2ch)を含むブックマーク

> 監督:長井龍雪
> シリーズ構成:花田十輝
> キャラクターデザイン:竹内浩史
> アニメーション制作:サンライズ

舞-HiME」プロジェクトと同じ体制で、原作ゲームとは全く別物の、もしかしたらロボットとかも出てくるオリジナル展開アニメとして制作進行中、という噂は本当だったのか。

> 要するに、アイドルマスターの765プロ所属のアイドル達が一斉に出演している
> 月曜ドラマランドのような企画モノドラマだと思えばいいんですね?このアニメは。
> なんというメタ的な。

うわ、その可能性高そう。最終回で舞台裏が出てきて、出演者全員がお疲れさま〜とか言ってるシーンで終わるんですね、きっと。

ゼロの使い魔」第6話 「ゼロの使い魔」第6話を含むブックマーク

これは良いツンデレですね。まさにツンデレの理想形を見た。ようやくサイトにギーシュ戦以来の見せ場が出来て、しっかり格好良い主人公になってくれたので良し。ここでも『ガンダールヴ』のルーンが発動せずに、ヘタレ主人公一直線だったらどうしようかと思ったが、さすがに原作1巻のクライマックスだけあって、きっちり盛り上げてくれたな。ルイズがシルフィードから降りて、『破壊の杖』を振り回してる姿が愛くるしい(笑)。サイトの動きにしても、デルフリンガーや、『破壊の杖』…と言うか、ロケットランチャーを使うシーンは、映像的にもギーシュ戦の時に比べたら格段に良くなってた。そう言えば、今回サイトがやる気になったにも関わらずルーンが発動してなかったので、キュルケから貰った剣は、やっぱり装飾品扱いで武器と見なされてなかった、と言うことなんだろうね。伝説の使い魔『ガンダールヴ』の特性についてや、貴族の爵位『シュヴァリエ』などの説明は無し。サイトがロケットランチャーを扱えた理由の判明は後回しにされたか。ロケットランチャーを持った時も、ルーンが光ってたので、察しは付くだろうけど。次回は一気に話が飛んで、原作5巻の短編エピソード『魅惑の妖精』亭で、スカロンジェシカ登場。今回の一件で、ルイズは女王ではなく姫さま付きの女官になるんだろうか?ちなみに、第8話『タバサの秘密』、第9話『ルイズの変心』。タバサとキュルケの馴れ初め話もやるらしい。9話は、もしかして惚れ薬の話?

N・H・Kにようこそ!」第5話 「N・H・Kにようこそ!」第5話を含むブックマーク

オチが酷すぎるよ!特に濃すぎる2人の顔が(笑)。今回は、佐藤君の岬ちゃんへのセクハラ羞恥プレイ、これに尽きるね。ただ、次回の山崎の彼女話を分けるために、流れ的に岬ちゃんの『佐藤君って童貞でしょ?』発言が削られてしまったのが惜しかったが。アニメ版の描写だと、佐藤君は高校時代に先輩とヤったのはガチっぽいな。原作小説版準拠?コミック版でも、一応『高校の時先輩と』みたいな発言はしてたけど曖昧。先輩のクスリネタはアリなのか。それはさておき、今まで、何となく無表情で人間味の薄かった岬ちゃんに、ようやく隙が見えて印象が変わったのは大きい。親しみが湧く。あと、出来はともかく、ここまでハッキリと意志表示してシナリオを書き上げた佐藤君は、コミック版に比べて、かなり出足好調に見える…が、長続きはしないんだろうなあ(笑)。

おとぎ銃士 赤ずきん」第6話 「おとぎ銃士 赤ずきん」第6話を含むブックマーク

ファンダヴェーレへの扉が閉じかけてる!草太を守るために、説得して草太にも来て貰うしかない!…と、おとぼけ三銃士ですら話し合いをして悩んでるのに、魔法の国行きを、特に葛藤する様子もなく即決する草太。いや待てそれはおかしい。もう少し考えようよ、りんごの事とか。植物以外に関して妙に無感情的に見えるのは、草太の地の性格なのか、それとも、エルデの鍵の能力が影響して達観したキャラになってるの?りんごが友達に煽られて作り直した肉じゃがを持って行ったら、既に家はもぬけの殻で、そこにはビデオレターだけが、と言う流れはちょっときた。その後、簡単にケータイが繋がってしまうのが、現代を舞台にするとどうしても起こってしまう弊害だなー。その要素を排除するために、時代設定を昭和58年とかにすると、別の惨劇が起こりそうですが。2度の失敗で早くもヘンゼルにいらない子認定されたグレーテルが、りんごをさらった所で幕。今後のりんごの処遇が気になる所。数話先のあらすじを読んだ限り、りんごの存在が全く感じられないんだよなあ。次回助けてそのまま留守番か、救出失敗してグレーテルに連れていかれるのか。

となグラ!」第5話 「となグラ!」第5話を含むブックマーク

好きな女の子に気にして欲しくてイタズラしちゃう男の子と、好きな男の子の前では素直になれない女の子。実は、香月が大事に持ってる写真の頃の心のまま、体だけ高校生になってしまった2人が織り成す、恋愛ステップアップコメディなんだよな、これ。友達が自分の知らない話題で盛り上がっていて、自分が疎外感を味わう切なさは良くわかる…。一般的にリアルツンデレと付き合うのは難しいと言われるけど、それにしても、香月の怒り方は極端なので、エロ以外の一面を見せ始めた勇治が少し哀れだなあと思う。

2006-08-05

多忙。メインの更新だけで手一杯。アニメ感想、コメントレス、メール返信、全て滞ってます。申し訳ない。

TVA「ネギま!?」テレビ東京系 10月4日(水)17:30〜 TVA「ネギま!?」テレビ東京系 10月4日(水)17:30〜を含むブックマーク

ボンボン11月号より、コミック連載も決定。漫画は藤真拓哉氏。

藤真拓哉氏のサイトには、月刊コミックボンボン等での漫画新連載決定の告知が出てるので確定っぽい。

TVA「史上最強の弟子 ケンイチ」テレビ東京 10月7日(土)24:55〜 TVA「史上最強の弟子 ケンイチ」テレビ東京 10月7日(土)24:55〜を含むブックマーク

> 監督:亀垣一
> アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
> 白浜兼一:関智一
> 風林寺美羽:川上とも子
> 長老:有川博
> 逆鬼至緒:石塚運昇
> 岬越寺秋雨小杉十郎太
> 馬剣星:二又一成
> アパチャイ・ホパチャイ石丸博也
> 香坂しぐれ:能登麻美子

OVAマルドゥック・スクランブル」キャスト。 OVA「マルドゥック・スクランブル」キャスト。を含むブックマーク

> バロット:林原めぐみ
> ボイルド:中田譲治
> ドクター:郷田ほづみ

WOWOW冲方丁イベントでキャストの一部を発表。発売時期などの告知は無し。

以上3件、タレコミ感謝。「ネギま!?」は、ボンボン連載&夕方枠って事は、本格的にキッズ向けバトルアニメになりそうだなあ。テレ東の秋新番は、ジャンプ+サンデーマガジンの3大週刊少年漫画誌発のアニメ化作品で埋め尽くされた感じ。

2006-08-03

「STUDIOてとら」更新。うたわれるもの」音響の打ち上げ温泉旅行に行ったらしい。小山力也氏と岩佐がく氏のツーショットが。「Gift」のシナリオは、ほぼ上がった模様。

イノセント・ヴィーナス」第2話 「イノセント・ヴィーナス」第2話を含むブックマーク

OPお披露目。曲に合わせてテンポ良く切り替わる映像がセンス良くて結構好き。本編は、ほとんど話が進んでない。主人公サイドは、延々と逃避行を見せてるだけで未だに3人の行き先も目的も説明無し。それでいて、ファントムの活動は、主人公達よりも濃密に描いたりしてるものだから、話の主軸がブレて安定しないな。オリジナルもので1クールなんだし、早めに感情移入させてくれないと厳しい気がする。このペースだと、沙那以外の『セブンチルドレン』とか、描写が凄く薄くなるのでは。ごらは、日本海賊『倭寇』の一味だったらしい。いかにも癖のあるメンバーが揃ってそうで、艦長?は帯刀してたり、明らかに世界観から浮いてる連中が、どう絡んでくるのか興味深いところ。

いぬかみっ!」第18話 「いぬかみっ!」第18話を含むブックマーク

エンディングに神が降臨した(笑)。腹痛えよ!スタッフ馬鹿だろ(褒め言葉)。さらに次回は「まぶらほ」の築地俊彦氏が脚本担当でゲスト参加。それを紹介する予告もアホすぎる(笑)。本編は、超圧縮展開かつ作画の悪さも相まって盛り上がりに欠けるんだけど、河原崎先輩再登場から変態を呼び寄せる下りは、さすがというか。そして、変態大魔導師が地上に降臨した影響で、エンディングが変わったと言うことなんだろうな。『大殺界』がキャパオーバーで壊れそうになったのは、そもそもようこだけでも相当なのに、なでしこの潜在能力が加わったからだろう。赤道斎が大妖弧に復讐する発言を聞いて、薫が何やら赤道斎に言い寄るシーンがあり、最後の薫&なでしこ寝返りシーンに繋がってる。これは、数回前に出てきた地下に封印されてる薫似の少女を救うために赤道斎を利用しようと考えての行動だったはず。なでしこの薫に対する独占欲も見え隠れしてるけど、原作に比べたら、まだまだ大人しいなあ。

2006-08-02

リボーン」もアニメ化?秋からのテレ東はジャンプアニメだらけだなあ。

石田未来、初主演ドラマは恋する少女…DVDは刺激的少女! 石田未来、初主演ドラマは恋する少女…DVDは刺激的少女!を含むブックマーク

半分の月がのぼる空」が、10月からテレビ東京系にて実写ドラマ化。今月10日発売の、電撃hp、電撃の缶詰、ドラマCD公式サイトなどで発表予定の重大ニュースって、これか。

2006-08-01

うたわれるもの」第18話 「うたわれるもの」第18話を含むブックマーク

ハクオロさんがハーレムパーティーを結成して、カルラの故郷の世直し旅に出かけました。男性陣を置き去りにして、ウルトリィ、カミュ、そしてユズハまで連れていく所が凄すぎる(笑)。好色皇と噂されるのも当然か。実際はハクオロさんの方が強引に拉致られてるんだが。前回に引き続き、Aパートのノリは原作に近い。今までの戦争とは違って、いかにも勇者様御一行っぽい少数精鋭チームが戦況を覆していくRPG風のシチュエーションが新鮮で良いな。カルラはハクオロと『ウィツァルネミテア』の契約を結ぶんだけど、それは、魂から血肉から髪の毛一本まで全てを捧げるという、この世界では最も重い意味を持つ契約。今回は表面上のものですが、終盤で明かされる衝撃的な事実に繋がる伏線になってる。ここでハクオロとカルラのHシーンが発生するであろう事は容易に予想できるだろうけど、アニメ版ではさすがに未遂だったか。現場を目撃して、表情を変えずに階段を下るエルルゥ怖ええ!大家族の団欒のような食事風景は想像してたのと違ったので、少し違和感があった。戦闘シーンで特筆すべきは、やはりウルトリィの参戦。ウルトリィが使った法術が重力系魔法に見えたのは、意味合いとして結構重要かも。彼女らは羽で空を飛んでるのではなく、法術の重力制御で空を飛んでいて、羽は姿勢制御にしか使ってないと言うのが本当の設定らしいし。デリホウライの縦回転は、もっと豪快に吹っ飛んでほしかったなあ。デリ子とか、色々と端折られてるものの、『ナ・トゥンク』編を2話で決着付けるなら、ここまでは上手く纏められてると思う。

コヨーテ ラグタイムショー」第5話 「コヨーテ ラグタイムショー」第5話を含むブックマーク

普通に航行してたら間に合わないので、ワープゲートを使いましょうって話。ドンパチやらかす前振りだったので、アクションはほぼ無し。張り巡らされた警戒網を潜り抜けていく手法そのものは、ありきたりで地味だし、そもそもセキュリティ甘過ぎって感じなんだが、ブルースみたいに格好付けてるわけではないので、結構楽しめた。思わず唸りたくなるような凄いギミックでも用意できない限り、演出とかセリフとか格好付けすぎると、余計に滑ってしまうんだよね。フランカは、思ってたより普通に海賊してた。順応性高いな。でも、2話で吹っ切れたように見えたフランカが、また遺産が見つかったら云々の話を蒸し返してるのは良くない。カタナとフラグ立てるために使ったのか?フランカが行ってみたいと言って、ミスターが予約した『AQUARIA』とか言うのは、『ネオ・ヴェネツィア』がある所でしょうか(笑)。アンジェリカに振り回される5月は、一番おいしいキャラかも。頭だけで最後まで生き残りそうだ。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME